ここ に は 誰 も いない。 誰もいない2階から足音

ホームセンターいない 171オンラインショップ

ここ に は 誰 も いない

その日、朝起きたのが10時だった。 「もう、10時か・・・」 大学は9時半から始まるのだが、 いつも少し遅刻して行く自分は 焦ることはなかった。 ちなみに俺の家から大学まで、 3分ぐらいで着く距離。 朝の朝食 (前日の残り物)を食べ、 ダラダラと支度をしてたので、 結局、大学についたのが10時24分。 大学の中に、人は全くいなかった。 というか、ゼロの状態。 自分は「皆、授業にちゃんと出てて偉いな」、 そんなことを思っていた。 それで、自分は教室に向かった。 教室に着き、中に入ってみると、 誰もいない。 「あれ?もしかして教室間違えた?」 と思い、紙で確認したらやっぱり、 今日の講義がある教室。 おかしいなと思い、 部屋を出ようとした瞬間に 携帯が鳴った。 ここからが一番不思議なことなんだけど、 その携帯の表示が、 『NOBODY』 って英字で書かれてる。 こんな英字とかって、 絶対に表示されませんよね? 俺はこの時、何を思ったか 電話に出てしまった。 「はい、もしも・・・」 と言った瞬間に、 『お前、何でここにいるんだ!!』 オッサンの声だった。 「あなた誰です?」 『そんなことはどうでも良い! どうやってここに入ってきた!』 「はい?あなた何を言ってるんですか?」 『外を見て見ろ!』 「いたずら電話は止めてください!」 と言い、俺は電話を切った。 しかし、少し気になり、 2階の教室のベランダから外を見た。 すると、教室から 大学のグランドが見える。 その中央に、 オッサンが立っているのが見えた。 よくよく見ると、携帯電話らしきものを 耳に当てているのが見えた。 俺がマジマジと オッサンらしき人物を見ていると、 オッサンが俺の方に ゆっくりと顔を移動させた。 「ヤバイ!!」 俺は、そう感じた。 すると、オッサンは ポケットに手を入れたんだ。 俺は、何か分からないが危険と察知して、 ベランダからダッシュで教室から出た。 その瞬間、体が伸びるような、 初めての感覚に襲われた。 「な、なんだ!!」 と思っている時、目が覚めた。 自分の部屋で俺は寝ていた。 時刻は8時ちょうどだった。 不思議な夢を見たな・・・。 そう考えながら大学の準備をしていると、 ある異変に気づいた。 冷蔵庫を開けると、 前日の夕飯の残り物がなかった。 台所に、その食器だけが置いてあった。 (終).

次の

新・誰も見ていないのをいいことに

ここ に は 誰 も いない

100年後の人類へ 今の存在性が壊れることについて考えていること。 思考によって創造された偽りの自己感覚である『私(自我)』は、どのように証明しようとしても思考の産物でしかないので、偽りの自己が気づきによって消えてしまうと人はあらゆるものとひとつになってしまうはず。 "The self" , which is a wrong sense of ourselves are nothing but a creation of our thoughts however hard we try to prove it. We will become one with all the beings once a worng sense of the self disappears along with our awareness. そんななか、気づきはじめてきたことがある。 それは、私たちの世界が、本当は未知なるところであるということ。 また、言葉というものによって名づけている世界に対するその背景やリアリティ。 また、死と呼んでいるもの、この世と呼んでいるもの。 そのリアリティ。 また、言葉というものによって名づけているものに対する実態。 そして、その背景。 言ってみれば、いったいここはどこなのかといった問題。 そのことを、深く深くほりさげていった。 Then, I began to be aware that our world is an unknown place in reality. Also, the background or reality of the world for which we give names with words, or the realities of what we call a death or this world, and the very thing which we give a name and its reality and background, in other words,a question where on the earth we are, which I started examining ad deepy as possible. 人類の長い歴史の中、思考に重きをおく文明が続く中で、私たちの人生や自然界への理解は、『生があり死がある』『始めがあり終わりがある』とする見方が当然のこととなっている。 During a long history of human beings, wiht civilizations which value the mind,our matter-of-course understanding toward our lives and the nature has been that there are a life and a death and that there are a beginning and an end. それゆえ、そこから私たちは、その自分の終焉である「死」をとても怖れています。 Therefore, we are very afraid of "death" which ends the self. しかし、本当は「生」も「死」もないような場所、どこに生まれているのか本当は誰も知らないという事実をひもとくとき、そしてそこから本当は今、 私たちは未知の中にいるのだと人が気づくときに、私たちは真に変わり始めるのだと思っています。 However, we will be starting to change in a real sense when we reveal a ture reality that we are in a space of no life or no death and that nobody knows where we are born, and when we realize that we are in the unknown. 通常の感覚とは異なるのは分かっているが、 人は本当は生きてもいないし、死んでもいない。 ただある未知の次元から別の未知の次元に存在し、変化しているだけであるというリアリティへの気づきは大きなやすらぎを私たちにもたらします。 We are not born, nor are we dead in reality, only being and changing from one unknown dimension to another. Such awareness to a reality will bring us a deep peacefulness. 宇宙の果ての果て、とてつもなくはかり知れず、それをみつめつくすなか、人はきづきはじめるはず。 When we see infinitely expanding and immeasurable universe thoroughly,we will start to realize that. 今、本当は、私たちが、未知や神秘のなかにいるとしたら。 そして、科学的にとことんまで突き詰めた科学者たちは、そのことに気づくでしょう。 What if we are amongst the unknown and immeasurable at this very moment? And true scientists who dare to investigate it scientifically will realize that we are in the unknown and immeasurable in a true reality reght now. 私たちの真のリアリティは、未知や神秘のなかに本当はいるということ。 「地球」「銀河」「宇宙」という言葉は 人類が名づけただけのものであり、本当は誰も、ここがどこか知らない。 Our true reality is that we are right in the middle of unknown. Nobady knows where we really are as words such as "the earth", "the galaxy" and "the universe" are mere names given by us human beings. そして、その未知なるところは思考の終焉とともに すべてはつながっていて分かれてなどなく、 すべてがひとつであるということをあらわしはじめる。 As the mind ends, such an unknown space will reveal that everything is one and united and that it is not divided. その気づきのなか、 「死」ということに対する事実への真の科学的理解は、今まで私たち人類が信じてきたものとは、まったく違うものとなるはずです。 With this awarensee, our ture and scientific understanding toward a reality of death will be completely different from what we human beings have believed. 探究の正しい方向は、死とは何かではなく、本当に私たちは生きているのか、 生きているというのならどこに生きているのか、そしてそれはもしかしたら、 人類が名づけようと、意味づけようと、永遠に本当はどことも知れず、 いつかも知れないところなのではないのか。 それは人類が呼んできた、この世とかあの世とかいう差異を含めいったいどこなのか。 The right direction of our quest shall be not about what a death is, but about whether we are really alive, and if so, where we are born, and it may be of no place or no time, and where on the earth we are,wheter it is this world or that world just like we human beings named them. そして、 現実と呼んでいるものは、本当は神秘のなかなのではないのか。 Maybe what we call a reality is included in the unknown. その気づきから、私たちの死に対する価値観が変容し、その変容した価値観をもった人々の集合意識から生まれるあたらしい世界は私たちが見たこともない、まったくあたらしい世界になることでしょう。 With such an awareness, our value toward death will be transformed, and the coming world created by a collective consciousness of the people with transformed values will be a completely new one unlike anything we have ever seen before. たとえば、所有の価値観も自然に変化し、すべてが自然と公共性を備えるようになる世界とか。 Everything will be of public nature as our values of possessions naturally change. youngjun.

次の

誰からも必要とされない人間っているんですか

ここ に は 誰 も いない

100年後の人類へ 今の存在性が壊れることについて考えていること。 思考によって創造された偽りの自己感覚である『私(自我)』は、どのように証明しようとしても思考の産物でしかないので、偽りの自己が気づきによって消えてしまうと人はあらゆるものとひとつになってしまうはず。 "The self" , which is a wrong sense of ourselves are nothing but a creation of our thoughts however hard we try to prove it. We will become one with all the beings once a worng sense of the self disappears along with our awareness. そんななか、気づきはじめてきたことがある。 それは、私たちの世界が、本当は未知なるところであるということ。 また、言葉というものによって名づけている世界に対するその背景やリアリティ。 また、死と呼んでいるもの、この世と呼んでいるもの。 そのリアリティ。 また、言葉というものによって名づけているものに対する実態。 そして、その背景。 言ってみれば、いったいここはどこなのかといった問題。 そのことを、深く深くほりさげていった。 Then, I began to be aware that our world is an unknown place in reality. Also, the background or reality of the world for which we give names with words, or the realities of what we call a death or this world, and the very thing which we give a name and its reality and background, in other words,a question where on the earth we are, which I started examining ad deepy as possible. 人類の長い歴史の中、思考に重きをおく文明が続く中で、私たちの人生や自然界への理解は、『生があり死がある』『始めがあり終わりがある』とする見方が当然のこととなっている。 During a long history of human beings, wiht civilizations which value the mind,our matter-of-course understanding toward our lives and the nature has been that there are a life and a death and that there are a beginning and an end. それゆえ、そこから私たちは、その自分の終焉である「死」をとても怖れています。 Therefore, we are very afraid of "death" which ends the self. しかし、本当は「生」も「死」もないような場所、どこに生まれているのか本当は誰も知らないという事実をひもとくとき、そしてそこから本当は今、 私たちは未知の中にいるのだと人が気づくときに、私たちは真に変わり始めるのだと思っています。 However, we will be starting to change in a real sense when we reveal a ture reality that we are in a space of no life or no death and that nobody knows where we are born, and when we realize that we are in the unknown. 通常の感覚とは異なるのは分かっているが、 人は本当は生きてもいないし、死んでもいない。 ただある未知の次元から別の未知の次元に存在し、変化しているだけであるというリアリティへの気づきは大きなやすらぎを私たちにもたらします。 We are not born, nor are we dead in reality, only being and changing from one unknown dimension to another. Such awareness to a reality will bring us a deep peacefulness. 宇宙の果ての果て、とてつもなくはかり知れず、それをみつめつくすなか、人はきづきはじめるはず。 When we see infinitely expanding and immeasurable universe thoroughly,we will start to realize that. 今、本当は、私たちが、未知や神秘のなかにいるとしたら。 そして、科学的にとことんまで突き詰めた科学者たちは、そのことに気づくでしょう。 What if we are amongst the unknown and immeasurable at this very moment? And true scientists who dare to investigate it scientifically will realize that we are in the unknown and immeasurable in a true reality reght now. 私たちの真のリアリティは、未知や神秘のなかに本当はいるということ。 「地球」「銀河」「宇宙」という言葉は 人類が名づけただけのものであり、本当は誰も、ここがどこか知らない。 Our true reality is that we are right in the middle of unknown. Nobady knows where we really are as words such as "the earth", "the galaxy" and "the universe" are mere names given by us human beings. そして、その未知なるところは思考の終焉とともに すべてはつながっていて分かれてなどなく、 すべてがひとつであるということをあらわしはじめる。 As the mind ends, such an unknown space will reveal that everything is one and united and that it is not divided. その気づきのなか、 「死」ということに対する事実への真の科学的理解は、今まで私たち人類が信じてきたものとは、まったく違うものとなるはずです。 With this awarensee, our ture and scientific understanding toward a reality of death will be completely different from what we human beings have believed. 探究の正しい方向は、死とは何かではなく、本当に私たちは生きているのか、 生きているというのならどこに生きているのか、そしてそれはもしかしたら、 人類が名づけようと、意味づけようと、永遠に本当はどことも知れず、 いつかも知れないところなのではないのか。 それは人類が呼んできた、この世とかあの世とかいう差異を含めいったいどこなのか。 The right direction of our quest shall be not about what a death is, but about whether we are really alive, and if so, where we are born, and it may be of no place or no time, and where on the earth we are,wheter it is this world or that world just like we human beings named them. そして、 現実と呼んでいるものは、本当は神秘のなかなのではないのか。 Maybe what we call a reality is included in the unknown. その気づきから、私たちの死に対する価値観が変容し、その変容した価値観をもった人々の集合意識から生まれるあたらしい世界は私たちが見たこともない、まったくあたらしい世界になることでしょう。 With such an awareness, our value toward death will be transformed, and the coming world created by a collective consciousness of the people with transformed values will be a completely new one unlike anything we have ever seen before. たとえば、所有の価値観も自然に変化し、すべてが自然と公共性を備えるようになる世界とか。 Everything will be of public nature as our values of possessions naturally change. youngjun.

次の