ドコモ 5g 対応 端末。 スペックとサービス・機能

ドコモの5G戦略を読み解く ネットワーク、料金、端末の特徴は? (1/3)

ドコモ 5g 対応 端末

ドコモ5Gの対応エリアは? 対応エリアは、首都圏や全国の主要都市圏から始まり、徐々にエリアが拡大していきます。 しかし、現在では、駅や大きな商業施設などの周辺でのみで5Gを使えるようになっており、エリア外では4Gを使うのが一般的です。 その為、対応端末を購入しても、5Gの性能を最大限に引き出すシーンは少なく、4Gでの通信や通話が主な使い方になります。 ギガホは100GBまで使えるプランですが、キャンペーン期間中は無制限で通信制限無しで使えるようになっているのは魅力的です。 一方で、ギガホライトは、4G版と同様のプランであり、使った分だけ段階的に料金が高くなっていく仕組みになっています。 ギガホの料金 ギガホは、定期契約無しで月額7650円となっていて、100GBまで使えます。 また、定期契約無しの場合、解約をする時に解約金が発生しません。 この月額利用料から様々なキャンペーンでの割引や条件を満たした時に適用される割引によって、より安く使えます。 ギガホライトの料金 ギガホライトは、ギガホのように100GB使う予定が無く、より安く使いたい時に便利なプランです。 定期契約なしで1GB以下のデータ通信を行わない場合、月額料金は3150円となっています。 最大7GBまで高速通信を使う事が出来ますが、月額料金は6150円になってしまいますので、これだけ使うのであれば、ギガホの方が遥かにお得に使えます。 ユーザーは、通話中心で使うのか、それとも、データ通信中心で使うのかを確認してからプラン契約を行う事が大切になってきます。 新通信方式においても、契約プランはシンプルに設定されていますので、4G時代とほぼ同じ感覚で契約出来ます。 割引制度はある? 割引に関しては、指定されたクレジットカードでの支払いや3回線以上の契約、光回線の同時契約などの条件を満たしていれば、複数の割引が適用されるケースが多々ありますので、安く利用可能です。 家族でまとめてドコモの回線を使えるようになっていれば、条件によっては単独でそれぞれ契約するよりも遥かに安くなります。 通話定額にしたい時には、かけ放題オプションと5分間無料通話オプションを契約しておきます。 それぞれ月額1700円と700円となっていますので、契約プランに合算して請求されますが、よく通話を行うのであれば、これらのオプションを追加しておくと便利です。 5G対応のドコモスマホの特徴 ドコモ5G対応モデル• Galaxy S20 5G SC-51A• AQUOS R5G SH-51A• LG V60 ThinQ 5G L-51A• arrows 5G F-51A 対応端末では、エリア外での通信は4Gを使った通信や通話が行えます。 その為、例え、5Gが使えなくても、代わりに4G通信を使う事が出来ますので、多くのシーンで困る事は無いでしょう。 格安SIMとは違って、大手キャリアが提供している4Gプランは、通信速度制限が行われるまでは十分に高速な通信速度を誇っていますので、大容量プランに入っていれば、動画視聴、ゲームのダウンロードやプレイに支障が出る事は無いでしょう。 ドコモの新サービスに対応している端末は、人気機種の最新モデルが続々と発表されました。 性能面では、ほぼ完成の域に達しています。 特にハイエンドモデルに関しては、負荷の高いアプリを動作させても快適に動作させるだけの性能を持っていますので、どのような用途でも使えます。 新しい通信方式は、6GHz以下の周波数帯を採用しているLTEとの互換を維持していて、それに加えて、マイクロ波に近い28GHzの周波数帯にも対応しています。 主な特徴は、低遅延である事と大容量データを高速転送させられる点です。 また、機器を100台同時に接続する事も可能になりますので、普及が進めば、消費者は4G世代よりも高速なモバイル通信環境を使えるようになります。 スマートフォンやモバイルルーターでも5Gを使う事が出来る予定であり、現在は対応スマートフォンが市場に出回っています。 しかし、現在では、対応エリアがまだ限定されていますので、スポット周辺まで行かなければ、新しい通信方式を試す事が出来ません。 基地局の増強が進めば、次第に高速なデータ通信を行える環境が整い、4Gに頼らなくても済むようになるでしょう。 通信エリアを広くするには、低周波数帯を使うのが一番効果的です。 しかし、5Gにおいては高周波数帯を使っている為、広範囲で通信するのには向いていません。 新しい通信方式を普及していくには、新しい基地局をどれだけ設置出来るかにかかっています。 現在、日本では第5世代移動通信システムのサービスが始まったばかりであり、普及するまでには一定時間が掛かります。 4Gと併用してサービスを展開しているのは、新通信方式特有の事情によるものだからです。 新しい通信サービスは、今まで行ってきた用途をより便利にしてくれます。 大容量データを扱う機会が多い場合には、新通信方式によるモバイル回線サービスは魅力的な選択肢となり得るでしょう。 まとめ ドコモの5Gサービスについてまとめました。 まだ5Gが使えるエリアが狭いため、基本的に4G回線をいままでどおり使うことになります。 よって利用料金や対応端末なども4Gベースのままですね。 来年、再来年とエリア拡大されるにつれて、5G向けの専用サービスも登場していくかもしれません。 せっかくに高速回線なので、十分堪能できるプランが登場するといいですね。

次の

ドコモ『5G』の料金プラン、割引、対応端末、エリア、注意点などまとめ

ドコモ 5g 対応 端末

5G対応端末を比較:端末一覧と値段 まずは どんな端末があるのか、「キャリア」と「機種名」、「値段」、そして発売時期について一覧にまとめました!! auから7月以降に発売予定の「ZTE a1 ZTG01」もおそらく10万を切るのではないかと思います。 割引プログラムを利用してお得に購入する方法 ドコモ、au、ソフトバンクにはそれぞれ以下のような割引プログラムがあります。 割引プログラム• 36回払いが条件 24ヶ月利用して返却すると残りの12ヶ月分の料金は払わなくて良い• 支払いの例• ドコモ:111672円の支払い• au:129145円の支払い• ソフトバンク:129600円の支払い• 5G対応端末を比較:スペックを比較 次は 各端末のスペックを比較していきます。 サイズ• カメラ• CPUスペック• バッテリー容量• その他 防水、おサイフケータイなど ちなみに「Mi 10 Lite 5G」はまだ情報がほとんどないのでここでは一旦除外します。 サイズを比較 機種 幅 mm 縦 mm 厚さ mm 重さ g ディスプレイサイズ 種類 画質 AQUOS R5G 75 162 8. 9 189 6. 5インチ WQHD arrows 5G 76 164 7. 8 170 6. 7インチ、有機EL WQHD Galaxy S20 5G 69 152 7. 9 163 6. 8 186 6. 3 170 DS装着時:177 9. 2 DS装着時:15 218 DS装着時:353 6. 8 ブラック 9. 5 オレンジ 217 ブラック 210 オレンジ 6. 7インチ、有機EL WQHD OPPO Reno3 5G 72 159 7. 7 171 6. 55インチ、有機EL FHD XPERIA 1II 72 166 7. 9 181 6. 5インチ、有機EL 4K ZTE a1 ZTG01 77 164 9 185 6. 5インチ FHD ZTE Axon Pro 5G 73. 4 159. 2 7. 9 176 6. 4インチ、有機EL FHD ほとんどの機種がディスプレイに有機ELを採用していますね。 5G時代のスマホはどんな形になっていくのか、各メーカーは模索しているみたいですね。 機種 メインカメラ1 画素数 メインカメラ1 F値 メインカメラ2 画素数 メインカメラ2 F値 メインカメラ3 画素数 メインカメラ3 F値 メインカメラ4 画素数 メインカメラ4 F値 インカメラ 画素数 インカメラ F値 AQUOS R5G 1220万 1. 7 4800万 超広角 2. 9 1220万 望遠 2. 7 ToF - 1640万 2 arrows 5G 4800万 不明 1630万 超広角 不明 800万 望遠 不明 - - 3200万 不明 Galaxy S20 5G 1200万 1. 8 1200万 超広角 2. 2 6400万 望遠 2 ToF - 1000万 2. 8 1200万 超広角 2. 2 6400万 望遠 2 ToF - 1000万 2. 8 1300万 超広角 1. 9 ToF - - - 1000万 1. 9 OPPO Find X2 Pro 4800万 1. 7 4800万 超広角 2. 2 1300万 望遠 3 - - 3200万 2. 4 OPPO Reno3 5G 4800万 1. 7 800万 超広角 2. 2 1300万 望遠 2. 4 200万 モノクロ 2. 4 3200万 2. 4 XPERIA 1II 1220万 1. 7 1220万 超広角 2. 2 1220万 望遠 2. 4 ToF - 800万 2 ZTE a1 ZTG01 4800万 不明 800万 不明 200万 不明 ToF - 3200万 不明 ZTE Axon Pro 5G 4800万 1. 4 - - 2000万 2 ほぼ全ての端末が超広角カメラ、望遠カメラを搭載しています。 超広角に強いのがAQUOS R5G、OPPO Find X2 Pro。 望遠カメラが強いのがGalaxyという感じでしょうか。 ちなみに「ToF」というのは深度を計測するカメラで、ポートレート写真を撮るときに効果を発揮するセンサーのようなものです。 CPUスペックを比較 機種 CPU コア数 内容 メモリ GB AQUOS R5G Snapdragon 865 5G オクタコア 2. 違うのはメモリ容量くらいで、同じCPUを搭載している端末ならスペックの差はほとんど無いと思われます。 それだけバッテリーの消耗が激しいのでしょうか… Power Delivery 急速充電 やワイヤレス充電に対応している端末もいくつかあるようですね。 なお、不明となっているものはまだ測定されていないものや、公式サイトから判断つかなかったところです。 おそらくPower Deliveryといった急速充電には全て対応していると思われます。 その他 最後はWi-Fi6、防水・対塵性能、Felica おサイフケータイ 対応、ハイレゾ再生対応についてまとめます。 その代わり値段は抑えめになるのでは無いのでしょうか?? 5G対応端末を比較:まとめ ということで、 5G対応端末について比較してみました。

次の

ドコモの5G対応機種はいつごろ発売?2020年春モデルをチェック!

ドコモ 5g 対応 端末

タップできる【目次】• 理由1.5Gは対応エリアが非常に狭い 理由の1つ目は、 5Gの対応エリアの狭さだ。 どのキャリアであっても、現在は非常に狭いエリアでしか5Gが使えない。 まずは最大手である docomoの5Gエリアから説明しよう。 docomoはPDFで対応エリアを公開している。 そして最も対応エリアが広いであろう、 東京の2020年4月末時点の対応エリアが下記となる。 オリンピックアクアティクスセンター:観客席• 東京スタジアム:観客席、入場ゲート周辺• 羽田国際空港:チェックインカウンター周辺• 東京スカイツリー:スカイアリーナ周辺、ソラマチひろば周辺、PLAY5G• 渋谷ストリーム:ホール5階・ホール6階• 渋谷スクランブルスクエア:SHIBUYA QWS• ドコモショップ丸の内店• d school府中R20店• ドコモショップ木場店• ドコモショップ日本橋店• 山王パークタワー:27F エントランス• ドコモ中野ビル:1F エントランス• ドコモ品川ビル:1F エントランス 参考: たったのこれだけである。 調べていて呆れるくらい少なかった。 しかも対応エリアの周辺で使えるのかと思ったら、よくよくみると 1階エントランスだけとか、 ホールの一部だけとか、更に狭い一部のエリアでしか使えない。 これでは 実質使えないのと同義だ。 「5G通信がしたいな。 よし、ドコモビルの近くに移動しよっ!」 そんなユーザーがいるわけがない。 次はauの対応エリアだ。 auは地図で分かりやすく5G対応エリアを提示している。 東京を見てみよう。 参考: 「どこっ!? 5G対応エリアどこにあるの!?」 パッと見る限り、5G対応エリアはおろか、 夏以降に5Gに対応するエリアすら見当たらない。 どこを見渡しても4G対応エリアしか見えないので、私の目がおかしくなったのかと思った。 「 あっ……あった!!めっちゃ拡大したら、 ジュースをこぼしたシミみたいなエリアが見えてきた!」 画像をみたらわかると思うが、めちゃくちゃ狭いエリアしか対応していない。 夏以降であっても、ほんのわずかのエリアしか対応しないことが分かる。 そしてSoftBankだ。 SoftBankもauと同様にマップを公開していた。 参考: 「おお? SoftBankが一番分かりやすいな……」 そして対応エリアも一番広い気がする。 不思議なのは、映画「翔んで埼玉」で「千葉だと思ってた!」とディスられた 葛西がすでに5G対応エリアと言う事だ。 これを見ると葛西も立派な東京都だと認識できる。 まあしかし、結局どのキャリアであっても 5Gは対応エリアが狭すぎるということがよくわかっていただけただろう。 つまり、今5G対応端末を買っても、 ほぼ4G端末としてしか使えないのだ。 理由2.5Gエリアは当分狭いまま そして二つ目の理由だ。 前章で5Gエリアが非常に狭いことを伝えたが、 この状況はしばらく続く。 現在の対応エリアには将来的な対応エリアも記載されているため、ある程度今後の予測は出来るのだが、 もっと決定的な資料がある。 それは総務省の公開している 5G基地局の開設計画の資料だ。 参考: この資料には 5G基盤展開率という数値が記載されているのだが、下の方に小さく 2024年度末までの計画値とこっそり書かれている。 それによると、2024年度末までにdocomoは 全国97. つまり5G設備が全国に行き渡るまで、 最低あと4年かかるのである。 今5G端末を買っても、 しばらくの間は4G端末としてしか使えない状況が続くということが分かる。 理由3.5Gスマホはコスパが悪い 三つ目の理由は、5Gスマホのコスパだ。 あなたもご存知かもしれないが、すでに発売・発表されている5G対応端末は めちゃくちゃ値段が高い。 下記は私がまとめたキャリア各社の5G対応端末の値段だ。 最も安い ZTEのAxonであっても、ほぼ9万円する。 これだけ値段がすれば、性能もそれに比例して高くなってほしい所だが、残念ながら4G端末と比べて 大して高性能ではない。 いや、一応現時点で最高性能ではあるのだが、少なくとも値段に見合うほどではない。 具体的に数値で説明しよう。 上記の5G対応端末は、どれも共通して Snapdragon 865というSoCを搭載している。 基本的に同じSoCなら性能も同じとなる。 そしてSnapdragon 865のベンチマークスコアは、 約56万点だ。 SoC:スマホの処理性能を決める部品。 CPUやGPUを一つのチップに纏めて搭載している。 System on a Chipの略。 それに対して、最新の4G端末はどれくらいの性能なのか。 5G端末とは約6万点のスコア差となる。 これは普通に操作していて実感できるほどの差ではない。 そして性能には大して差が無いにも関わらず、値段は大きく違う。 Oneplus 7Tの値段はAmazonで 約5万6千円である。 5G端末の半額程度で手に入れることが出来る。 Oneplusは日本に進出しておらず、Amazonなどの通販でしか買えないので、日本の家電量販店でも手に入る端末でも比較しよう。 つい先日発表された、 AppleのiPhone SEである。 iPhone SEはiPhone 11と同じ A13 BionicというSoCを搭載している。 このSoCも4G端末で最高の処理性能を持っている。 A13 Bionicのベンチマークスコアは 約50万点。 そしてiPhone SEの値段はご存知の通り、格安の 44800円である。 いかに5G端末が4G端末と比べてコスパが悪いかわかっていただけただろう。 今5G端末を買っても、5Gはまともに使えず、しばらくの間その状態は続き、更にコスパも悪い。 5G端末は今買うべきではない。 最新の4G端末を買い、5Gの設備が整った頃に5G端末に乗り換えるべきだ。 そのころには5G端末の値段も落ち着いているだろう。 おすすめの最新4G端末 という訳で、現在お勧めの4G端末をご紹介しよう。 どれも発売されて半年以内となっており、決して5Gスマホに見劣りするものではない。 最新5Gスマホにも匹敵する処理性能に、大容量のメモリ、バッテリーを搭載している。 にもかかわらず、値段は半額以下の56000円。 ハッキリ言って、これほどコスパの高いスマホはそうそうない。 ハイエンドにして格安スマホ並みの値段だ。 もう他の端末のことなど一切考えず、この端末を買っておけばいいと断言したいところだが、ただ一つ欠点がある。 それは、 技適を取得していないことだ。 日本においては技適を取得していないスマホを許可なく使うと、 電波法に違反する可能性があるとされている(必ずなるとは明言されていない)。 一応言っておくと、技適を取得していないスマホを使ったからといって、 罰せられたという話は聞いたことが無い。 だが、一応このスマホの使用は自己責任であるとさせてほしい。 日本における技適の現状については、下記の記事が参考になると思う。 ご存知Appleの iPhone SEである。 Oneplus 7Tと同様、4G端末の中では最高の処理性能を持っている。 しかも、値段はさらに安くなり、技適も当然取得している。 メモリやバッテリーなど、基本的な性能ではOneplus 7Tに及ばないが、それでも優れた設計によりストレスなく使うことが出来るはずだ。 最近のスマホの中では珍しくコンパクトな端末となり、片手で操作できる小さな端末を探している人にもお勧めできる。 前述の2機種よりも若干性能は劣るが、十分高い処理性能を持っている。 また、 メモリ、バッテリー、カメラ機能の豊富さなどはiPhone SEよりも上だ。 Huawei製品であってもしっかりGoogleアプリに対応しており、今後使えなくなることも無い。 非常にコスパの高い製品となる。 また、このスマホは 楽天回線対応製品としても発売されており、楽天モバイルの動作保証の対象内となる。 コスパの高い端末と合わせて、同時に 1年間無料の楽天モバイルに契約するのもお勧めだ。 おすすめ4.OPPO Find X2 Proの発表を待つ 4つ目はお勧めの端末というより、 推奨する行動指針となる。 前述した通り、現在発売・発表されている5G端末は軒並み高価だ。 だが、まだ価格の判明していない端末は事情が違う。 下記の端末は、 従来の5G端末よりも格段にコスパが良い可能性がある。 製品 docomo au SoftBank arrows 5G 未定 - - OPPO Find X2 Pro - 未定 約7万円? - OPPO Reno3 5G - - 未定 ZTE a1 - 未定 約5万円? - Mi 10 Lite 5G - 未定 約3万5千円? - 注目すべきは OPPO Find X2 Proだ。 この端末は5G対応端末の中でもワンランク上の性能を持ちながら、 値段は非常に競争力のある価格にするとauが発言している。 一時期は値段が発表されていたのだが、調整中とのことで未定に変わってしまった。 だが、当時公開された価格はなんと 約7万円であった。 この価格であれば、この記事内で紹介したスマホの中で、 ぶっちぎりでおすすめなのがOPPO Find X2 Proになる。 また、 OPPO Reno3 5G・ZTE a1・Mi 10 Lite 5Gについても、性能は一歩劣るが、その分価格は安く抑えられるとみている。 これらも非常におすすめの端末だ。 ……残念ながら、arrows 5Gの値段には期待しない方がいい。 日本のメーカーが、中華スマホに張り合うくらいコスパの高いスマホを出すとは思えない。 一応スペック的にはarrows 5Gも悪くないので、価格さえ良ければ大いにお勧めできるのだが……。 最新の4G端末を買うか、待ちがおすすめ 再度結論を言うと、今5G端末を買うのはお勧めできない。 買うなら最新の4G端末にするか、まだ価格の発表されていない5G端末の発表を待った方がいい。 スマホは最もよく使う日用品であり、 生活の豊かさに直結する重要なデバイスである。 端末を選ぶときは、よく吟味して自分に最適なスマホを見つけ出してほしい。 その時は、当ブログがお役に立てれば幸いである。

次の