横浜市マイナンバーカード予約。 マイナンバーカードの「受け取り」方法!期限・所要時間・土日受取まとめ

マイナンバーカードはいつ届く?交付申請と受け取りまでの流れを解説するよ

横浜市マイナンバーカード予約

2016年だったでしょうか、マイナンバーカードの通知カードをもらいました。 「カード作るの面倒くさいや」と思って、カードを作らずにおりました。 (イカンヨ…) 2017年7月に引っ越しをしたのですが、 引っ越しをすると、マイナンバーの通知カードを使えないということが分かりました。 また、通知カードと一緒に付いていたオンライン申請のQRコードも使用できないとのこと。 つまり、新しくマイナンバーカードの発行申請をしないといけません。 しかし、「カード作るの面倒くさいや」住基カードあるから確定申告の電子申告もできるでしょ…と思ってしまい、月日は流れて確定申告時期になりました。 しかし、わたしは大きな勘違いをしていたのです。 引っ越したために、住基カードのデータが使えなくなっていたのです。 確定申告の電子申請は、電子証明書に情報が入っていれば住基カードでも行うことができます。 但し、引っ越しをするともうすでに発行されていない住基カードの電子証明書のデータは更新することができないのです 毎年確定申告を行うし、電子申請の方が楽だから、この際マイナンバーカードを作ってしまおう このたびやっとマイナンバーカードが届きました。 (追記)コロナウイルス感染拡大対策の10万円給付が、679の自治体が5月1日からオンラインにて受付を始めました!また、でも申請が可能です。 この記事ではマイナンバーカードの申請方法などを書いていきたいと思います。 目次 マイナンバーカード発行の流れ マイナンバーカード発行の流れを箇条書きで書いてみました。 交付申請書をゲットする• 必要事項を記入して郵便で投函• 自治体からマイナンバーカードの交付通知書が来る• 区市町村役場へ取りに行って、手続きをする• マイナンバーカードをゲット!!!! 交付申請書を受け取って必要事項を記入して投函 交付申請書が市区町村の窓口に設置されています。 (転入・転居手続の際は、市区町村の窓口で交付申請書が配布されます) 役所の窓口が閉まっていたら、でDLして印刷しましょう。 その紙に必要事項を入力し、写真を貼って郵便投函します。 写真は、自治体によっては撮影・印刷してくれます。 試しに聞いてみましょう(コロナの時期は無理かも…) 無くしてしまった際は「手書き交付申請書」をダウンロード&印刷して記入しましょう。 マイナンバーカードが届いたことを知らせる交付通知書が自治体から届く わたしは、2月24日に提出して、3月27日ごろに通知が届きました。 マイナンバーカードは、 手元に届くまでだいたい1か月くらいかかります。 急ぎでほしい場合は、到着期間を考えて申請する必要がありますよ!要注意! 市区町村役場に取りに行く 交付通知書を役所が受け付けている時間内に取りに行きます。 本人確認書類の提出• カードの顔写真と本人の顔の確認• 受け取り書類の記入• 暗証番号の設定• ゲット! という流れで受け取ることができます。 住民基本台帳カードをお持ちの方は、マイナンバーカードがその役割の代わりになりますので、提出すると回収されます。 特別定額給付金の申請は、でも可能です。 ところで…マイナンバーカードでは何ができるの? わたしは確定申告のためにマイナンバーカードを作りましたが、他にどんなことに利用できるのでしょうか。 マイナンバーカードの利用方法• マイナンバー付きの身分証明書• 確定申告のオンライン申告ができる• 住民票や印鑑証明などの書類をコンビニで取得できる 一般化されている内容としては、この3つです。 普及している、色々なところで活用されているのかというと…正直微妙ですが、今回のように定額給付金の振込の手続き短縮などに使えるので、今後のために取得しておいても損はないのでは?と思います。 マイナンバー付きの身分証明書 わたしのように 運転免許証がない人にとっては、身分証明書として使えるのは有り難いです。 身分証明書と呼べるものがない方は、取得しておいて損はないでしょう。 確定申告のオンライン申告 電子申告は、(ソフトウェアのセットアップがあることが面倒ですが)書類を印刷したり張り付けたりする手間が省けます。 公的書類をコンビニで取得可能 通常住民票の写しや印鑑証明などは、市区町村役場や出張所でのみ取得可能です。 でもマイナンバーカードがあれば、コンビニの多機能端末から取得が可能です。 身分証明としての役割が大きいですが、それ以外は1年に1回、もしくは数年に1度の機会で利用できるのかな…。 あると便利なマイナンバーカード 現状、通常の生活をしている中では無くてもさほど困らないカードですが、しかし、身分証明書がない方や確定申告をされる方は持っていて損はありませんよ。 交付までに時間がかかるので、利用したい方は早めに交付申請を行いましょう! 今年はマイナンバーカードがあったので、確定申告が電子申告で無事に終わりました! 確定申告時にあると便利! 確定申告時にあると便利なもの・サービスをご紹介します。

次の

マイナンバーカードの有効期限を確認しよう!更新手続きと5つの注意点

横浜市マイナンバーカード予約

「申請」がまだの方はコチラ!• スポンサーリンク 交付通知書(ハガキ)が届いたら、まずやるべきこと! 郵送やweb、証明写真機から「発行申請」を行うと、 おおよそ1ヶ月くらいで 「交付通知書」というハガキが届きます。 「交付通知書(ハガキ)」を受け取ったらまずやるべきこと。 それは、 オモテ面の確認と、ウラ面の記入です。 「オモテ面」で確認すること! 【おもて面】 ハガキのオモテ面(自分の住所が書かれている方)のシールを剥がすと、• 市区町村名• 交付場所名• 交付場所の所在地• 電話番号 が書かれていますので、「取りに行く場所」をまずはしっかり確認しましょう。 無いとは思いますが、万が一「聞いたこともない的外れな場所が交付場所になっている場合」は、記載の電話番号に確認しましょう。 また「おもて面に貼られていたシール」は、受け取りを誰かに委任(依頼)する場合に、 「裏面に記入する暗証番号」を隠すために再利用します。 委任を考えている方は、シールを捨てないように気をつけて下さい。 スポンサーリンク 「ウラ面」で確認すること・記入すること! 2点必要なもの 「1点で良い物」をお持ちでない方は、「 氏名・生年月日の記載された以下の書類」を2点持参しましょう。 各種健康保険の被保険者証• 診察券• 社員証• 学生証• 年金手帳• 各種年金証書• 生活保護受給者証• 敬老優待乗車証• 海技免状• 電気工事士免状• 無線従事者免許証• 動力車操縦者運転免許証• 運航管理者技能検定合格証明書• 猟銃・空気銃所持許可証• 特種電気工事資格者認定証• 認定電気工事従事者認定証• 耐空検査員の証• 航空従事者技能証明書• 宅地建物取引士証• 船員手帳• 戦傷病者手帳• 教習資格認定証• 検定合格証• 住民基本台帳カード(顔写真なし)• 官公署がその職員に対して発行した身分証明書• etc... 必要な物の注意点! 本人が「病気・身体の障害」といったやむを得ない事情により、市役所にお越しになることが難しい場合に限って、「代理人による受け取り」が可能です。 この場合は「必要な物」が少し増えますので、以下をお読みください。 法定代理人が必要なもの• 申請者が「15歳未満」の場合 この場合は、親と子であることを確認するために「」が必要です。 ただし 「申請・受取する場所」と「本籍」が同じ場合は、戸籍謄本は不要です。 また、住民票によって「続柄」が 『世帯主』と『子』になる場合も不要です。 ちなみに「住民票」は、基本的に「マイナンバーカードを受け取る役場」で確認できます。 なぜならマイナンバーカードは、基本的に住民票を置いている役場で交付されるためです。 人気の関連ページ!• 申請者が「成年被後見人」の場合 この場合は、「成年後見登記事項証明書」が必要です。 スポンサーリンク いざ受け取りに!所要時間・暗証番号設定について! 最後のステップです。 交付通知書に書かれた「交付場所」へ、を持参のうえ「受け取り」に行きます。 ただしこれは「自治体の規模」や「曜日」にもよります。 一般的には 月曜日・金曜日は混みやすいので、火曜〜木曜がオススメです。 ちなみに筆者が働いていた役場では、「受付〜受け取り」まで 1時間掛かることもありましたので、時間には余裕を持って行きましょう。 なお次に説明するとおり、窓口では 「暗証番号の設定」が必要となるため、予め決めておきましょう。 暗証番号の設定について マイナンバーカードに付属する「4種類の機能」を使うために、暗証番号を設定します。 1と2の「電子証明書機能」は、申請時に「希望しない」とした場合は搭載されませんので、暗証番号も不要です。 ただしその場合であっても、 3と4の暗証番号の設定は必須です。 顔認証システムを使うことも・・・ 「カードに添付された写真」と「本人」との同一性を確認する必要がある場合は、顔認証システムが使われる場合があります。 これで、全ての工程が完了です。 交付されたマイナンバーカードを、是非有効に活用していきましょう。 人気の関連ページ!• スポンサーリンク 代理人に受け取りを依頼する場合! 本人が「病気・身体の障害」といったやむを得ない事情により、市役所にお越しになることが難しい場合に限って、「代理人による受け取り」が可能です。 この場合は「必要な物」が少し増えますので、「」をお読みください。 受け取り期限はいつまで?過ぎたらどうなる? 既に説明している内容ですが、改めて説明します。 まず受け取り期限は、「交付通知書の裏面」に記載されています。 当分の間はマイナンバーカードを保管されているので、万が一 諸事情等で期日を過ぎてしまったとしても、基本的には交付してもらえます。 ただし、「再通知書」が届いてから約90日が過ぎると 破棄されます。 以下、総務省の通知です。 交付通知書を送付した後申請者が受け取りに来ない個人番号カードの保管について カード交付通知書(督促)を送付する。 この際、 カード交付通知書(督促)を送付した日から90日間を経過しても申請者がマイナンバーカードを受け取りに来なかった場合は、交付取りやめの意思があるとみなし、保管期間経過後廃棄する旨を明示する。 実際に当該期間を経過しても申請者がマイナンバーカードを受け取りに来なかった場合は、交付取りやめの意思があるとして、交付取りやめ処理及びマイナンバーカードの廃棄処理を行う。 引用: そのため、「すでに期限が過ぎている」「督促状が届いている」という状態であれば、早めに取りに行った方が良いです。 スポンサーリンク 土日の受け取りは出来るの? 土日の受け取りについては、自治体により異なります。 たとえば・・・• なお、 「土曜・日曜に受け取る場合には予約が必要」としている所もありますので、その点もしっかりと確認して下さい。 交付通知書(ハガキ)が届かない!という方へ マイナンバーカードの申請処理・カード作成などは、「地方公共団体情報システム機構」という組織が一括で行っています。 そこから各自治体に納品され、納品されると皆さまに「交付通知書」が郵送される仕組みです。 以前は3ヶ月くらい掛かっていましたが、現状は 約1ヶ月〜1ヶ月半ほどで「交付通知書」が送られてくるはずです。 ただし「転送不要」になっているため、 後に郵便の「転送処理」を行った場合は、新しい住所に届きません。 問い合わせ先について 基本的に「マイナンバーカードの交付場所」は、「住民票を届け出ている市区町村」です。 そのため、状況を確認されたい方は「住民登録している市区町村役場」へ連絡してみましょう。 また、住んでいる地域によってはHPで「マイナンバーカード交付状況」が書かれている場合がありますので、気になる方はそちらもチェックしてみましょう。 >> さいごに! マイナンバーカードの「受け取り方法」について説明しました。 基本的には「作るとおトクなカード」です。 申請もめちゃくちゃ簡単なので、まだ申請していない方は以下を参考にして下さい。

次の

マイナンバーカードで25%ポイント還元、2020年9月から

横浜市マイナンバーカード予約

令和元年9月2日より、開設しておりましたマイナポイント予約(マイキーID設定)支援特設窓口にて、マイナポイントの申込支援も実施いたします。 令和2年7月1日から、国の消費活性化策のひとつとして、マイナポイントの申込が開始されました。 マイナポイントの申込手続は、次の3つの手続が必要になります。 1 マイナンバーカードの取得手続。 2 マイナポイント予約(マイキーID設定)手続。 3 マイナポイント申込手続。 この特設窓口では、既にマイナンバーカードをお持ちの方を対象に、専属のスタッフにより、マイナポイント予約(マイキーID設定)からマイナポイントの申込まで支援を行っております。 また、既にマイナポイント予約(マイキーID設定)済の方に対しても、マイナポイントの申込手続を支援いたします。 なお、「マイナンバーカードの読取に対応しているスマートフォン」や「パソコンとICカードリーダー」をお持ちの方につきましては、御自宅でお手続きをすることができます。 詳しくは、総務省のホームページ「マイナポイントの予約・申込方法」を御確認ください。 4 注意点 (1) 事前登録が必要な決済事業者の場合は、事前登録手続きを完了させたうえでお越しください。 (2) 一部の決済サービスでは、決済サービスが提供しているアプリからの申込や店頭申込しか対応しておらず、特設窓口では申込手続が行えない場合があります。 (3) 一部の決済サービスでは、来庁時点で申し込みを開始していない場合もありますので、総務省のホームページ「対象となるサービス一覧」の申込方法欄にある「対応可否」と「申込開始日」を御確認ください。 毎月第4土曜日 8時30分から12時まで お知らせ 令和2年7月23日(木曜日)から7月26日(日曜日)にマイナンバーカード管理システムのメンテナンス作業が全国的に行われます。 令和2年7月25日(土曜日)は土曜開庁に当たりますが、上記作業に伴い、マイナンバーカードに関連した手続(マイナンバーカードの交付、電子証明書の更新手続、マイナンバーカードを使用した住所変更等)をおこなうことができませんので、御注意ください。

次の