速度制限 wimax。 WiMAXのHOME L02が評判やけど、通信制限にすぐかかるってマジ?

WiMAXに通信制限なしは嘘?速度制限について

速度制限 wimax

ギガ放題プラン:3日で10GB使うと翌日に1Mbpsの速度制限• 7GB通常プラン:7GB使った時点で月末まで 128 kbpsの速度制限• 両プラン共通:au 4G LTE回線を7GB使うと当月末まで128 kbpsの速度制限 利用した場合のみ とはいえ、 「速度制限されたら実際速度はどれくらい遅いの?」「解除はいつされる?」「3日10GBはどれくらいのことができるの?」などの疑問を持ってる方もいると思います。 そこでこのページでは、WiMAXの各プランごとの 制限条件や解除のタイミング、さらに 速度制限を回避するためのコツについてまるっと紹介します。 WiMAXの契約やレンタルを検討している人は必見です! 【目次】• 理解するための基礎知識:WiMAXで使える回線は2種類ある 本題に入る前に、WiMAXで使える回線について知っておきましょう。 むずかしいイメージがあるかもしれませが、簡単に説明するので心配はいりません。 これを知っておけば、この後紹介する「WiMAXの制限」について、より理解しやすくなりますよ。 この2つの回線は、それぞれ以下の通信モードで利用できる回線です。 WiMAXルーターが最適な回線を自動判別して接続。 237Mbps 上り アップロード 50Mbps 50Mbps ここまでをさらに簡単にまとめると... ギガ放題プランの場合: 3日で10GB使うと翌日に1Mbps速度制限• 7GB通常プラン: 月7GB使った時点で月末まで 128 kbpsの速度制限• 両プラン共通:au 4G LTE回線を 月7GB使うと月末まで128 kbpsの速度制限 利用した時のみ ここからは、 WiMAXの各制限の適用条件、解除のタイミングや速度制限中の速度について紹介していきます。 ギガ放題プランの制限 3日で10GB使うと翌日に1Mbps速度制限 WiMAXユーザーの9割が選んでいるギガ放題プランは、 「ギガ放題」という名前ながらも、 3日で10GBの制限があります。 では、この3日10GBというのは、一体どんな仕組みになっているのでしょうか。 速度が制限される期間は 翌日18時〜26時頃の時間帯のみで、最大通信速度は1Mbpsになります。 詳しい仕組みについては、以下の図をご覧ください。 速度制限されるのは翌日18時〜26時のみで、それ以外の時間帯は通常速度でWiMAXを利用できます。 つまり、3日間の合計が10GB以下であれば 最短8時間で速度制限が解除されるということです。 「3日で10GBまでだと1か月100GBまでしか使えないの?」と不安をお持ちの方もいるかもしれませんが、制限される時間が限られていることから、 100GB以上の利用も可能です。 3日で10GBだとどれくらいのことができるかは、後半で紹介しています。 1Mbpsはどれくらいの速度? WiMAXのギガ放題プランで直近3日間のデータ通信量が10GBを超えると、最大通信速度は1Mbpsに制限されます。 これはYouTube動画の標準画質であれば問題なく視聴ができる速度。 そのため、もしWiMAXが3日で10GBの速度制限にかかっても、「まったく使い物にならない」ということはありません。 7GB通常プランの制限 7GB使った時点で月末まで128kbpsの速度制限 WiMAXの7GB通常プランでは、データ通信量が月7GBを超えた時点で、上りと下り両方の速度が 128kbpsの低速に制限されてしまいます。 128kbpsは、LINEやメールがやっとできるくらいの速度。 ドコモやau、ソフトバンクの速度制限と同じ速度なので、経験がある人は多いかもしれません。 ちなみに、スマートフォンなどで速度制限された場合は追加でデータ容量を購入できますが、WiMAXにはこのようなサービスはありません。 7GB通常プランで速度制限にかかると、翌月1日まで解除されないため、契約時には注意が必要です。 基本は有料ですが、多くのWiMAXプロバイダでは、ギガ放題プランを3年契約することで無料でついてきます。 このハイスピードプラスエリアモードは、より広いエリアに繋がるというメリットがある一方、 速度制限が厳しいというデメリットがあります。 気になる制限の内容は、au 4G LTE回線の当月データ通信量が7GBを超えると、 ギガ放題プランを契約していても通信速度が128kbpsに制限されてしまうというもの。 また、一度速度制限にかかってしまうと、7GB通常プランと同じく 翌月1日まで解除することはできません。 なお、通信モードは手動で切り替えることが可能です。 せっかくギガ放題プランを契約したのに速度制限にかからないように、ハイスピードプラスエリアモードを使う時はこまめにデータ通信量を確認し、速度制限にかからないよう注意が必要です。 3日10GBのWiMAXで何ができる? ここまでWiMAXの制限条件や、速度制限の解除のタイミングについて見てきましたが、 「10GBだと結局何がどのくらいできるの?」という点が気になりますよね。 以下に10GBでできることをまとめましたので参考にしてください。 1日あたりだと15時間。 これだけ使えれば、「3日で10GB」という制限があっても 「実質制限なし」といえるかもしれません。 とはいえ、 「休日は1日中高画質のYoutubeを見ている」「テレビ会議でWiMAXを利用する」という人は、3日で10GBの制限にかかってしまうこともあります。 では、 WiMAXの速度制限を回避するためにできることはあるのでしょうか。 速度制限を回避するためには? こまめにデータ通信量を確認する WiMAXを速度制限なしで利用するなら、 データ通信量をこまめに確認するのがおすすめです。 確認方法は、各プロバイダのマイページにアクセスするか、通信量カウンターがついている以下のWiMAX端末であれば、直接データ通信量を確認することができます。 また、設定したデータ通信量を超えた場合の通知機能もついているので、au4GLTEの利用時にもおすすめです。 通信量カウンターがついているWiMAX端末 WX06、W06、W05、W04、W03、WX02、WX03 au 4G LTE回線は必要なときだけ使う 通信モードは、WiMAX端末から手動で切り替えが可能です。 ハイスピードプラスエリアモードは必要な時だけ切り替えて使い、 au 4G LTEの使用量が7GBを超えないようにして速度制限を回避しましょう。 繰り返しになりますが、au 4G LTEの当月データ通信量が7GBを超えると、当月末まで128kbpsに速度が制限されてしまいます。 これはギガ放題プランでも適用される制限なので、注意したいポイントです。 WiMAXの速度制限や解除ルールはどのプロバイダも同じ? ここまでWiMAXの速度制限の種類や速度制限の仕組みについて紹介してきましたが、WiMAXの各プロバイダごとの 制限ルールの違いも気になるのではないでしょうか。 結論からお伝えすると、 WiMAXの速度制限の種類や速度制限の仕組みは、GMOとくとくBBやBroad WiMAX、BIGLOBEなどの全プロバイダで共通です。 そのため、通信可能エリアや通信速度はもちろん、速度制限の種類や速度制限の仕組み、解除のタイミングなども、WiMAX全プロバイダで共通なんです。 WiMAXの制限まとめ! WiMAXの制限について紹介してきました。 ここまでのことをまとめます。 3日で10GB制限の解除のタイミングは... 速度制限がかかるのは3日間で10GBを超えた場合、翌日18時〜夜中2時の時間帯。 それ以降は自動で解除され、通常速度で使える。 au 4G LTE回線は7GB制限に注意 au 4G LTE回線を7GB以上使うと、ギガ放題プランでも速度制限される。 ハイスピードプラスエリアモードの利用は、必要最低限にするのがおすすめ 以上が、WiMAXの速度制限についてのまとめです。 WiMAXのギガ放題プランには3日で10GBの制限がありますが、 通常利用であれば超えることはほぼありません。 また、速度制限がかかっても8時間で解除されることや、制限時の速度が1Mbpsであることから、比較的ゆるい速度制限といえるでしょう。 WiMAXの制限ルールは、どのプロバイダも共通。 よりお得に契約をするなら、 キャンペーンやキャッシュバックを含めた実質月額料金で比較をするのがおすすめです。 WiMAXを検討中の方は、以下のページも合わせてご覧ください。

次の

WiMAXのアップロード速度が遅い!原因や速度制限、高速化する方法まとめ

速度制限 wimax

WiMAXの通信速度って早いの?速度制限ってどうなの?どうしたら向上するの?とお考えですね。 このページでは、通信端末を長年販売してきた自身の経験から、他の通信サービスと比較した通信速度や、速度制限、改善する画期的な方法など、速度にまつわる全ての事項を解説します。 最後まで読めば、WiMAXの通信速度についての全てがわかり、そもそも購入して良いのかどうかの判断がつき、また購入後もより快適に使えることでしょう。 WiMAXの通信ってそもそも速いの? (1)WiMAX回線 理論値と実測値 結論としてモバイル端末として非常に速いと言えます。 理想的な環境で出る速度の最大値(理論値)と、実際に使った時に出る速度(実測値)とそれぞれ解説していきます。 理論値|理想的な環境で出る速度の最大値 こちらは、メーカーが公表している、理想的な環境で出る速度の最大値です。 対応している機種によって変わりますが、各モードごとに回線速度は下記の通りです。 3Mbps ・au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)下り最大75Mbps 実測値|実際に出る通信速度 こちらは、使用場面で実際に出るスピードです。 6Mbpsといった実測値が出ています。 しかし、測定条件も記載されておらず、UQ WiMAXが自社で勝手にやっていることです。 そのため結果をただ信用するわけにはいきませんので、私も何ポイントか実測に出かけて見ました。 測定方法について 同じ場所で5回計測し平均値を出す。 測定に使うのは、WiMAXルーターWX01と、Webの通信速度測定ツール「」です。 同じ条件では測定できていないでしょうから、全般的にUQ WiMAXの調査結果より遅くなりましたが、どちらにせよモバイル端末にしては非常に速いので満足のいく結果となりました。 必要な速度のイメージがつかない方へ 「youtubeの通常画質の動画を途切れずに最初から最後まで閲覧するのに必要な通信速度」は、1. 63Mbpsと言われています。 10Mbpsでれば日常で困ることはあまりないでしょう。 (2)他の通信サービスと比べて速度は速いの? 民間向けの通信サービスの主要な選択肢は、下記の3種類です。 速度を比較してみましょう。 WiMAXが1番はやいですが、速い方がいいに越したことはありませんが、 実はこの速度はそこまで重要ではありません。 理由は2つあります。 最大速度を気にしなくていい理由1. あくまでも理論上の値 公式サイトには、必ずどの会社にも小さく注が振られています。 下記はdocomoの例です。 あくまでも「最高の環境が揃えば、技術的にはこれくらい出るよ!」という数値なので、一つの参考程度にしましょう。 大事なのは実測値です。 現時点では、 WiMAXが実は一番早く、公式ホームページで紹介している実測マップでも場所によっては100Mbpsと光回線並の速度が出ているのでおすすめです。 最大速度を気にしなくていい理由2. 高速通信のエリアが限られている 実はこの最大速度が出るエリアは限られています。 首都圏の一部エリア以外は当面は対象外ですので、やはり参考程度にしたほうがよいでしょう。 WiMAXの速度制限って厳しいの? WiMAXの速度制限は厳しくなく、むしろ緩い! WiMAXサービス全体としては、3つの速度制限があります。 「ギガ放題プラン」|3日間で合計10GB使うと、翌日の夜だけ1Mbps前後の速度制限• 「7GB通常プラン」|月合計7GBを使うと月末まで128kbpsの速度制限• 「au 4G LTE利用時」|月合計7GB使うと月末まで128kbpsの速度制限 それぞれ詳しく解説します。 「ギガ放題プラン」の速度制限 WiMAXのほとんどのユーザーが「ギガ放題プラン」を選びますが、こちらのプランの場合、 速度制限は「3日間で10GB使った場合、翌日の夜だけ」という非常にゆるい内容です。 制限後の速度は1Mbpsなので、YouTubeの標準画質の動画や、ニコニコ動画の配信は視聴が可能なレベルです。 インターネット上では WiMAXの速度制限を批判する記事を時々見かけますが、2015年以降、大幅な改善を繰り返しているため、現状は問題ありません。 今後、基地局の拡大を行いさらに制限を緩めていく方針です。 10GBってどのくらい? 10GBでどれくらいのことができるのか、スマートフォンとパソコンの場合でまとめました。 これだけ使えれば、通常利用で速度制限の心配はほぼないでしょう。 ただし、次のような利用については気をつけてください。 一発アウト!10GBを一瞬で超える3つの使い方• 高画質動画視聴|約1時間でアウト• 動画つきのテレビ会議|約90分でアウト• 制限された後の速度ってどれくらい? 約1Mbpsとの公式発表がありますが、実際には5Mbps〜7Mbps程度は速度が出るようです。 uqwimax. 私自身の計測や、ユーザーの声を聞くと、5Mbps以上の速度が出ています。 YouTubeの標準画質であれば止まることなく快適に見ることが可能です。 「7GB通常プラン」の速度制限 このプランの速度制限は「ギガ放題プラン」に比べると非常に厳しく、 その月の合計通信量が7GBになった瞬間に128kbpsの速度制限を受けてしまいます。 128kbpsというと、 Lineやテキストメール以外はほぼ何もできないレベルの通信速度です。 速度制限を受けてしまうと解除方法はないので、翌月になるまでWiMAXは使いものになりませんので、「7GBプラン」を選ぶ方は注意しましょう。 実は、ほとんどの人が1ヶ月で3GBも使っていない ちなみに、MMD研究所の2014年の調査では、実際のデータ通信使用量では、3GB未満が半数以上でした。 自分の利用状況にあわせて、心配であれば「ギガ放題プラン」を選びましょう。 「au 4G LTE利用時」の速度制限 ルーターで「W06」「W05」「WX04」「W04」「W03」「W02」の機種を選んだ場合に、au 4G LTE回線を使って通信ができる「ハイスピードプラスエリアモード」が使えます。 「ハイスピードプラスエリアモード」とは 主にWiMAX回線が通っていない山間部などで使われるモードで、「au LTE回線」を使用して通信をするモードです。 通常はデメリットが多いモードのためあまり使われませんが、 地方への出張や旅行など万が一のときには非常に重宝するモードです。 デメリット• このモードを使うと、その月は7GB制限がかかる• 一回モードを設定してしまうと、その月は戻せない こちらのモードにも7GB通常プランと同じく厳しい速度制限があり、 その月の合計通信量が7GBになった瞬間に128kbpsの速度制限を受けてしまいます。 128kbpsというと、 Lineやテキストメール以外はほぼ何もできないレベルの通信速度です。 速度制限を考えると、本当にもしもの時だけ使う機能といえます。 通信速度についての評判・口コミはどうなの? 回線速度、速度制限、ともにスペックとしては優れていることは上記で解説しましたが、次は実際に評判や口コミはどうなのかを見ていきましょう。 回線速度・速度制限についての評判 肯定的な意見をまとめると• 回線速度は約10Mbps〜130Mbpsで、満足している方がほとんど• 動画を見るには十分• モバイル端末としては十分速い 私もユーザーとしては肯定的で、平均通信速度は24Mbps程度で、動画視聴含め非常に満足しています。 否定的な意見をまとめると• 最初は良かったのに、いきなり遅くなった• 無制限のはずなのに、制限がかかる• アンテナが立っているが、遅い Point! この口コミからわかる注意点• ヘビーユーザーは固定回線を検討すべき 否定的な意見は、ほとんどが速度制限に関することですね。 「アンテナが立っているが、遅い」というのも、速度制限がかかっている証拠です。 3人目の口コミの「ついてない人柱さん」(30代男性)は、書き込みを見るとオンライン株トレードを行っているようなので、通信制限にすぐに引っかかってしまったのでしょう。 高画質な動画視聴を毎日する方や、オンラインゲーム、オンライン株トレードをする方はモバイル通信端末自体止めておいた方が良く、その場合の選択肢は光回線といった固定回線になるでしょう。 速度制限に該当する使い方ってどういう感じ?という方は、再掲ですが、下記が10GBで出来ることですので、それほど使いそうかどうかを判断してください。 3章まとめ|回線速度の口コミからわかったこと• 速度制限がかかる使い方でないなら、回線速度は非常に満足できる。 WiMAXが遅いと感じる7つの要因 いざ買ってみると、意外と遅いかも…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 大前提として、WiMAXは非常に高速な通信サービスです。 私自身もユーザーですが、平均20Mbps以上をキープしており、困ることは一切ありません。 WiMAXが遅いことには必ず理由があり、そしてそのほとんどが解決可能なものです。 WiMAXが遅くなる7つの要因• (1) 旧回線「WiMAX」を使い続けているから遅い• (2) 使い過ぎによる速度制限により遅い• (3)サービスエリアの範囲外だから遅い• (4)置く場所が悪いから遅い• (5)他の電波と干渉しているから遅い• (6)利用機器の通信性能が低いために速度が遅い• (7)Windows VistaとWidows 7の省電力機能が原因で遅い 次にそれぞれの解決策を記述しますが、より詳しい原因と解決策の解説は『』をご参考下さい。 WiMAXが遅くなる7つの要因と解決策 参考 まずは今の回線速度を測ってみよう 遅くなるそれぞれの理由と解決策に入る前に、まずはご自身の現在のスピードを計りましょう。 PCは• 全て試せば、多くの場合に2倍は速くなることを期待していて下さい。 旧回線ユーザーはで無料の機種変更をするか、今のプロバイダを解約して新規プロバイダで改めて申し込むとキャッシュバックがもらえてお得です。 (2)使い過ぎによる速度制限により遅い 「10GBで出来ること」を念頭に置き、3日で10GBを越さないようにしましょう。 または、自宅で使う場合は固定回線を使用しましょう。 (3)サービスエリアの範囲外だから遅い まずは公式サイトの「」でご自宅がサービスエリアなのかを確認しましょう。 エリア内にも関わらず繋がらない場合は、次章で解説する「置く場所」「他の電波との干渉」が原因かもしれません。 万が一、自分の住んで居るところがエリア外だった場合は、解決策としては1つです。 WiMAX使用電波の特徴• WiMAXの電波は「まっすぐに速く進む」のみで、回り込めず障害物に弱い• 「プリントアンテナ」内臓のため、バッグなど何かに覆われると弱い 電波の特徴を考えると、置き方のポイントは非常にシンプルで、下記の通りです。 「窓際、高い位置、通信対象との間に障害物がない、本体は覆わない」 (5) 他の電波と干渉しているから遅い 実は、WiMAX端末で使える電波は2種類あり、初期設定は2. 4GHzですが、5. 0GHzに変更することで電波干渉による速度低下を解決することができるのです。 4GHzでの通信は他のWi-Fi、Bluetooth、電子レンジなど各種電波の干渉を受ける性質があり、速度低下の原因になります。 特に、『オフィスビル・マンション等の集合住宅』『Wi-Fiスポット』『カフェなどスマホ等が多い混雑した場所』このようなところで使用している場合、電波干渉が発生している可能性があります。 心当たりがある場合は、「5. 0GHz」の電波帯を使用しましょう。 (6)利用機器の通信性能が低いために速度が遅い 利用機器側のwifiモジュールの性能が低いと、どんなにWiMAXが頑張っても速度は上がりません。 この場合、WiMAXルーターをUSBまたLANケーブル直接つなぐと速度が上がるケースがあります。 ちなみに、USBケーブルよりもLANケーブルで接続した方が約1. 5倍の通信速度を実現できます。 (7)Windows VistaとWidows 7の省電力機能が原因で遅い Windows 7または Windows VistaのパソコンをモバイルWi-Fiルーターに接続した場合に通信速度が遅くなる場合があります。 これはMicrosoft社が公式に発表しています。 主にバッテリーが省電力モードになると生じます。 詳しくはをご参考下さい。 まとめ いかがでしたでしょうか。 各章にについてまとめたうえで、結論を出します。 WiMAX の通信ってそもそも速いの? 速いです。 理論値最大220Mbpsで、実測値は20Mbps~50Mbps前後。 他の通信サービスと比べると、固定回線には及びませんがY! mobileより速いです。 WiMAX の速度制限って厳しいの? 緩いです。 月間無制限3日間で10GBです。 制限されたとしても平均6Mbpsでるため通常用途でしたら十分です。 通信速度についての評判・口コミはどうなの? 賛否両論です。 否定的な意見は、主に通信制限についてのものでした。 速度そのものについては肯定的な意見が多かったため、速度制限がかかる使い方でないなら、回線速度は非常に満足できるでしょう。 ただし、キャッシュバックの受け取り事項に注意点がありますので、『』を事前に参考にしてください。 サービス内容が突然変わる可能性もあるため、最後は必ずご自身で契約内容をご確認下さい).

次の

WiMAXは速い!通信速度計測|光回線より遅いは迷信!?

速度制限 wimax

WiMAXギガ放題プランにも実はある速度制限 結論からいうと、WiMAXの「ギガ放題プラン」でも速度制限は存在します。 WiMAXの料金プランは月間7GBプランとギガ放題プランの2つありますが、どちらにも速度制限があります。 「じゃあギガ放題って嘘なんじゃないの!?」という声が聞こえてきそうですが、これはデータ通信量の制限がないという意味であって、速度制限がないという意味ではありません。 月100GBでも200GBでもネット利用は可能ですが、その代わりに一定期間で一定以上のデータ通信をすると一時的に速度制限がかかります。 WiMAXユーザーがそれだけ多いってことなんですかね~。 WiMAXプロバイダごとに違いはない 速度制限に関しては、WiMAXの本家UQ WiMAXにしても、その他WiMAXプロバイダにしても条件はまったく同じです。 速度制限がないWiMAXプロバイダは存在しません。 速度制限の条件 WiMAXの速度制限の条件について下記にまとめました。 主に気を付けたいのは、直近3日間で合計10GBを超えた場合の速度制限です。 翌日の夕方以降から深夜にかけて最大1Mbpsの速度制限がかかります。 夜の時間帯は、多くの人が仕事や学業を終えてくつろぐ一時。 インターネットも混雑しやすくなるので、混雑緩和のために速度制限がかかるわけですね。 それに対して「月間7GBプラン」は、7GBを超えた時点で月末まで速度制限がかかってしまいます。 制限条件がきついため、ネット利用はメールやニュース閲覧くらいという人でない限り、月間7GBプランはおすすめしません。 実際に、WiMAXに申し込む人の9割以上はギガ放題プランを選ぶようです。 僕はNetflixで映画観賞が趣味だから、ギガ放題プラン一択ですね。 速度制限を解除する方法はある? 速度制限がいざかかってしまうと自分で解除することはできず、解除されるのを待つしかありません。 特に、au 4G LTE通信で月間7GBを超えると、月末までネットがまともに使えなくなり困ってしまいます。 なるべく速度制限がかからないように賢く利用したいものですね。 通常はハイスピードモードを使用して、電波が入らない場所や時間でだけハイスピードプラスエリアモードを使用するのがいいでしょう。 どこで電波がよく入るか色々試してみるといいですよ。 最大128Kbpsの制限は月末まで解除されません。 そのため、ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えてしまわないよう十分に注意が必要です。 この速度制限について、次の気になる疑問に答えていきます。 3日10GBを超えない範囲で何ができるの?• 通信速度が1Mbpsになるとどうなる?• ギガ放題プランは実質月100GBまでしか使えいないの? 3日10GB以内でできること 3日で10GBの目安 ブラウザ閲覧 (Yahoo! トップページ約3. 5MB) 約2,850ページ (1日あたり約950ページ) 動画再生 (YouTube普通画質360P) 約47時間 (1日あたり約15時間) 動画再生 (NetflixベーシックSD画質) 約33時間 (1日あたり約11時間) 音楽再生 (Spotify高音質160kbps) 約138時間 こう見てみると、3日10GBでもかなり余裕があるように感じませんか? もちろん、家族など複数人でWiMAXを使っていると足りなくなる可能性はあります。 WiMAXを契約する前に、どのような使い方をするか確認しておくといいでしょう。 新卒くんみたいに1人暮らしならWiMAXの通信制限はまず気にならないだろうね。 通信速度が1Mbpsになるとどうなる? 通信制限がかかると、18時~翌2時までの約8時間は最大1Mbpsになります。 1Mbpsとはどれくらいの速さかというと、YouTubeの普通画質360Pなら問題なく視聴できる程度。 音楽ストリーミング再生も余裕でできます。 ギガ放題プランは月100GB以上使える 「3日10GBなら1ヵ月で100GBまでしか使えないの?」と思うかもしれませんが、 実際には200GBやそれ以上使うことは可能です。 なぜなら、深夜2時~18時までは速度制限もかからず使い放題だからです。 なので、律儀に3日間で10GBを超えないように使う必要はありません。 月間7GB以内で何ができる?• 通信速度が128Kbpsになるとどうなる?• ハイスピードプラスエリアモードを賢く使うには? 月間7GB以内でできること 月間7GBの目安 ブラウザ閲覧 (Yahoo! トップページ約3. 5MB) 約2,000ページ (1日あたり約66ページ) 動画再生 (YouTube普通画質360P) 約33時間 (1日あたり約1時間) 動画再生 (NetflixベーシックSD画質) 約23時間 (1日あたり約45分) 音楽再生 (Spotify高音質160kbps) 約96時間 (1日あたり約3時間) 1ヵ月で7GBはかなり少ないことが分かりますね。 このことからも、 au 4G LTEはメイン利用するための機能ではないといえるでしょう。 通信速度が128Kbpsになるとどうなる? ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超過すると、月末まで最大128Kbpsに速度制限されます。 128Kbpsは超低速で、まともにネットを使えるスピードではありません。 動画視聴ができないのはもちろん、ブラウザ閲覧時にも画像がカタカタと時間をかけて表示されるレベル。 そのため、ハイスピードプラスエリアモードで7GBを絶対に超えないように気を付けましょう。 ハイスピードプラスエリアモードの賢い使い方 月間7GB制限があるハイスピードプラスエリアモードを賢く使う方法は次の3つ。 データ通信量をこまめにチェックする• 通信モード自動切換機能を活用する• WiMAXルーターはNEC製かファーウェイ製のそれぞれにアプリが用意されているので、ダウンロードするといいでしょう。 アプリを使用しなくても、一目で現在の消費量が分かるのでとても便利ですよ。 WiMAXに今から申し込むならWX06にするのが良さそうだなぁ。 たとえば7GBの80%に設定しておくと、ハイスピードプラスエリアモードで5. 6GBに達した時点でハイスピードモードに自動で切り替わります。 ただしモバイルルーターNEXT W05以前、ホームルーターHOME01以前の機種はこの機能が付いていません。 WiMAXルーターはなるべく新しい機種を選ぶようにしましょう。 LTEはあくまでオプションととらえるといいかもしれません。 速度制限がないポケットWiFiもある! WiMAXのような速度制限がまったくないポケットWiFiも存在します。 それは、クラウドWiFiという種類のポケットWiFiです。 「」や「Mugen WiFi」などが有名ですね。 これらは、ネットワークを著しく占拠する常識外の使い方をしない限り速度制限がかかりません。 1日10GB以上データ通信するようなインターネットのヘビーユーザーなら、WiMAXよりもクラウドWiFiのほうが向いているといえるでしょう。

次の