挨拶文コロナ。 新型コロナの影響による取引先様へ返信・お見舞い等のメール文例集(テンプレート)

手紙の書き方について。この時期の時候の挨拶はどのようなものを選べば無...

挨拶文コロナ

石屋製菓(本社・札幌市西区)が、6月15日(月)~25日(木)までオンライン特設サイトで抽選販売を行った『白い恋人しあわせBOX』。 総額1万800円(税込み)相当の「白い恋人」が送料無料の5400円(同)になるとあって多くの申し込みがあったが、28日頃から当選者にBOXが冷蔵便で届き始めた。 (写真は、『白い恋人しあわせBOX』の中身) 届いたBOXの中身は、「白い恋人」のホワイト24枚入り、18枚入り、ホワイト・ブラックの計24枚入り、新千歳空港限定缶のホワイト50枚・ブラック20枚入り、グランマイスターウエハース、キャンディチョコレートのほか、ホワイト3枚入りのおまけも付いている。 BOXには「ご購入いただいたお客様へ」と題した挨拶文も添えられているが、そこには感動的なフレーズが入っている。 一部をそのまま掲載する。 《お届けしました商品は、北海道がまだ雪に包まれていた頃に製造した「白い恋人」です。 今は、花と緑にあふれる美しい季節。 いつもなら、観光のお客様でにぎわうのですが、残念ながら、まだ「ぜひ北海道へ」と皆様をお迎えできる状況ではございません。 そして、旅立ちの日を待っていた「白い恋人」も、賞味期限が近くなってきてしまいました。 小麦、砂糖、卵に牛乳。 生産者様の顔を思い浮かべると、まだ食べられるお菓子を、私たちは簡単に捨てられません。 しあわせな時間のおともにと、心をこめて作った商品。 おしいくお召し上がりくださるお客様がいらっしゃるならば、お届けしたい。 まだ、食べられるお菓子を、大切にしたい。 そういう想いに、私たちは至りました。 (中略)また旅を楽しめるようになる頃、今度は北海道の思い出に「白い恋人」をお選びいただけると嬉しいです》 『白い恋人しあわせBOX』に込められた石屋製菓のメッセージは、商品とともに心に響いてくる。 コロナ下でも菓子メーカーの矜持を忘れない姿勢が伝わってくる。

次の

コロナ禍の使い方【挨拶文】いつから広まった?読み方や意味を解説

挨拶文コロナ

手紙の書き出しのポイント 1. 相手をよく考える ・手紙を出す相手とあなたとの関係を考えます。 親しい相手なのか、目上の相手なのか、ビジネスの相手なのかを良く考えて書きます。 先方の状況を推し量る ・現在の相手の状況を考えてみます。 例えば、幸せ、元気、健康、闘病中、超多忙、活躍している、暇を持て余している、大変な困難に遭遇している、寂しい、不安、など。 ・上記のうち、もしも先方がコロナウィルス感染症に感染して闘病中の場合には、入院中であったり、感染予防の観点から手紙のやり取りが難しい場合などがあります。 できれば患者本人やその家族に対しては手紙は避け、どうしても連絡を取りたい場合にはメールや電話を使うようにしましょう。 季節を考える ・季節についてふれるのが手紙の書き出しの慣例となっています。 手紙の書き出し 1. 頭語(とうご) ・頭語とは、手紙を書く時に冒頭に用いられる言葉をさします。 例えば「拝啓」「拝復」「謹啓」「前略」など。 ・頭語は、 必ず、決まった結語とペアになっています。 例えば「拝啓」で書きはじめる場合は結語「敬具」で結ぶのが決まりです。 代表的な頭語と結語のペアには以下のようなものがあります。 ・頭語を用いるのが手紙の正式なマナーですが、文章が堅苦しくなるので、親しい相手や子どもにあてた手紙の場合などには、省略しても構いません。 このほかに「頭語」「結語」のペアはこちらのページ 手紙の書き出し 2. 時候の挨拶 (じこうのあいさつ) 冒頭に「頭語」を書き、続いて自分の言葉で季節感を述べます。 これを「時候の挨拶」と言います。 頭語のあと一文字あけて続けて書くか、または改行して次の行の上一文字下げて書きます。 時候の挨拶の例 ( 下記を参考に、時候の挨拶は自分の言葉で) 1月 厳寒の侯 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 余寒の侯 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 早春の侯 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 陽春の侯 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 5月 新緑の侯 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 梅雨の侯 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 盛夏の侯 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 残暑の侯 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 9月 初秋の侯 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 10月 秋冷の侯 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 晩秋の侯 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 初冬の侯 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。

次の

コロナ下、『白い恋人しあわせBOX』の感動的すぎる挨拶文

挨拶文コロナ

手紙の書き出しのポイント 1. 相手をよく考える ・手紙を出す相手とあなたとの関係を考えます。 親しい相手なのか、目上の相手なのか、ビジネスの相手なのかを良く考えて書きます。 先方の状況を推し量る ・現在の相手の状況を考えてみます。 例えば、幸せ、元気、健康、闘病中、超多忙、活躍している、暇を持て余している、大変な困難に遭遇している、寂しい、不安、など。 ・上記のうち、もしも先方がコロナウィルス感染症に感染して闘病中の場合には、入院中であったり、感染予防の観点から手紙のやり取りが難しい場合などがあります。 できれば患者本人やその家族に対しては手紙は避け、どうしても連絡を取りたい場合にはメールや電話を使うようにしましょう。 季節を考える ・季節についてふれるのが手紙の書き出しの慣例となっています。 手紙の書き出し 1. 頭語(とうご) ・頭語とは、手紙を書く時に冒頭に用いられる言葉をさします。 例えば「拝啓」「拝復」「謹啓」「前略」など。 ・頭語は、 必ず、決まった結語とペアになっています。 例えば「拝啓」で書きはじめる場合は結語「敬具」で結ぶのが決まりです。 代表的な頭語と結語のペアには以下のようなものがあります。 ・頭語を用いるのが手紙の正式なマナーですが、文章が堅苦しくなるので、親しい相手や子どもにあてた手紙の場合などには、省略しても構いません。 このほかに「頭語」「結語」のペアはこちらのページ 手紙の書き出し 2. 時候の挨拶 (じこうのあいさつ) 冒頭に「頭語」を書き、続いて自分の言葉で季節感を述べます。 これを「時候の挨拶」と言います。 頭語のあと一文字あけて続けて書くか、または改行して次の行の上一文字下げて書きます。 時候の挨拶の例 ( 下記を参考に、時候の挨拶は自分の言葉で) 1月 厳寒の侯 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 余寒の侯 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 早春の侯 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 陽春の侯 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 5月 新緑の侯 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 梅雨の侯 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 盛夏の侯 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 残暑の侯 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 9月 初秋の侯 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 10月 秋冷の侯 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 晩秋の侯 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 初冬の侯 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。

次の