中古 外車 お 得。 お金 の かからない 壊れ にくい 外車!中古車はお買い得?

外車の「認定中古車」を購入するメリット・デメリット

中古 外車 お 得

外車を買うときは中古で買うとお得な反面、保証などで困ることがありますから、認定中古車を購入するというのは、多少支出が多くなってもよく選ばれる選択です。 しかし、当然新車に比べて色やグレードが選べませんので、好みの車をいつでも探せるとは限らないのは中古車で買うデメリットの一つです。 そんな場合に「認定中古車のような保証が付いた販売店があればいいのにな」という点でおすすめしたいのが、ガリバーのネット中古車探しサービスです。 ネットサービスだから出来るのか外車でも最長5年の保証期間を付けることが出来ますので、認定中古車のように安心して中古車を買うことが出来ます。 「認定中古車で探しているけどいい車がない…」なんていうときにはぜひ試してみてください、無料で使えますからね! 目次:クリックでジャンプできます• 認定中古車を買う理由とは? 認定中古車とは メーカー規定で仕入れた車、検査した車、保証付けた車なので安心、そうなります。 つまり、 どの店で誰に売って、どのように整備や故障修理を受けたかのデータが全て判明しているベンツなんです。 ベンツ以外でも認定中古車は同様とお考えください。 上記が得する部分なら、損する部分は何かあるんでしょうか? それは価格が高いことです。 もし認定中古車の価格が高いのなら、その分がどう品質に反映されているか一緒に確認して行きましょう。 認定中古車のサービスと保証内容その1 外車の認定中古車が普通中古車と比較して違う部分、メリットはこうなります。 主要外車メーカーの認定中古車基準です。 正規輸入車である• 新車登録時点からの現在迄のディーラー完全整備記録がある• 新車登録から5年、8年、10年以内など規定で選ばれる• 走行距離も6万キロ、8万キロ、10万キロ以内である車• 事故車や改造車ではないことは絶対条件 認定中古車はベンツ、BMW、AUDI、VW(フォルクスワーゲン)でも、上記と同じ基準、若しくは似た基準で選ばれているとお考えください。 認定中古車として選ばれた車は、さらなるサービスや保証があります。 最大100項目にも及ぶ点検・整備• 2年間走行距離無制限保証• 安心のサービスネットワーク(全国販売店で修理ができる)• 24時間ツーリングサポート(出張応急処理やけん引搬送) ここまでのサービス&保証内容なら、認定中古車を買う意味が なくはない、そう感じませんか? 私個人で最も興味ある保証項目は「 安心のサービスネットワーク」です。 車で数百キロ、800キロと出かけることが多いので、 万が一の故障でも現地対応可能ならこれほど安心なことはありません。 大阪でも福岡でも修理ができる、それは心強い、車で遠くへ出かけても安心となるからです。 では、ガリバーなど大手中古車店で車購入すれば保証含めどんな安心感を得られるのでしょうか? 国内最大手のガリバー(都内)へインタビューした際に聞いた、車仕入れ基準&安全管理もスゴイんです。 ガリバーが答えてくれた内容です。 車仕入れで事故車は絶対に仕入れないことが前提条件です• 事故車は査定士が見れば必ず分かります• 基本メンテ&修理箇所は共通であり、必要に応じて検査項目が増えます• 万が一でも、メーカー整備士と同じ技術で修理を行い、保証期間内は完全無料です• 中古の軽自動車が高いのは、購入後の維持費が安いからです• 但し、ベンツと同じように全国都道府県に販売店がないガリバーは少しだけ不安かもです! それでも、 認定中古車がガリバー等普通中古車に比べ少し高く売られている、それには理由がありました。 認定中古車のメリット・デメリット 認定中古車が高い理由は、これらメリットがあるからです。 その理由は、中古車仕入では 完全整備記録を持っていない車もある、だからです。 認定中古車メリットは安心を買うこと 従ってディーラー認定中古車の最大メリットはこうなります。 認定中古車を売った車オーナーを知っている• 車の完全整備記録を持っている• 安心な車であることを証明できる• 年単位の保証がある• メーカー専属の整備士がメーカー機械を使い整備&修理を行う• 全国ディーラーで整備&修理が受けられる 上記1~6はメーカー&ディーラーでしか出来ません、普通中古車店では不可能です。 ここでは外車の認定中古車メリットばかり書きましたが、実はこんなデメリットがあります。 認定中古車のデメリットは価格が高い! 外車の認定中古車は完全整備して販売される、従って価格が数割など高くなってしまいます。 そんな高すぎるメンテ費用には、こんな方法を使えばヘッジできます。 認定中古車の保証期間と定期点検 定期点検前に エンジンオイル、ワイパー、フィルターなど必要に応じてネット購入して自分で交換するか、カー用品専門店で実施してもらう。 これを行うだけで、整備費用は大幅に下がります。 つぎに、万が一の修理です。 認定中古車の修理費用を安くする方法 輸入車ディーラーが請求してくるドイツ車の部品代金はあまりにも高すぎます。 現地ドイツの数倍どろこか10倍になるモノが多いとお考えください。 部品代金がどれほど高いかは国産車(同排気量)の価格比較で直ぐに分かります。 その場合は2つの対策があります。 1つ目は外車(メーカーごと)修理を得意とする整備工場を使う• 2つ目は海外ネットでパーツの個人輸入をする もし2つ目を試すのであれば、次をお読みください。 ネットでパーツを探すと現地価格が分かる ネットで「AUTOPARTS」と入力すれば、世界有名パーツ専門店が現われますので、そこでパーツ購入し整備工場へ渡せば激安です。 ほとんどの海外サイトは共通システムなので、メーカー名、車種(モデル番号)、年式、パーツ名(修理箇所から検索可能)を入力すると商品と価格が見れます。 日本のディーラー価格と比べたらビックリしかありません。 車維持費&修理を安くするのは簡単なんです。 車維持費で安くならない部分とは? 個人輸入でなんとかなるパーツばかりではありません。 ボディパネルはドイツで購入できても大きいので運賃が高くなってしまいます。 ボディパネルの重さはそこそこでも、超大きな箱に入ってくるので容積運賃となりスゴイ金額になるので無理です。 もう1つはタイヤです。 整備費用を高くするのはタイヤ これは重さがハンパないので輸入運賃倒れになる、従って日本で購入するしかありません。 その際はディーラーやタイヤショップではなく、コストコが一番安く買える、そうヤナセ営業マンが教えてくれました!? 先週もコストコで窒素ガスを入れてもらいましたが、親切な対応、そして無料です。 どうして無料なのかと言えば「 いついつにコストコで購入したタイヤ」、そう伝えるだけでOK. ちなみにガソリンスタンドで窒素ガス入れるなら4本で千円以上すると思います。 その他は大丈夫なのでご安心ください。 外車の認定中古車を購入する:まとめ 外車の認定中古車は一般中古車より数割高くても多くのメリットがあるのを知って頂けたと思います。 デメリットはアフター(保証範囲外)の高額保守代金と修理だけなので、その場合はディーラーではなく個人でオイル&パーツ交換すればOKです。 そして予算に応じてパーツ個人輸入をするかどうかも判断してください。 外車と同じ排気量の日本車を比べれば、外車は強く速く走ります! 使えます! それがベンツ、アウディ、BMW、VWなど所有してきた経験から理解できました。 最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。 また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

次の

お得に買えるベンツの選び方

中古 外車 お 得

外国メーカーの車は高級なものが多くありますが、車好きには憧れが強くひとつのステータスにもなっています。 しかし、いざ購入してみようと思っても、最新のものからクラシックまでさまざまな車があり迷ってしまいます。 購入を検討している方の中には「日本国内ではどのような外車が売れているのか」「人気のある車種はどういうものか」気になっているのではないでしょうか。 そこでこの記事では、おすすめの外車(輸入車)をランキング形式で10車ご紹介します。 スペックと特徴をひとつずつ解説していますので、自分のこだわりで選ぶことができます。 外車を購入する前にチェックポイントも確認し、自慢の外車をピックアップしましょう。 高級車として人気のBMWやMINIもランクイン! ・人気の外車をチェックしたあとは、購入前に取扱店舗を確認しよう。 年式や走行距離も要チェック。 ・外車を購入するならネクステージがおすすめ!信頼できる業者で好みの外車を手に入れよう おすすめの外車ランキングBEST10 日本の車メーカーに比べて高級な印象も強い外車ですが、実際にはどのような車種に人気があるのでしょうか。 ドイツのメルセデス・ベンツをはじめ非常に多くのメーカーが日本で販売しています。 それぞれの魅力を知って、自分の好みに合った車が選べるよう知識を深めておきましょう。 人気ランキング1位からスペックや特徴もあわせて解説します。 1位:メルセデス・ベンツCクラス 1位の外車は、車に詳しくない方でもメーカー名を耳にしたことが多い「メルセデス・ベンツのCクラス」です。 初代Cクラスは1993年に発表され、以降セダンからオープンカーまで幅広い車種を展開しています。 ディーゼルエンジンを搭載した「C220dアバンギャルドAMGライン(ベーシックPKG)」を例にスペックを見てみましょう。 車体寸法 全長4. 43mm 車両重量 1,690kg 乗車定員 5人 駆動方式 FR 燃費 20. Cクラスのセダンは8つのグレートからなり、もっとも安価なものでも455万円と高級な車でもあります。 2位:BMW 3シリーズ 3シリーズは、BMWのなかでも人気の高い車です。 初登場は1975年と歴史も古く、現在でも多くのファンから支持されるシリーズのひとつといえるでしょう。 大きな特徴は車両の重さで、日本に輸入される外車のなかでもトップクラスの重量を誇っています。 以下は、3シリーズの人気車種「320d Mスポーツ エディションシャドー」の基本スペックです。 車体寸法 全長4. 43mm 車両重量 1,550kg 乗車定員 5人 駆動方式 FR 燃費 21. 中古車市場で目にする機会も多く、外車に興味がある方にとっては購入の候補にあがりやすいシリーズでもあります。 3位:MINI クロスオーバー 小柄な外車といえば「MINI」をイメージする方も多いのではないでしょうか。 なかでもスポーティーな走りを実現するクロスオーバーは、2010年に初代が発表された比較的新しい車種です。 アウトドア好きな方にとっては魅力的な車でしょう。 ディーゼル車トップクラスのモデル「クーパーSD クロスオーバー ALL4」を例にスペックをご紹介します。 車体寸法 全長4. 595 mm 車両重量 1,630kg 乗車定員 5人 駆動方式 4WD 燃費 20. さらに快適な乗り心地となったため、今後ますます注目を集める車種のひとつです。 4位:メルセデス・ベンツEクラス メルセデス・ベンツのEクラスは、人気ランキング1位のCクラスを上回る高級外車です。 Eクラスセダンのもっとも低いグレードで715万円、最上級グレードでは1,000万円を大きく上回ります。 販売台数では日本国内でもトップクラスのシリーズで、長い歴史のなかで人気の絶えない車ともいえるでしょう。 以下はEクラスのクーペ「E400 4マチック クーペスポーツ」のスペックです。 車体寸法 全長4. 43 mm 車両重量 1,940kg 乗車定員 4人 駆動方式 4WD 燃費 10. Cクラスとは異なる乗り心地が味わえる高級外車です。 5位:フォルクスワーゲン ゴルフ ゴルフは、フォルクスワーゲンが販売するハッチバックタイプのコンパクトカーです。 日本国内のみならず海外の需要も高く、コンパクトカーではMINIに次ぐ人気車といえます。 以下は、ゴルフファンのなかでも注目される「ゴルフGTI ベースグレード」のスペックです。 車体寸法 全長4. 47 mm 車両重量 1,380kg 乗車定員 5人 駆動方式 FF 燃費 14. コンパクトながらも重量感のある車に乗りたい方にも、おすすめできる車です。 6位:フィアット500X 500Xは、イタリアの車メーカー「FIAT(フィアット)」が販売するコンパクトカーです。 ジープとの共同開発で発表され、FIAT史上はじめてのコンパクトSUVでもあります。 FIATらしさを感じる内装デザインも個性的で、ひと味違った車を求める方にも人気の車です。 500Xの上級グレードである「クロス プラス」のスペックをご紹介します。 車体寸法 全長4. 625 mm 車両重量 1,460kg 乗車定員 5人 駆動方式 4WD 燃費 13. 小柄な見た目に反して、収納力の高い荷台スペースも魅力的です。 7位:BMW X1 X1は、BMWが販売するXモデルのシリーズ最小クラスの車です。 アウトドアに最適なSUV車ですが、BMWでは独自に「SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)」と呼んでいます。 2019年10月にマイナーチェンジが発表され、内外装が新しくなりました。 以下は「X1 xDrive 18d xライン」のスペックです。 車体寸法 全長4. 61 mm 車両重量 1,660kg 乗車定員 5人 駆動方式 4WD 燃費 19. BMWのなかでは低い価格帯ですが、ファンからの支持が厚い高級外車のひとつです。 8位:フォルクスワーゲン ポロ ポロ(Polo)は、フォルクスワーゲンが販売するコンパクトカーです。 前輪駆動のスタイルはゴルフと同様で、馬術競技のポロと「マルコ・ポーロ」にちなんで名付けられたました。 ほかの車種に比べて女性人気が高い特徴があり、ポロユーザーの半数以上を女性が占めるともいわれています。 以下はスポーツグレード「ブルーGT」のスペックです。 車体寸法 全長3. 445mm 車両重量 1,200kg 乗車定員 5人 駆動方式 FF 燃費 21. スポーティーな走りでも1リットル20キロメートル以上の燃費を実現しています。 9位:ボルボ XC60 XC60は「ボルボ」の愛称で親しまれるスウェーデンの車メーカー、ボルボ・カーズが販売しています。 ワゴン車である「V70」や「XC70」をベースにしたSUV車です。 SUV車に多く見られるいかついデザインではなく、比較的シンプルで落ち着いた印象を与える点はXC60ならではといえます。 以下は上級グレード「XC60 T5 AWD インスクリプション」のスペックです。 車体寸法 全長4. 66m 車両重量 1,830kg 乗車定員 5人 駆動方式 4WD 燃費 12. 北欧をイメージさせるような美しいデザインを求める方におすすめの車です。 10位:アウディ A3 A3は、フォルクスワーゲングループの「アウディ」が販売する車です。 ゴルフと共有のプラットフォームを使用し、ボディタイプは「ハッチバック」と「セダン」の2パターンが展開されています。 以下は、ハッチバックタイプの「A3 スポーツバック1. 4TFSI ACC」のスペックです。 車体寸法 全長4. 45mm 車両重量 1,320kg 乗車定員 5人 駆動方式 FF 燃費 19. アウディらしいシンプルなデザインは、大人の落ち着きを求める方に適した車でしょう。 外車のランキングを見た後にチェックしたいもの 外車を購入するときは、人気や価格以外にも重要なポイントがあります。 外車の購入を検討している方は、お気に入りが見つかった後にしっかり確認しておくと安心です。 とくに運転に影響する駆動方式は、ドライバーの慣れによっても「向き」「不向き」が異なります。 中古車を購入するケースもあわせて、チェックすべき項目を理解しておきましょう。 駆動方式 まずは駆動方式を確認しておきましょう。 駆動方式には、一般的に以下のようなものがあります。 ・FF(フロントエンジン・フロントドライブ)• ・FR(フロントエンジン・リアドライブ)• ・MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)• ・RR(リアエンジン・リアドライブ)• ・4WD(4ホイールドライブ) フロントドライブは前輪、リアドライブは後輪を駆動させて走行する仕組みです。 前後の重量配分が異なるため、乗り心地や運転のしやすさに影響します。 近年では4輪すべてが駆動する4WDも増えていますが、運転し慣れている方式から選ぶのがよいでしょう。 取扱店舗 外車は、国内メーカーに比べて取扱店舗が少ない点に注意が必要です。 人気の車種であれば見つかりやすいですが、国内生産していないため入手しづらい車種もあります。 近隣の店舗に在庫があるか確認しておきましょう。 希望の車種やグレードを決めている場合でも、実際に車を見て使用感を確かめることが大切です。 可能であれば試乗サービスを利用し「危険な運転にならないか」「性能に不満がないか」といった点をチェックしましょう。 何年落ちか 中古の外車を購入する場合は「何年落ちの車を希望するか」ある程度決めておくと安心です。 「車種はあるが年式が古すぎる」といったケースもあるため、最低でも何年落ちがいいか希望をあげましょう。 また、年式は古くても状態がよければ長期的に運転できる可能性があります。 走行距離やメンテナンス内容などもチェック項目に加えて、価格に見合った状態の外車を見つけるためにリストアップするとよいでしょう。 ほかの方の評価 外車の購入において、ほかのユーザーからの評価は大きな判断材料になります。 周囲に乗車経験のある方がいれば、直接聞けると安心です。 インターネットでも多数の口コミが投稿されているため、乗り心地や安全性能などを判断する基準に活用しましょう。 車種だけでなく、グレードやオプションなども検索キーワードで探すとより具体的な評価が見られます。 複数の車種で迷っている方は、ほかの方の評価をふまえて希望を絞っていくのもおすすめです。 ただし個人の意見ですので、あくまでもひとつの参考として選びましょう。 気になる外車を購入するなら信頼できる業者と取引するのが鉄則 外車を購入する際は、信頼性の高い業者と取引をすることが大切です。 安心して購入できるだけでなく、メンテナンスや車に関する相談といった将来的な付き合いができるようになります。 購入金額に関する値下げ交渉もしやすく、お得に外車を手に入れるチャンスともいえるでしょう。 ネクステージでは、国内はもちろん外国メーカーの中古車も多数取り揃えております。 「年式」「グレード」「走行距離」など、可能な限りお客様の希望に沿った中古車をご提供する取り組みです。 まとめ 世界にはさまざまなメーカーが存在し、多数の車種を開発・販売しています。 日本ではメルセデス・ベンツやBMWといった高級車が人気ですが、購入の際には「年式」や「状態」をしっかりチェックすることが大切です。 外車の購入を検討中の方は、ぜひ一度ネクステージにご相談ください。 全国に展開する店舗から、お客様が満足できるような車をご提供します。 ネクステージのスタッフとともに、これまでよりもいっそう充実したカーライフを実現しましょう。

次の

外車の認定中古車を購入する!【そのメリット・デメリットを解説】

中古 外車 お 得

もくじ• 一方で外車は、人気モデルでもすぐに価値が無くなってしまうモデルはありますし、あまり売れていないはずなのに値下がりしないモデルがあるのです。 外車はなぜすぐに値下がりしてしまうのか 詳細は輸入車はなぜ買取価格が安いのかでも書いていますが、車体価格に含まれる新車・中古車ディーラーの利益額が大きいのが最大の理由です。 また、モデルチェンジの影響による旧型の大幅値引きや、新型への買い替え需要によって、中古車市場に旧型の中古車市場があふれることも値下がりを加速させます。 そして、国産車ではプラスになる、税金が安い、燃費が良い、実用性が高いというポイントが、外車の場合は必ずしも値下がりのしやすさに結びつきません。 どんなに売れている外車でも、人気と中古車としての価値(買取査定額)が一致しないのが外車なのです。 値下がりしない外車の3つの共通点 値下がりしにくい外車には3つの共通点があります。 流行のSUVモデル• 限定車などの希少モデル• 海外輸出されるモデル 上記について少し詳しく見ていきましょう。 流行のSUVモデル どの外車メーカーも軒並みクロスオーバーSUVが人気で値下がりもしにくくなっています。 これは国産車にも共通している点で、世界的なSUVの流行が影響しています。 限定車などの希少モデル 台数限定の限定車(限定グレード)は、スタンダードなグレードよりも高い価格で取引されているケースが目立ちます。 とくに、スポーツモデルやSUVなど、好きな人だけが買う趣味に特化しているモデルは、数年経っても新車価格とほとんど変わらないこともあります。 海外輸出されるモデル 国産車はなぜ値下がりしにくいのか。 それは海外輸出に支えられてる部分が大きいからです。 そしてあまり知られていませんが、外車の一部のモデルも海外向けに輸出されている中古車があります。 値下がりしにくい外車の代表車種 超高級スポーツカー(フェラーリ、ランボルギーニなど) これらのモデルは値下がりどころか、値上がりすることもある、ちょっと別次元の車です。 そのため資産として車を所有するお金持ちに人気があります。 実用で使われることはほぼ無いため、非常に低走行の中古車が、新車と変わらない(新車よりも高い)金額で売られています。 新車台数も限定されているので、買いたくても買えなかったり、納車に時間がかかることから、高額でも中古車に需要があるのです。 クロスカントリーモデル(Gクラス、ラングラー、ディスカバリーなど) SUVの中でも本格的なクロカン車は別格です。 ベンツ・Gクラスは値下がりしない外車として有名なモデルで、10年落ち10万km走行でも300万円以上の価格がつくモデルです。 ジープのラングラーも根強いファンが多く、今は並行輸入車でしか買えないランドローバー・ディスカバリーの中古車も価格が下げ止まっています。 クロスオーバーSUV(Xシリーズ、マカン、イヴォークなど) 現実的に値下がりしないモデルを狙うなら、もっともオススメなのがクロスオーバーSUVです。 BMW・Xシリーズ• ジープ・チェロキー• ジープ・レネゲード• ランドローバー・イヴォーク• ポルシェ・マカン これらのモデルは、排気量が小さめ(燃費が良い)、ボディサイズが大きくない(取り回しが良い)という特徴もあります。 国産車でもトヨタ・ハリアー、レクサス・NX、ホンダ・ヴェゼルが国内・海外ともに人気ですが、小型SUVブームは外車でも同じです。 価格も手頃(外車の中では)で値下がりもしにくいため、現在もっとも具体的に検討しやすいモデルといえます。 値下がりするのはどんな車種? 残念ながら上記に該当しない多くのモデルは、確実に値下がりします。 とくに目立つのが、ボディタイプだとコンパクトカー、セダン、大型SUV、ミニバン。 メーカーだとアルファロメオ、シトロエン、ジャガーなどの欧州車、アメ車もジープ以外はほぼ全滅というイメージです。 ただし、故障しやすい、修理代が高いなどのイメージが先行している部分もあるため、逆を言えば、状態の良い中古車が安く買えるということでもあります。 つまり売る側のデメリットは買う側のメリットでもあるわけです。 値下がりしにくい外車を安く買うコツとは 値下がりが大きな輸入車を高く売ることは簡単ではありません。 しかし値下がりを最小限に食い止める方法はあります。 それはとってもシンプルです。 新車も中古車もとにかく安く買うことです。 新車値引きの限界があるため、どうしても割高感は感じてしまいますが、中古車(新古車)として安く買えれば、売るときのデメリット(値下がり)を大幅に減らすことができます。 カーセンサーやグーネットで高く売られている外車も、じつは業者オークションでは、すごく安い金額で落札(仕入れ)されているんです。 外車の中古車を安く買いたいなら、まだ中古車市場には出てきていないタイミング、つまり業者オークションから直接探すことができれば、良質な中古車を安く買うことができるのです。 値下がりが気になって外車の購入を迷っているなら、なるべく値下がりの少ない外車を安く買い、売るときには徹底的に比較して高く売る。 これが外車を買って損をしない一番簡単で確実な方法です。 市場に出回らない安くて良質な中古車の見つけ方 「良質な中古車は価格が高いし、中古車の状態を見分けるのは難しいし…。 」 中古車を買うなら 安くて状態の良い車両を見つけたいですよね。 そんな方にオススメするのが 非公開車両から中古車を探す方法。 欲しい車の希望条件を出すだけで、 市場にまだ出回っていない未使用車や、大手買取店が買い取ったばかりの優良中古車を紹介してくれます。 申し込みはお名前とメールアドレスのみ。 営業電話も一切ありません。 チャットで気軽に相談できるので、安心して中古車探しができます。 今すぐ買取相場を知りたいなら 車を高く売るために一番大切なこと。 ズバットの一括査定は 最大10社の買取専門店、中古車販売店、輸出業者が競争入札! 45秒の簡単入力だけで買取相場がわかるので、売却検討中のかたも気軽にご利用いただけます。

次の