アンシス 株価。 【ANSS】アンシスの株価と決算

ANSYS

アンシス 株価

65 3. 94 -0. 05 -1. 48 1. 07 5. 12 3. 03 0. 52 1. 01 0. 74 2. 02 0. 75 6. 00 -0. 10 -1. 00 1. 96 -0. 20 -9. 59 149. 23 0. 05 5. 34 6. 71 2. 05 0. 00 0. 13 8. 40 4. 35 2. 06 2. 20 2. 50 -0. 01 -0. 12 21. 41 1. 12 4. 09 1. 51 6. 34 -0. 03 -0. 45 62. 90 1. 32 17. 09 0. 31 17. 01 0. 09 16. 33 -0. 10 -0.

次の

アンリツ (6754) : 株価/予想・目標株価 [ANRITSU]

アンシス 株価

概要 [ ] John A. Swanson は、に SASI Swanson Analysis Systems, Inc. を設立し、翌年からANSYSの開発およびリリースを開始した。 当時はが市場に登場し、コンピュータによる構造解析が研究者だけでなく一般企業での設計にも活用し始められた黎明期で、ANSYSは特にへの開発に注力することでNastranとの差別化を図った。 圧力による発熱に代表されるように、実際の設計では複数の異なる条件による検討が不可欠であり、スムーズな連成解析を可能にしたこのパッケージは、ANSYSのヒット製品となり、現在でも主力製品となっている。 1990年代以降は、他社の買収におよびパートナー製品によるラインナップの拡充が進められ、特に今後の市場の成長が見込まれていた流体解析関係では、3度の合併 を行い、社内でも独立したひとつの分野として扱うに至っている。 またパートナー製品では、陽解法による衝撃解析で急速にユーザを増やしたソルバーを使った解析を可能にするなど、ユーザからの要望への対応も行っている。 また、には会社名をANSYSに変更している。 さらに、特徴であるユーザインタフェースの充実の面では、Multiphysicsや複数のソルバー環境で、操作が複雑になったANSYSを、統合された操作環境ですべて設定可能となるインターフェースANSYS WorkBenchを開発している。 これは、統合型インターフェースでありながら、利用環境に合わせたカスタマイズや、ユーザによる開発も可能にしている。 一方で、3次元CADの普及に合わせて、ANSYS DesignSpaceの名称でCAD連携型インターフェースを持つCAEツールもリリースすることで、設計者のCAE導入の入り口として機能させ、ANSYSユーザの拡大を図っている。 日本における状況 [ ] 日本では、が総代理店となり、販売および日本語版の整備などの製品マーケティングを行ってきたが、にアンシスジャパン(代表・山縣延樹)を設立して、製品技術に関する業務を一部移管した。 2004年にはANSYSのCFX買収に伴い、双方の日本法人であるアンシスジャパンとCFXアジアパシフィックが統合され、アンシス(代表・今野正文)となった(存続会社はCFXアジアパシフィック)。 さらに、にはANSYSによるFluent買収に伴い、両者の日本法人であるアンシスとFLUENTアジアパシフィックが統合され、アンシス・ジャパン(代表・羽部篤)となった(存続会社はFLUENTアジアパシフィック)。 Fluent日本法人では販売管理機能も持っていたため、新会社ではFluentの比重が大きくなっている。 また、Fluentと研究開発において密接な関係にあったSpeedo社のスイムスーツが、2008年のをはじめとする競技会で大きく取り上げられたため、アンシス・ジャパンでは統合効果として、これをANSYSのプロモーションの前面に出す活動を行った。 脚注 [ ] []• 1992年のFlotran、2003年のCFX、2006年のFluent 外部リンク [ ]• 27 ()• 28 ()• 32 ()• 34 ()• 35 ()• 41 ()• 44 ()• 47 ()• 51 ()• 52 ()• 55 ()• 60 ()• 61 ()• 62 ()• 63 ()• 64 ()• 66 ()• 67 ()• 69 ()• 70 ()• 71 ()• 72 ()• 73 ()• 74 ()• 80 ()• 82 ()• 84 ()• 85 ()• 86 ()• 87 ()• 88 ()• 89 ()• 93 ()• 100• 101 ()• 102• 103• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年6月22日入替銘柄 この項目は、に関連した です。

次の

アンシス(ANSYS)(ANSS):株価 (無配)|アメリカ株(米国株) | 投資の森

アンシス 株価

かぶちーずです。 管理の手間が増えるのであんまり保有銘柄を増やしたくないんですが、 でも新しい銘柄買いたくなっちゃうよね。 かぶちが今やたらと欲しい銘柄はこちら。 最近の株価爆上げを見守っています。 最近の株価爆上げを見守っています。 歯科系はアジアで流行。 米中問題が静かになって株価爆上げ中。 最近の株価爆上げを見守っています。 製造業でAutoCad使ってない所なんて無い。 最近の株価爆上げを見守っています。 私が会社で使いまくってます。 最近の株価爆上げを見守っています。 という感じ。 今日はアンシスについて書きます。 アンシスは解析ソフトウェアメーカーです。 解析ソフトウェアって何?って思うよね。 こういう画像見たことある? これは飛行機の周りの空気の流れを計算した結果なんだけど、こういう事をやるソフトです。 他にも物体の強度とか、電磁的な力とか、計算することができます。 エンジニアかぶちも仕事でめっちゃ使っています。 メーカーの開発に近い所で働いている人ならわかると思いますが、 解析ソフトなしの開発なんぞありえません。 何十億もかけて工場を建ててから、あれ?思ってたのと違った(笑)なんてあってはなりませんから、事前に入念に解析する必要があります。 どんな製造業でも使っているでしょう。 上の画像みたいな飛行機だって、何個も作ってみて、飛ばしてみて、どれがいいのかなー?なんて悠長なことはやりません。 解析ソフトで有力な形をある程度絞ってから実験します。 解析ソフトっていっぱいあるようで、選択肢はあまり多くありません。 というのも、使うのが結構難しくて一度覚えたら他のソフトを使う気にならないからです。 新しいソフトの使い方を教えられる者も社内にいないわけですし。 先人たちの過去の解析結果もソフトを変えたら使えませんので、買い替えなんてまず起こらないわけです。 かぶちはANSYSのFluentという流体解析のソフトを使ってますが、 使えるようになるのに数ヶ月のトレーニングと有償セミナーが必要でした。 これはもちろん他のソフトも同じです。 一番使われているANSYSでこれですよ。 また、こういう話になるとすぐにそんなのAIに取って代わられるのでは?みたいなことを言う ITオンチがいますが、まあまず無いと思います。 機械学習もこういった解析ソフトも使う私が言うんだから本当です。 まず、AIに新たな技術革新が生まれるのは10~15年スパンです。 現時点で無理なものはすぐにできるようにならないでしょう。 また、AIは過去の事例を学習して次の結果を予想することはできますが、 開発ってのは過去にない新しい形を考える仕事ですから代替なんぞできません。 フォローはしてくれますけどね。 ANSYSのこれまでのEPSの成長率を載せます。 黄色は予想。 (EPSってのは一株あたりの利益のことで、株価とは違って会社の成長具合がよくわかります。 ) いやあ、これはすごいですね。 とにかくびんびんです。 キテますね。 年初来リターンは54%くらいです。 最近競争が激しいので是非お願いします。

次の