あんしんセキュリティ 非対応機種。 Wi

対応機種(あんしんセキュリティアプリ)

あんしんセキュリティ 非対応機種

KDDI株式会社• 沖縄セルラー電話株式会社 2018年11月16日 KDDI、沖縄セルラーは2022年3月末をもって、auの3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」 以下 本サービス を終了します。 本サービス終了に伴い、本サービス対応機種とauの高音質通話サービス「au VoLTE」に非対応の機種 以下 au VoLTE非対応機種 が2022年3月末をもって、ご利用いただけなくなります。 本サービスは2003年11月より提供を開始、au VoLTE非対応機種は2012年9月より販売を開始していますが、高速データ通信が可能なauの4G携帯電話向けサービス「4G LTE」、ならびに高音質通話が可能な「au VoLTE」の普及に伴い、昨今、利用者数が減少しております。 また、引き続きお客さまが快適にau携帯電話サービスをご利用いただくために、より良い通信環境の整備が必要となりますので、本サービスとau VoLTE非対応機種でのご利用を終了し、周波数の有効活用を進めます。 なお、本サービス対応機種、ならびにau VoLTE非対応機種をご利用中のお客さまが継続してご利用いただくには、4G LTE対応機種への機種変更が必要となります。 これに伴い、2018年11月16日より、対象となるお客さまが機種変更する際の契約事務手数料を無料とします。 また、2018年11月16日より、対象となるお客さまがauスマートフォンへ機種変更された場合、はじめてのauスマートフォンのご利用をサポートする「初スマホ安心サポート」を無料で提供します。 KDDI、沖縄セルラーは今後もより便利なコミュニケーションサービスの提供を通じて、お客さまのさらなる体験価値向上に努めていきます。 詳細は別紙をご参照ください。 ご利用できなくなる機種• 1 「CDMA 1X WIN」対応機種 auケータイ CA001、CA002、CA003、CA004、CA005、CA006、CA007、CAY01、E02SA、E03CA、E05SH、E06SH、E07K、E08T、E09F、E10K、EY01K、EY02K、EY03K、F001、H001、HIY01、HIY02、K001、K002、K006、K007、K009、K011、KYX02、KYX03、KYX04、KYY03、KYY06、KYY08、KYY09、KYY10、NS01、NS02、P001、PT003、S001、S002、S003、S004、S005、S006、S007、SA001、SA002、SH001、SH002、SH003、SH004、SH005、SH006、SH007、SH008、SH009、SH010、SH011、SHY01、SOX01、SOX02、SOY01、SOY02、SOY03、SOY04、SOY05、T001、T002、T003、T004、T005、T006、T007、T008、TSX04、TSX05、TSX06、TSY01、W32H、W32S、W41CA、W41H、W41S、W41SH、W42CA、W42H、W42S、W42SA、W43CA、W43H、W43K、W43S、W43SA、W44K、W44S、W44T、W45T、W46T、W47T、W51CA、W51H、W51K、W51P、W51S、W51SA、W51SH、W51T、W52CA、W52H、W52K、W52P、W52S、W52SA、W52SH、W52T、W53CA、W53H、W53K、W53S、W53SA、W53T、W54S、W54SA、W54T、W55SA、W55T、W56T、W61CA、W61H、W61K、W61P、W61PT、W61S、W61SA、W61SH、W61T、W62CA、W62H、W62K、W62P、W62S、W62SA、W62SH、W62T、W63CA、W63H、W63K、W63S、W63SA、W63SH、W63T、W64K、W64S、W64SA、W64SH、W64T、W65K、W65S、W65T かんたんケータイ K003、K004、K005、K008、K010、K012、PT001、PT002、W62PT mamorino KYY01 mamorino 、KYY02 mamorino2 、KYY05 mamorino3 auスマートフォン E30HT、E31T、E31TF、EIS01PT、IS01、IS02、IS03、IS04、IS05、IS06、IS11CA、IS11LG、IS11N、IS11PT、IS11S、IS11SH、IS11T、IS12F、IS12M、IS12S、IS12SH、IS12T、IS13SH、IS14SH、IS15SH、IS17SH、ISW11F、ISW11HT、ISW11K、ISW11M、ISW11SC、ISW12HT、ISW13F、ISW13HT、ISW16SH、KYY04、SHX11、SHX12 iPhone iPhone 4s データ通信端末 HID01、HID02、HID03、HID04、HWD06、HWD07、HWD08、HWD13、PTD05、W04K、W05K、W06K、W07K 通信モジュール WM-M200、WM-M200A、WM-M210、WM-M210A、WM-M300、WM-M320、KCMX-100、KCMV-200、KCMV-210、KCMV-310、KCMP、HWM02 その他 AAT01MBM ETBW11AA 、KYS11 あんしんGPS 、SP01 PHOTO-U 、SP03 PHOTO-U2 、ZTS11 PHOTO-U TV 、ZTS12 PHOTO-U TV 8GBモデル• iPhone 4s、通信モジュール以外の機種は上記機種型番がau携帯電話に印字、もしくは電池蓋の裏に記載されておりますので、ご利用中のau携帯電話をご確認ください。 2 「4G LTE」対応機種のうち、「au VoLTE」に非対応の機種 auケータイ SHF31 AQUOS K auスマートフォン CAL21、FJL21、FJL22、HTL21、HTL22、HTL23、HTX21、KC01、KYL21、KYL22、KYL23、KYY21、KYY22、KYY23、KYY24、LGL21、LGL22、LGL23、LGL24、LGL25、PTL21、SCL21、SCL22、SCL23、SCL24、SHL21、SHL22、SHL23、SHL24、SHL25、SOL21、SOL22、SOL23、SOL24、SOL25、SOL26 iPhone iPhone 5、iPhone 5s、iPhone 5c• iPhone 5、iPhone 5s、iPhone 5c以外の機種は上記機種型番がau携帯電話に印字、もしくは電池蓋の裏に記載されておりますので、ご利用中のau携帯電話をご確認ください。 提供終了する「CDMA 1X WIN」の料金プラン・サービス• プランE、プランEシンプル、プランF IS 、プランF IS シンプル、プランL、プランLシンプル、プランLL、プランLLシンプル、プランM、プランMシンプル、プランS、プランSシンプル、プランSS、プランSSシンプル、プランW、プランWシンプル、プランZシンプル、シンプルプランL、シンプルプランS、デイタイムL、デイタイムLシンプル、デイタイムS、デイタイムSシンプル、カケホ 3Gケータイ 、カケホ 3Gケータイ・データ付 、WINシングルL、WINシングルL WiMAX シンプル 、WINシングルL WiMAX フルサポート 、WINシングルLL、WINシングルLL WiMAX シンプル 、WINシングルLL WiMAX フルサポート 、WINシングルM、WINシングルM WiMAX シンプル 、WINシングルM WiMAX フルサポート 、WINシングルS、WINシングルSS、WINシングルフラットWiMAX シンプル 、WINシングル定額、WINシングル定額 シンプル 、WINシングル定額 フルサポート 、WINシングル定額WiMAX シンプル 、WINシングル定額WiMAX フルサポート 、PHOTO-Uプラン、PHOTO-U TVプラン、あんしんGPSプラン、ぷりペイド、オフィスケータイプラン WIN、ビジネスWINシングル定額WiMAX シンプルコース 、ビジネスWINシングル定額WiMAX フルサポートコース 、1xシングルプランA、1xシングルプランB、1xモジュールプランL、1xモジュールプランM、1xモジュールプランS、WINモジュールプランL、WINモジュールプランM、WINモジュールプランS、WINモジュール定額 3. 機種変更の契約事務手数料について• 1 概要 以下 [1] [2] にあてはまるお客さまが機種変更をした場合、契約事務手数料を無料とします。 [1] 機種変更元条件• 「CDMA 1X WIN」サービスをご契約のお客さま または• 「4G LTE」サービスをご契約で、最新購入機種 が「4G LTE」対応機種のうち、「au VoLTE」に非対応の機種のお客さま• [2] 機種変更先条件 「4G LTE」サービスへの機種変更• 2 適用開始日 2018年11月16日 4. 「初スマホ安心サポート」について• 1 サポート内容• 24時間体制 の専用窓口がスマートフォンの基本的な使い方から使いこなしまでお電話でサポートします。 コミュニケーターがお手元のスマートフォンを遠隔で操作し 、操作方法をご案内する「遠隔操作サポート」も利用可能です。 スマートフォンの利用方法など、電話越しに自宅で気軽に受講できるレッスンをご用意し、お客さまのご興味に応じた使い方もご提案します。 はじめての方にもわかりやすいスマートフォンの使い方ガイド本を1冊プレゼントします。 2 適用開始日 2018年11月16日• 3 サポート期間 機種変更月の翌々月末まで• 4 ご利用料金 無料• 5 適用条件• 「CDMA 1X WIN」サービスをご契約のお客さま が、auケータイ から4G LTEスマートフォン へ機種のご購入を伴う機種変更をされた場合、ご利用いただけます。 「4G LTE」サービスをご契約のお客さまが、AQUOS K SHF31 から4G LTEスマートフォン へ機種のご購入を伴う機種変更をされた場合、ご利用いただけます。 注1 具体的な終了の日時については、別途ご案内します。 注2 「PHOTO-Uプラン」、「PHOTO-U TVプラン」、「あんしんGPSプラン」にご加入のお客さまは対象外となります。 注3 「ぷりペイド」サービスにご契約のお客さまは、同じ電話番号のままで通常のau携帯電話をご契約する場合の契約事務手数料が無料となります。 注4 KDDI、沖縄セルラーに登録されている最新のご購入機種 au取扱店でお客さまが購入された機種 が対象となります。 注5 ご契約中のサービスの種類がLTEシングル データ通信のみ のお客さまは対象外となります。 注6 ご利用中のau ICカードが「au Nano IC Card 04 au VoLTE 」のお客さまは対象外となります。 注7 ご利用中のau ICカードが「au Nano IC Card LTE 」または「au Micro IC Card LTE 」で、最新購入機種がiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、GRATINA 4G KYF34以外のお客さまが対象となります。 注9 au ICカード「au Nano IC Card 04 au VoLTE 」をご契約の場合、au携帯電話の購入を伴わない機種変更も対象となります。 注10 「LTEデータプリペイド」サービスは対象外となります。 注11 22時~翌9時のご利用は事前予約が必要となります。 事前予約は、専用窓口までお願いします。 なお、専用窓口の電話番号は、機種変更のお手続きの際にご案内させていただきます。 注12 対応機種に限ります。 iPhoneは閲覧のみとなります。 ご利用中はデータ通信料が発生します。 注13 9時~21時でご利用いただけます。 注14 お申込みが必要となります。 ご希望の方は、期間中に専用窓口までお電話にてお申込みください。 お申込みから4~5日でお届けします。 注15 対象期間中に、機種のご購入を伴う機種変更・解約・一時休止およびLTE NET 300円 税抜 の解約などを行った場合は、対象外となります。 なお、期間終了後はKDDIお客さまセンター TEL157 等によるサポート、もしくは会員制有料サポートサービス「auスマートサポート」もご用意しております。 注16 「ぷりペイド」サービスにご加入のお客さまは対象外となります。 注17 機種変更と同時にLTE NET 300円 のご加入とau取扱店でau携帯電話のご購入が必要となります。 表記の金額は、特に記載のある場合を除き全て税抜です。 ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。 商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

次の

「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」のセキュリティ拡充

あんしんセキュリティ 非対応機種

ドコモ「あんしんセキュリティ 旧あんしんスキャン 」とは?料金は? には「あんしんスキャン」がありましたが、あんしんセキュリティに統合されることになりました。 ドコモあんしんセキュリティは、メールやアプリ・ウェブサイトを安全に利用するためにスマホをさまざまな脅威から守ってくれるセキュリティサービスです。 サービス内容としては、ウイルス対策、危険サイト対策、危険WiFi対策、迷惑電話対策、迷惑メール対策、データ保管BOXのウイルススキャンといったサービスがあります。 料金 あんしんセキュリティの月額使用料は 200円です。 1年で2,400円になるので、年間費用でもそれほど負担にはならない料でしょう。 初回利用ならば31日間無料となっているので、気になる人は試しに31日間利用してみましょう。 スマホにセキュリティ対策は必要? ドコモあんしんセキュリティにはさまざまなセキュリティ対策がありますが、そもそもセキュリティ対策は必要なのか?と疑問を持っている方も多いでしょう。 結論からいうとセキュリティ対策は必要性が高まっています。 なぜなら、 スマホを狙ったウイルスは近年増加しているからです。 近年ではウイルス感染を疑わせる偽の警告を画面に表示させてフィッシングサイトなどに誘導してユーザを騙す、といった悪質な詐欺行為が後を絶たない状況になっています。 高額なサポート契約を結ばせる、不正なプログラムをインストールさせるサイトには注意が必要です。 とくに AndroidはiPhoneに比べて悪質なプログラムが侵入しやすいので、セキュリティ対策が必要と言われています。 ドコモあんしんセキュリティはさまざまな脅威からスマホを守ってくれ、料金も月額200円とそこまでかかりません。 そのため、あんしんセキュリティは加入するのをおすすめします。 これにより知らないうちに危険サイトにアクセスしてウイルスをダウンロードしてしまう、といったリスクを減らしてくれます。 最近増えている巧みな フィッシングサイトを防げるでしょう。 インターネットをよく見る人におすすめのサービスです。 危険WiFi対策 危険WiFi対策は、 通信内容を変更されたり盗み見をされたりするかもしれないWiFiスポットに接続した場合に危険だと警告してくれる機能です。 自宅で契約しているWiFiならば安全ですが、出所がよく分からないフリーWiFiなどは危険なものもあります。 外出先でWiFiをよく使う人におすすめのサービスです。 迷惑電話対策 迷惑電話対策は、 迷惑な電話と詐欺・架空請求などの危険の可能性が高い電話番号からの着信があったときに警告画面が表示される機能です。 着信だけでなく 自分から発信するときにも警告画面が表示されます。 また、着信・発信時以外でも「電話番号チェック」で不審な電話番号を検索して確認することも可能です。 電話がかかったときに飲食店や企業の名前も自動で表示してくれます。 怪しい電話が怖いという人におすすめのサービスです。 迷惑メール対策 迷惑メール対策は 迷惑メールを専用フォルダに自動で振り分けてくれる機能です。 また、ドコモ電話帳 クラウド に登録されているメールアドレスのメールのみを受信するように設定できます。 迷惑メールが怖い人におすすめのサービスです。 データ保管BOXのウイルス対策 データ保管BOXのウイルス対策は、データ保管BOXからクラウドに保管しているデータに ウイルスと不審なプログラムがないかを確認してくれる機能です。 ウイルスが検知された場合は、ダウンロードと共有などを制限して拡散を防いでくれます。 データ保管BOXをよく利用する人におすすめなサービスです。 ドコモ「あんしんセキュリティ 旧あんしんスキャン 」の対象機種 さまざまな脅威から守ってくれるドコモのあんしんセキュリティですが、対応している機種と対応していない機種があるので注意してください。 あんしんセキュリティの対象機種について説明をしていきます。 各機能のOS対応状況 あんしんセキュリティのスマートフォン・タブレットとiPhone・iPad対応状況です。 1以上 一部非対応機種あり 、iPhoneは iOS11. 0以上 一部非対応機種あり に各種対応しています。 ただし、データ保管BOXのウイルススキャンに関してはAndroid5. 1以上、iOS11. 0以上でなくても利用できます。 ウイルス対策に関してはiPhone、iPadは対応不可です。 迷惑電話対策に関しては、iPhoneは対応していますがiPadは対応不可です。 ドコモケータイの対応状況です。 ドコモケータイの場合は、あんしんセキュリティではなく 「ドコモあんしんスキャン」「あんしんナンバーチェック」のアプリが必要になります。 危険サイト対策と危険WiFi対策はあんしんスキャンアプリ、迷惑電話設定ではあんしんナンバーチェックが必要です。 1以上 一部非対応機種あり に対応しています。 アプリ対応機種• Androidは、Android5. 1以上• iPhoneは、iOS11. 0以上• ドコモケータイ SPモード 一部対応していない機種もあります。 詳しくはができます。 ドコモ「あんしんセキュリティ 旧あんしんスキャン 」の申し込み方法 あんしんセキュリティの申し込み方法について順に説明をしていきます。 パソコン・スマートフォンから申し込む場合 パソコン・スマートフォンからは、ドコモオンライン手続きから申し込むことが可能です。 パソコンやWiFi経由といったドコモのケータイ回線以外から手続きする場合は、dアカウントが必要です dアカウントはドコモのケータイを持っていなくても簡単に発行可能。 また、スマートフォン、ドコモケータイ spモード などのドコモケータイ回線から手続きする場合は、 ネットワーク暗証番号が必要です。 受付時間は 24時間対応しているので、 日中に申し込む時間がない人におすすめです。 電話で申し込む場合 ドコモの携帯電話から申し込む場合は 局番なしの「151」から申し込めます。 ドコモ以外の一般電話などから電話をする場合は「 0120-800-000」から申し込み可能です。 受付時間は午前9時~午後8時です。 ドコモショップから申し込む場合 ドコモショップは店舗によって営業時間が異なります。 詳しくは各店舗ページの情報を確認してみてください。 ドコモ「あんしんセキュリティ 旧あんしんスキャン 」の設定・利用方法 あんしんセキュリティの設定・利用方法を説明します。 Androidスマートフォン・タブレット• iPhone・iPad• ドコモケータイ ガラケー これらの端末ごとの設定・利用方法を順に説明します。 Androidスマートフォン・タブレットの設定・利用方法• 「あんしんセキュリティ」アプリアイコンをタップする• 「規約に同意して利用を開始」をタップする• あんしんセキュリティのホーム画面が表示されるので「初期設定を開始する」をタップする• dアカウントが未設定の場合はdアカウントのIDとパスワードを入力して「設定する」をタップする• 説明画面が表示されるので確認し「次の画面へ」をタップする• 「許可」をタップする• 「設定画面を起動する」をタップする• 「あんしんセキュリティ」をタップする• サービスの使用ボタンをONに変更する• 「次の画面へ」をタップする• 「他のアプリの上への表示を許可」ボタンをONに変更してあんしんセキュリティアプリを起動する• 「次への画面へ」をタップする• 「許可」をタップする• 説明が表示されるので「次へ進む」をタップする 以上で設定の完了です。 あんしんセキュリティのホーム画面は以下のようになっています。 出典: ホーム画面の各セキュリティアイコンから、各機能が正常に動作しているかどうかを確認できます iPhone・iPadの設定方法・利用方法 ドコモの回線を使っている人の手順を紹介します。 「あんしんセキュリティ」アイコンをタップする• 「あんしんセキュリティ」ロゴとドコモロゴが表示されます• 通知を送信する確認ダイアログにて「許可」をタップする• 「設定を始める」をタップする• 表示されている内容を確認して最下部までスクロールする• 「規約に同意して利用を開始」をタップする• 「NTTドコモの回線をお使いの方」をタップする• 「ご利用中のdアカウントを設定」又は「新たにdアカウント」を作成するのどちらかをタップする• dアカウントのIDとパスワードを入力して「設定」をタップする• 「OK」をタップする• あんしんセキュリティのホーム画面が表示されます。 以上で設定完了です。 出典: Android版と同じように、ホーム画面の各セキュリティアイコンから各機能が正常に動作しているかどうかを確認できます。 ドコモケータイ ガラケー の設定・利用方法 ドコモケータイはあんしんセキュリティではなく、 ドコモあんしんスキャンとあんしんナンバーチェックが必要になります。 ドコモあんしんスキャンの設定方法 ドコモケータイの端末の種類によって設定方法が違います。 今回はSH-01jの場合の手順を説明します。 メニューボタンを押す• 「あんしん」を選ぶ• 「選択」を押す• 「あんしんスキャン」を選んで「選択」を押す• 本内容を確認して「同意する」をチェックします• あんしんスキャンのメイン画面が表示されます SH-01j以外の端末の設定方法はドコモの公式サイトを参考にしてください。 あんしんナンバーチェックの設定方法 ドコモケータイの端末の種類によって設定方法が違います。 SH-01jの場合の手順を説明します。 メニューボタンを押す• 「あんしん」を選ぶ• 「選択」を押す• 「あんしんナンバーチェック」を選んで「選択」を押す• プライバシーポリシー、ご利用規約を確認してから「同意」を押す• サービス説明イラストを確認してから「次へ」を押す• 本内容を確認して同意するなら「同意」を押す• 本内容に同意しない場合は「同意する」のチェックを外して「利用開始」を押す SH-01j以外の端末の設定方法はドコモの公式サイトを参考にしてください。

次の

ドコモのあんしん遠隔サポートは必要か?途中解約はできる?

あんしんセキュリティ 非対応機種

米国企業と協力、OSレベルで制御 「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」は、ドコモの法人向け端末管理ソリューション。 フィーチャーフォン向けからスタートした同サービスは、スマートフォンにも対応し、遠隔でのロック、端末初期化といった機能はスマートフォンでも利用できる形だったが、今回、AndroidのOSレベルをカスタマイズする仕組みを取り入れたことにより、柔軟な対応が可能になり、導入企業が求めるさまざまなニーズをサポートする機能が実装されることになった。 また「インストール制限」はアプリのインストールに対して、ホワイトリストやブラックリストを作って制限したり、アプリが求めるパーミッションの内容によってインストールを制限する。 OSレベルでカスタマイズ ドコモでは、米国のMDM(モバイル端末管理)サービス事業者であるBoxTone社、同じく米国のソフトウェア開発会社であるanfacto社と協力し、アプリレイヤーではなくOSレイヤーでカスタマイズして、今回の「遠隔カスタマイズ(スマートフォン)」を実現した。 anfactoは、元グーグルのメンバーが設立した米国企業のThree Laws of Mobility(3LM)から独立した企業とのことで、Android関連のノウハウを多く有するという。 こうした仕組みを取り入れたのは、セキュリティと利便性を両立させるため、とドコモの有田氏は語る。 一般に、セキュリティを強めると、その分、自由度が低くなり、場合によっては使いづらい場面も出てくるが、OSレベルでカスタマイズして、Android標準のAPIだけではなく、法人のニーズにあわせたセキュリティコントロールを実現する拡張APIなどを追加して、セキュリティと利便性を両方とも実現した。 対応ルーターも展示されていた ドコモが法人へ営業をかけると「管理を簡単にしたい」「検証稼働を減らしたい」という要望も寄せられる。 今回機能が拡充される「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」では、導入企業の管理者が操作するパソコン向けサイト(管理画面)のユーザーインターフェイスを、わかりやすいメニュー項目などにして、情報システムに習熟したスタッフだけではなく、さほどITリテラシーに長けていないスタッフでも操作できるようにした。 一方、検証については、「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」ではなく、法人向けセキュリティ対策として2013年夏モデル以降で新たな取り組みが行われる。 その1つがVPNで、たとえばVPNを利用する企業に向けて、ドコモではシスコやヤマハなど主要メーカーのVPNルーター製品での動作検証を実施する。 またマイクロソフトのExchangeとの連携も検証済とのことで、導入企業側での負担を減らしている。 さらに技術的な仕様書(ホワイトペーパー)もWebサイトで開示している。 対応機種にはプリインストール 2012年冬モデルから、OSレベルでのカスタマイズが既に施され、デバイス管理機能が利用できるようになっている。 ただ、このカスタマイズは、「遠隔カスタマイズ(スマートフォン)」を契約、利用開始しなければアクティブにならず、動作していない。 利用開始時に、この埋め込まれた機能を起動するアプリがインストールされ、デバイス管理ができるようになる。 現時点では「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」は法人名義の回線でのみ利用できる機能で、個人ユーザーは利用できない。 一方で、スマートフォンの業務利用については、社員個人の端末を利用する「BYOD」(Bring Your Own Device)という流れもあるが、有田氏は「BYODが拡がることで、スマートフォンの業務利用という流れが活発化することもあり、前向きに捉えている。 現時点では非対応だが、今後の対応に向けて前向きに検討したい」とコメント。 ただ、会見後の囲み取材で同氏は「BYODに対するニーズはまださほど増えていない」と、実質的なニーズはこれから、との見方も示した。 Androidの特性を活かす ドコモでは、iPhoneなどのiOS端末を提供していないが、有田氏は「OS自体が異なるため比較しづらいが、Androidの自由さ、つまり制約の少ない開発プラットフォームでAndroidにしかできない開発があるという点を訴求したい。 また、端末の種類も豊富だ」と述べて、iOSへ対応して法人市場でアピールしていくとした。 業務用途ではWindowsもまた主要なプラットフォームだが、「モバイルでの利用として、スマートフォンやタブレットでAndroidが提案しやすいのは事実。 (今回の取り組みは)Windowsに加えてAndroidを選択肢にするということ」と説明した。 今回、強みの1つとしたOSレベルのカスタマイズについては、KDDIが3LMと協力して2011年から提供している。 ドコモはKDDIに遅れを取った形となるが、有田氏はKDDIの法人利用がどれほどか知らない、と前置きした上で「さほど大きく影響しないのではないか」と述べていた。

次の