ダッヂ チャレンジャー。 新車カタログ・価格

ダッジ・チャレンジャー

ダッヂ チャレンジャー

このコンセプトカーはBプラットフォーム(インターミディエイト)を使用したダッジ・ポラーラがベースであり、それをロードスタースタイルにしたものであった。 翌1965年には市販モデルに近い状態にブラッシュアップされた「チャージャーII」を発表する。 これらのコンセプトカーを経た後、ダッジ販売店側からの要望を調整し、チャージャーはに発売された。 販売後そのパワーが市場に受け、大ヒットを果たす。 だが1970年代に入るとの影響を受け大幅なパワーダウンを果たし、その際モデルが2系統に分離する。 その後何度もボディデザインの変更が行われ、デビュー当初から大幅にスタイルが変わっていった。 1980年代には2代目がデビューするが、初代とはうって変わってFFベースのサブコンパクトであるダッジ・オムニの上級グレードとして設定され、かつて隆盛を誇ったマッスルカーのイメージは無くなる。 その後1987年に生産を終了、しばらくチャージャーの名は表舞台から姿を消すこととなる。 しかし1999年に突如コンセプトモデルとして復活、その後2005年から4ドアセダンとなり市販されるに至った。 セダンのをベースに2ドアファストバックのボディを架装したものである。 全グレードでエンジンを搭載しており、最上級モデルには426エンジンを積むストリートバージョンが設定された。 このモデルは400馬力を超えるパワーを持ち、停止状態から時速60マイル(約96km)まで6秒弱で加速するという、当時としては強烈なパワーを誇った。 独特な外装が与えられたモデルで、現在でもチャージャーの代名詞的存在として人気が高い。 にはのベース車がコロネットから本車に切り替えられた。 強力なエンジンを積んだチャージャーはレース関係者の目にも留まり、などでの使用を意識したモデルチェンジがなされるようになる(当時、NASCARは本当の意味でストックカーレースであった)。 特にに登場した チャージャー500はレース指向が強く、これをベースにダッジ・チャージャー・デイトナ(及び兄弟車のプリマス・スーパーバード)が発売された。 これらのモデルがダッジにおいて現代まで受け継がれている「レースと市販車の距離が近い」というイメージを決定づけて行く。 初代チャージャーはモデルチェンジを繰り返しながら1978年まで生産された。 なお、この初代チャージャーはが主演した1968年の映画『』にも登場、マックイーンが運転するマスタングGT390とカーチェイスを演じているほか、1979年のアメリカのTVシリーズ『』では主人公の愛車「」として登場、さらに2001年に公開された映画『』では主人公の一人であるの愛車としても登場し、映画・TVでのカーチェイス場面で多く使用された。 モァパワーの象徴であったチャージャーであるが、それが続いたのも1960年代までで、1970年代に入るとによる影響で、チャージャーはからにかけて大幅なパワーダウンを余儀なくされた。 かつては400馬力を誇ったパワーは140馬力へと大幅にパワーダウンされ、ボディーデザインもそれにあわせて段階的に変更された。 さらに1975年からはチャージャーはベーシック系「チャージャー」や「チャージャー・スポーツ」とラグジュアリー系「チャージャー・SE」が完全に差別化されたことにより、同名車種を冠しながら2種類のモデルへと分かれる。 ベーシック系のチャージャー、チャージャー・スポーツは姉妹車であるダッジ・コロネットとほぼ同一デザインとなり、エンブレムなどが違う程度のものであった(コロネットは1971年から4ドアのみの販売であったが1975年に2ドアが復活している)。 一方、ラグジュアリー系のチャージャー・SEは、それまでがチャージャーの通常モデルに豪華装備を増やしただけであったのに対し、からは同一プラットフォームではあるがデザインは全く異なり、さながら別の車のようであった。 ただ、チャージャー・SEは同じくして姉妹車として同時に販売開始されたと姉妹車の関係にあった。 、オイルショックからの一時的な抜け出しが果たされ、クライスラー・プリマス・ダッジの大型車販売が伸びたため、ベーシックなチャージャー/チャージャースポーツの販売は終了する。 これらの後継車は、新しく開発されたMプラットフォームを使用したダッジ・ディプロマットとなった。 ベーシックモデルが生産終了となった後もチャージャーSEは生産を継続し、にはチャージャーSEをベースにダッジ・チャージャー・デイトナの名前が復活する。 チャージャー・デイトナの名前は1969年以来であった。 オイルショックはの影響からは脱却しつつあったものの、再来を恐れたためかつてのチャージャー・デイトナのようにロングノーズ、ビッグウィング、ハイパフォーマンスV8などは使われなかった。 ボディーには大きなストライプが飾られ、サイドに「Charger Daytona」の文字が飾られた。 、チャージャーSEは生産終了する。 チャージャーSEの後継モデルは、同じB-Bodyを使用したであった。 なお、からまで、ダートのスペシャル・オプション・パッケージのハードトップ版が、チャージャーの名での現地法人で生産されていたことがあった。 また、1970年代のチャージャーの生産台数はわずか5万台ほどと少ない。 そのためするには交換用パーツが少なく、非常に困難な車の一つとなっている。 製造国 販売期間 1982年—1987年 4名 3ドアハッチバック 2. 翌、オムニの文字が外れ、単にチャージャーと言う名称となった。 先代モデルとはうって変わって本モデルはFRではなくオムニと同じくFFレイアウトのLプラットフォームを使用していたため、サブコンパクトのジャンルに入っており、パワーも大きく縮小していた。 またボディースタイルはオムニ024と基本的に同一であったが、デザインは差別化が図られており、特にフェイス周りはまったく異なっていた。 なお、プリムス・ツーリスモ・ダスターとは姉妹車である。 ラインナップはベースモデルであるチャージャー、チャージャー2. 2、そして、がチューンした"ダッジ・シェルビーチャージャー"というモデルが存在した。 「シェルビーチャージャー」は通常モデルのスポーツパッケージという位置付けで、スタイルが専用のものへと変わり、エンジンのパワーは107馬力まで引き上げられ、サスペンションは通常よりハードなものへと変更し、マニュアルミッションのギア比も見直された。 なお、シェルビーチャージャーのATモデルはオプション扱いであった。 、がシェルビーチャージャーをベースにさらにチューンを施したホットモデル"シェルビー・GLHS"が販売された。 GLHSは専用のシェルビー・エンブレムが施され、グランドエフェクトが変更されたことでスタイルがさらに大きく変わり、ターボチャージャーを搭載したことで175馬力までパワーが引き上げられた。 にプラットフォームを共有すると一本化され、生産が終了となる。 製造国 販売期間 2005年— 5名 4ドアセダン 6. ボディはドアの数こそ違えど第一世代モデルを髣髴とさせる大柄な物で、搭載するエンジンはハイパワーな設定で、往年のアメリカンマッスルカーの復活を思わせる車に仕上がっている。 シャーシは、、と共用のを使用している。 SEからは外装が変化し、5. 7リットルのV8ヘミエンジン(350馬力)を搭載、ホイールは20インチクロームが宛がわれた。 また2005年のニューヨーク国際オートショーにて、SRT-8というモデルも登場した。 SRTとは「ストリート・アンド・レーシングテクノロジー」の略称で、クライスラーのハイパフォーマンスカー開発プロジェクトのことである。 1リットル、431馬力のHEMIエンジンが奢られ、ブレンボのブレーキを採用しており、パフォーマンスは往年のマッスルカーを大きく凌ぐ。 さらに2009年にはSRT-8をベースとしたチャージャー・スーパービーの名前を持つモデルが登場、1000台限定で販売された。 なお、チャージャーはフォーミュラD アメリカ版プロドリフト選手権 にも参戦しており、スウェーデン人ドライバーのサミュエル・ヒュビネットにより、2006年後半からチャージャーをベースとしたドリフト車がデビューした。 FRで大排気量エンジン搭載かつ自然吸気でも500馬力を誇っている。 本モデルから日本へも正式に導入されているが、にクライスラーがを申請した事によりモデルの導入そのものが凍結されてしまい、2014年現在に至っても導入は未定のままである。 2012年モデルから大規模なフェイスリフトが行われ、フロントライト、リアライトの意匠が変更となり、に似た物に変更された。 また2015年には再び大規模なフェイスリフトが行われ、より洗練されたボディへと変更された。 ミシガン州警察 このモデルにはがある(参照)。 エンジンは5. 7リットルのV8ヘミエンジンと、3. 5LのV6。 基本的には民間用のものと共通しているが、無線機や端末などをセンターコンソール部分に設置するため、シフトレバーがコラムシフトになっているなどが異なる。 国内のいくつかの警察、保安官、ハイウェイパトロールにおいて、捜査用や警邏用車両としての採用実績がある。 2006年8月、アメリカ最大の警察機関である NYPD が15台を試験的に導入した。 2011年モデルは大幅な変更が行われた。 外観では、テールライトがに似た横長のものになり、ヘッドライトの意匠も変えられた。 機構ではV6の排気量が100cc増の3600ccになり、またV6とV8共にがつけられ、いずれも出力が向上している。 日本への導入 [ ] 6月30日にダイムラー・クライスラー日本(当時・現在は クライスラー日本)が、ダッジ・ブランドの再導入に併せて、第3世代が日本としては初めての導入となった。 導入時のグレードは最上位のSRT-8のみで、左ハンドル仕様での導入となった。 初年度の輸入台数が少なかったせいか早期完売となり、販売市場の要望により同年12月26日に2008年モデルが導入する形となった。 脚注 [ ] []• 同じグレードを持つ姉妹車のは右ハンドル仕様のみだったが、モデルにおいて廃止となった。 300Cでは、5. 7リットルのV8モデルの相当になり、こちらでは右・左どちらかのハンドルが選べたが、こちらも2010年モデルでは右ハンドル車が廃止となった。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

ダッジ・チャレンジャー

ダッヂ チャレンジャー

1973年 ダッジ・チャレンジャー・ラリー 最初のチャレンジャーであるモデルは、ポニーカー 1964年型に代表される手ごろな価格でコンパクトかつスポーツ走行が可能なスタイリッシュな車 市場に参入したモデルとしては後発であった。 のE-ボディをベースとして、ホイールベースを延長し、外装の薄板ボディへの変更など、大胆な変更が成されている。 ボディ・デザインは型をデザインしたカール・キャメロンが行った。 1970年モデルのグリル・デザインは、彼がタービン・エンジンを搭載することを想定した1966年型チャージャーのとしておこしたものであるが、チャレンジャーに搭載されることもなかった。 しかし、チャレンジャーは大衆には大いに受け入れられ、1970年には8万台のセールスを記録した。 この時期には既に、ポニー・カー市場は下降傾向にあるというメディアの批評もある中、以降のセールスは振るわなかったものの、生産はモデルまで5年間継続され、トータル16万5千台を越えるセールスを記録した。 も同じであった が存在し、約2500台が販売された。 エンジンは340をベースにつくられた340+6 340シックスパック を搭載していた。 オプションでのエンジン変更は用意されず、この340+6のみであった。 こちらもトランザムレースの出場車でホモロゲーションとして販売された。 こちらのAARクーダは1971年にという名前で似たようなものが販売された。 2代目(1978-1983年) [ ] に復活したチャレンジャーは、初期型が全米向けに販売されたものであり、コンクエスト()とが発売されるにまで販売された。 第2世代チャレンジャーはで、その動力性能は初代チャレンジャーのパフォーマンスと比較すると非力なものであった。 3代目(2008年- ) [ ] ダッジ・チャレンジャー 販売期間 - 2ドア 3. 5 L SOHC V6 2009—2010 3. 6 L 220 cu in V6 2011-現在 5. 7 L 345 cu in HEMI V8 2009—現在 6. 1 L 370 cu in HEMI V8 2008—2010 6. 同社ののを使用している。 当該モデルはLXプラットフォームに6100ccL型エンジンを搭載したもので、そのスタイリングも1970年モデルを彷彿させるデザインが採用されている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

2020ダッジ チャレンジャー(DODGE CHALLENGER)

ダッヂ チャレンジャー

6L V6 24 バルブ VVT 305 HP 5. 7L V8 HEMI VVT 375 HP 392 V8 SRT HEMI 485 HP 6. 2L スーパーチャージッド HEMI V8 SRT 717 HP 6. 7 RWD 7. 4 AWD 6. 8 5. 8 5. 4 インチディスプレイ付き Uconnect 4C ナビ OP 8. 4 インチディスプレイ付き Uconnect 4C ナビ OP 8. 4 インチディスプレイ付き Uconnect 4C ナビ OP 8. 4 インチディスプレイ付き Uconnect 4C ナビ OP 8. 4 インチディスプレイ付き Uconnect 4C ナビ OP 8.

次の