ブラッキー 育成。 【ポケモン剣盾】ブラッキーの育成論と対策【クールビューティー】

【ポケモンサンムーン】最強ブラッキーの作り方・育成論まとめ【対策方法も公開】

ブラッキー 育成

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ゼラオラレイドの攻略情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるブラッキーの育成論と対策について掲載しています。 ブラッキーのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• 特性:いかくを無効化する ブラッキーの特徴 ブイズ最硬の耐久ポケモン 防御と特防が高く、HPも最大200を超える高耐久のポケモンです。 特性が強化されたこともあり、今まで以上にシングルでもダブルでも活躍が期待されるポケモンです。 豊富な技から多い役割 ブラッキーは技の範囲が豊富なため型や役割が多いポケモンです。 受けとして選出された場合でも覚えている技でやることが異なり、同じ役割を持っていても型が異なるので対策が難しいポケモンでもあります。 妨害技で起点作りも 相手の能力ランクを下げる技を多く覚えるため起点作りとしても活躍します。 特にダブルバトルでは攻撃をしながら能力ダウンが狙え、持ち前の耐久力と合わせて優秀なサポーターになり得ます。 回復手段をつきのひかりにする場合には天候による影響を大きく受けるので混乱実で補うのがベストです。 その場合、技の枠に余裕ができるのでちょうはつを採用するのも有効です。 あく単タイプということもあり受けやすいのが特徴です。 みがわりを貫通するため圧力をかけやすく特殊アタッカーに対して非常に強い構成です。 晴れ状態を作りやすいパーティであればつきのひかりを採用するのも良いでしょう。 候補技では味方の火力を高めるてだすけや、環境次第では全体音技を防げるじごくづきの採用も視野に入ります。 物理アタッカーの場合は積み技を逆に利用されることもあるので注意しましょう。 対策方法 高火力の弱点技で突破 ブラッキーはあくタイプなのでむし、フェアリー、かくとうが弱点です。 高火力アタッカーの多いフェアリー技で押し切るのがおすすめです。 また、フェアリー技はダイマックス時にダイフェアリーとなり、状態異常無効の効果が付与されるので、あくびで交代を強いるブラッキーに対して有効です。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、下記の型ごとの基本要素の表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ブラッキーの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ブラッキー 育成

ポケモン鑑定:ポケモン解説(ブラッキー) [ポケモン・ポケモン解説] *ここはバトルで良く使われるポケモン(ブラッキー)の情報 *ここについての追加、訂正、注文などありましたらの方へ *01.9.05情報追加:ken1さん ブラッキー [基本情報] *.レベル100固体値/努力値MAX時ステータス HP 攻撃 防御 特攻 特防 早さ 393 228 318 218 358 228 *.タイプ別相性:ダメージ4倍 、2倍 、1/2 、1/4 、無効 自分のタイプ N 炎 水 草 電 氷 格 毒 地 飛 E 虫 岩 G 竜 悪 鋼 あく *.使用可能な技等は *.弱点 格闘タイプの技: 最大の弱点である格闘タイプの技=[ クロスチョップ]と言っていいです。 さらにはポケモンは、カイリキーとほぼ特定する事が出来ます。 なぜなら通常でも格闘技は2倍で効きます。 耐久力のすぐれているブラッキーと言えどこれは厳しいです。 たとえ[ のろい]で防御力を上げていても急所に入れば無意味なので[ クロスチョップ]には、大変弱いと言えます。 (第一、のろいをするひまもなくダウンです) 虫タイプの技: これは、弱点といえど格闘タイプの怖さほどではありません。 なぜならば、急所に命中する確率が高くなる技がないからです。 つまり[ のろい]で防御力さえ上げれば、何とかなる事があります。 素早さ: このポケモンは大会でよく使われるポケモンの中でもかなり遅い方です。 [ のろい]が有効なのはこの辺りが絡んでますね。 攻撃ステータス: 攻撃に関する2つのステータスもかなり低いです。 直接攻撃するには[ のろい]を使う以外では苦しいです。 *.長所 耐久力: これは(耐久力=防御力、特殊防御、HP)が高い次元でそろっているからです。 素早さの低さを充分補うくらいの値はあります。 バランス的にはカビゴンより上かもしれません。 *.要注意 カイリキー: これは弱点の所でも書きましたが、対戦するカイリキーがほぼ100%持っているであろう[ クロスチョップ]がとても恐いのです。 ハッサム: カイリキーほどではありませんが、[ つるぎのまい]〜効果抜群の[ 目覚めるパワー(虫)]の攻撃はとてもダメージが大きくなります。 もともとハッサムは攻撃力が高いのでこのあたりも注意点です。 吠える・吹き飛ばしを覚えているポケモン: 非常に苦戦します。 あらかじめ他のポケモンで眠らせておくなどの処置が必要です。 相手の足止めにも有効。 くろいまなざし:LV42で覚える <相手を逃げられなくする> [どくどく]との併用が覚えさせておく事の条件です。 どくどく:技マシン06 <相手を[どくどく]の状態にする> 相手をどくどく状態にすれば、回復しない限り6ターンで相手はダウンする。 [くろいまなざし]との併用が有効。 素早さダウンは元々遅いので気にならない。 相手が[ ほえる][ ふきとばし]等を持っていそうに ないなら状況が許す限り使い続けても良い。 [あやしいひかり]+[いやなおと]: [あやしいひかり]で混乱させた後[ いやなおと]で防御力を低下させ、自滅ダメージを増やそうというコンボ。 [どくどく]+[くろいまなざし]: どちらの技を先に使うかが問題である。 ブラッキーの場合、[ どくどく]を先に使ったら[ くろいまなざし]はほぼ確実に持っていると読まれるので交代させられてしまう。 だからダメージを与えるのが遅くなっても[ どくどく]は、[ あやしいひかり]の後で使うのが良い。 (ちなみのこのコンボも[ほえる][ふきとばし]に弱い) [ねむる]+『はっかのみ』又は『きせきのみ』: ブラッキーは[ つきのひかり]を覚えるので、ほぼこのコンボの出番はない。 ただそれはLV100戦での事。 ニンテンドウカップではLV制限がある。 もしLV55のカイリューやカビゴンを同時にエントリーしたいならLVは50でなければならない。 しかし[ つきのひかり]はLV52で覚えるため使うのは不可能である。 その時の代理としての回復技に[ ねむる]があり、『 はっかのみ』と組み合わせて使うのである。 他のコンボと組み合わせることで最大の威力を発揮します。 別名捕獲バトン。 (以下その1例です) 例) * 弱点を突けるポケモンにバトンタッチ : 標準的な使い方です。 * 影分身や身代わりを使ってからバトンタッチ : 黒い眼差し以外にもバトンできるものがあります。 2匹以上眠らせてはいけないルールでこのコンボを使うのは厳しいです。 しかし黒い眼差しで交換を防げばこのコンボを成功させることができます。 ただし先にコンボ封じポケモンを眠らせてしまった場合は使えませんが。 * アンコールが使えるポケモンにバトンタッチ : アンコールは交換されると効果がきれてしまいますが、黒い眼差しがあれば平気です。 どくどくをかけてからバトンタッチしてアンコールで眠るや癒しの鈴を封じるといった使い方や、相手の技を固定してカウンター・ミラーコート・我慢・威張るなどの技を使う(アンコールポケモンでは持久力が無いので、さらにソーナンスなどのポケモンにバトンタッチするといいです。 バリヤードで出来ます)という方法があります。 ハッサムにバトンタッチ 黒い眼差しで捕まえたポケモンが炎技を使わないポケモンなら、ハッサムにバトンタッチして高速移動バトンや剣の舞バトンをするといいでしょう。 * ハピナスやハガネールにバトンタッチ : まずは黒い眼差しとどくどくを使ってから、相手が特殊攻撃型ならハピナスに、打撃攻撃型ならハガネールなどにバトンタッチするとブラッキー以上に粘ることができます。 ハガネールは眠るで回復しましょう。 ハピナスもハガネールもカウンターや威張るを持っていると何かと便利だと思います。 なおツボツボやソーナンスでも構いません。 ただし相手の眠るには注意が必要です。 渦潮を使うよりは成功率は高いと思います。 ニョロボンは催眠術を忘れずに。 [前作(赤、青、緑、ピカVer.)] 情報募集中 条件:LV100 [金銀以降] 条件:LV100 *パターン1: 持久型1[ どくどく、 くろいまなざし、 つきのひかり、 だましうち] 、、、吹き飛ばされたりほえられるので、難しいでしょう。 *パターン2: 持久型2[ あやしいひかり、 いやなおと、 くろいまなざし、 つきのひかり] 持久型の戦法は2つ。 どちらがメジャーかと言えば、どくどくコンボ型の方である。 どちらも[ つきのひかり]で回復しつつ『 自滅 』を待つパターンである。 技の組み合わせを変えた他のバリエーションとしては、[ あやしいひかり、 どくどく、 くろいまなざし、 つきのひかり]というのもある。 [ みがわり]や[ かげぶんしん]もいいが、入れる余地があるかどうか、、、 この組み合わせの弱点は、攻撃の効果が出るのが遅すぎてそれまでにやられてしまう事がある所。 注意点はこちらが[ どくどく]状態にならないようにする事である。 又ゴースト系が出てきた場合、[ ほろびのうた]があるので[ くろいまなざし]をされる前に入れ替えた方がいいかも。 アイテムは『 きせきのみ』が1番手、『 たべのこし』『 ひかりのこな』『 せんせいのつめ』が2番手。 *どくどく:必須 *くろいまなざし:ほぼ必須 *つきのひかり:体力回復に必要 *だましうち:途中で出て行くとして相手のHPがわずかな時や、持久戦法中に相手のHPを削るため。 *あやしいひかり:相手を混乱させる *いやなおと:相手の防御力を低下させ、自滅ダメージを上げる *パターン3: のろい型[ 打撃系攻撃技1つ又は2つ、 のろい、 つきのひかり、 あやしいひかり] この場合は、最初に[ のろい]で攻撃力を上げてから打撃攻撃を出そうという戦法である。 ただ、ブラッキーが有効に使える打撃技は[ のしかかり][ すてみタックル][ シャドーボール]であり、どれも全く効かない相手を持っている。 そういう場合に備えてノーマル/ゴーストの両方の打撃技を装備するか、[ あやしいひかり][ みがわり]等の補助系の技を装備するかは各人しだい。 誰かから有効なステータスアップをバトンタッチしてくれば、パーティの主力ポケモンにもなり得る。 弱点は[ ほえる][ ふきとばし]等のステータス解除出来る技。 アイテムは『 きせきのみ』『 せんせいのつめ』が1番手、『 たべのこし』が2番手。 *のろい:防御力と攻撃力を同時に上げれる。 複数回使った方がいい。 *打撃系攻撃技:[ のしかかり][ すてみタックル][ シャドーボール] *パターン4:[ 黒い眼差し・ バトンタッチ・ 月の光(眠る)・ 補助技] 黒眼バトンコンボ用の組み合わせです。 持ち物は食べ残し・はっかの実・光の粉のいずれかでしょう。 補助技の部分は、どくどく・影分身・身代わり・怪しい光・威張る・嫌な音・甘える・我慢・だまし討ち(攻撃技だけど)などの中から自分の使いたいコンボに必要な技を選びましょう。 [金銀以降] 条件:ニンテンドウカップ2000 LV100戦とほぼ同じであるが、LV制限があるためLV55のポケモンがいると[つきのひかり]が使えない事に注意するべし。 [こいつを倒せ] *有利なポケモン ハッサム: 攻撃力の高いハッサムがさらに[ つるぎのまい]で攻撃力を上げ効果2倍の虫タイプの攻撃。 カイリキー: 効果が2倍の格闘技[ クロスチョップ]で攻撃。 急所も期待できる事から[ のろい]型にも対応出来る。 [ サイコキネシス]にだけは要注意。 カビゴン: カビゴンは耐久力が高いため、攻撃ステータスの低いブラッキーはカビゴンをなかなか倒す事が出来ない。 [ あやしいひかり]さえなければ、[ のろい]型で圧勝。 [ みがわり]をいれるのも手。 [][].

次の

【ポケモン剣盾】ブラッキーの育成論。オススメの型や努力値調整を解説

ブラッキー 育成

ブラッキー げっこうポケモン ぜんこくNo. 197 アローラNo. USUM 158 アローラNo. SM 128 高さ 1. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Umbreon タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• イーブイ呼出 夜• A イーブイ呼出 夜• B イーブイ呼出 夜 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• イーブイ呼出夜• イーブイ呼出夜 主な入手方法 SM• /同じ『せいかく』の野生のポケモンと出会いやすくなる。 なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が場を離れると効果は消える。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 もう1度使用すると元に戻る。 USUM New! USUM New! 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 この技の残りPPが少ない時ほど威力が高くなり、残りPPが5以上の時は40、4の時は50、3の時は60、2の時は80、1の時は200となる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 相手の『みがわり』状態を貫通する。

次の