潮来 市 コロナ。 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者への支援策

【茨城新聞】潮来祇園祭礼が中止 新型コロナで 8月8日、神事のみ少人数で実施

潮来 市 コロナ

新型コロナウイルスの相談・受診の目安(令和2年5月11日更新) 次の症状がある方は下記を目安に 「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。 これまでの通り、検査については医師が個別に判断します。 帰国者・接触者相談センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 軽症の方が殺到すると、重症の方が必要な治療を受けられない恐れが出てきます。 そうならないために、皆さまのご協力をお願いいたします。 〈通常の風邪症状の場合〉 ・安静・保温・水分補給を行う。 ・体温測定をしながら自宅で療養し経過を見る。 (3月30日現在) なお、本件は千葉県に発生が届け出されたもので、患者発生数は千葉県に計上されます。 市民の皆さまにおかれましては、正確な情報に基づき冷静に対応いただきますようお願いいたします。 新型コロナウイルス感染症とは 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染から発症までの潜伏期間は、 1日~12. 5日(多くは5日~6日)と言われています。 新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。 空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での大人数の会話等には注意が必要です。 飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他人がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで 感染します。 接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえたあと、その手で周りの物に触れるとウイルスが付着します。 他の人がその物を触ると ウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。 主な感染場所…ドアノブ、スイッチ、電車やバスのつり革など 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ重症化するリスクが高いと考えられます。 重症化すると肺炎になり、死亡例も確認されているので注意しましょう。 特に、 高齢者や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。 基本的な感染対策 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、一人一人の咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染対策がとても重要です。 ・まずは手洗いが大切です。 こまめに石けんやアルコール消毒薬などで手を洗いましょう。 ・咳などの症状がある方は、咳エチケットを行ってください。 ・高齢者、基礎疾患のある方は、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 出典:首相官邸HPより 新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」 新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例があります。 新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。 そのためには、一人ひとりの心がけが何より重要です。 具体的には、人と身体的距離をとることによる接触を減らすこと、マスクをすること、手洗いをすることが重要です。 日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただくことで、感染拡大を防ぐことができます。 具体的な内容は下記をご覧ください。 新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭での注意事項 今後、ご家庭などに新型コロナウイルスの感染が疑われる(感染者がいる)場合は、同居のご家族は以下の点にご注意ください。 1.可能な限り部屋を分ける。 2.感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方にする。 3.マスクを使用する。 4.こまめに手洗いをする。 5.定期的に換気をする。 6.取っ手、ノブなどの共用する部分を消毒する。 7.汚れたリネン、衣服を洗濯する。 8.ゴミは密閉して捨てる。 新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために 国内の複数地域では、新型コロナウイルス陽性者が確認されています。 厚生労働省では、感染拡大を防ぐために、下記の集団感染対策を周知しています。 【感染拡大を防ぐために】 国内では、散発的に小規模に複数の患者が発生している例がみられます。 濃厚接触者を中心に感染経路を追跡調査することにより感染拡大を防ぎます。 国内での感染の拡大を最小限に抑えるため、 小規模な患者の集団(クラスター)が次の集団を生み出すことを防止することが重要です。 集団感染の共通点は、特に、 「換気が悪く」「人が密に集まって過ごすような空間」「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。 イベント等の中止・延期について 令和2年2月27日、潮来市新型コロナウイルス感染症対策本部会議にて、潮来市が主催(共催)するイベント等の実施についての基本的な考え方について、下記のとおり決定しました。 (1)屋内での開催で、不特定多数の人が近接することが予測されるイベント等については、中止又は延期とする。 (2)屋外での開催であっても、妊婦や子ども、高齢者が多数集まるイベント等で、不特定多数の人が近接することが予測されるイベント等については、中止又は延期とする。 (3)食事を提供するものについては、中止又は延期とする。 1.参加者への手洗いを推奨する。 2.会場の入口等に手指消毒剤を設置する。 3.発熱等の風邪症状がある方や体調が悪い方には参加の自粛をしてもらう。 4.咳エチケットの徹底をお願いする。 5.屋内でのイベント等では、密閉空間が続かないように、こまめな換気を行う。 新型コロナウイルス感染症防止対策についてのお知らせ(マスク配付)令和2年3月25日 令和2年3月19日に第5回目となる潮来市新型コロナウイルス対策本部会議にて、茨城県内で感染者が連日確認されたことを踏まえ、感染拡大の防止及びマスクが未だに入手困難な状況であることから、医療機関の受診が必要な市内在住の妊婦の方、人工透析患者の方に対してマスクを配付することを決定しました。 詳しくはをご覧ください。 【関連情報】.

次の

潮来保健所/茨城県

潮来 市 コロナ

新型コロナウイルスの相談・受診の目安(令和2年5月11日更新) 次の症状がある方は下記を目安に 「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。 これまでの通り、検査については医師が個別に判断します。 帰国者・接触者相談センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 軽症の方が殺到すると、重症の方が必要な治療を受けられない恐れが出てきます。 そうならないために、皆さまのご協力をお願いいたします。 〈通常の風邪症状の場合〉 ・安静・保温・水分補給を行う。 ・体温測定をしながら自宅で療養し経過を見る。 (3月30日現在) なお、本件は千葉県に発生が届け出されたもので、患者発生数は千葉県に計上されます。 市民の皆さまにおかれましては、正確な情報に基づき冷静に対応いただきますようお願いいたします。 新型コロナウイルス感染症とは 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染から発症までの潜伏期間は、 1日~12. 5日(多くは5日~6日)と言われています。 新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。 空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での大人数の会話等には注意が必要です。 飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他人がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで 感染します。 接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえたあと、その手で周りの物に触れるとウイルスが付着します。 他の人がその物を触ると ウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。 主な感染場所…ドアノブ、スイッチ、電車やバスのつり革など 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ重症化するリスクが高いと考えられます。 重症化すると肺炎になり、死亡例も確認されているので注意しましょう。 特に、 高齢者や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。 基本的な感染対策 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、一人一人の咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染対策がとても重要です。 ・まずは手洗いが大切です。 こまめに石けんやアルコール消毒薬などで手を洗いましょう。 ・咳などの症状がある方は、咳エチケットを行ってください。 ・高齢者、基礎疾患のある方は、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 出典:首相官邸HPより 新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」 新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例があります。 新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染を拡大させないことが不可欠です。 そのためには、一人ひとりの心がけが何より重要です。 具体的には、人と身体的距離をとることによる接触を減らすこと、マスクをすること、手洗いをすることが重要です。 日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただくことで、感染拡大を防ぐことができます。 具体的な内容は下記をご覧ください。 新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭での注意事項 今後、ご家庭などに新型コロナウイルスの感染が疑われる(感染者がいる)場合は、同居のご家族は以下の点にご注意ください。 1.可能な限り部屋を分ける。 2.感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方にする。 3.マスクを使用する。 4.こまめに手洗いをする。 5.定期的に換気をする。 6.取っ手、ノブなどの共用する部分を消毒する。 7.汚れたリネン、衣服を洗濯する。 8.ゴミは密閉して捨てる。 新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために 国内の複数地域では、新型コロナウイルス陽性者が確認されています。 厚生労働省では、感染拡大を防ぐために、下記の集団感染対策を周知しています。 【感染拡大を防ぐために】 国内では、散発的に小規模に複数の患者が発生している例がみられます。 濃厚接触者を中心に感染経路を追跡調査することにより感染拡大を防ぎます。 国内での感染の拡大を最小限に抑えるため、 小規模な患者の集団(クラスター)が次の集団を生み出すことを防止することが重要です。 集団感染の共通点は、特に、 「換気が悪く」「人が密に集まって過ごすような空間」「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。 イベント等の中止・延期について 令和2年2月27日、潮来市新型コロナウイルス感染症対策本部会議にて、潮来市が主催(共催)するイベント等の実施についての基本的な考え方について、下記のとおり決定しました。 (1)屋内での開催で、不特定多数の人が近接することが予測されるイベント等については、中止又は延期とする。 (2)屋外での開催であっても、妊婦や子ども、高齢者が多数集まるイベント等で、不特定多数の人が近接することが予測されるイベント等については、中止又は延期とする。 (3)食事を提供するものについては、中止又は延期とする。 1.参加者への手洗いを推奨する。 2.会場の入口等に手指消毒剤を設置する。 3.発熱等の風邪症状がある方や体調が悪い方には参加の自粛をしてもらう。 4.咳エチケットの徹底をお願いする。 5.屋内でのイベント等では、密閉空間が続かないように、こまめな換気を行う。 新型コロナウイルス感染症防止対策についてのお知らせ(マスク配付)令和2年3月25日 令和2年3月19日に第5回目となる潮来市新型コロナウイルス対策本部会議にて、茨城県内で感染者が連日確認されたことを踏まえ、感染拡大の防止及びマスクが未だに入手困難な状況であることから、医療機関の受診が必要な市内在住の妊婦の方、人工透析患者の方に対してマスクを配付することを決定しました。 詳しくはをご覧ください。 【関連情報】.

次の

【新型コロナ茨城在住の感染者(神栖、潮来、行方)】県内在住者からの実際の感想

潮来 市 コロナ

新型コロナウイルス感染症(対策・相談窓口等)について 新型コロナウイルス感染症患者の県内の発生状況について 3月17日(火曜日)に茨城県内で初の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。 現在,管轄保健所で濃厚接触者の把握を行い,感染拡大防止に努めております。 県民の皆さまは引き続き,咳エチケットや手洗い等の感染対策の徹底を行い健康管理に十分気をつけてください。 詳細についてはをご覧下さい。 人権侵害につながることがないよう,冷静な行動をお願いいたします。 なお,発熱が続くなどの症状がある方は, にご連絡ください。 (参考)コロナウイルスとは 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群ウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群ウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。 最新情報は厚生労働省のホームページをご確認ください• 新型コロナウイルス感染症に関するQ&A• 県民の皆様へ 次の症状がある方は下記を目安に 「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 (これらに該 当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 【ご注意ください】 他の自治体において,新型コロナウイルスに関する情報を記載した保健所を名乗るなりすましメールの送信が確認されています。 茨城県が,県民の皆様へ新型コロナウイルス感染症についてネット上で情報提供する際には,県公式ホームページ及び県公式Twitter のみを利用します。 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 (これらに該 当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 茨城県庁内:受付時間 24時間対応 (土日・祝祭日を含む) 専用電話 直通番号 029-301-3200 / FAX番号 029-301-6341 県内保健所: 受付時間 平日 9時00分~17時00分 保健所名 連絡先 管内市町村 水戸市保健所 029-350-7650 水戸市 中央保健所 029-241-0100 笠間市,小美玉市,茨城町,大洗町,城里町 ひたちなか保健所 029-265-5515 常陸太田市,ひたちなか市,常陸大宮市,那珂市,東海村,大子町 日立保健所 0294-22-4188 日立市,高萩市,北茨城市 潮来保健所 0299-66-2114 鹿嶋市,潮来市,神栖市,行方市,鉾田市 竜ケ崎保健所 0297-62-2161 龍ケ崎市,取手市,牛久市,守谷市,稲敷市,美浦村,阿見町, 河内町,利根町 土浦保健所 029-821-5342 土浦市,石岡市,かすみがうら市 つくば保健所 029-851-9287 常総市,つくば市,つくばみらい市 筑西保健所 0296-24-3911 結城市,下妻市,筑西市,桜川市,八千代町 古河保健所 0280-32-3021 古河市,坂東市,五霞町,境町 各市町村の新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口(主に健康相談に関すること) 厚生労働省でも新型コロナウイルスに係る電話相談窓口を開設しています。 厚生労働省:受付時間 9時00分~21時00分 電話相談窓口:0120-565653 フリーダイヤル) / FAX番号03-3595-2756 聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方は、FAXをご利用いただくか、をご覧ください。 新型コロナウイルス感染症に係る検査について PCR検査について 3月6日から「SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)核酸検出」いわゆる新型コロナウイルスPCR検査が保険適用となりました。 厚生労働省からの通知によると,当面の間,院内感染防止及び検査の精度管理の観点から,帰国者・接触者外来及び帰国者接触者外来と同様の機能を有する医療機関として都道府県が認めた医療機関においてPCR検査を実施することとされております。 このため,保険適用後も従来どおり,一般の医療機関に新型コロナウイルス感染症が疑われる方が受診した場合には,帰国者・接触者外来を受診していただくため,保健所の帰国者・接触者相談センターへ電話で連絡していただき,上記,外来を受診していただくことが原則となります。 検査状況について 医療機関の皆様へ 新型コロナウイルス感染症患者を診察された際には、院内での感染対策を徹底されるとともに、管轄の保健所にご連絡をお願いいたします。 外国語対応について 外国語対応できる医療機関のご案内 外国語診療ツール 医療機関向け 一般の方向け 観光客向け情報 茨城県の対応について 危機管理連絡会議 報道発表資料 ・「新型コロナウイルス感染症におけるクルーズ船患者に関する報道発表資料」についてはをご確認ください。 ・その他,新型コロナウイルス感染症に関連する報道発表資料はをご確認ください。 新型コロナウイルス感染症に関する講演について 令和2年3月1日,新型コロナウイルス感染症について,防衛医科大学校の加來浩器先生にご講演をいただきました。 () 新型コロナウイルス感染症と「こころのケア」について 感染流行や行動制限が続くと、こころに疲れがたまりやすくなります。 こころの不調が続く場合は、無理をせず、茨城県精神保健福祉センターやこころのホットライン等に相談してください。 詳細は以下のページをご参照ください。 手洗い・咳エチケット等の啓発リーフレット にも啓発チラシが掲載されております。

次の