イキイキ 働く 障がい 者。 働く障害者の不安と本音。障害者が魅力的と思える雇用条件とは?

京セラ(株)

イキイキ 働く 障がい 者

about• CSRについて 株式会社フォークは、各ステークホルダーにとって健やかな社会の実現と、会社が持続的に成長することを目標に、中期経営計画をたて、事業・組織運営を進めていきます。 」を目標に掲げます。 仕事を楽しみ自発的に行動していれば、仲間やお客様が集まってくる。 仲間やお客様の評価が達成感へ、課題が成長へとつながっていく。 フォークで培った能力、知識をもう一度発揮してもらうための採用を実施しております。 全国同一賃金(24期までに実現予定) 「給与体系の全国一律化」による地方拠点社員の月額固定給引き上げを実施予定です。 働きやすい環境づくり 一人ひとりが働き方を選択でき、自分らしく働くことができる環境を目指します。 出産/育児支援 産休、育休のさらなる促進と、時短勤務、テレワークの利用拡大を進めます。 24期までには、本社別館エリアの一部を子連れ就労可能なスペースとして解放できるよう、推進してまいります。 ダイバーシティへの取り組み 障がい者/LGBT/外国人などの多様性を受け入れ、ともに働く環境をつくり、活躍と成長をサポートします。 地方の雇用創出 地方拠点の設立を通して、地方における雇用を推進します。 障がい者向けの採用を随時行っております。 社会貢献活動 次世代のクリエイターの活躍のために、ワークショップの活動を推進します。 「」としての活動 キッズワークショップ等を通じ、次世代のクリエイターを輩出するための活動に取り組みます。 ホットラインの設置 人事部門への「相談窓口」の設置のほか、社外に「内部通報(公益通報)窓口」を設置しています。 内部通報(公益通報)窓口は、匿名での相談も可能とし、通報者が一切の不利益を被ることがないような 運用・情報管理体制を整備しています。 社内教育や外部研修等の機会を利用し、社員の意識啓発に努めています。 企業行動指針としてはへの準拠を目指します。 反社会的勢力に対する基本方針 株式会社フォーク(以下「当社」)は、次のとおり反社会的勢力に対する基本方針を公表いたします。 当社は、反社会的勢力からの不当要求に対しては、組織全体として対応します。 また、不当要求に対応する役員及び社員等の安全を確保します。 当社は、反社会的勢力による被害を防止するために、警察、暴力追放運動推進センター及び弁護士等の外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。 当社は、反社会的勢力とは取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。 また、不当要求は断固として拒絶します。 当社は、反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。 当社は、反社会的勢力との裏取引や資金提供は絶対に行いません。

次の

「障害者」「障がい者」「障碍者」どれが正しい?漢字の意味と違い

イキイキ 働く 障がい 者

こんにちは! 配慮はしてほしいけど、仕事に対して遠慮や忖度はしてほしくないって思っている中村です。 障害者雇用というと、みなさんはどんな言葉を思い浮かべますか? 僕が真っ先に思い浮べた言葉は『配慮』でした。 電話対応の配慮• 通院時間、通院日の配慮• 通勤時間の配慮• 仕事内容の配慮• 指示系統の配慮• 休憩時間の配慮 など、障害者雇用には様々な配慮があります。 僕も少ないですが会社、上司に配慮していただきながら働いております。 配慮していただいているおかげで、大きな不安や心配がなくストレスをためることなく健やかに働くことができています。 と、配慮してもらいながら働いている僕ですが、最近感じているのは「配慮は障がい者にとってスタートラインでしかない」ってことです。 今回は障がい者が働くために必要な配慮、そして、障がい者がイキイキとその人らしく働くために必要なことについて書いてみようと思います。 つまり、 障がいや病気を持つ人が健康的な人と同じ土俵に上がるために必要なのが配慮ということです。 もちろん、「障がいや病気がある=配慮が必要」ではありません。 仕事内容や仕事環境、一緒に働く人によっては配慮は必要ないかもしれません。 逆に、健康的な人であっても配慮が必要なケースもあるかもしれません。 なので、「障がいや病気がある=配慮が必要」と一概にはいえません。 ですが、障がいや病気を持つ人にとって配慮は健康的な人と同じように働くために必要最低限のことではあると思います。 配慮は働くための最低ラインでしかない 配慮は、障がいや病気を持つ人が働くために必要なことではあるんですが、それはあくまで最低ラインのことでしかないとも思っています。 というのも、障がいや病気に対して何かしら配慮されたからといって、その人の能力が存分に発揮されるわけではないですし、その人らしく働けるわけではないからです。 僕の話になりますが、僕は吃音症という言葉がつまってしまう症状があります。 なので、電話対応について配慮してもらい働いています。 これまで僕は電話対応さえどうにかなれば、自分らしく働ける、自分の力を余すところなく働けるなんて思っていました。 ですが、実際に電話対応の配慮をしてもらいながら働いてみて、自分らしく働けてるなんて感じませんし、自分の力を遺憾なく発揮できてるなんてびた一文も感じません。 もちろん、電話対応に対して不安やストレスを感じない点では、非常に快適に働けています。 でも、だからといってイキイキと自分らしく働けているか?と問われても、首を縦に振れないのが現状です。 障害者雇用で働きだした当初、僕は電話対応をしなくてもいいということから安心して働けてはいたものの、やりがいや楽しさを感じずにもやもやしながら働いていました。 ただ、 環境に適応し、周りの人と打ち解けていくことで、僕は周りの人を信用するようになり、周りの人も僕を信用してくれるようになりました。 障害者雇用に限らず、老人扱いされたり、子ども扱いされたり、女性だからと配慮されるような環境で、羽ばたける人なんていません。 障がい者も、老人も、子どもも、女性も、もちろん男性も、周りと同じように扱われることが、その人がその人らしく生きるために必要なことなのではないかと思います。 一方で、障がいや病気を抱えながら働く人も、周りにばかり頼っていてはいけません。 「配慮さえしてもらえれば…」「もっと信頼されれば…」最初はこんな風に考えてもいいでしょうし、配慮された環境の中で仕事に慣れるのも大切なことです。 ですが、配慮に頼りっぱなしでは自分らしく働くなんて不可能です。 配慮してもらうのであれば、配慮されるに値するだけの仕事をすることはもちろんですが、それ以上の価値を見出すべきですし、見出せる存在になる必要があると思います。 そうすることで、周りからも信頼されるようになりますし、自分らしく働けるようになるのではないかと思います。 障がい者として働くって結構難しいです。 「配慮があれば…」という考えが、どこかでその人の可能性を潰してしまっているということです。 何度も言いますが、障がいや病気を持つ人にとって配慮は必要不可欠なことです。 ですが、配慮ばかりに頼っているのでは、そこから先には進めません。 少しでも前に進みたいなら、配慮に頼るのではなく、配慮を超えるような成果を出したり、存在感を発揮することが必要だと思います。 と、書いてはみたものの難しいことなのであまり無理せずに地道に努力していきましょう(笑)•

次の

障がい者支援サービス

イキイキ 働く 障がい 者

こんにちは! 配慮はしてほしいけど、仕事に対して遠慮や忖度はしてほしくないって思っている中村です。 障害者雇用というと、みなさんはどんな言葉を思い浮かべますか? 僕が真っ先に思い浮べた言葉は『配慮』でした。 電話対応の配慮• 通院時間、通院日の配慮• 通勤時間の配慮• 仕事内容の配慮• 指示系統の配慮• 休憩時間の配慮 など、障害者雇用には様々な配慮があります。 僕も少ないですが会社、上司に配慮していただきながら働いております。 配慮していただいているおかげで、大きな不安や心配がなくストレスをためることなく健やかに働くことができています。 と、配慮してもらいながら働いている僕ですが、最近感じているのは「配慮は障がい者にとってスタートラインでしかない」ってことです。 今回は障がい者が働くために必要な配慮、そして、障がい者がイキイキとその人らしく働くために必要なことについて書いてみようと思います。 つまり、 障がいや病気を持つ人が健康的な人と同じ土俵に上がるために必要なのが配慮ということです。 もちろん、「障がいや病気がある=配慮が必要」ではありません。 仕事内容や仕事環境、一緒に働く人によっては配慮は必要ないかもしれません。 逆に、健康的な人であっても配慮が必要なケースもあるかもしれません。 なので、「障がいや病気がある=配慮が必要」と一概にはいえません。 ですが、障がいや病気を持つ人にとって配慮は健康的な人と同じように働くために必要最低限のことではあると思います。 配慮は働くための最低ラインでしかない 配慮は、障がいや病気を持つ人が働くために必要なことではあるんですが、それはあくまで最低ラインのことでしかないとも思っています。 というのも、障がいや病気に対して何かしら配慮されたからといって、その人の能力が存分に発揮されるわけではないですし、その人らしく働けるわけではないからです。 僕の話になりますが、僕は吃音症という言葉がつまってしまう症状があります。 なので、電話対応について配慮してもらい働いています。 これまで僕は電話対応さえどうにかなれば、自分らしく働ける、自分の力を余すところなく働けるなんて思っていました。 ですが、実際に電話対応の配慮をしてもらいながら働いてみて、自分らしく働けてるなんて感じませんし、自分の力を遺憾なく発揮できてるなんてびた一文も感じません。 もちろん、電話対応に対して不安やストレスを感じない点では、非常に快適に働けています。 でも、だからといってイキイキと自分らしく働けているか?と問われても、首を縦に振れないのが現状です。 障害者雇用で働きだした当初、僕は電話対応をしなくてもいいということから安心して働けてはいたものの、やりがいや楽しさを感じずにもやもやしながら働いていました。 ただ、 環境に適応し、周りの人と打ち解けていくことで、僕は周りの人を信用するようになり、周りの人も僕を信用してくれるようになりました。 障害者雇用に限らず、老人扱いされたり、子ども扱いされたり、女性だからと配慮されるような環境で、羽ばたける人なんていません。 障がい者も、老人も、子どもも、女性も、もちろん男性も、周りと同じように扱われることが、その人がその人らしく生きるために必要なことなのではないかと思います。 一方で、障がいや病気を抱えながら働く人も、周りにばかり頼っていてはいけません。 「配慮さえしてもらえれば…」「もっと信頼されれば…」最初はこんな風に考えてもいいでしょうし、配慮された環境の中で仕事に慣れるのも大切なことです。 ですが、配慮に頼りっぱなしでは自分らしく働くなんて不可能です。 配慮してもらうのであれば、配慮されるに値するだけの仕事をすることはもちろんですが、それ以上の価値を見出すべきですし、見出せる存在になる必要があると思います。 そうすることで、周りからも信頼されるようになりますし、自分らしく働けるようになるのではないかと思います。 障がい者として働くって結構難しいです。 「配慮があれば…」という考えが、どこかでその人の可能性を潰してしまっているということです。 何度も言いますが、障がいや病気を持つ人にとって配慮は必要不可欠なことです。 ですが、配慮ばかりに頼っているのでは、そこから先には進めません。 少しでも前に進みたいなら、配慮に頼るのではなく、配慮を超えるような成果を出したり、存在感を発揮することが必要だと思います。 と、書いてはみたものの難しいことなのであまり無理せずに地道に努力していきましょう(笑)•

次の