コピペ保存。 コピー・アンド・ペースト

コピペのときの一時保存場所『クリップボード』|TIME&SPACE by KDDI

コピペ保存

複数のフレーズを繰り返しコピペする効率的な方法がある しかし、一旦コピーした複数のフレーズは、一時的に格納しておくことができるため、 ペーストだけの繰り返し操作だけで効果的に編集することができます。 この「コピー」と「ペースト」の操作を繰り返すことで、 既に記述したフレーズを繰り返し書き足すことができます。 複数フレーズあると では、編集しているファイル中で、「あいうえお」というフレーズの他に「かきくけこ」というフレーズも頻繁に出てくるとしたらどうでしょうか。 もし、「あいうえお」や「かきくけこ」を記述する箇所が前もって全て分かっている場合は、「あいうえお」をコピーした後に、「あいうえお」を記述したい箇所全てでペースト操作のみを繰り返し、その後「かきくけこ」をコピーした後に、「かきくけこ」を記述したい箇所全てでペースト操作のみを繰り返すことでも対応可能です。 しかし、文書を作成する時に、 頻繁に出てくるようなフレーズを全て事前に特定することは現実的ではありませんので、実際には、その都度コピペを繰り返す必要が生じます。 実は簡単 ところが、コピーしたフレーズは複数個、保存しておくことができるので、 操作方法さえ頭に入れておけば、必要な時にペースト操作だけをすれば簡単に処理できるのです。 通常コピペ操作をする場合、コピーした対象はクリップボードと呼ばれる保存領域に一時保存されます。 そして、単にコピペ操作を繰り返しただけでは、コピーの操作に伴って、 クリップボードに上書きされてしまいますので、1つ前のコピペ操作におけるフレーズは失われてしまいます。 ところが、コピペ操作を行う前に、事前に「クリップボード」と言われる画面を開いておけば、複数のフレーズを一時保存しておくことができますので、一度コピーしたフレーズについては再びコピーする必要はなくなり、 ペーストのみを繰り返すだけで済みます。 ワードやエクセルの場合、リボン中のホームタブ下にあるクリップボードの矢印をクリックします。 すると、画面左側にクリップボードという小さい画面が表示され、コピーした対象が表示されますので、貼り付ける度に対象のフレーズをペーストするだけで済みます。 エクセルも同様 実際の操作 では、実際の具体的な操作を見てみましょう。 今、編集中のワードの文章中に、頻繁に使う表現として「あいうえお」「かきくけこ」「さしすせそ」というフレーズがあったとして、その例で説飯します。

次の

‪Excelのコピペ作業を効率化!「クリップボード」の使い方を解説|ferret

コピペ保存

PlayerPrefsの使い方! 今回は「スコアを保存する」といったシュチュエーションを軸にPlayerPrefsの使い方を見てみましょうか。 そのために、まず以下の記事を参考に、スコアを表示した状況から導入を開始します。 スコアを表示したら、そのスコアを ゲーム開始時・終了時に保存することにしましょう。 一通り実装してみよう! 今回はいきなり一式実装してしまいましょう! using System. Collections; using System. Collections. Generic; using UnityEngine; using UnityEngine. 具体的な追記箇所のみを抽出すると、以下の部分になります。 GetInt関数を使用して、スコアをロードしている。 SetInt関数を利用し、スコアを保存している。 行っている内容としては、ただこれだけです! 実行してみよう! 実際に実行して挙動を見てみましょう! ちょっとわかりづらいかもしれませんが… 一度目に起動後した時のスコアが、 二度目の起動時に保持されていることがわかると思います。 「セーブ・ロード」は、意外に簡単に実装できることがわかったと思います。 PlayerPrefsをもっと詳しく! では続けて、先ほどの処理を詳しく見てみましょうか。 Save ; PlayerPrefs. SetInt関数を使用して スコアを保存しています。 第一引数に保存するデータの名前 これをロード時指定することになります 、第二引数に保存する数値を入れているわけですね。 一つ注意が必要なのは、PlayerPrefsへ保存データの設定が一通り終わったら、からなず 最後にPlayerPrefs. Save関数実行する必要があることです。 なぜならPlayerPrefs. Save関数が呼び出された時に、PlayerPrefsに登録されている数値を実際に保存しているからです。 最後にPlayerPrefs. Save関数を呼び出さなければ保存がされないので注意しましょう! GetInt "SCORE", 0 ; PlayerPrefs. GetInt関数は「第一引数に指定した名前で保存されている値」を戻り値として取得する関数です。 第二引数は、もし保存されていなかった場合、何を返すかの設定になります。 保存が理解でいていれば読み込みは簡単ですね! Int型以外の保存について ここまででSetInt・GetInt関数を使用したセーブ・ロード方法を見てきました。 しかしSetInt・GetInt関数は、その名の通り Int型でセーブ・ロードを行うため、他の型ではうまくいかないです。 そこで他の型での保存方法も見てみましょうか。 実はPlayerPrefsには、 Int・Float・String形式で保存する関数が用意されているため、他の型での保存も簡単です! SetInt key で識別される設定情報の値 Int型 を設定します。 GetInt キーが存在する場合、key に対応する値 Int型 を取得します。 SetFloat key で識別される設定情報の値 Float型 を設定します。 GetFloat キーが存在する場合、key に対応する値 Float型 を取得します。 SetString key で識別される設定情報の値 String型 を設定します。 GetString キーが存在する場合、key に対応する値 String型 を取得します。 使い方は実例で見たときと同じです! Save ; 例えば、文字列型で保存したければ、こんな感じですね! 保存データが存在するか? 保存データが存在するかチェックする方法も準備されています。 それがPlayerPrefs. HasKey関数です。 これは引数で指定したデータが 存在すればtreu、なければfalseを返してくれる関数です。 主な使い方としては以下のように、if文で「存在するとき」と「しないとき」の処理を分ける使い方でしょうか。 if PlayerPrefs. PlayerPrefsには以下の二つを削除関数が用意されています。 DeleteKey "削除したいキー" ; 例えば先ほどのSCOREとして保存したデータのみを削除したい場合は以下のようにしましょう。 PlayerPrefs. DeleteKey "SCORE" ; PlayerPrefsを使う上でのよくある疑問 ここまでで一通りPlayerPrefsの使い方を学んできました。 しかしまだまだ疑問が残っている人も多いのではないでしょうか。 そこでここからはよくある質問をまとめておきます。 参考にしてみてください。 どこに保存されるの? 環境によって保存場所は違います。 例えばMac環境ならば以下の箇所に保存されています。 [company name]. [product name]. plist ちなみにWindowsの場合は、レジストリ。 plist」。 xml」へデータが保存されます。 それぞれ保存場所が違うため気をつけましょう。 改ざんされない? PlayerPrefsはローカル環境 ユーザーのPCやスマホの中 に保存されます。 つまりデータはユーザーの手元にあるわけです。 解析・改ざんされる可能性は高いことを理解しましょう。 一般商用のアプリケーションなどでは、その辺りの対策として、 重要なデータはサーバーで保持し改ざんを防いでいます。 逆に改ざんを許容できるレベルの、 個人作品ならばPlayerPrefsを使用しても問題ないでしょう。 壊れたりしない? 基本的に そうそう壊れることはありません。 ただし、ユーザーが間違えて手動で消してしまう可能性や、保存時の失敗で壊れる可能性も全くないわけではありません。 趣味レベルの規模の開発ならば、最悪消えてしまっても良いかもしれません。 しかしビジネスレベルの開発ならば、改ざんへの対策にもなりますし、サーバーに重要データを保存するなりの手段をとることが必要でしょう。 [補足]改ざん・破損への対策について この辺りをビジネスレベルで実装する場合、やはり改ざん・破損が悩ましい部分になると思います。 そんなとき、それらを 解決するメジャーな手段は以下の手段でしょう。 自分を評価してくれる企業に転職して年収を上げたい! 自分のスキルにあった独自案件を知りたい! エンジニアは今もっとも注目されている職業の1つ。 エンジニアになって年収を増やしたい方や、あなたのスキルに見合った企業へ転職したいエンジニアの方も多いですよね。 しかし、大手の転職媒体は扱う求人数が多くても、誰もが登録しているので 競争率もかなり高くなっています。 そのため、あなたの条件に見合った企業を見つけても転職するためには、相応の努力とスキルが必要となります。 こういった媒体では、未経験からエンジニアを目指す方やエンジニア歴2〜3年で転職を考えている方にとって、最適な転職環境とはいえません。 そこでオススメしたいのが、未経験者や若手エンジニア向けの独自案件を多く掲載しているです。 は、独自案件を多く掲載しているだけでなく、 ・応募から就業まで一貫したサポート ・就業後もアフターフォロー といった経験の浅い方や初めてエンジニアを目指す方にも安心のフォロー体制が整っています。 もちろん登録は 完全無料!しかも案件を見るだけなら登録も不要です。 まずは、お気軽にどんな求人があるか見てみてください。 あなたにピッタリの企業がきっと見つかりますよ!.

次の

コピー・アンド・ペースト

コピペ保存

iPhoneで写真・画像をコピペする方法 サイトなどで見つけた面白い写真や綺麗な画像を友達などに送る際、スクリーンショットを保存したあと写真アプリから目的の画像を探すのが煩わしいと感じたことはありませんか。 実はコピペ機能はテキストに限った話でなく、画像や写真にも使えます。 iPhoneで写真や画像をコピペする方法は以下の2通りです。 写真アプリでコピーしたい写真や画像を長押し• Safariなどのブラウザアプリで写真や画像を長押し コピーしたい画像を画面に表示し、押し込むように長押ししてください。 出てきたタブの中から 「コピー」をタップすると、写真や画像のコピーが出来ます。 画面をスクリーンショットする必要も、わざわざ写真アプリに保存して貼りつける必要もないためストレージ容量を圧迫しません。 コピーした画像は、メモ帳やLINE、Gmailアプリなどでテキスト入力画面を長押しして、出てきたタブの「ペースト」をタップすると貼りつけ可能です。 ペースト先が画像表示に対応していない場合は、コピー元のURL等に置き換えられます。 iPhoneで文字をコピペする方法 iPhoneはテキストもコピペできます。 コピペの方法を覚えておくと、サイトで見かけた気になるフレーズなどを簡単にメモ等に貼りつけて保存できて便利です。 メールのテンプレート文などを作成し、保存しておけば都度コピペして使いまわすことで文字入力の手間を最小限に抑えられます。 テキストを選択してコピー&ペーストする iPhoneでテキストを選択してコピペする一般的な方法は以下の通りです。 単語 一部のテキスト 全テキスト• コピーしたい単語を長押し• 上部に表示されるタブの「コピー」をタップ• コピーしたいテキストの上をロングタップ• 選択バーをスライドさせ、範囲を決める• 上部に表示される「コピー」をタップ• テキスト上をロングタップ• 上部に表示されるタブから「すべてを選択」を押す 3Dtouch対応機種でトラックパッドモードを使うと、画面上でカーソルを自由に動かせます。 キーボードを表示した状態でカーソルの上を長く押したまま、移動させたい場所へ指を滑らせてください。 カーソル移動でコピーしたい箇所へ移動させたあと、長押しでコピーに切り替えると簡単に好きな場所をコピーできます。 長文の中から一部だけをコピーしたいときなど便利です。 また基本的に全選択はウェブサイト上では出来ません。 新しくコピーすると古いものは上書きされます。 重要なテキストは忘れないうちにメモ等へ「ペースト」しておくよう注意しましょう。 コピーできるのはテキスト文だけでなく、webサイトのURLなども可能です。 方法はweb画面上部に表示されるアドレスバーをタップしてコピーする方法と、画面下の真ん中にある「アクション」アイコンからコピーする方法の2通りです。 参照: 3本指でコピペする 3本指を使ったジェスチャーでもテキストのコピーや切り取り、貼りつけが出来ます。 それぞれのやり方は、以下の通り。 カット コピー ペースト• カットしたいテキストを選択• 3本指を閉じる動作を2回行う• コピーしたいテキストを選択• 3本指を閉じる動作を行う• ペーストしたい位置にカーソルを合わせる• 3本指を開く動作を行う コピーやカットする範囲はあらかじめ選択しておく必要があります。 結局のところ範囲選択は一本指で行う必要があるため、ジェスチャーを使った方法は少々やりにくいです。 範囲選択は、テキスト上のタップ回数で比較的簡単に指定できます。 2回タップ 単語を自動選択 3回タップ 一文を自動選択 4回タップ 段落全体の文章を自動選択 ウェブサイトではタップ回数による自動選択は出来ないので注意してください。 ジェスチャーを使ったコピペは、何かをしながら動作するときなど片手で操作したいときや画面を見れないときに便利です。 タップ回数による自動選択と組み合わせることでコピペが多少快適になるので、ぜひ一緒に覚えてください。 iPhoneで筆記体・顔文字をコピペする方法 iPhoneは通常のキーボードで筆記体が変換されませんが、 アプリやサイトで変換・コピーすることで筆記体テキストを使えるようになります。 例えば「」というサイトは、任意の文字をボックス内に入力した後に好きな筆記体を選ぶと、字体の変換が可能です。 基本的な使い方は、他のサイトやアプリでも同じです。 LINEやツイッターなどのSNSでおしゃれな筆記体を使ってプロフィール名を設定をしたり、投稿をしてみたい人はぜひ試してみてください。 またiPhoneは顔文字を使う際、使いたい顔文字をコピーしてユーザー辞書登録するのが一般的です。 しかしユーザー辞書登録する方法は非常に面倒くさく、使い勝手がよくありません。 少しでも利便性を良くしたい場合は、顔文字登録アプリがおすすめです。 新しいテキスト等をコピーした場合、1つ前のコピー履歴は消える仕組みです。 基本的にクリップボードを直接見ることは出来ませんが、クリップボード管理アプリを使うと確認が可能です。 過去のコピー履歴を時系列順に自動保存• 登録されたテキストを直接修正できる• よくコピペするテキストはClip欄に登録することでいつでもコピー可能 間違ってコピペを削除してしまった際も、履歴から遡ってペースト出来るので便利です。 コピペ出来ないときの主な原因は、不具合やコピー禁止のサイトであることが多いです。 コピー禁止のサイトの場合は運営者が制限しているため、手の施しようがありません。 iPhoneの不具合であれば、以下のような対処法があります。 キーボードを切り替える• アプリやiPhoneの再起動 テキストコピーで不具合が起きた際は、キーボードの左下に表示される「地球儀マーク」をタップしてキーボードの切り替えを試してください。 それでも直らない場合、アプリやiPhoneを再起動すると解決することがあります。 まとめ iPhoneのコピー機能はテキストや画像、筆記体、URLなどをクリップボードに保管できます。 コピーは一時的で、古くなると削除されます。 基本的にクリップボードを直接確認することは出来ませんが、アプリを使うとコピー履歴などの管理が可能です。 コピー機能を使うと画像を保存しなくても貼りつけられるため、ストレージ容量を圧迫されません。 またメールのテンプレート文などを作ってメモ帳などに保管しておけば、文字入力の手間を最小に抑えられます。 便利な機能なので、ぜひ使い方を覚えて活用してください。 それでは、最後に記事内容のおさらいです。

次の