鬼 滅 の 刃 ネタバレ 177。 漫画「鬼滅の刃」177話のネタバレと無料読み放題

《鬼滅の刃》ネタバレ177話感想考察!圧倒的天才

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 177

鬼滅の刃 第177話のネタバレ! 黒死牟は自身が人間だった頃のことをさらに思い返す。 人を妬まぬものは運がいいだけだと、出会ったことがないだけなのだと、そう考えながら思い返すのは若き日の縁壱の姿だ。 黒死牟たちが生まれた時代は、 双子は跡目争いの原因になるため不吉だとされていた。 加えて縁壱には生まれつき不気味な痣があったため、彼らの父は弟を殺すと言った。 しかし、彼らの母はそれを聞いて手がつけられないほどに怒り狂ったため、結果として縁壱は殺されることなく十になったら出家することになる。 可哀想と感じた日 兄弟の扱いは、すべてにおいて大きく差をつけられて育てられることになった。 そのせいなのか縁壱は母親離れが出来ず、 見るたび母の左脇にぴたりとくっついていた。 そんな縁壱の姿を、子供ながらに可哀想だと黒死牟は見ていた。 彼は縁壱に与えられた小さな部屋へ、父の目を盗んでは遊びに行っていき、自分の持ち物を渡せば父に気づかれると自作の笛を渡したこともあった。 縁壱は赤子の頃から少しも笑わず、七つになるまで喋りもしなかったので、 耳が聞こえないと思われていたが、本当はそうではなかった。 剣の道の神童 七つになった黒死牟が庭で素振りをしていると、音もなく松の木の陰に縁壱が立っており、それだけでも肝が冷えたのだがそれだけではない。 「兄上の夢は、この国で一番強い侍になることですか?」 初めて口を開いた縁壱の言葉は流暢で、息が止まるほど驚いた黒死牟は素振りをしていた木剣をとり落すほどだった。 その日から縁壱は自分も侍になると言い始めた。 しかし、縁壱は十になれば出家することが定められている。 侍ではなく僧侶になると決まっていたが、わかっているのかいないのか、縁壱は初めて顔を綻ばせていていた。 その様子が黒死牟には気味が悪く思えた。 命を懸けて戦う侍は、母親にすぐにしがみついていくような者にはなれる筈もない。 そう思っていても、縁壱は稽古中に教えて欲しいとうろちょろするようになったので、黒死牟に剣技を指南していた父親の配下が袋竹刀を持たせた。 持ち方、構え方、それらを口頭で軽く伝えただけで打ち込んでみよと父親の配下は構えてみせる。 縁壱はスゥゥと息をしてから、 父親の配下に四発叩き込み一瞬のうちに失神させてしまった。 黒死牟がどれほど打ち込んでも一本も取れなかった相手だった。 父親の配下は首・胸・腹・足は骨に異常はなくとも、拳大に腫れ上がったと言う。 望んでも望んでも それから縁壱は侍になりたいと言わなくなった。 縁壱にとって人を打ち付ける感触は耐え難いほどに不快なものだったのだ。 しかし、黒死牟は縁壱の強さの秘密を知ろうと必死だった。 決死にくい下がって詰め寄ると、じきに縁壱は黒死牟にとって不可解な話をし始める。 「打ち込んでくる前に肺が大きく動く、骨の向きや筋肉の収縮、血の流れをよく見ればいい」 最初は意味がわからなかったが、しばらくして縁壱には生き物の体が透けて見えるのだと理解した。 縁壱は生まれつきの痣と同様に生まれつきの特別な視覚と、それに即応できる身体能力を持つ者だったのだ。 今まで哀れんできた弟は己よりも遥かに優れていた。 それでも縁壱は剣の話をするよりも、兄と双六や凧揚げがしたいと話す。 剣の道を極めたいと願い、痛みと苦しみこそあれど努力は力になり才覚も認められていた黒死牟。 しかしそれは類い稀なる神童である弟の前では、亀の歩み以外の何者でもないと感じられていた。 望む者へ望む才が与えられればどんなにいいだろう、そう思わずにはいられなかった。 それでも縁壱は剣の話をするときひどくつまらなそうで、黒死牟が望んでも手に入らない才を持つ彼にとって剣の道は童遊び以下の存在だったのだ。 立場の逆転する恐怖と、気味の悪い存在 立場が逆転したと黒死牟は思った。 父親の配下は縁壱の一件を報告しているだろう。 そうなれば家を継ぐのは縁壱だ、立場が入れ替わり自分が出家させられることになる。 呆然としていた時、部屋の前に人影が現れ「兄上」と声をかけた。 縁壱の声に「何だ」と答えると縁壱は母親の死を告げた。 寅一つ時(午前三時から三時半)に縁壱によってもたらされた出来事は、黒死牟にとって寝耳に水でしかない。 突然の出来事に詳細を尋ねるが、縁壱は詫びてから仔細は側務めへ聞くように言った。 このまま寺へと発つと言うのだ。 今から出発するため別れの挨拶だけをしにきた、そう言ってから縁壱は大切そうに懐から黒死牟が以前に渡した笛を取り出す。 「いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず日々精進致します」 外れた音しか鳴らないがらくたの笛を、縁壱は宝物のようにして布にくるみ、また懐へとしまった。 その時の縁壱は笑顔を浮かべていて、黒死牟はまたしても気味が悪いと感じる。 何がそんなに嬉しいのかわからない、言葉は何も返さなかったが縁壱はそれでも満足した様子で深々と頭を下げた。 そして、荷物もほとんどなく、何処かへ行ってしまったのだった。 天才への妬み 後日、母親の日記を読んで、縁壱は自身が後継ぎに据えられると気付いて早めに家を出ることにしたらしいことを知る。 母親の病や死期も縁壱にはどうやら分かっていたらしかった。 母親は何年も前から左半身が不自由になりつつあり、そのことに苦しんでいたことが日記からわかると黒死牟は一つのことに思い当たる。 縁壱は必ず母親の左側にしがみついていた。 実際は、母親にしがみついていたわけではなく、病で苦しむ母親を縁壱は支えていたのだ。 その時、黒死牟は初めて嫉妬で全身が焼け付く音を聞いた。 縁壱という天才を心の底から憎悪していた。 登録から1ヶ月無料• 600P分(コミック1冊分)の漫画が読める• U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、最新刊もポイントを使って無料で読むことができますよ! 紹介した動画配信サービスに登録しただけで、 2500円分の漫画が無料で読めるし、ドラマや映画、アニメの見放題作品もたくさんありますよ。 鬼滅の刃 第177話の感想・考察 黒死牟が人間の頃、彼が歪んだ考え方を獲得してしまうに至る道、という印象でただただ誰も悪くない出来事なのが辛かったです。 黒死牟はいくら望んでも劣等感が付きまとうし、縁壱の方は純粋に兄を慕い兄を思っているところが悲しすぎるほどに圧倒的に道を違えてしまっていて、どうしようもなさを感じずにいられませんでした。 少し前に年を重ねてからのお話も語られていたので、二人が再開するに至るまでの経緯が語られるのでしょうか。 気になるところです。 次回、週刊少年ジャンプの 発売日は2019年10月12日になります。 発売され次第、『鬼滅の刃』最新話のネタバレをしていきますね! 以上、『鬼滅の刃』第177話のネタバレ感想でした。

次の

【鬼滅の刃 177話 弟】の内容をご紹介|大漫画時代

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 177

Contents• 縁壱は双子の弟 鬼滅の刃177話は、上弦の壱、黒死牟の過去の話になります。 黒死牟と縁壱は双子で生まれました。 当時、双子は跡目争いの原因になるため不吉とされていました。 弟の縁壱には生まれつき不気味な痣もあり、父親は縁壱を殺すと言いましたが、それを聞いた母親が烈火のごとく怒り狂い、手がつけられなくなったため縁壱は殺されず、十歳になったら寺へ行かせ出家する手筈になりました。 黒死牟と縁壱は、部屋も着物も教育も、食べる物さえ大きく差をつけて育てられ、もちろん、兄の黒死牟が裕福な環境でした。 そんな縁壱を黒死牟は子供ながらに可愛そうだと思っていました。 縁壱に与えられた三畳の小さな部屋へ、黒死牟は父親の目を盗んで遊びに行きました。 自分の持ち物を与えると父親に気づかれるので、笛を作って縁壱へ渡す黒死牟。 縁壱は子供の頃から、にこりと笑うことすらなく、七歳になるまで喋らなかったので、耳が聞こえないと黒死牟は思っていました。 縁壱が七歳になったころ、黒死牟が庭で木剣を素振りしていると、縁壱は音もなく松の木の影に立っており、それだけでも内心肝を冷やした黒死牟。 縁壱は黒死牟に聞きます。 兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか? ここで初めて縁壱が喋れることを知った黒死牟。 流暢に喋りかけられ、驚いた黒死牟は木剣を落とします。 それから縁壱は、自分も侍になると宣(のたま)い始めましたが、そもそも縁壱は十歳なったら寺へ追いやられる。 侍ではなく僧侶になると既に決まっています。 それを縁壱はわかっているのか、わかっていないのか、顔を綻(ほころ)ばせて笑いますが、黒死牟はその笑顔を気味悪く感じます。 縁壱の剣の才能 母親を見ればすぐにしがみつきに行くような縁壱が、命をかけて戦う侍にはなれるはずもないと思う黒死牟。 それ以後、縁壱が稽古中に教えてほしいとうろちょろするようになり、黒死牟に剣技を指南していた父親の輩下が、戯れに袋竹刀を持たせました。 持ち方と構え方を口頭で軽く伝えただけ、それだけで打ち込んでみろと父親の輩下は構えました。 次の瞬間、黒死牟が瞬きをする間に、縁壱は父親の輩下に四発叩き込み失神させます。 黒死牟がどれほど打ち込んでも一本も取れなかった父親の輩下に。 縁壱はその後、侍になりたいとは言わなくなりました。 縁壱にとっては、人を打ちつける感触は耐え難く不快なものだったからです。 縁壱から強さの秘密を知りたい黒死牟。 縁壱に食い下がり詰め寄ると、縁壱は不可解なことを言い出します。 打ち込んでくる前に肺が大きく動く、骨の向きや筋肉の縮小、血の流れをよく見ればいいと縁壱。 黒死牟は、縁壱が生き物の体が透けて見えるのだと理解するのに、暫く時間がかかりました。 生まれつきの痣と同じく、生まれつきの特別な視覚。 そしてそれに即応できる身体能力。 今まで哀れんでいた縁壱が、自分より遥かに優れていることを知る黒死牟。 しかし、縁壱は剣の話をするよりも、兄である黒死牟と双六や凧揚げがしたいと言います。 天才縁壱への嫉妬 黒死牟は剣の道を極めたかった。 才覚を認められていた黒死牟は、努力をすればするほど力をつけましたが、類まれなる神童の前では亀の歩みに他ならないことを痛感します。 望む者の下へ望む才が与えられれば、どんなに良いだろうかと思う黒死牟。 縁壱は剣の話をする時、酷くつまらなそうでした。 抜きん出た剣の才があっても爪の先程も嬉しくはなく、縁壱にとっては剣の道も童遊び以下でした。 夜、床の中で黒死牟は考えます。 自分と縁壱、立場が逆転し、父親の輩下は縁壱のことを報告しているはず。 家を継ぐのは縁壱で、自分はあの三畳の部屋へ押し込まれ、三年後の十歳になった時には寺へ追われ、侍になる夢は叶わない。 その時、障子戸ごしに縁壱が黒死牟を呼びます。 縁壱から母親が亡くなったことを知る黒死牟。 そして自分はこのまま寺へ発つと。 別れの挨拶にきた縁壱は、以前、黒死牟から貰った笛を見せます。 この笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず、日々精進しますと話す縁壱。 縁壱は、外れた音しか鳴らないガラクタの笛を、宝物のように布に包み懐にしまいます。 嬉しそうに笑う縁壱を、何がそれほど嬉しいのかと気味悪く思う黒死牟。 黒死牟は何も返事をしませんでした。 満足した様子で縁壱は深々と頭を下げ、そのまま荷物をほとんど持たず、どこかへ行ってしまいました。 母親の日記を読んだ黒死牟は、縁壱が自分が跡継ぎに据えられることに気づき、予定より早く家を出たことを知ります。 さらに、母親の病も死期も縁壱にはわかっていたようで、母親は何年も前から左半身が不自由になりつつあり苦しんでいました。 縁壱は母親にしがみついていたのではなく、病で弱っていた母親を支えていたのでした。 全てを知った黒死牟は、嫉妬で全身が焼けつく音を聞き、縁壱という天才を心の底から憎悪します。 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで鬼滅の刃の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 さらに鬼滅の刃のアニメも 全て「見放題」です!! アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!.

次の

《鬼滅の刃》ネタバレ177話感想考察!圧倒的天才

鬼 滅 の 刃 ネタバレ 177

『鬼滅の刃』の アニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。 無料トライアル期間内に解約すれば、 リスク無しですべて無料で楽しむことができます。 さらに、無料登録で得られるポイントを使って 『鬼滅の刃』最新巻の18巻を手に入れることもできます。 さらに動画配信サービス・U-NEXTは 「アニメ見放題作品数No. 1」を獲得。 』『スラムダンク』『トリコ』など週刊少年ジャンプ漫画のアニメが見放題になっているので、 無料体験キャンペーンが終了してしまう前に、今すぐ登録しておきましょう。 >> >> c SHUEISHA Inc. All rights reserved. 時は大正、日本。 炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。 さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。 人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--! 出典: 漫画『鬼滅の刃』前回176話のおさらいまとめ 俺はもう二度と敗北はしない。 そうだたとえ頸を斬られても。 黒死牟は体に力を込め、出血を止めた。 「攻撃の手をゆるめるな!一気に畳み掛けろ!時透と玄弥の命を決して無駄にするな!」と悲鳴嶼は叫ぶ。 「上等だごらああああ!消えてなくなるまで刻んでやらああああ!」実弥は叫んだ。 黒死牟は考えていた。 克服した。 これでどんな攻撃も無意味。 太陽の光以外は。 これで誰にも負けることは、と。 そう考えていた黒死牟は実弥の刀に映った自身の姿を見た。 『なんだこの醜い姿は』と心の中で考えた。 そう考えた瞬間。 ボロボロと体が崩れ出した。 崩れ出したのは、時透の赫い刀に刺された場所だった。 そこに、さらに悲鳴嶼と実弥の攻撃が仕掛けられた。 黒死牟の体はボロボロと崩れていった。 弟の縁壱には生まれつき不気味な痣もあり、父は弟を殺すと言った。 けれどもそれを聞いた母が烈火の如く怒り、手がつけられなくなったたえ、弟は殺されずに十になったら寺へ行かせ、出家させる手筈となった。 だから黒死牟と縁壱は部屋・着物・教育・食べる物さえ大きく差をつけて育てられた。 そのせいか縁壱は母親離れができず、見るたび母の左脇にぴったりとくっついていた。 黒死牟は縁壱の部屋に、父の目を盗んで遊びに行った。 そのときに笛を作って渡した。 縁壱は赤子の頃からにこりと笑うことすらなく、7つになるまでしゃべらなかったので、耳が聞こえないのだと思われていた。 だが7つになったころ、黒死牟が庭で素振りをしていると縁壱は音もなく立っており、 「兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?」と聞いてきた。 黒死牟はあっけにとられた。 そしてさらに縁壱は自分も侍になると言い始めたが、縁壱は十歳になったら寺へ追いやられるのにと、考えていた。 だが、それでも剣技を教えてほしいとうろちょろするようになった縁壱に、黒死牟に剣技を指南していた父の輩下がたわむれに袋竹刀を持たせた。 そして持ち方と構え方を口頭で軽く伝えた。 それだけで打ち込んでみよ、と父の輩下は構えた。 縁壱はスウウ、とかまえて仕掛けていった。 すると、黒死牟がどれほど打ち込んでも一本取れなかった父の輩下は、瞬きする間に縁壱から四発叩き込まれ、失神してしまった。 黒死牟は縁壱に強さの秘密を聞いた。 すると縁壱は、 「打ち込んでくる前に肺が大きく動く。 骨の向きや筋肉の収縮、血の流れをよく見ればいい」といった。 縁壱には生き物の体が透けて見えるのだと理解するまでに、しばらくかかった。 今まであわれんでいた者は、己よりはるかに優れていたのだ。 そこから立場が逆転した。 父の輩下の男は縁壱のことを報告しているはず。 家を継ぐのは縁壱だ。 と考えていた。 そこに、「兄上」と縁壱があらわれた。 母が死んだ、との報告だった。 そして縁壱は寺へたつと告げた。 そして別れの挨拶だけさせてほしいと黒死牟に言った。 「この笛を、いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れていてもくじけず、日々精進いたします」 そして縁壱は去っていった。 母の日記によると、縁壱は自身が後継にすえられると気づき、予定より早く家を出ることにしたらしい。 そして母は何年も前から左半身が不自由になりつつあり、苦しんでいた。 黒死牟は気づいた。 縁壱は母にしがみついていたのではなく、病で弱った母を支えていたのだ。 黒死牟はそのとき、嫉妬で全身が灼けつく音を聞いた。 縁壱という天才を心の底から憎悪した。 177話はここまで。 次回も非常に楽しみです。 『鬼滅の刃』のアニメ全26話と漫画1冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。 無料トライアル期間内に解約すれば、リスク無しですべて無料で楽しむことができます。 さらに、無料登録で得られるポイントを使って 『鬼滅の刃』最新巻の18巻を手に入れることもできます。 さらに動画配信サービス・U-NEXTは 「アニメ見放題作品数No. 1」を獲得。 』『スラムダンク』『トリコ』など週刊少年ジャンプ漫画のアニメが見放題になっているので、 無料体験キャンペーンが終了してしまう前に、今すぐ登録しておきましょう。 >> >>.

次の