医療事務 給料。 【医療事務 VS 一般事務】転職するならどっち?

【医療事務のボーナス事情】平均はいくらなの?何ヶ月分もらえるの?

医療事務 給料

医療事務の年収 医療事務の年収は、勤務年数や実力、勤務先の病院・クリニックによってだいぶ変わります。 ボーナスや諸手当の支給があるかどうかも職場によって事情が異なり、個人経営のクリニックではボーナスが出たとしてもほんのわずかということもあるようです。 そのため年収には開きがあるのですが、だいたい初年度は250万円くらいになる人が多いようです。 全体の平均年収は300万円から400万円くらいになるといわれています。 残業代の支給があるかどうかもポイント なお、医療事務の仕事は残業や早出はあまりありませんが、正社員の場合、月末になると行うレセプト請求期間は事務処理が増えるため、残業が発生する場合があります。 この場合、きちんと残業手当が支給される職場で働いていれば、その分だけ給料は高くなります。 医療事務の待遇は病院によってだいぶ変わるといわれているため、就業先選びは慎重に行ったほうがよいかもしれません。 勤続年数や経験によって収入が上がることも 医療事務は需要がある仕事ですが、この職を目指す人も増えているため、今後も待遇が大幅に良くなることは考えにくいでしょう。 ただし、長年働いて手早く業務をこなせるベテランになると、病院側の「この人には長く活躍してほしい」との思いから、比較的大きな昇給が望める職場もあるようです。 医療事務の大きなメリットは、長く勤務しやすいという点です。 正社員や契約社員、アルバイト・パートといった多様な雇用形態で働いている人がおり、契約社員やアルバイト・パートの場合は勤務時間を調整しやすいことから、子育てしながら仕事をすることも可能です。 また、一度取得した医療事務関連の資格は全国どこでも有効なため、何かの理由で一度現場を離れてしまっても、職場復帰しやすいという特徴があります。 そのため、医療事務はとくに女性から人気があり、何年、何十年というように長く勤務している人が多くいます。 医療事務は全体として見ると特別に給与が高い職ではありませんが、勤務年数を重ねることによってスキルが向上し、優遇されて年収500万円以上を得ている人もいます。 この仕事に限った話ではありませんが、医療事務を目指す若い人は増えてきているため、収入アップを望むのであれば、働き続けるなかでどれだけスキルを磨いていけるかが重要なポイントとなります。

次の

医療事務の給料で一人暮らしはできる?安い理由と上げる方法とは?

医療事務 給料

ただしエリアでも差があり、低いところだと平均年収が180〜250万円ほどとなっています。 また働く場所・勤務地によっても平均年収が異なります。 医療事務の平均月収はどれくらい? 医療事務1年目の場合、20万円前後です。 勤務年数が3年目頃になると平均的に20万を超えるケースが増えます。 ただし月収も地域や勤務先によって差があり、平均年収が上がりにくいところもあります。 ランキング 医療事務の職場 平均年収 1位 大学病院 249万円 2位 総合病院 230万円~ 3位 個人病院・クリニック 201万円~ 求人情報サイトで公開されている医療事務の年収で統計をとったところ、次のような額が平均として出ました。 平均年収jpに掲載されている企業の中で順位をつけてみました。 是非チェックしてみましょう。 医療事務の年齢別年収で比較してみよう つぎは、医療事務の年齢別年収をみてみましょう。 各年齢を5歳刻みで算出しました。 最大年収を迎える50代の年収が 280万円でした。 また医療事務で働き盛りの30代の年収はおよそ 289万円になります。 それでは全体の年齢別年収をみてみましょう。 都道府県 平均年収 北海道 290万円 青森 274万円 岩手 299万円 宮城 322万円 秋田 264万円 山形 296万円 福島 290万円 茨城 322万円 栃木 322万円 群馬 322万円 埼玉 290万円 千葉 322万円 東京 451万円 神奈川 354万円 新潟 290万円 富山 290万円 石川 322万円 福井 322万円 山梨 290万円 長野 322万円 岐阜 290万円 静岡 322万円 愛知 354万円 三重 322万円 滋賀 322万円 京都 322万円 大阪 386万円 兵庫 322万円 奈良 322万円 和歌山 290万円 鳥取 290万円 島根 290万円 岡山 322万円 広島 322万円 山口 322万円 徳島 322万円 香川 290万円 愛媛 290万円 高知 290万円 福岡 322万円 佐賀 258万円 長崎 290万円 熊本 290万円 大分 290万円 宮崎 258万円 鹿児島 290万円 沖縄 258万円 比較してみると、一番年収が高い東京都の医療事務の年収が、およそ451万円。 一番低い沖縄県の年収が258万円 となり193万円の年収差ができています。 性別 平均年収 平均月額給与 男性の平均年収 358万円 23万円 女性の平均年収 270万円 17万円 医療事務が一生涯で稼ぐ平均年収は? 医療事務として38年働いたと仮定した場合、一生涯で稼ぐ金額はおよそ1億1020万円です。 計算はこのようになります。 特に大学病院はボーナス額が大きいところが多く、個人病院では少ない傾向にあります。 医療事務の詳しい仕事・業務内容は? 医療事務の主な仕事は大きく分けて4つ。 ・受付業務 オペレーション ・カルテ カルテ管理・病棟クラーク ・点数計算 診療報酬請求 ・会計処理 患者さんごとの診療請求を月ごとにまとめるなど、タイミングによって忙しい時期が頻繁にあります。 医療事務として平均年収をUPさせる働き方・コツは? 地域ごとで差があるとお伝えしましたが、地方よりも都心部の医療事務は平均月収が高めです。 地方の病院勤務だと平均月収が15万円ほどのところも。 大学病院勤務の場合、役職が上がるなどキャリアアップすることで年収UPが期待できます。 医療事務の雇用・求人情報は? 仕事内容によっては医療に関する専門知識が必要となります。 例えば診療報酬明細書(レセプト)の作成などは、全くの初心者では難しいでしょう。 医療事務として働き出した際には、最初にカルテ管理から仕事を覚えることになります。 医療事務の雇用・求人情報ですが、年収も低い上にさほど求人件数は多くないので、好条件求人を探すのは困難です。 医療事務として働くメリットは? 医療事務の正社員として働ければ、最大のメリットは安定的であることです。 派遣で医療事務の仕事に就いた場合、派遣先はそれほど少なくないことがメリットとなります。 一度経験を積んでしまえば、転職先・派遣先でもスキルや知識がそのまま使えます。 職場復帰しやすいこともメリットなので、経験を積んでおけば子育て終了後や産後の職場復帰もしやすく、女性にとっては安定的な実績となります。 職場によっては託児所が完備されていたり、医療費が安くなる福利厚生だったりと、それなりのメリットが得られます。 また医療事務の多くは各種社会保険 厚生年金・健康保険・労災保険・雇用保険など が完備されているケースが多いです。 正社員であれば退職金や賞与・ボーナスももらえます。 医療事務に就職する方法とは? 医療事務は、特別取得しておかなければならない資格はありません。 無資格でも就職可能です。 中には資格取得者を募集している病院もありますが、基本的に職歴や経験・実績が重視されます。 医療事務社員を目指すにあたって、取得しておいたほうが有利になるものは幾つかあります。 また、資格が無くとも働くことは可能ですが医療事務講座で必要知識をつけておくべきです。 医療事務で働いた経験がなくとも、それらの資格を持っていれば就活で有利になるのです。 求人情報に ・医療事務有資格者 ・医療事務講座修了者 ・医療事務経験者優遇 と言った記載があれば、資格保有者や経験者は有利になります。 例えば【医療事務技能審査認定試験】という試験を受けて合格しておけば、メディカルクラーク認定がもらえるので就職で有利です。 2級の合格率は7割、1級でも5割なので難易度が非常に高い、というわけではありません。 【診療報酬請求事務能力認定試験】はそれよりも少し難易度が高くなります。 実技試験もあり、学科も実技も7割以上クリアしなければならないのが【医療事務管理士技能認定試験】です。 診療報酬点数表など資料持込はOKですが、それでも合格率が4割ほど。 3つの認定試験の中でも最も難易度が高めです。 医療事務での実務経験がなければ、上記のような認定試験を受けて合格しておくと有利です。 平均年収や給料をアップさせるためには、勤務先を都内病院・医療機関に絞るか、ハローワークや求人サイト・転職サイドでより条件がいい仕事をリサーチしましょう。 関連コンテンツ 医療事務のやりがい・面白み・充実度は? 現在、社会全体の正社員雇用は減少傾向にあります。 ただ医療事務は社会復帰を目指す女性にとって、好条件だったり有利なケースが多いです。 国家資格がなくてもOK、民間資格を取得しておけば必要知識を持って仕事ができます。 大学病院や民間でもそこそこの規模の医療機関だと、経験がありレセプトも迅速に作成できる人材は就職に圧倒的有利となります。 残業が少なく病院が空いている時間帯の勤務が基本で、負担が少ないのは充実度としてプラスです。 受付などサービス業の側面もありながら、仕事の流れを覚えればイレギュラーは少ないのでやりがいも感じつつラクに働けるでしょう。 給与面が時給制だったり年収が上がりにくい傾向にあるので、年収UPよりも安定とやりがいを求める人にとってベストな働き方ができます。 医療事務は将来性がある職業? 医療業界に属する職業ですが、仕事内容は受付など一般的な事務と似ていることが多く、メイン業務はレセプト処理です。 医療事務の現場は主に女性の割合が多く、男性の医療事務社員はほぼ見かけません。 女性主体の職業なので、女性独特の人間関係の難しさやトラブルのリスクがあるのはデメリットですね。 しかし仕事自体は残業も少なく、労働時間もきっちり定められています。 医療機関は今後も無くなることはないので、雇用自体はニーズがあります。 ただ、医療事務希望者に対して求人件数が少ないのが難しいところです。 最終学歴が高卒でも正社員の可能性はあるものの、年収UPや昇給はそこまで望めません。 安定した雇用条件やニーズを考えれば将来性はありますし、医療機関だけでなく介護施設・養護施設でのニーズもあるため、高齢化社会で医療施設利用者が増えればニーズも拡大するでしょう。 将来的な安定は見込めそうです。 医療事務のクチコミ年収 現役医療事務スタッフとして働く人々の、リアルな年収事情をまとめました。 30代 医療事務 北海道の病院で働いていて、年収は280万円くらいです。 地域の中では良い待遇だと思います。 20代 医療事務 年収200万円 医療事務の仕事は責任感があり大変ですがそれなりに勉強になることが多々あります。 大学病院よりも開業医の方が楽なイメージがあります。 40代 医療事務 大学病院で働いています。 医療事務のトップなので役職手当などもついて、年収は400万円くらい。 キャリアアップ・ステップアップすれば年収もUPするので給与面でも満足です。 医療系の年収一覧•

次の

30歳男性医療事務員の給料・年収

医療事務 給料

医療事務が人気の理由を整理してみよう 『 』でもお話していますが、医療事務にとって最大のメリットは、 給料ではなく「 経験を生かすことができ将来性がある」という点です。 今回はまだお話していないメリットについて簡単に触れておこうと思います。 学歴による給料の差が少ない 「医療事務の最大のメリットは給料ではない」と言っておきながら恐縮ですが、学歴による給料の相場を見たときに、その差が少ないのは医療事務の大きな特徴の1つです。 少々前のデータになりますが、日本医療労働組合連合会による2009年賃金実態調査を見ると、下記のような記載があります。 このデータは 「学歴より経験と実力が評価される」ということを物語っていますが、初任給ではなく先々のことまで考えたとき、医療事務の仕事は低水準でしょうか? 雇用形態の選択肢が広い 医療事務として仕事を行う場合、正社員以外にも、契約社員、アルバイトなどの選択肢があります。 どの雇用形態が良いかはライフスタイルを始めとするご状況によると思いますが、雇用形態を選んで勤務時間を調整できるので、 子育てをしながら仕事を行うことができます。 ただしパート勤務で希望通りの時間に働くとなると、そのほとんどは経験者ですので、未経験者でパートで平日のみといった働き方を認めてくれるクリニックは非常に少ないと思います。 医療事務のパート勤務に関しては下記の記事にまとめます。 時給が高く転職のハードルが低い 時給は一般事務に比べると高めです。 東京都23区内で医療事務のアルバイトを見ていると、 3年程度のご経験があれば時給1,200円~1400円程度の募集があります。 即戦力であることが条件なのは言うまでもありませんが、特にクリニックでは過去クリニックの医療事務を経験されてきた方が重宝されます。 また、「過去の医療事務経験が評価されるので、転職のハードルが低い」のも人気の理由でしょう。 未経験から就業するまでのハードルはやや高いですが、 就業後に経験を積んで実力を上げれば、キャリアを評価されての転職が可能ですので、 一般的な事務職と比べると転職のハードルは低いと言えます。 勤務地を選ばない&復帰しやすい 取得した資格や培った経験は全国どこでも有効です。 地域や診療科により仕事内容に多少の違いはありますが、医療制度の基本は全国で統一されているので、他のお仕事と比べると共通部分は多いですし、 経験したことのある科目であれば、比較的地域差による仕事内容は小さいといえるでしょう。 ご家族の事情等で勤務地を変更しなくてはならなくなっても、その土地で仕事を見つけることは難しくありませんし 、 仕事を離れなくてはならない事情ができてても復帰しやすいといった点もあります。 こういった点から特に女性に支持される傾向にあります。 「1つのクリニックで勤続20年」というスタッフは珍しいかもしれませんが、 転職をしながら、長く医療事務として仕事をされている方はわりと多くお見かけします。 医療事務は特別給与が高い職ではありませんが、勤務年数を重ねることでスキルを向上させていけば、を得ている人がいるのもまた事実です。 医療事務になるハードルが下がっている 以前に比べると医療事務になるハードルは下がっているように感じます。 長い目で見ると資格は取得しておいた方がよいですが、現状 資格の有無で就職がきまるわけではなく、過去医療事務経験がない方が医療事務として就職する例も増えており、以前に比べると医療事務になるハードルは下がっていると言えます。 さらに、医療業界は一般的な株式会社と比べると安定しているイメージがあるので、一般事務より医療事務の方が良いとお考えの方もいらっしゃるのでしょう。 なぜ医療事務の給料の相場は安いのか 「給料が安くても医療事務が人気の職業である理由」はご理解いただけたと思います。 ではなぜ医療事務の給料の相場は安いのでしょうか ここには「医療事務が人気の職業である」という理由が大きく関係します。 人気の職業だから給料が安い!? 人気の理由の最後にも挙げましたが、医療事務になるハードルが下がっているため、人気になった分だけ医療事務になりたい人が増えたことが、給料の相場が安い1つの理由と考えられます。 本来医療事務は専門職ですので、医療事務経験があったり、資格を取得するなどのトレーニングを積んだ方が就く職業でしたが、現在この状況はかなり変化しており、医療事務になるハードルは大きく下がりました。 ハードルが下がると希望者が増えます。 皆さんが同じお仕事ができるのであれば、給料が安くても求人を出せば申し込みがくるので、安い給料のまま雇われることになるのです。 そのため、 今後は長い医療事務の経験とそのスキルのみで、高い給料を得ることは難しくなるでしょう。 『』にもあるように、医療事務のスキルと平行して、クリニックに役立つスキルを身につける努力を忘れないでください。 電子カルテ・レセコンの普及 電子カルテやレセコンが登場する前は、レセプトの作成は誰でもできるものではありませんでしたので、レセプトを手作業で行う医療事務には熟練された専門技術が必要で、技術を持つスタッフは重宝されました。 ところが、現在では、知識が豊富ではない医療事務でも、電子カルテやレセコンを使用することで最低限の仕事ができるようになっていますし、 電子カルテやレセコンの機能向上により、操作を覚えれば大方の仕事がこなせるようになっており、未経験で入職しても、戦力になるまでの時間が短くなっています。 電子カルテやレセコンの普及が悪いのではなく、他の医療事務ができないことを身に着けることで初めて給与交渉ができるということです。 「人気の職業だから」だけで選んではいけない 「人気の職種」と聞くと良いところばかりが目に映りますが、それだけで選んでしまわないように、医療事務に転職されて「こんなじゃずじゃなかった」とお考えの部分を見てみましょう。 残業が多いことは理解しよう クリニックの医療事務は主にレセプトの残業が発生するケースが多く、これが医療事務として働いてみて「こんなじゃずじゃなかった」の第1位ではないでしょうか。 医療事務の残業は全体的に今後の改善に期待ですが、意識しなければ改善できません。 今後さらに人気の職業になるためには、この残業問題を何とかする必要があります。 参考:『』.

次の