登美 丘 高校 ダンス 部 世界 大会。 世界的ダンスコンテストで準優勝! 登美丘高校ダンス部に祝福の声あつまる | ガジェット通信 GetNews

世界的ダンスコンテストで準優勝! 登美丘高校ダンス部に祝福の声あつまる

登美 丘 高校 ダンス 部 世界 大会

現在、日本全国の高校生の間でも爆発的な人気を誇っている「ダンス部」。 サッカーや野球、バスケットボールなどの人気スポーツに次いで今、高校生の間では「ダンス」が人気絶頂のようだ。 今回Dewsでは、全国の高校ダンス部の頂点を決める「高校生ダンス部コンテスト」に注目! 大会ごとの特徴もまとめたので、高校生ダンス部で挑戦を考えている方は是非チェックしてほしい。 「高校ダンス部の目標となる大会を つくろう! 」という想いのもと2008年より毎年開催されている。 ダンスから始まる健全な教育を目指し、もっとも充実した高校生の大会として評価されている。 またダンスドリルは「繰り返し練習し統率されたダンス」の総称であり、その中にいくつかのカテゴリーのダンスが含まれる。 決勝の舞台は日本最大級のストリートダンスイベント「DANCE LIVE FINAL」にて行われ、なんと観客1万人以上の前で優勝を争う。 また審査員は国内外の世界トップダンサー達によって審査される超豪華な大会。 他大会と少し違っているのが、人数やジャンルにとらわれることなく漢字二文字に込められた思いをどう表現するかといったテーマが設定されていること。 単に技術を競い合うダンスコンテストではない 学生が持つ純粋無垢な『表現力』といった点を基準に頂点が競われる。 様々なコンテンツが全て無料のこのイベント。 その中で【参加プログラム】として「SSDW CONTEST 高校生対抗ストリートダンス選手権」が11月20日に開催! 代々木公園の野外ステージで行われるこのイベント、 JUDGEやエントリー方法などの詳細はコチラからチェック! 以上、高校生ダンス部の大会は様々な基準で、様々な大会が行われているようだ! ダンスで仲間と熱い青春を過ごしたい高校生ダンサーは、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の

大阪府立登美丘高校ダンス部が「Can’t Stop Dancing‼︎」の動画を公開〜 フェニーチェ堺(2019年11月9日)で見られるかも世界大会(WORLD OF DANCE)準優勝作品 #登美丘高校ダンス部 #WODCHAMPS19

登美 丘 高校 ダンス 部 世界 大会

バブリーダンスで一躍有名になった大阪府立登美丘高校のダンス部が、アメリカ・ロサンゼルスで開かれた「ワールド・オブ・ダンス」で準優勝した。 プロも参加する世界的なコンテストで、高校生のチームが準優勝というのは珍しい。 踊った曲は「Can't Stop Dancing」だった。 部員たちは「 準優勝で すごく悔しい気持もあるんですけど、部活として初めて挑んだ世界大会で結果が残せてすごくうれしいです」と語る。 akaneコーチも「みんなが努力してきたことの評価をちゃんと頂けたという意味で、感動し涙が出ました」 国内大会審査員の振付師の宮田健男さんは、「ワールド・オブ・ダンスは比較的大人数のチームが多く参加する大会です。 大人数での組織は、すごく日本人の優位性が高いと思います。 他の国に比べると、かなり緻密に作っているので、そのへんが非常に評価されたと思います」 クラウドファンディングで旅費集め しかし、あくまでも公立高校の部活だから、気になるのは参加費や旅費だ。 旅費は一人あたり20~30万円、メンバー55人で1300万円が必要だったが、保護者からの出資には限界がある。 一計を案じたのが、ネットで資金を集めるクラウドファンディングだった3日目にして300万円が集まり、順調に渡米資金を確保できた。 モーリー・ロバートソン ジャーナリスト は涙を浮かべている。 「高校の部活が世界で2位になり、泣いているって、何これ!東洋の魔女とかでないのよ」 下川美奈 日本テレビ解説委員 「高校の大会だけでなく、世界に出てチャレンジするって、次々と前に進んでいる。 勇気をもらうし、頑張んなきゃという気がする」.

次の

登美丘高校ダンス部を破り優勝した高校はどこ?動画やメンバーも調査!

登美 丘 高校 ダンス 部 世界 大会

予選と合わせて4冠です してくださった皆さんに でいっぱいです!! 納得のいくができて、 観客を沸かせることができて 本当に良かったです!! 」 登美丘高校部は先だって同出場費用調達のためのを実施。 期限のまでに目標の万円を超える支援金を集め、多くのの期待を背負っての世界挑戦だった。 【関連記事】『登美丘高校部が世界へ! 旅費調達のが大反響』 の aeさんが自身の上での予選の模様を動画でしているが、登美丘高校部のは世界中から集まった観客たちにも大ウケ。 終演時にが沸き起こるほどの高評価を得ていたようだ。 でもあしたはもっと!! もっともっと」 今回の輝かしい結果発表にやからは 「初めての世界大会で堂々の第2位。 そして賞受賞、誠にございました! まさにTDCのが世界に通用する事を実証した事は、これから後に続く後輩だけでなく、日本の高校部に力を与えてくれたと思います。 !気をつけて帰国して下!」 「準優勝! WODというがかなり高い世界大会で堂々の準優勝は本当にと思います! 私たちも同じ高校の部として、世界でも高校部が通用する、活躍できるんだ!とたくさん勇気をもらいました!! 本当にお疲れ様でした!」 「準優勝と賞とのW受賞、!!! 結果です! で皆さんの笑顔を楽しみにしてます!」 「準優勝、 予選も決勝も2位と安定した成績は万人にと評価されたと言う事です 胸を張って帰って来て下さい。 作品を目の前で観れるのを楽しみにしています。 」 「集合写真をよく見るとみなさんの複雑な気持ちが伝わって来ます。 その気持ちは十分さんに届いていると思います。 準優勝、本当に凄い!。 さんがを振っている姿が嬉しい。 にっぽんを代表する TDC!」 など数々の祝福とねぎらいの声が集まっている。 部員たちにとっては優勝に至らなかった悔しさもあるかもしれないが、熾烈な競争で知られるオブに初出場で準優勝に食い込むなどなかなか成し遂げられることではない。 日ごろの努力が実を結んだことを誇りにし、それぞれ今後の生の糧にしてもらえればと願うばかりだ。

次の