冷凍 ブロッコリー お 弁当。 業務スーパーの冷凍ブロッコリー買っていい?失敗しないコツ紹介

冷凍ブロッコリーの解凍を簡単においしくするベストな方法まとめ

冷凍 ブロッコリー お 弁当

業務スーパーの冷凍野菜「ブロッコリー」 中国産 ブロッコリー 冷凍野菜の中でも、定番と言える「ブロッコリー」はもう何度もリピート購入しています。 冷凍野菜 ブロッコリー ¥148円(税別) 500g入って148円と激安です。 ブロッコリーは、安い時は100円程度で手に入りますが、通常150円~200円ほどで販売されていることが多いです。 業務スーパーの冷凍ブロッコリーは、3~4株ほどのブロッコリーが入っているのでかなりお得な商品です。 ( 冷凍ブロッコリーに、茎は入っていません) もちろん、価格が安いのは 中国産であるから、という理由もあるとは思います。 しかし私は「中国産だから買わない」と思わず、「安かったら挑戦してみる、美味しかったらまた次も買う」というタイプなので、あまり気にせずに中国産ブロッコリーを購入しています。 どうやら、業務スーパーには中国産以外にスペイン産の冷凍ブロッコリーも売っているようです。 いつか、スペイン産も食べてみたいです。 ブロッコリーは、大きいサイズ~小ぶりサイズまでバラバラに入っています。 軽く湯通ししていますが、加熱してから食べます。 便利なので、何度も購入していますが… ちょっと柔らかめの食感な所が気になります。 調理すると、シナシナ・くたくたになりやすい。 もう少し固めの方が、食感も楽しめるのになぁー…と思ったり。 解凍方法 レンジで解凍(難しい) レンジでブロッコリーを解凍すると…水分でビチョビチョになってしまいます。 レンジで解凍すると水分が多すぎるため、キッチンペーパーで包んで水を絞り取るようにしています。 じゃないと、水が多すぎて食べれません。 もちろん、ブロッコリーはシナシナ・くたくた状態。 自然解凍(水分が多くて難しい) スーパーで購入したブロッコリーを自分で茹でて冷凍保存している場合、お弁当に凍ったまま入れています。 朝、凍ったまま入れておくと、お昼頃には良い感じに自然解凍されているんです。 しかし、 業務スーパーの冷凍ブロッコリーの場合、水分が多いからか自然解凍後はビチョビチョになります。 口に入れた瞬間、水がブワッと広がって「!!!???」と混乱した経験があります 笑 なので、業務スーパーの冷凍ブロッコリーは凍ったままお弁当に入れないようにしています。 フライパンで蒸す 業務スーパーの冷凍ブロッコリーは、 凍ったままフライパンに入れて蒸すと美味しくなります。 フタをすれば、ブロッコリーに付いている氷で十分に蒸せます。 えのき・ベーコンなどを入れて味付けするだけで立派な一品になります。 鶏がらスープの素・塩コショウだけのシンプル味付けでも美味しいです。 もうこれは、解凍というより調理ですね。 もちろん、多少はくた~としちゃいますが気にせず食べれる範囲です! 注意冷凍ブロッコリーは、水分が多いので解凍するより加熱調理した方が良いかも! 冷凍ブロッコリーのアレンジレシピ シチュー・カレー 業務スーパーの冷凍ブロッコリーで一番おすすめな調理方法は、シチューなど煮込み料理に入れることです。 凍ったまま入れるだけなので、手軽に作れます! 解凍せずに調理できる方法なので、一番多くブロッコリーを消費しているレシピかも。 ホワイトシチューや、カレー、ポトフなどとの相性は抜群です。 常備しているのは、バーモントカレーの業務サイズ。 色々なカレーにアレンジできて便利です。 参考記事 >> お弁当 お弁当に入れる場合は、 フライパンで蒸し焼きにするか、レンジで温めて水分を絞っています。 見た目的に、 水分を絞ったブロッコリーはシナシナ・くたくた…になるので…おすすめはできません。 でも、水分を絞ってからマヨネーズ・チーズをのせてトースターで加熱すると美味しいです! 緑が欲しい時に、冷凍庫にブロッコリーがあるとサッと用意できるので冷凍ブロッコリーには感謝しています! 欲を言うなら、業務スーパーの冷凍ブロッコリーは、もう少し水分少な目・固めだと嬉しいなー、という感想。 ネットショップでも冷凍ブロッコリーは便利のため人気のようです。 解凍するより、フライパンで蒸し焼きにした方が美味しくなります! 業務スーパーには、スペイン産のブロッコリーも売っているようなのでいつかチャレンジしてみよう。 ありがとうございます。

次の

冷凍ブロッコリーの美味しい食べ方みっけ!子どもが喜ぶ「冷凍ブロッコリー」を使ったお弁当おかず

冷凍 ブロッコリー お 弁当

「マヨネーズをかける。 シンプルだけど好きなので喜ぶ」(57歳/総務・人事・事務) 「カップにマヨネーズをいれ、ブロッコリーを入れる。 美味しかったと、次もリクエストされました」(41歳/その他) 「ブロッコリーに、マヨネーズを使ったのが好きでした。 毎回そのおかずだけは必ず完食してくれました」(57歳/その他) お弁当の彩りに役立つブロッコリーは、シンプルにマヨネーズを和えるという回答が多数。 それだけで美味しく食べられるブロッコリーは、お弁当の名脇役ですね。 なかには、そこにツナやコーンを一緒に和えるという回答も。 和える以外にも、 「ブロッコリーにマヨネーズをかけて焼く。 『これなら食べられる!』と喜んだ」(49歳/総務・人事・事務) 「アルミホイルに並べて上にマヨネーズをかけて、そのままオーブントースターで焼く。 見た目もかわいく、美味しいので喜んでいた」(47歳/その他) と、マヨネーズをかけて焼くという食べ方もあるようです。 「ホットケーキミックスを溶いてつけて揚げる。 好みでケチャップをつける。 残さない」(46歳/主婦) 「天ぷらにして、タルタルソースをかけたサラダ。 野菜が得意ではないのですがきちんと食べる」(42歳/その他) 「ブロッコリーのフリッター。 テンションが上がるね」(56歳/主婦) 意外と多かったのが、ブロッコリーの揚げ物。 少し手間ではありますが、それで完食してくれればうれしいですよね。 ブロッコリーを揚げたことがない方は、一度試してみてはいかがでしょうか? お弁当の緑を担うブロッコリーも、毎回同じ食べ方よりアレンジをきかせたほうが、食べる楽しみが広がります。 ぜひ今後のお弁当作りの参考にしてみてください! ( c ) stock. adobe. com.

次の

ブロッコリーを冷凍保存!生のままと茹でてからはどっちがいい?

冷凍 ブロッコリー お 弁当

「マヨネーズをかける。 シンプルだけど好きなので喜ぶ」(57歳/総務・人事・事務) 「カップにマヨネーズをいれ、ブロッコリーを入れる。 美味しかったと、次もリクエストされました」(41歳/その他) 「ブロッコリーに、マヨネーズを使ったのが好きでした。 毎回そのおかずだけは必ず完食してくれました」(57歳/その他) お弁当の彩りに役立つブロッコリーは、シンプルにマヨネーズを和えるという回答が多数。 それだけで美味しく食べられるブロッコリーは、お弁当の名脇役ですね。 なかには、そこにツナやコーンを一緒に和えるという回答も。 和える以外にも、 「ブロッコリーにマヨネーズをかけて焼く。 『これなら食べられる!』と喜んだ」(49歳/総務・人事・事務) 「アルミホイルに並べて上にマヨネーズをかけて、そのままオーブントースターで焼く。 見た目もかわいく、美味しいので喜んでいた」(47歳/その他) と、マヨネーズをかけて焼くという食べ方もあるようです。 「ホットケーキミックスを溶いてつけて揚げる。 好みでケチャップをつける。 残さない」(46歳/主婦) 「天ぷらにして、タルタルソースをかけたサラダ。 野菜が得意ではないのですがきちんと食べる」(42歳/その他) 「ブロッコリーのフリッター。 テンションが上がるね」(56歳/主婦) 意外と多かったのが、ブロッコリーの揚げ物。 少し手間ではありますが、それで完食してくれればうれしいですよね。 ブロッコリーを揚げたことがない方は、一度試してみてはいかがでしょうか? お弁当の緑を担うブロッコリーも、毎回同じ食べ方よりアレンジをきかせたほうが、食べる楽しみが広がります。 ぜひ今後のお弁当作りの参考にしてみてください! ( c ) stock. adobe. com.

次の