アキラ 嫁 妊娠。 妊娠中の嫁が、心配です。

萌えた体験談 <嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた>

アキラ 嫁 妊娠

シロクマアキラの経歴 幼少期は横浜で育つ 出身は神奈川県横浜市鶴見区。 父はサラリーマン・母は専業主婦・4つ上に兄がいて、僕は次男坊として産まれました。 父は昔ながらの仕事人間。 大きくなってからとても仕事できることを知りました。 母はうちの中で1番話すムードメーカー。 母が話さないと家は静か。 兄は幼少期、常にケガしてたイメージ。 やさしいので、あまり兄弟げんかしたことがない。 僕は典型的な次男坊。 兄のふりみて我がふり直して怒られないようにしてました。 小学校3年で静岡へ 幼少期の9年横浜で過ごし、 小学校の3年生の時に静岡へ引っ越すことになりました。 父方のじいちゃんとばあちゃんとの2世帯住宅で、 静岡に家を建てたため、引っ越し。 転校も経験しましたが、 友人もすぐにできて困った記憶はないです。 沼津市に引っ越したのですが、 水も魚も本当においしいところ。 今となっては横浜時代の記憶がほとんどないし、 実家も静岡なので出身は静岡と言ってしまっています。 小学校からずっとバスケ部 そして、静岡に引っ越してきてから、兄の影響もあって、 僕は小学校からずっとバスケットをしていました。 小学校では 県2位 中学校では 県3位 高校では 県ベスト8 と全国に行けないけどそれなりの成績をおさめてました。 小中は 副キャプテン・高校で キャプテンを経験するも、人をまとめるのは向いていないことがわかりました。 中学時代・高校時代の学校の成績は・・・ 勉強はというと、中学の時はしっかりと塾に通い、 国語以外はいい点数取ってました。 国語は苦手でしたが、他の教科は中間・ 期末ともに常に80点以上でした。 勉強に部活になかなかいい生徒だったと思います。 高校受験では、部活でそれなりの成績を残していたので、 推薦とかないかな? なんて思っていましたが、声がかからず… しっかりと受験し、 市内ではわりといいとされる私立高校へ入学しました。 高校は特別進学クラス・いわゆる特進に入ったので、勉強・勉強・ 勉強。 普通科よりも授業数も多いため、 特進クラスの人は基本的に部活はやってない人が多いです。 その中、 中学以上にバスケ部に打ち込んでしまった僕はクラスでは落ちこぼ れ。 高校の勉強はすぐについていけなくなりました。 途中から勉強は諦めて、より部活に専念。 個人としても国体の候補選手になってたので、 大学は体育教師になれるよう、学科の科目が少なく、 体育系の技能をみてくれる私立に絞っていました。 順調だった部活に暗雲が。 大学受験はどうなる? 高校3年にあがる前の春先、 最後のインターハイ予選の前に膝をケガしました… ケガは治らず、インターハイ予選は地区の1回戦で敗退。 部活はそのまま引退し、その後膝の検査の結果、前十字靭帯の損傷。 全治10ヶ月の大ケガでした。 10ヶ月なので、 狙っていた受験には間に合いません。 もしよくなってても、身体機能は落ちていて、 体育系の技能の試験を受けることは難しいことがわかり愕然としま した。 勉強してたのならまだしも僕は落ちこぼれ。 受験は間に合う気がしませんでした・・・。 進路に迷っているときにいきついたのが鍼灸師 そんな進路に迷っているときに思い出したのが、鍼灸師。 ケガした時にお世話になったので、 そういう仕事もいいかなぁなんて思って調べてみました。 いろいろ調べると、そこからしっかり勉強すれば鍼灸師になるために大学に行けそうだ、ということがわかりました。 そこからは鍼灸師になるために部活引退後その時間全てを勉強に当てました! 受験うまくいっちゃいました。 が・・・ 受験は・・・・ 合格!! 鍼灸師養成の大学へ進学しました。 でも、さすが医療系。 授業は大変でした・・・。 大学時代は部活やらなかったので、バイトと勉強を両立しながら、 単位は追試もありながらも、 しっかりと取ることができました。 そんなこんなで 3年生の時に国家試験に合格。 晴れて 鍼灸師になりました。 オペの手伝いしてました 大学院時代は 学生時代で最も勉強したと言えるくらい勉強と研修と 必死でやりました。 それでも休みはしっかりオフにして、大学生らしく? お酒飲んだり、遊んだり、メリハリのある生活してました。 充実した院生生活を送っていましたが、 就職に関しては腰が重く、 自分一人でやってもいいな~ なんて思っているところに、先輩からいい話が舞い込んで、それに飛びつく形で就職が決まりました。 縁もゆかりもない茨城県に就職 場所は茨城県つくば市。 全然縁もゆかりもない茨城県への就職は少し不安でしたが、 茨城どこ?って感じだったので、どんなところか楽しみにしてきました。 職場は心療内科のクリニック付属の鍼灸院。 責任者は僕。 そんな感じで、雇われ院長を5年やって、いろいろあって辞めて独立することにしました。 『しろくまライフ』をはじめる 1年間、鍼灸院経営のためホームページを運営し、そのノウハウを生かして2017年このブログを開始しました。 このブログでは、僕が経験してきたことを書いていき僕のことを知ってもらったり、知識の共有が出来ればいいなと思っています。 出張カメラマンとしても活動しています。 仕事の一環として出張のカメラマンをしています。 プロフィール写真• 友人との写真• 家族写真• お子様の成長写真• カップル写真• イベント写真• お店写真 さまざまな写真を撮らせていただいています! 少しでも幸せな瞬間を切り取れるように、人生で気に入っていただける写真が撮れるように、精一杯心を込めて撮影させていただきます! たくさんのご依頼お待ちしております! 詳しくは関連記事をご覧ください。 シロクマアキラと家族のはなし シロクマアキラは、嫁・息子2人の4人暮らし。 日々子育てに奮闘する育児パパです。 家事は分担制のため、ひとよりも家事育児に積極的というか主体になってやっています!.

次の

アキラ100% 嫁(雅美)の仕事は?馴れ初めや美人画像他...

アキラ 嫁 妊娠

嫁に聞いても何に使ったのか一向に話さなくて、最後には自分が大声を出してしまった。 「エステにでも行ったか?服でも買ったか?怒らないから話して欲しい」と言っても黙ったまま。 「こんな風では金の管理は任せられない」と言ったら泣き出してしまった。 その後、やっぱり何に使ったのか話さないのでクローゼットを見たところ、封筒に入った書類を発見。 開けて見たら、自分が3年前にした不倫相手の旦那と、俺の代理人として嫁が示談したと言う示談書が入っていた。 嫁に聞いても何に使ったのか一向に話さなくて、最後には自分が大声を出してしまった。 「エステにでも行ったか?服でも買ったか?怒らないから話して欲しい」と言っても黙ったまま。 「こんな風では金の管理は任せられない」と言ったら泣き出してしまった。 その後、やっぱり何に使ったのか話さないのでクローゼットを見たところ、封筒に入った書類を発見。 開けて見たら、自分が3年前にした不倫相手の旦那と、俺の代理人として嫁が示談したと言う示談書が入っていた。 あなたと話すのは裁判になったとき だけだと決心しているようだったので、裁判を避けるためには仕方がなかった。 示談金は350万で、足りない分は私の保険を解約したり 独身時代の貯金で支払った」と説明された。 そして「お金が減っているって分かったとき、大声を出されて怖かった。 あなたの不倫がばれたとき、私に何度も大声を出したから 私が大きな声怖がるの知ってるよね?それでも平気で大声を出して、あげくには男がいるんじゃないかとまで言うあなたを見て 一気に冷めた。 もう一緒にいる意味はない」と言われました。

次の

アキラ100%の嫁雅美の正体は?本名や高校や経歴や失敗談情報など

アキラ 嫁 妊娠

知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。 お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人でかわいいと思う。 お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚うれしく思っている。 嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。 お義母さんと言っても一人の女性。 その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。 嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜に お義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・ お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。 お義母さんに覆いかぶさるとびっくりして「わっ!!ちょっと何!!??圭くん??」 「静かに!!知香が起きちゃいますよ!!」 「やめて!!圭くん!!何するの!!」 力づくで押さえ込み唇を奪う。 「うぐっ、うぐっ、圭くんやめてぇ・・・」 パジャマをバッと左右に引っ張ると上のボタンが飛んでお義母さんの大きなブラが見えた。 ブチ、ブチ、ブチィーとボタンを飛ばしながら引き裂くようにパジャマを脱がす。 「いやあぁぁぁーっ!!やめてぇぇー!!」 ブラを剥ぎ取り、嫌がるお義母さんの大きな胸に顔をうずめたり、乳首を愛撫する。 豆球なのでハッキリと乳輪・乳首の色は分からないが、肌との色の差は大きく、茶色めと思われる。 乳輪は大きく乳首もぷっくらとしていた。 初めて見るあこがれのお義母さんの胸は最高に興奮した。 少しオッパイは垂れていてヘチマのような形のオッパイを揉むと感触は極上でやわらかくて何回も揉みまくっていた。 お義母さんのパンツに手をかけてこれも強引に破るように脱がす。 「あぁっ!!・・・いぃっ!!・・・圭くん、あっ・・・すっ、すごぉいぃ!!・・・いぃっ!!・・・あっああっ!!だめっ!!私、いっちゃうっ・・・んっくっ・・いっくう!!」 お義母さんはビクっとカラダをさせてイッてしまった。 「お義母さん、初めて会った時から好きでした。 」 「ありがとう。 うれしいわ。 でもこんなこと良くないよ・・・」 お義母さんを四つんばいにさせて巨尻を揉む。 腰幅・尻幅も広く、お尻がとにかくデカイ。 尻肉を両側に押し拡げる。 「恥ずかしいからあんまり拡げないでぇ・・・」 お義母さんのお尻のセンターの茶色い穴に舌を這わして臭いを嗅ぐ。 その奥の臭いに興奮しながらお尻の穴のシワごと舐めまくっていた。 臭いに満足したところで正常位の体勢にもっていき挿入をこころみる。 「ダメっ!!入れるのはだめっ!!」と抵抗されたが、力づくで押し込み、お義母さんの膣に深く挿入して腰を動かし始める。 柔道の縦四方固めのように体重をかけてお義母さんが逃げられないように押さえ込む。 「お義母さんっ・・・俊子さん!!好きなんです!!オレ、俊子さんの中に出したいっ!!」 さらに腰のストロークを深く、深く押し込むように膣奥に挿入していってお義母さんの妊娠を狙う。 「いやあぁぁっ!!やめてっ!!出さないでぇっ!!デキちゃうっーデキちゃうぅー!!圭の赤ちゃんデキちゃうっ!!娘婿の赤ちゃんなんて私、産みたくないっ!!」 さらに僕は激しく腰を動かし、お義母さんのカラダが激しく揺れる。 「あっ、イクよ!!愛してる、で、出るっ!!俊子っ、俊子っ、俊子ぉっ!!」快感がペニスに走り、嫁の妊娠中に溜まりに溜まった精液を大量にお義母さんに流し込むことに成功。 旦那さんのお義父さんに無許可で思いっきりの中出しでした。 ペニスを抜くとドバッと精液が出てきてしまったのですぐに回復したペニスをお義母さんに押し込み、バックで挿入。 バックでお義母さんの大きなオッパイを後ろから揉みながら再度、中出しして確実な妊娠を狙う。 よく考えるとお義母さんは嫁の知香を産んでいて、その母親の俊子さんを妊娠させて僕の子供を作るとすると、知香と同格のものを作るような感じがして不思議な感覚でした。 出典:嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた リンク:.

次の