メンタルトレース。 メンタル・トレースについて緩く考えてみる

慎導篤志(慎導灼父親)の正体や死亡した理由は?メンタルトレースの能力も関係?

メンタルトレース

こんにちは。 今回はPSYCHO-PASS サイコパス3の主人公・メンタリストの慎導灼(しんどう あらた)くんの技術「メンタルトレース」のやり方を紹介します。 メンタルトレースとは何か? PSYCHO-PASS 3(サイコパス3)の作中でこう解説されていました。 31:12~ 特A級メンタリストスキル。 高度な共感によりボーダーラインを越境する。 状況、推理、統計を元にする。 練習すれば誰にでもできますよ。 より 他人の表情や動作を見るだけで思考を推測できる優れた洞察力。 慎導灼(しんどう あらた)くん曰く 「練習すれば誰にでもできますよ。 」 とのことなので頑張りましょう。 リーディングの基礎 作中では「メンタルトレース」と命名されていますが、やっていることはよくテレビ番組の未解明事件の犯罪捜査で透視能力を持つFRB捜査官が出てきてプロファイリングするアレです。 初めて見る人だと「エスパーか」「霊能力者の霊視か」と感じるでしょう。 これらは「リーディング(Reading)」と呼ばれます。 まずは通常のリーディングの基礎を知っておきましょう。 前記事 必要な事前のメンタルセット まず事前準備として大切なのは「リラックスしていること」です。 正確に言うと「リラックスモード」でないとリーディングはできません。 このリラックスモードを心理学では「変性意識状態」と言います。 (ここでは分かりやすくリラックスモードと呼びます) より 廿六木天馬「なんじゃこりゃ?!」 作中でメンタルトレースしているときの慎導灼くんのバイタルサインは一気に低下しました。 メンタリストの慎導灼(しんどう あらた)くんはメンタルトレースする前、イアホンをして「雨の音」を聴きます。 それが「リラックスモード」(変性意識状態)を発現する条件になっているからです。 リラックスモードに入るきっかけを「トリガー」と言います。 このトリガーを自分にしかけておかなければリラックスモードは発動できません。 事前に一人で集中してリラックスできる場所で深い催眠状態に入り、自己暗示をかけます。 例えば、人前で緊張してしまう人であれば、「右手の人差し指と中指を重ね合わせた途端、リラックスする」と暗示を入れて人前に立っているイメージを繋げます。 そして「私はすぐにこのリラックス状態になる」と内語で暗示をかけます。 慎導灼(しんどう あらた)くんの場合、「イアホンをつける」「雨の音」をトリガーとして「雨が降っている」という暗示とともにメンタルトレースに入ります。 事前にその状況が落ち着くという自己暗示をかけているからです。 この状況を作った上で、次に以下の3つをします。 【第1段階】ミラーリング 【第2段階】同調ホメオタシス拡張 【第3段階】ハイパーラポール形成 【1段階】ミラーリング ミラーリングとは、相手の動作をコピーすることです。 呼吸、口癖、声のトーン、身ぶりを真似していきます。 相手が使った言葉と同じ言葉を使ってオウム返します。 人は自分と同じものに親近感を持つためです。 対面でミラーリングをする場合は、あからさますぎないのがいいです。 あくまでさりげなくやっていきます。 すると、いずれ相手がこちらの動きに合わせてきます。 そうしたらシンクロ完了です。 通常は催眠療法やカウセリングで相手を安心させるために用いる手法です。 この信頼関係を「ラポールの形成」と呼びます。 対面ではなくコールド・リーディングする場合は、実際に動いた対象の動きを真似ます。 慎導灼(しんどう あらた)くんも、被害者のベッドで寝てみたり、部屋に行ってウロウロしてみたりと行った行動をしています。 これがミラーリングです。 【第2段階】同調ホメオスタシス拡張する 次に、同調ホメオスタシスに拡張させます。 ホメオスタシスとは「恒常性維持機能」です。 例えば、生物は、暑かったら汗が出て身体を冷やそうとします。 寒かったら体を震わせて体温を上げようとします。 環境が変化しても体の状態を一定に保とうとする生体的働きのことをホメオスタシスと言います。 このホメオスタシスを相手と同調させます。 表面的なミラーリングだけではなく、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感まで相手とそっくりになります。 なのでミラーリングの段階で、相手の五感までミラーリングすることは想定しておかなければなりません。 【第3段階】ハイパーラポールを形成 ミラーリングから、同調ホメオスタシスまで出来たら、あとはハイパーラポールを形成するだけです。 すでにミラーリングとホメオスタシス同調で、あなたは相手そっくりになっています。 そこから自分の空間へ相手を持ってきてきます。 目に見えない段階で信頼関係を構築するので、ラポールの形成の上の段階(抽象性の高い段階)なのでハイパーラポールの形成と呼びます。 これをすると思考や出来事を追体験することができます。 なぜかというとあなたは相手そっくりになっているので、感情や思考や、行動や起こった出来事を共有することができるからです。 これがPSYCHO-PASS 3の主人公・慎導灼(しんどう あらた)くんが「メンタルトレース」と呼んでいる正体です。 慣れないうちは催眠誘導できる人が必要 PSYCHO-PASS 3の作中では、相方のミハイル・イグナトフが「雨は止んだ」と慎導灼くんに変性意識状態を解除する単語を言うことで、メンタルトレース状態を解除しています。 これも「リラックスモード」のときに催眠状態を解除するトリガーとして仕込んでおきます。 自分と他人との境界線(ボーダー)をしっかり持っていないと、相手の心に飲まれてしまったり、催眠が深すぎて現実に戻ってこれなくなることが有るためです。 自己内観をしっかりしておくこと 相手の心に飲まれたり、催眠から戻ってこれなくなるのは、自分の心が未熟だからです。 相手の方が強いという意味ではありません。 自分の目的と意志がはっきりしていないのにやると自分をコントロールできなくなります。 例えるなら、目的地も分からない自動車に乗って、運転手も不在になるようなものです。 賢さとは自分の心の動きを知っていることです。 賢いとは、記憶力がよいと同義語ではありません。 賢いとは自分の心の動きを知っていて、それを最大限に活用できることです。 (参考).

次の

サイコロジカル・フォースとメンタル・フォ―ス

メンタルトレース

日々絵を描いているみなさん、こんにちは、七海です。 トレース台ってご存知ですか? 名前のとおり、図面や絵などをトレース(転写)するときに使う台です。 近頃は、イラストなどを描くときにも使われます。 使ってみたいなあ、という絵描きさんも多いでしょう。 買おうかな……と思いはじめている方もいらっしゃるでしょうか。 しかし最初は、「聞いたことはあるし、なんかみんな便利だって言ってるけど、買おうかどうしようか……でも高いんだよねえ……」なんて、悩んじゃうんですよね。 私もノリと勢いで買うまではそうでした。 そこで、今回はトレース台についてのお話。 「トレース台ってなんぞや?」というところから、「何を選べばいいの?」というところまで、トレース台初心者の視点で書いてみました。 写真が見えづらくてほんっとすみません……。 使い方1:イラストなどの清書・ペン入れ 上記のとおり、紙を2枚重ねた状態でトレース台を光らせると、下の紙の絵が見えるようになります。 すけた下の絵に沿って上の紙にペン入れをするというのが、絵を描くときのトレース台の主な使い方になります。 下書きを別の紙に描くので、 消しゴムをかける必要がないのが大きなメリット。 また、うっかり途中でミスしても下書きがそのまま残っているので、やり直しが簡単です。 使い方その2:濃度の濃いスクリーントーンを貼るときに、下の原稿が見えるようにする タイトルそのまま(こら) 漫画などで使うスクリーントーン。 スクリーントーンを使うとき、まずは台紙ごと原稿に重ねて、貼りたいところよりやや余分に、シール部分を切り取ることになります。 影などの表現に使われる 61番くらいなら、光がなくても下の原稿が見えるのですが、網点が濃いものだと下の絵が見えなくなることがあるのです。 目が悪いと薄めのスクリーントーンでも線が見えにくくて苦労するので、たまにこの方法を使います。 使い方その3:デッサン狂い発見器 自分で絵を描く人は、自分で描いた絵をなんでもいいので裏返しにして、光に透かしてみてください。 どうでしょう? おかしいところがありませんか? 私も仕組みは知らないのですが、絵を裏側から見るとデッサンの狂いが発見しやすいんです。 これを利用して、清書前に下書きのデッサン修正をすることがあります。 便利! 使い方その4:傾斜台として使う 使い方もへったくれもない! って感じですが。 電源を入れずに、ただの台としても使えます。 高さの調節ができるタイプだと、猫背になりにくいのでそれだけでも重宝します。 トレース台の選び方 Amazonなどでトレース台を検索すると、結構な数の商品が出てきます。 はじめてだと、 どれを選べばいいのかわからない…… ってなるので、自分が買ったときのことを振り返りつつ、トレース台の選び方について考えてみます。 厚さ:近頃のトレース台は薄いよ! 調べていると、昔のトレース台は結構やぼったかったようです。 今ごろのトレース台はどれも薄いです。 うちで使っているものは厚さ8ミリ。 (保護シートを含めても10ミリ=1センチになるかならないか) ほかのトレース台も厚さは似たり寄ったりなので、選ぶ時にはあまり気にしなくてもいいかもしれません。 光源:LEDがおすすめ。 ただし眼精疲労には注意 LED使用のものと蛍光灯使用のものがあります。 蛍光灯使用のものはトレース台がむちゃくちゃ熱くなるし、省エネでもないので、よほどのこだわりがない限りはLED使用のものを選ぶとよいでしょう。 ただ、明るいぶん目への負担がかかるので、体と相談しながら使いましょうね。 (おのれに言い聞かせるように) 長時間作業する人は、光の強さが調節できるタイプを買って、調節しながら作業する、というのも一つの手です。 電源:電池タイプとケーブルタイプ 電池を入れて使うタイプと、ケーブルをコンセントなりパソコンなりにつないで使うタイプがあります。 正直一長一短だと思います。 好みや作業スタイルでどちらを選ぶかが変わってきます。 ちなみに私はコンセントにケーブルをつないで使うタイプにしました。 電池の買い替えや処分が面倒だな……と思ったので。 トレース台は必要? トレース台の難点は以下の2点でしょうか。 高価なこと• 場所をとること 特に値段は重要ですよね。 サイズの小さいもの・安いものなら3000円くらいで買えますが、B4~A3でちゃんとしたものを買おうとすると、1万円近くなってしまいます。 トレースと傾斜のために1万円、と考えると、ちょっと購入をためらってしまいますよね……。 結論、 無理に買う必要はないです。 ただ、あると便利なのは間違いなし。 アナログで絵を描いている人で、• 消しゴムかけだるいなー• 人物の顔のバランスがおかしいんだけど、どこを直したらいいのかわからない… などと悩んでいる人は、買って損はないと思います。 まとめ というわけでトレース台のお話でした。 ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 私自身、トレース台を買ってまだ日が浅いので、使い方等いろいろと開発中です。 また思いつくところがあったら、追記しようと思います。 少しでも楽しい絵描きライフを送れるよう、試行錯誤していきましょうね。 それでは、今回はこの辺で。 七海でした!.

次の

あなたのメンタルが弱い3つの原因と科学的に最短で強くする方法

メンタルトレース

サイコパス3期 主人公「シンドウアラタ」のプロフィール サイコパス3期から登場し、今作の主人公であるシンドウアラタはどんな人物なのか? シンドウアラタのプロフィールを紹介していきます。 公安局刑事課一係の監視官として配属になり、イグナトフと共に事件を解決していく。 父も元厚生省の官僚であり、自殺してしまったという。 母も安楽死をしていてかなり複雑な家庭環境にいるようです。 サイコパス3期ではシンドウアラタの父の複雑な秘密にも迫るような流れになっています。 移動中や人の話を聞いている時にも寝るというおかしな性格をしている。 しかし、事件の捜査になると誰よりも細かいところに気づき、誰よりも頭が切れる、そんな超優秀監視官になる。 そして「メンタルトレース」を使い事件の有効な推理をしていく。 頭脳明晰なだけでなく、運動神経も抜群で、犯人を追いかける時には猿のように体を動かし、迫る。 睡眠が多すぎるということとおちゃらけているところ以外は完璧と言ってもいい監視官だ。 そんなシンドウアラタが使う「メンタルトレース」とはなんなのか? 解説していきます。 サイコパス3期 「メンタルトレース 」とは何か? メンタルトレース とは、特A級メンタリストスキルで、精神的ボーダーラインを越境すること。 もう少しわかりやすくすると、状況・推理・統計をもとに誰かの深層心理に入り込むことができるということです。 どういうことか? ある死体が見つかったとして、その現場には死体の状況、周りの環境と言ったヒントがありますよね。 簡単なところで言うと、死体が腐っているだとか、部屋が荒らされているだとかがそのような状況、環境に当てはまります。 そのような状況、環境をシンドウアラタは細かく調べていきます。 そして、その場の状況を過去の統計や経験から推理しその事件の概要を掴む。 あたかもその死体の心に入り込み、事件を再現しているようなイメージで描写しています。 これがメンタルトレースというものです。 これには危険がつきまとっています。 あまりにメンタルトレースに入り込んでしまうと現実世界に戻れなくなってしまう。 メンタルトレースは体力消耗が激しく、精神的負担もかなり大きいので、使用回数は限られる。 そしてシンドウアラタがメンタルトレースをしている最中は何かあった時にすぐに助けられる介抱者が必要です。 それを担っているのがイグナトフです。 そんなシンドウアラタの命を削って行うメンタルトレースはサイコパス3期で今後重要な役割を果たしてきます。 サイコパス3期での。 シンドウアラタとイグナトフが追っている真実はメンタルトレースなしでは辿り着けないでしょう。 天才的「個性」のメンタルトレースに今後も注目です。 サイコパス3期シンドウアラタの「メンタルトレース」に注目! 特A級メンタリストスキル「メンタルトレース」の凄さはこれからますます発揮されていくと思われますのでサイコパス3期の今後に注目です。 このメンタルトレース を使って真相に辿り着けるのか? アラタの体は持つのか? そんなところに注目しながらサイコパス3期を見ていきましょう! Advertisement *追記 サイコパス3期第6話では、イグナトフがいない状況でメンタルトレース を使うという危険な行為に出ます。 メンタルが不安定な状況でメンタルトレース を使い、その場に倒れてしまうシンドウアラタ。 しかし、イグナトフに頼らずとも自分でメンタルトレース をコントロールするという強い気持ちで正常に意識を保ったまま奮闘します。 ここからシンドウアラタのメンタルトレース の成長という部分も楽しみになってきました。

次の