グランプリ シリーズ 出場 選手。 【12/5開幕】女子フィギュア・GPファイナル 日程、放送予定|紀平梨花が連覇に挑む

第33回グランプリ(シリーズ戦含む)出場選手決定

グランプリ シリーズ 出場 選手

国際大会に出るレベルに戻すまで、時間が足りないのかもしれません。 下手にGPSに出場して評価を下げてしまうよりかは、満を持して国際大会に出たほうがいいと思いますので、私もGPシリーズに出ず全日本を目指す方がいいと思います。 そのうえで年明け四大陸、世界選手権に出場できたらそれでよいと思います。 確かにGPシリーズは10月、中部選手権は9月ですが、GPシリーズに出ないのであれば中部選手権から出ないことには年末の全日本には出れません。 (その間でひょっとするとミニマムを取るためにもB級大会には出るかもしれませんが・・・・。 ) 24歳はベテランです。 過度の期待をせずただ彼女の滑りが見れたらそれでいいと思います。 指導を担当している 佐藤信夫コーチが非常に慎重な発言をしたのが理由だと思います。 スポーツ紙報道ですが、リンク先の記事には 佐藤コーチの発言として 「いつごろ(元のレベルに戻れるか)とは、今の私にも言えない」 GPシリーズ出場に関しても 「まだ(ポイントなどの)数字を確認していないし、(練習再開からまだ時間がたっておらず)もう少しやらないと(判断はできない)」 「私としては(GP出場を)急ぐようなことはしたくない。 (今季の)目標としては全日本選手権に焦点を合わせ、可能性があれば世界選手権を目指す」 という発言が紹介されています。 浅田選手は休養に入る直前の最後の競技会が 世界選手権で、 しかもその時の成績は 2回目の世界選手権優勝 と言う結果でした。 これだけの実績を持っている選手が 不十分な準備状態でGPシリーズに出場し、ふがいない結果に終わると言う事は客観的にはあまり見栄えが良くないことかもしれませんし、 何より浅田選手本人が記者会見で発言した【達成感】を味わえる形でも無いでしょう。 しかし、佐藤コーチが「全日本選手権出場」を目標として挙げている以上、 全日本選手権出場に必要な最低限の試合をこなす必要性はあります。 ですので国内予選からの勝ち上がりによって全日本選手権出場を目指す場合、として中部選手権という憶測が出てきたのだろうと考えられます。 個人的には、佐藤コーチがもう一つ「可能性があれば世界選手権を目指す」 という言葉も出していますので、 その場合に必要なミニマム・スコア獲得を考えるのであれば、 全日本選手権出場のための国内戦を免除される日程で開催される、ヨーロッパ地域の小規模国際大会あたりの出場の可能性のほうが高いのでは?という気もします。 これは、やはりブランクを経たのちに競技に復帰した、鈴木明子さん、安藤美姫さん、キム・ヨナさんや、カロリーナ・コストナー選手が選んだ前例のあるやり方でもありますし、 (中部選手権や西日本選手権などに今の浅田真央選手が出場となると、観客やマスコミが殺到し、通常の試合の雰囲気とはかけ離れた状態になってしまう恐れもありますから・・・).

次の

フィギュアスケートのシーズンはいつから?開始から流れを紹介 [フィギュアスケート] All About

グランプリ シリーズ 出場 選手

あと2ヵ月に迫った「平昌オリンピックのメダルを占う」世界一決定戦 平昌オリンピックまで残り2ヵ月と迫った中で争われる世界一決定戦とあって、 この大会は「平昌オリンピックのメダルを占う」重要な戦いになる。 4年前に行われた2013年のグランプリファイナルでは、 羽生結弦が世界選手権3連覇中だった絶対王者のパトリック・チャンを破り、金メダル。 初めて世界一の称号を手にすると、その勢いのままソチ五輪でも金メダルを獲得し、五輪王者となった。 今大会は誰が勝っても初の世界一となる中、平昌オリンピックの金メダル争いの行方にも大きく左右するGPファイナルを勝ち抜くのは誰になるのか!? 宇野昌磨が生まれ育った地元・名古屋で初の世界一へ! 宇野 昌磨 Shoma UNO (日本) 昨シーズンのGPファイナルでは銅メダル、世界選手権では銀メダルと確実に 世界大会で結果を残し、世界ランキングも2位に浮上。 羽生結弦に次ぐ、 世界ナンバー2にまで上り詰めた 宇野昌磨。 今シーズンは初戦のロンバルディア杯でショートとフリー共に、自己ベストを更新すると、GPシリーズ初戦となったカナダ大会ではトータル300点越えで圧勝。 5試合連続で300点超えを果たすなど、 300点の大台突破がわずか5人しかいない中、異次元のレベルで抜群の安定感を誇っている。 今シーズンも4種類目の4回転ジャンプとなる「4回転サルコウ」に成功するなど、着実に進化を遂げてきた 宇野昌磨が地元・名古屋で行われるGPファイナルで初の世界一を狙う! 複数の4回転ジャンプが求められる「4回転バトル」を制するのは!? セルゲイ・ボロノフ Sergei VORONOV (ロシア) 羽生結弦が怪我で欠場したNHK杯で優勝したのが、ロシアの セルゲイ・ボロノフ。 解説の織田信成さんと同じ1987年生まれの30歳。 10代、20代前半の若い選手が、 台頭しているフィギュアスケートという競技において、驚異の年齢での優勝といえる。 しかも、 グランプリシリーズ参戦12シーズン目での初優勝であり、 男子シングルではGPシリーズ最年長優勝の快挙である! 4年ぶりのGPファイナルで、 30歳のベテランが驚異の進化を見せる! 世界女王メドベデワが欠場で金メダル争いは大混戦! 平昌五輪の金メダル最有力候補である世界女王が、右中足骨骨折によりGPファイナルを欠場。 昨シーズンから無敗を誇る世界女王の欠場により、金メダル争いは史上稀にみる大混戦に。 世界選手権銀メダルのや、ソチ五輪銅メダリストのコストナー。 さらにジュニアで世界一に輝いてきたザギトワやなど、ロシアの新世代が勝ち上がってきた。 日本からは2試合とも表彰台に上がった樋口新葉が、初のGPファイナル出場。 さらに、怪我から復活を遂げた日本女子のエース宮原知子がメドベデワの欠場による繰り上げ出場が決まった。 宮原知子、樋口新葉ともにメダル争いはもちろんのこと、金メダルの可能性も十分ある! 五輪出場「2」枠を争う熾烈な戦い。 一歩リードするのは樋口か宮原か!? オリンピックの 出場枠「2」枠をかけた熾烈な代表争いが繰り広げられている日本女子。 そんな中で迎える今年のGPファイナルの戦いは、非常に重要な意味を持つことになる。 GPシリーズを勝ち抜いた世界トップ6だけで世界一を争うGPファイナルで結果を残せば、 オリンピックの代表争いで大きなアドバンテージとなる。 果たして、平昌オリンピックまで2ヵ月に迫った中で、 五輪代表争いで一歩リードするのは樋口新葉か宮原知子か!? 今シーズン絶好調!樋口新葉が初のファイナルで世界の頂点を狙う! 宮原 知子 Satoko MIYAHARA (日本) GPシリーズ最終戦アメリカ大会で優勝を果たし、怪我からの復活を遂げたのが、 日本女子のエース、 宮原知子19歳。 左股関節の疲労骨折により、昨シーズンの後半を棒に振るなど長期の離脱。 約11ヵ月ぶりの復帰戦となったNHK杯では、ジャンプの回転不足などもあり5位に終わったが、その2週間後のアメリカ大会では見事優勝し、 完全復活を印象付けた。 世界女王メドベデワの欠場で巡ってきたGPファイナル。 平昌オリンピック出場に照準をあわせ、見事帰ってきた 日本女子のエース宮原知子が2年連続で銀メダルに輝いている GPファイナルで、悲願の金メダルなるか!? 五輪シーズンに現れた「フィギュア王国」ロシアの超新星 アリーナ・ザギトワ Alina ZAGITOVA (ロシア) 昨シーズンジュニアで圧倒的な強さを誇った世界ジュニア女王 ザギトワ15歳。 今シーズン、シニアデビューを果たすと、いきなりグランプリシリーズ2連勝でGPファイナル進出を決めた。 今年も去年のジュニアGPファイナルで金メダルに輝いたザギトワが出場を果たしている。 今年のジュニアGPファイナルは、日本から女子は紀平梨花、男子は須本光希が出場。 ジュニアの頂点を目指す!果たして、羽生結弦、宇野昌磨に続く、ジュニアチャンピオンが生まれるのか!?ジュニアの戦いからも目が離せない! 【ジュニアGPファイナル 優勝者】 女子シングル 男子シングル 2013年大会(福岡) ソツコワ(ロシア) 金博洋(中国) 2014年大会(バルセロナ) メドベデワ(ロシア) 宇野昌磨(日本) 2015年大会(バルセロナ) ツルスカヤ(ロシア) ネイサン・チェン(アメリカ) 2016年大会(マルセイユ) ザギトワ(ロシア) アリエフ(ロシア) 伊藤みどり、浅田真央の系譜継ぐ 「トリプルアクセル」紀平梨花15歳 紀平 梨花 Rika KIHIRA (日本) 去年9月のジュニアGPシリーズ・スロベニア大会で、 女子7人目となる「トリプルアクセル」に成功した紀平梨花15歳。 今年2月の全大阪選手権では、非公認のローカル大会ながら、 「トリプルアクセル-3回転トウループー2回転トウループ」に成功すると、11月の西日本選手権では、 フリーで浅田真央以来となる2本のトリプルアクセルに成功を果たした。 11月末に行われた全日本ジュニア選手権では、冒頭で「トリプルアクセルー3回転トウループー2回転トウループ」の高難度の連続ジャンプを成功させると、2本目にトリプルアクセルを単発で決め、フリーで2本のトリプルアクセルに成功!ショート6位からの大逆転優勝を果たした。 世界屈指のトリプルアクセルジャンパーがジュニアGPファイナル金メダルを目指す! 対するはフィギュア王国ロシア勢!注目は、「4回転ジャンパー」トゥルソワ13歳.

次の

フィギュアスケートのシーズンはいつから?開始から流れを紹介 [フィギュアスケート] All About

グランプリ シリーズ 出場 選手

あと2ヵ月に迫った「平昌オリンピックのメダルを占う」世界一決定戦 平昌オリンピックまで残り2ヵ月と迫った中で争われる世界一決定戦とあって、 この大会は「平昌オリンピックのメダルを占う」重要な戦いになる。 4年前に行われた2013年のグランプリファイナルでは、 羽生結弦が世界選手権3連覇中だった絶対王者のパトリック・チャンを破り、金メダル。 初めて世界一の称号を手にすると、その勢いのままソチ五輪でも金メダルを獲得し、五輪王者となった。 今大会は誰が勝っても初の世界一となる中、平昌オリンピックの金メダル争いの行方にも大きく左右するGPファイナルを勝ち抜くのは誰になるのか!? 宇野昌磨が生まれ育った地元・名古屋で初の世界一へ! 宇野 昌磨 Shoma UNO (日本) 昨シーズンのGPファイナルでは銅メダル、世界選手権では銀メダルと確実に 世界大会で結果を残し、世界ランキングも2位に浮上。 羽生結弦に次ぐ、 世界ナンバー2にまで上り詰めた 宇野昌磨。 今シーズンは初戦のロンバルディア杯でショートとフリー共に、自己ベストを更新すると、GPシリーズ初戦となったカナダ大会ではトータル300点越えで圧勝。 5試合連続で300点超えを果たすなど、 300点の大台突破がわずか5人しかいない中、異次元のレベルで抜群の安定感を誇っている。 今シーズンも4種類目の4回転ジャンプとなる「4回転サルコウ」に成功するなど、着実に進化を遂げてきた 宇野昌磨が地元・名古屋で行われるGPファイナルで初の世界一を狙う! 複数の4回転ジャンプが求められる「4回転バトル」を制するのは!? セルゲイ・ボロノフ Sergei VORONOV (ロシア) 羽生結弦が怪我で欠場したNHK杯で優勝したのが、ロシアの セルゲイ・ボロノフ。 解説の織田信成さんと同じ1987年生まれの30歳。 10代、20代前半の若い選手が、 台頭しているフィギュアスケートという競技において、驚異の年齢での優勝といえる。 しかも、 グランプリシリーズ参戦12シーズン目での初優勝であり、 男子シングルではGPシリーズ最年長優勝の快挙である! 4年ぶりのGPファイナルで、 30歳のベテランが驚異の進化を見せる! 世界女王メドベデワが欠場で金メダル争いは大混戦! 平昌五輪の金メダル最有力候補である世界女王が、右中足骨骨折によりGPファイナルを欠場。 昨シーズンから無敗を誇る世界女王の欠場により、金メダル争いは史上稀にみる大混戦に。 世界選手権銀メダルのや、ソチ五輪銅メダリストのコストナー。 さらにジュニアで世界一に輝いてきたザギトワやなど、ロシアの新世代が勝ち上がってきた。 日本からは2試合とも表彰台に上がった樋口新葉が、初のGPファイナル出場。 さらに、怪我から復活を遂げた日本女子のエース宮原知子がメドベデワの欠場による繰り上げ出場が決まった。 宮原知子、樋口新葉ともにメダル争いはもちろんのこと、金メダルの可能性も十分ある! 五輪出場「2」枠を争う熾烈な戦い。 一歩リードするのは樋口か宮原か!? オリンピックの 出場枠「2」枠をかけた熾烈な代表争いが繰り広げられている日本女子。 そんな中で迎える今年のGPファイナルの戦いは、非常に重要な意味を持つことになる。 GPシリーズを勝ち抜いた世界トップ6だけで世界一を争うGPファイナルで結果を残せば、 オリンピックの代表争いで大きなアドバンテージとなる。 果たして、平昌オリンピックまで2ヵ月に迫った中で、 五輪代表争いで一歩リードするのは樋口新葉か宮原知子か!? 今シーズン絶好調!樋口新葉が初のファイナルで世界の頂点を狙う! 宮原 知子 Satoko MIYAHARA (日本) GPシリーズ最終戦アメリカ大会で優勝を果たし、怪我からの復活を遂げたのが、 日本女子のエース、 宮原知子19歳。 左股関節の疲労骨折により、昨シーズンの後半を棒に振るなど長期の離脱。 約11ヵ月ぶりの復帰戦となったNHK杯では、ジャンプの回転不足などもあり5位に終わったが、その2週間後のアメリカ大会では見事優勝し、 完全復活を印象付けた。 世界女王メドベデワの欠場で巡ってきたGPファイナル。 平昌オリンピック出場に照準をあわせ、見事帰ってきた 日本女子のエース宮原知子が2年連続で銀メダルに輝いている GPファイナルで、悲願の金メダルなるか!? 五輪シーズンに現れた「フィギュア王国」ロシアの超新星 アリーナ・ザギトワ Alina ZAGITOVA (ロシア) 昨シーズンジュニアで圧倒的な強さを誇った世界ジュニア女王 ザギトワ15歳。 今シーズン、シニアデビューを果たすと、いきなりグランプリシリーズ2連勝でGPファイナル進出を決めた。 今年も去年のジュニアGPファイナルで金メダルに輝いたザギトワが出場を果たしている。 今年のジュニアGPファイナルは、日本から女子は紀平梨花、男子は須本光希が出場。 ジュニアの頂点を目指す!果たして、羽生結弦、宇野昌磨に続く、ジュニアチャンピオンが生まれるのか!?ジュニアの戦いからも目が離せない! 【ジュニアGPファイナル 優勝者】 女子シングル 男子シングル 2013年大会(福岡) ソツコワ(ロシア) 金博洋(中国) 2014年大会(バルセロナ) メドベデワ(ロシア) 宇野昌磨(日本) 2015年大会(バルセロナ) ツルスカヤ(ロシア) ネイサン・チェン(アメリカ) 2016年大会(マルセイユ) ザギトワ(ロシア) アリエフ(ロシア) 伊藤みどり、浅田真央の系譜継ぐ 「トリプルアクセル」紀平梨花15歳 紀平 梨花 Rika KIHIRA (日本) 去年9月のジュニアGPシリーズ・スロベニア大会で、 女子7人目となる「トリプルアクセル」に成功した紀平梨花15歳。 今年2月の全大阪選手権では、非公認のローカル大会ながら、 「トリプルアクセル-3回転トウループー2回転トウループ」に成功すると、11月の西日本選手権では、 フリーで浅田真央以来となる2本のトリプルアクセルに成功を果たした。 11月末に行われた全日本ジュニア選手権では、冒頭で「トリプルアクセルー3回転トウループー2回転トウループ」の高難度の連続ジャンプを成功させると、2本目にトリプルアクセルを単発で決め、フリーで2本のトリプルアクセルに成功!ショート6位からの大逆転優勝を果たした。 世界屈指のトリプルアクセルジャンパーがジュニアGPファイナル金メダルを目指す! 対するはフィギュア王国ロシア勢!注目は、「4回転ジャンパー」トゥルソワ13歳.

次の