ダイエット ダンス。 ダンスダイエットの効果!簡単に痩せるダンスおすすめ10選!

gma.amritasingh.com

ダイエット ダンス

女性はいつでもキレイでいたいと思うもの!男性も見た目を気にしている人は多いでしょう。 友だちから、最近太った?と言われたり。 あれ?なんだかジーパンがキツい…?と感じたり。 ふとした時に気づいてしまう恐ろしい事実…。 ダイエットにも色々ありますが、その一つにダンスを考える人は少なくありません。 ダンススクールに通うことで、習慣化し、楽しく痩せたい。 ですが、ダンス自体にそもそもダイエット効果は見込めるのか? また、どうやってダンススクールを選べばいいのか、申し込みはどうすればいいのか、わからない人も多いのではないかと思います。 今回は、ダイエット目的でダンススクールを選ぶ際の注意点、後半では当サイトおすすめのダンススクールを、理由と併せ解説していきます。 1-1. ︎ 1-2. 1-3. 2-1. ダイエット目的でダンススクールに通う人はいるの? ニーズはある!ダンススクールも、それに応えている ダンススクールは今まで、ダンスが上手くなりたい!という人向けのものでした。 ですが、ダイエットの方法としての需要は昔からあり、近年ではそういったニーズに応えて、初心者用でも通える、ダンスに親しむためのクラスや、ダイエット用のクラスも多く作られるようになってきています。 なので、ダイエット目的でダンスを始めるのは全然OK!ですが、ダンス上達のためのクラスを選んでしまわないよう、注意が必要です。 この辺りは後半で解説していきますね。 ダイエットをするためのクラスもある! ダンススクールでは、近年、ジャンルにとらわれないクラスというのも非常に増えてきています!まずは音楽に合わせてリズムに乗ることを楽しむ、リズムトレーニングクラス。 その他、ダンスではなく、ストレッチやエクササイズをメインに行うボディメイククラス。 ヨガ、ピラティスをダンススクールで教えているところも、よく見かけるようになってきました。 こういったクラスは、主婦が通いやすいよう、平日の日中、または土日にレッスンを行なっていることが多いですね。 女性専用のクラスも増えている! 男子がいるとやっぱり少し恥ずかしい…、汗でメイクが落ちてしまうのも見られたくない…。 そんな人のための女性専用スクールも、ちらほら見かけるようになりました。 こちらはまだまだ数は少ないですが、やはり体系を気にされてくる人も多く、初心者にもやさしいレッスンが多いのも特徴です! ダンスでダイエットはできる? ダンスが運動として優れている点は、全身運動であること。 普段あまり使うことのない筋肉を動かすことが、とても大切だからですね! また、ダイエットが成功しない一番の理由は、続かないということ。 楽しくなければそれは続かない。 その点、ダンスはとてもいいダイエット方法と言える。 逆に痩せることよりも、ダンスを楽しむうまくなることを目標にすると、痩せるっていう目標は、自然とあとからついてきます。 その点を踏まえてダンスは痩せるのかというと、 …ジャンルによります! というのも、ダンスと一口に言ってもその種類は何百とある。 ストリートダンスだけでも数十種類のダンスがあるんです! その中で、ダイエットにもおすすめのジャンルは、ジャズダンス、バレエ、そして今はやりのK-POP!楽しく踊れることと、女性らしい動きをするダンスがやはり人気です。 体重が落ちることよりも、女性らしい体を作ることができるジャンルです。 ジャズダンス、バレエ、K-POPの入門クラスを受講• リズムトレーニングや、ボディメイククラスといった、ダイエット用のクラスを受講 このどちらかがおススメ!後半のダンススクールの紹介では、この点も重視していきます。 ダンススクールには︎どうやって申し込むの? まずは気になるダンススクールのHPをチェック!そこから、レッスンスケジュールのページを探します。 自分のやりたいジャンルがすでに決まっている場合は、やりたいクラスが、自分の参加できる時間にあるかどうかを確認! 決まっていない人は、ヒップホップかジャズの入門クラス、もしくはリズムトレーニングクラスがおススメです。 この時、初級クラスは選ばないようにしましょう!初級クラスはダンス経験者から見ての初級であって、未経験者用のクラスではないことがほとんどです。 選ぶのは入門クラス、もしくは未経験者クラスです。 なんとなくやりたいジャンルはあるけれど、なんていう名前のクラスかわからない、という方はこちら。 >> ほぼすべてのスクールで「体験レッスン」のお申込みページがあるので、そこから申し込みをします。 そうすることで、大抵のスクールでは初回、半額以下でレッスンを体験することができます。 まとめると• 気になるダンススクールのHPを確認• レッスンスケジュールのページを探す• 体験レッスンのwebフォームを探す• 申し込み といった流れです。 東京都内 ダイエットにおすすめのダンススクール ダイエットにおすすめするダンススクールは、• 初心者向けであること• 強度の軽めの運動を長時間続けるジャンルであること• 女性に人気のクラスを多く取り扱っていること この3点をポイントとして選んでいます。 料金で選ぶなら! ボックスパフォーマーズアカデミー REIダンスコレクションも、東京ダンスヴィレッジと同じく女性専用スクール!特におススメしたいスクールの1つです。 というのも、未経験者への指導のレベルが、本当にハイクオリティ!動画を見ていただくとわかるかと思いますが、本当にみんな初心者の女性が通ってくるなかで、インストラクターの教え方が本当に丁寧。 それもそのはず、REIダンススクールは同じく渋谷の名門校、DANCE WORKS(こちらは女性専用ではありません)の姉妹校なんですね。 指導のレベルが高いのもうなずけます。 本当に未経験者のみ、経験者お断りのクラスなので、みんな同じ目線からスタート。 素晴らしいスクールですが1つだけ注意点。 このスクールには超初級クラスと入門クラスがあります。 未経験者の方は「入門クラス」を選択してください。 超初級クラスは結構レベルが高めです。 ジャンルもたくさんあるスクールなのですが、入門クラスを扱っているのが、JAZZ/HIPHOP/K-POP/ポールダンスの4ジャンル。 そういったニーズ特化のスクールが、少しずつ増えてきていますが、東京ダンスヴィレッジはその代表的なスクール! 社会人女性専用となっており、20代、30代の世代が中心。 大人の女性をイメージした内装と、レッスン構成は、女性らしさを追求するために作られたダンススクールです。 ちょっと料金は高めですが、コンセプト自体が、ダンスをうまくなることよりも、キレイを目指す、という構成で作られているので、どのジャンルを選んでも間違いありません。

次の

gma.amritasingh.com

ダイエット ダンス

スポンサーサイト ネットで話題「痩せ過ぎ注意ダンス」のダイエット効果 突然ですが、 ダンスエアロをご存じでしょうか? その名の通り、ダンスとエアロビクスの良い部分を掛け合わせた、若年層から中年層まで楽しく体脂肪を燃やせる魅力のエクササイズです。 ダンスだと初心者がいきなり踊るのはムリがあります。 だからといってキビキビ動くいかにも運動らしいエアロビクスも若い世代は抵抗を感じやすいです。 そこでダンスエアロが話題となり、ネットでも人気に火が付きました。 ダンスもエアロビクスも両方素晴らしいものです。 踊る楽しさと運動の気持ち良さを兼ね揃えたエクササイズが、ネットで話題の「痩せすぎ注意ダンス」です。 ダイエット効果を優先させたい人こそ、結果を出せるのはダンスエアロエクササイズで間違いありません。 痩せ過ぎ注意ダンスは「ダンスエアロ」の入門版 ネットで話題となっているのが、このページにも貼ってある痩せすぎ注意ダンス。 ダンスエアロはいくら簡単といえ、ダンス要素が入ってくるためステップにはやや複雑な動作が含まれてきます。 ですがこの痩せ過ぎ注意ダンスは、日ごろからあまり運動をしていないネット民のために考案された独特なプログラミングがされており、 一般的にフィットネススタジオでおこなわれているプログラムとは違いがあります。 例えば、ウォーミングアップからクールダウンまでを10分にしているところや、 キュー出しがなく画面上に予告信号が表示される点など、ネット向けに調整されています。 ひと言でいえば、ダンスエアロの入門版です。 運動が得意ではない人でも下準備ナシですぐに有酸素運動が楽しめます。 そういう気軽にいつでもトライできるコンテンツが評価されたように思います。 この記事を更新している2017年8月現在、288万6000回再生・高評価37000・低評価380とバズっています。 痩せすぎ注意ダンスはダイエット効果が高いエクササイズなので、口コミが広がりまだまだ伸びていくと思います。 ダンサーYU-SUKEという、千葉と茨城で活動するインストラクターが考案したエクササイズで、 Psダンススクール・ダンサーYU-SUKEのダンス講座というチャンネルもやっています。 ダイエット動画の更新もあり!! リードは終始後ろ向きで分かりやすいです。 どうしてネットで話題になったかというと、ダイエットしているユーザーさん達からの口コミの影響が大きかったようです。 本当に痩せる 効果アリ 口コミで話題になった動画 「1週間やったら3キロ痩せました!」 「すごい、たった10分で汗びっしょり!」 「冬なのにこんなに汗をかいたの初めてです。 」 「半年続けて15キロ痩せました。 」 「食事制限ナシでダイエット成功!効果あります!」 「運動が好きになりました。 この動画のおかげです。 」 上に貼り付けた動画からユーチューブに直接ジャンプできます。 動画のコメント欄をチェックしてみましょう。 やる気が出ますよ! 口コミを読んでいくと「〇キロ痩せました」という報告コメントが多いことに気付かされます。 みんな本当かな~と思いながらも痩せ過ぎ注意ダンスをやり始め、2~3週間後に1キロ~3キロくらいダイエットに成功しています。 食事制限をしている人は少なく、その代わりエクササイズは毎日1~3回くらい欠かさずやっている人が目立ちます。 やはり口コミは参考になります。 そして口コミから新たな発見に気付くこともあります。 1つピックアップするなら、ダンスエアロの楽しさです。 運動があまり好きでないユーザーさんが、運動で汗をかく気持ち良さに気付き、 それを継続できている事実があるからダイエットが上手くいっている傾向が見られます。 痩せ過ぎ注意ダンスは、数あるエクササイズ動画の中でも運動が楽しく感じられる内容だということです。 見るだけで通り過ぎた人。 ブックマークして、思い立ったときに実践した人。 さて、半年後・1年後に笑っているのはどちらでしょうか。 痩せ過ぎ注意ダンスのデメリットと注意点 良い話ばかりで締めくくるのはあまり好きではありません。 このダイエット動画の欠点やリスクなどの情報も載せておきます。 まず先ほどの口コミですが、運動により水分が体内から抜けた状態で体重が減っているのか、体脂肪が減ってダイエット効果が出ているのか区別してください。 1ヵ月に1キロ~3キロくらいのペースで痩せている場合は、体脂肪が減って痩せている可能性が高いので正式なダイエット効果として捉えることができますが、 3日で3キロとか、1日で1キロとか、ましてや1週間で10キロとか。 かなり急激なペースで体重が減っているケースにおいてはほとんどが水分である可能性があります。 中には1日10回以上やっているすさまじいユーザーさんもいますので、本当の意味で痩せている方も少なからずいらっしゃると思いますが、 1日や2日での成果は水分かなぁというイメージがあります。 運動で汗をかくと、一時的に体重が減るものの、また体内に水分をとりこみ補充すれば元に戻るためダイエットできている…わけではないかも知れません。 大切なことは一喜一憂せず、それなりの期間で様子を見ていくことです。 ダイエッターに多いパターンが「やった1キロ減ってる!」の次の日に、「ガーン1キロ増えてる」といった、その日の運勢占い状態になっていることです。 短期ダイエットもありますが、通常のダイエットはじっくり数ヵ月~1年くらいかけて体を変えていく流れなので、 1日ずつの変化に気持ちを左右されず、淡々と痩せるための努力を積み重ねていく意識を持ちましょう。 それだけで気持ちは安定しますし、結果を出しやすくなります。 痩せ過ぎ注意ダンスのダイエット効果は、1回で消費カロリー80~120キロカロリーです。 小柄で細身の女性が80、大柄の男性が120に該当します。 動きの大きさや筋肉量によっても前後はしますので、おおまかな目安と捉えてください。 上記の参考値は控えめに算出した数字なため、汗がぶわっと出るような代謝の良い体をお持ちの方ならもっと消費量も上がると思います。 注意点として、水分痩せなのか体脂肪痩せなのかをしっかり見極めること。 そして人気の痩せ過ぎ注意ダンスですが、デメリットが1つだけあります。 それは運動による「疲労」です。 運動で痩せようとしている人は正しい道を歩んでいます。 リバウンドしにくく、基礎代謝が上がるので痩せやすい体質に変わっていきます。 しかし、事前に理解を深めておいてほしい欠点があるのです。 エクササイズはダイエット期間中にため込みやすいストレスを解消してくれる反面、汗が出るほど動いているわけですから疲労も溜まります。 そのため、しっかり体調管理していくことを忘れないでください。 疲労を軽視してはいけません。 ストレスと同じくらい疲労も大敵です。 その日の疲れはその日の内に取り除く心がけをしていきましょう。 おすすめなのは、ストレッチと睡眠時間の確保です。 どちらもお金がいっさいかかりませんし、自分の体のメンテナンスはすべて自分への投資になります。 自宅にいながらエクササイズが楽しめるなんて、インドア派にとって便利な時代になったものです。 痩せ過ぎ注意ダンスのほかに、 も話題になっています。 特に、本当に痩せるダンスは最新版なのでブックマークをおすすめします。 また時間を見つけて記事にしたいと思います。 体力がない人でもできる簡単エクササイズ ダンスで痩せたい人へ 当サイト人気ナンバー1 かっこいいダンスで体脂肪を減らすステップ運動 1日10分で楽しく痩せるダンササイズ動画 自宅で取り組める簡単なダイエット運動 40代からの1番やさしいエアロビクス動画 部屋でこっそり頑張ろう 簡単なエアロビクス 筋肉にもアプローチして燃焼率向上ダンササイズ 美容・健康に効果あり! 肩こり 軽度の腰痛にも効く 肩こりから股関節の柔軟まで全身しっかりストレッチ ダンスやエクササイズで筋肉が増えないか心配な方へ エクササイズで筋トレも楽しくリズム・シェイプアップ 朝 昼 夜いつでもできる簡単なステップエクササイズ超入門 簡単な踏み台昇降運動で痩せるステップエクササイズ動画 踏み台昇降をダイエット運動として楽しめるエクササイズ動画 インストラクターが安くて高品質のステップ台を紹介します 簡単なのに痩せる!初心者向けダンスエクササイズ入門動画 縦ノリで太ももに効く 激痩せヒップホップ・エクササイズ バランスボールで「くびれ」ゲット お腹をシェイプアップ 練習ナシですぐ痩せるエクササイズ動画 | 簡単ダイエット 自宅でこっそりダイエット運動 | 痩せるエクササイズ動画 大きさ色々 55cm 65cm 75cm あなたの適正サイズはこれだ! やり方 コツが分かる。 初心者でも練習しやすい簡単な動画から、経験者向けの振付までレベル別に50本。 初心者も動画でしっかり学べる。 チェアーやウインドミルのやり方 かっこいいステップまでレッスン。 初心者の練習用としてスキーターラビットやクロスハンドのやり方、上手く踊るコツが分かる講座集。 技の名前や種類、やり方が学べる総合コンテンツ。 初心者が最初に練習する基礎・基本ステップが分かる。 初心者も覚えられるヒットのやり方やウェーブのコツなど、これからポッピンを始める人におすすめ。 基本ステップから振り付けまで動画でレッスン。 カッティングシェイプス初心者も基礎から学べる。 簡単なレッスン動画が40講座。 振り付け練習用、体育授業や文化祭など創作ダンスの見本として。 ダンスで痩せたい人におすすめの簡単エクササイズ一覧。 楽しくて夢中になりやすいため痩せ過ぎに注意。 倒立・ロンダートのような初心者向けの簡単な技から、マカコ・バク転・バク宙まで練習方法を紹介。 カテゴリ : タグ :.

次の

【ヒルナンデス】痩せすぎ注意ダンスダイエットのやり方・動画。スマホを見ながら踊るだけの頑張らないダイエット!(8月19日)

ダイエット ダンス

ダンスダイエットとは? ダンスダイエットとは、好きなダンスで踊ることでストレスを発散させながらダイエットしていく方法です。 ダンス系のダイエット方法はたくさんの種類があるため、飽きっぽい方でも選ぶ楽しさがあるのが特徴です。 また、家の中でダンスをしたり、スタジオのレッスンでダンスをしたりと、環境を選べるのも支持されている理由だと言えるでしょう。 ただ、ダンスダイエットは、ただやみくもにダンスをしていれば勝手に痩せていくというわけではありません。 効率よくダイエットを進めるためにも、どのようなポイントを押さえておくべきか、ひとつひとつご説明していきましょう。 ダンスダイエットの効果的な流れ ダンスダイエットを始める前に ダンスダイエットを始める前に、まず自分の身体がどれくらい動くのか可動域を調べましょう。 可動域を実感するためには、ラジオ体操を取り入れるのがオススメです。 ラジオ体操はさまざまな関節を大きく動かすため、関節の可動域を具体的に知り、感じることができます。 肩を回す時に違和感があったり、ジャンプするときに踵に痛みが生じたりする場合は、ダンスすると怪我をしてしまう可能性があるので、ストレッチからスタートしていくようにしましょう。 ストレッチでウォーミングアップ ダンスダイエットを始める前に、身体がどれくらい動くのか可動域を調べたら、次はストレッチをしてウォーミングアップしていきましょう。 ストレッチをすることで、体中の血液循環を活性化させて筋肉や体温を上昇させることができます。 ストレッチにより筋肉がしっかり温まり柔軟性が増せば、ダンスを踊ることで傷めてしまう可能性を低くすることができますので、必ず行うようにしましょう。 特に、アキレス腱や肩周りは入念にストレッチをしてウォーミングアップしておくようにしてください。 ダンスダイエットの時間は 身体の可動域を調べ、ストレッチでウォーミングアップしたら、ダンスを開始していきます。 好きな音楽をかけて好きなダンスを踊ると良いでしょう。 ダンスは基本的に有酸素運動なので、最低でも20分以上続けるようにしましょう。 20分以上続けることで、身体に蓄積された脂肪が分解され、燃焼され始めていくからです。 そのため、最低でも30分はダンスダイエットを続けるようにしましょう。 ただ、普段身体を動かす機会がなく初めてダンスダイエットを行う人に関しては、関節の痛みや体力に合わせて短めにするようにしてください。 無理をして身体を傷めてしまうと、ダンスを踊れなくなってしまいますので、注意しましょう。 ダンス後はクールダウンしよう ダンスを一定時間踊ったら、そのままくつろいだり眠ったりするのではなく、クールダウンするようにしましょう。 ストレッチをしながら呼吸を整えることで、筋肉に蓄積されやすい乳酸をためにくくしていきます。 乳酸がたくさん溜まったまま終了してしまうと、翌日激しい筋肉痛を引き起こしてしまいますので、入念に行うようにしましょう。 準備として行ったストレッチと同じように行うことで、身体のさまざまな筋肉をクールダウンすることが大切です。 ダンスダイエットの効果をアップする方法 ダンスを続けることはダイエットに繋がりますが、ダンスダイエットの効果をアップすることも大切です。 コーヒーをダンスの前に飲む? ダンスダイエットの効果をアップする方法として、まずオススメしたいのがダンスの前にコーヒーを飲むということです。 コーヒーには、クロロゲン酸やカフェインが含まれているため、脂肪を分解して燃焼しやすい状態へと整えてくれる働きがあります。 ダンスダイエットは有酸素運動ですので、20分以上行う必要がありますが、これは脂肪が分解されて燃焼しやすい状態を準備しているからです。 ダンスダイエットの前にコーヒーを飲んでおけば、すでに脂肪が分解されて燃焼できる状態になっているので、飲まない時に比べるとより速く脂肪を燃焼し始めることができるでしょう。 そのため、同じ時間ダンスをしていても、コーヒーを飲んでおいた方が効率よくダイエットを進めることができます。 ビタミンB群を摂取 ダンスダイエットの効果をアップする方法として、コーヒーを飲むことをご紹介しました。 コーヒーには、脂肪を分解する作用がある成分が含まれていますが、実はビタミンB群にも脂肪を分解する働きがあります。 ダンスダイエットの前にビタミンB群のサプリメントを服用したり、普段の食事でビタミンB群を豊富に含む食べ物を取り入れておいたりするのも良いでしょう。 ビタミンB群が豊富に含まれているのは、卵、レバー、乳製品、マグロ、甘酒、などがあります。 普段からビタミンB群を意識して摂ることで、ダンスダイエットの効果をさらにアップしていくようにしましょう。 筋力トレーニングをプラス ダンスダイエットの効果をアップする方法として、ダンスを行う前に筋力トレーニングを行うこともオススメです。 ストレッチの後にハードな筋力トレーニングを行うことで、無酸素運動を行うことができます。 無酸素運動は本来脂肪を燃焼してくれるものではありませんが、筋肉にスイッチを入れて脂肪を分解しやすくする作用があります。 そのため、ダンスダイエットの前に筋力トレーニングをプラスすることで、効率よく脂肪燃焼効果をアップすることができるでしょう。 ハードなダンスで無酸素運動 ダンスダイエットの効果をアップする方法として、最初に踊るダンスをハードなものにするのもオススメです。 ダンスダイエットは有酸素運動を基本としているため、ハードなダンスだと息が上がって無酸素運動に切り替わってしまいます。 しかし、無酸素運動には筋肉のスイッチを入れて脂肪を分解しやすくする作用があるため、最初に踊るダンスに限りハードなものにして無酸素運動にすることで、後の有酸素運動としてのダンスダイエットの効率を上げることができるのです。 ハードなダンスを踊った後は、少し休憩して呼吸を整え無理をしないスピードでダンスを楽しむようにしましょう。 ダンスダイエットの注意点について ダンスダイエットでは、好きな音楽をかけて好きなダンスを踊るため楽しくダイエットすることができます。 ただ、ダンスダイエットにはいくつかの注意点がありますのでご紹介しておきましょう。 汗をかきすぎない まず、汗をかきすぎないように注意してください。 エアコンを使用してわざと室温を上げて汗をかきやすい状態にすると、脱水症状を引き起こしてしまうことがあります。 汗をかくとその分ダイエットした気になりますが、実際は水分が失われるだけですので、無理に汗をかきすぎないようにしましょう。 ハードなダンスをしすぎない ダンスダイエットの注意点として、次にご紹介しておきたいのがハード系のダンスをしすぎないということです。 身体を激しく動かしアップテンポが続く曲で踊り続けると、その分ダイエットできるような気がしますが、呼吸が荒くなってしまいます。 話すことが困難になるほど呼吸が乱れてしまうと、有酸素運動から無酸素運動へと切り替わり効率よく脂肪を燃焼させることができなくなってしまいますので、注意が必要です。 有酸素運動と無酸素運動の境目は、呼吸を意識するとわかりやすくなります。 息が多少上がっていても、周囲の人たちと会話ができるレベルなら、有酸素運動の範囲だと言えるでしょう。 ただ、会話として話し続けるのが難しく、単語を発するのに精いっぱいなど、呼吸が荒くなっている場合は、無酸素運動となっている可能性が高いと言えます。 一度休憩して呼吸を整えてから、ダンスを再開するようにしましょう。 アルコール摂取後はNG ダンスダイエットの注意点として、次にご紹介しておきたいのがアルコールです。 アルコールを摂取した後にダンスダイエットを始めてしまうと、血液循環が促進されることから急速にアルコールが回り、気分が悪くなってしまったり、倒れてしまったりすることがあります。 また、アルコールの作用により多少激しいダンスをしていても関節の痛みを感じにくくなるため、結果的にケガをしてしまうリスクが高まってしまいます。 準備やクールダウンのストレッチも行えないので、翌日は激しい筋肉痛に悩まされることにもなるでしょう。 そのため、アルコールを摂取した後はダンスダイエットを行わないようにしてください。 自分に合うダンス種類、選び方 ダンスダイエットでは、基本的に自分が好きなダンスであれば何でもOKということになっています。 しかし、どのようなダンスが自分に適しているのかわからないという方や、ダンスになじみがなくてどんな種類があるのか知らないという方もいらっしゃるでしょう。 ハウス、オールドスクール、ブレイキン、ポップ、ロック、ニュースクール、ハウス、ブレイクダンス、ミドル・スクール、ジャズ、レゲエ、ソウル、コンテンポラリー、タップダンス、ヴォーギング、バレエ、お祭りの踊りなどさまざまな種類のダンスがあります。 一部、ご紹介しておきたいと思います。 定番のヒップホップダンス ダンスと言えば、ヒップホップに馴染みがある方が多いのではないでしょうか。 ダンスダイエットとしても定番のダンスとして知られています。 アメリカのニューヨークから発祥し、全世界に浸透しています。 アクロバティックな動きをするハードなものもありますが、基本のステップなら初心者でも充分楽しむことができます。 J-POPなど流行りの音楽にも合わせやすいので、好きな音楽で踊るのもオススメです。 腰回りを使うベリーダンス ダンスダイエットとして人気が高いのが、ベリーダンスを用いたダンスダイエットです。 中東やアラブ圏で発展したダンスで、エキゾチックな雰囲気でダンスを楽しめるのが特徴です。 ベリーダンスのレッスンは、日本でもたくさん実施されていますので、体験してみると楽しいでしょう。 ベリーダンスは衣装も魅力のひとつなので、形からダンスを楽しんでみるのもオススメです。 緩やかな動きのフラダンス ダンスダイエットで、関節の可動域に自信が無い方や、早いテンポの曲についていけないという方は、ゆったりと踊れるフラダンスがオススメです。 フラダンスは、ハワイを中心に発展した踊りで、子供からお年寄りまで幅広い世代の人が踊ることができます。 一見、ダイエット効果がないようなダンスに見えるかも知れませんが、腰を動かすステップを続けると意外と身体が温まってくるのを実感することができます。 人気のポールダンス ダンスダイエットで近年人気を集めているのが、ポールダンスです。 ポールダンスとは垂直の柱を使ってダンスを行うものです。 クラブやサーカスなどから発祥していると言われており、官能的な動きが多いことから女性らしいボディラインに整えやすいと評判です。 ポールダンスも、各地でレッスンが増えてきていますので、気になる方は体験してみると良いでしょう。 好きなダンスDVDでダンス 好きなダンサーや、好きなアーティスト、気になるトレーナーがいる場合は、その人たちが出演しているDVDや、ダンスダイエットのDVDを購入して真似をしながらダンスをしてみるのもオススメです。 ダンスダイエットブームが起きたことから、さまざまな種類のDVDが販売されているので、自分に合ったものを選ぶことができます。 DVDなら、自宅でもダンスダイエットを行うことができますし、人目を気にせずダンスに集中できるのでオススメです。 自由に踊るのもアリ! ダンスダイエットをしたいけれど、ダンスの基礎を覚えたり真似をしたりするのは面倒だという方は、好きな音楽をかけて自由に踊るのもオススメです。 自由に踊りたいように踊ることで、ストレスを発散することもできますし、ここを動かしたいと気になる部分を集中的にエクササイズすることもできるでしょう。 まとめ ダンスダイエットについて詳しくご紹介しました。 自分好みのダンスを見つけることが何よりも大切ですので、楽しんでダンスができるものを見つけるようにしましょう。 自宅なら、いつでもスタートすることができますし、好きなダンスを踊ることで、ストレス発散にも繋がります。 心と身体を開放するためにも、ダンスダイエットにチャレンジしてみてくださいね。

次の