ギター ネック 調整。 テイラーギターのトラスロッドを回して、ネックと弦高の調整する

[ストラトキャスター]ネックポケットにシムを入れてネックの仕込み角を変更

ギター ネック 調整

木は金属のような強い耐性はありません。 したがってネックには弦の張力が掛かっているので弦の力に負けたり,温度や湿度の変化によって曲がってしまうことがあります。 このことを「ネックが反る そる 」と言いいます。 ネックが反っていると,弦高が高すぎて弾きにくいとか,弦がビリつくだとか,音程が悪いとかの症状となって表れてきます。 ネックが反った場合には,その状況をすばやく判断して的確な対処をすることが大切です。 いくら高価なギターでも必ず起こるネックの反り・音がビリつきや詰まりなどは、時間の経過と共に発生するものです。 このページではギターの反り具合を確認する方法を紹介すると共に、ギター博士によって実際にネックの反りを調節する方法について解説していきます。 ネックの反りを確認する 反りには「順反り」「逆反り」の2種類があります。 たいていはギター弦のテンションに負けて順反りしてる場合がほとんどです。 ネックの反りの様子 目で見て確認 ヘッドから見た様子 ボディ側からの様子 ネックの反りを確認する時のポイントは、 ヘッドからだけではなくてボディーのおしりの方からもフレット・ネックの様子を見ることです。 右の図のようにエレキギターをヘッド側から、おしり側からシゲシゲと眺めてみましょう。 ちょっとでも歪みがないか確認してください。 歪みが出ている部分があれば、その部分のフレットを押さえて音を鳴らしてみてください。 ビビッていたり、チューニングが合わないようでしたら反っている可能性が高いです。 見て分からない場合でもこのような方法で確かめることができます。 正面から見てわかりにくい場合は、すこし斜めの角度から見るなど工夫してみてください。 弦とフレットの隙間で確認 ギターをチューニングした状態で1フレットと最終フレット上で、フレットに弦がつくように軽く押さえます。 1フレットと最終フレットの中央あたりのフレット(8〜12フレットあたり)で弦とフレットの間に最適な隙間があるかどうかで、ネックが反っているかを判断する方法です。 5mm程度が最適と言われ、これよりも隙間が大きいと「順反り」、隙間が全然ない状態だと「逆反り」と判断できます。 ネックの反りを調節する方法 ネックの中に埋め込まれている、反りを調節することが可能な トラスロッドと呼ばれる金属の棒(アジャスタブルロッドとも言われます)を回して調節します。 その際に、必ず弦を張った状態で行います。 弦を張らない状態でネックの反りを直してしまうと、弦を張った時に張力によってまっすぐな状態から弓なりに反ってしまうからです。 作業に自信がない人/初心者の人は楽器店で修理してもらいましょう。 トラスロッドの場所 トラスロッドカバーをドライバーで外す トラスロッドの場所は、サウンドホール内のネックとのつなぎ目のところにあるタイプと、ヘッド部分にカバーしてあってその中にロッドが隠れているタイプの2つがあり、ギターの種類によって違います。 トラスロッドのまわし方 ロッドを回すには六角レンチ(場合によってはボックストラスロッドレンチ)を使います。 回す方向はネックの反り方によって方向が異なります。 ネックを上にして、 と作業します。 回しすぎに注意! ロッドをまわすのは一日に45度~90度までにしておきましょう。 それ以上多く回しすぎるとネックの形が急激に変わってしまったり折れてしまうこともあるので、危険です。 ギターは木材ですから、急激な変化には弱いのです。 それにロッドをいっぱいに回してしまってそれ以上調整できなくなってしまう事もあります。 あくまで調整の範囲内であることを覚えておきましょう。 ギター博士が「逆反り」を調節してみた! ギター博士がいつも弾いているギター「」。 ある日弾こうと思ったら、ローポジションのあるフレットでちゃんと音が鳴らない箇所を発見しました。 いわゆる「弦がビビる」というやつで、調べていくと逆に反っている「逆反り」だということがわかりました。 そこでギター博士は自分で実際にトラスロッドを調節して直してみた様子が以下の動画です。 参考にしてみて下さい。 トラスロッドを回すときのコツ.

次の

ギター・ベースのトラスロッドによるネック反り調整の方法と手順

ギター ネック 調整

逆反りの特徴! 画像のように逆反りは順反りとは逆向きの反りです。 順反りとは逆にネックの一部または全体が弦に近づいてしまうので、 弦が指板やフレットに触れやすく音がビビリやすくなります。 軽度の場合は少し弦高を上げれば問題なくなりますが、 進行すると、かなり弦高を高くしないと音が詰まったり 伸びなくなったりしてしまいます。 ネック反りを確認する方法! ネックの反りを確認するには基本的には目視します。 張られた弦は真っ直ぐになる事を利用して見比べることで、 ネックの反りを確認します。 ネック側から見ると以下のようになります。 ボディ側から見ると以下のようになります。 片目をつぶってみると、分かりやすいですね。 ただ、この方法は初心者だと見誤ってしまう事が多いので、 誰でも簡単にネックの反りを確認できる以下の方法をオススメします。 この方法は画像のように1フレットと最終フレットを押弦して12フレット辺りに 紙切れが1枚通る程度の隙間があれば問題なしです。 ただし、• 弦とフレットが密着して入らない = 逆反り• 弦とフレットの隙間がガバガバ = 順反り となります。 局部的な細かい反りを見たい場合は ・!~12フレット間 ・12~最終フレット間 で同様のことを試してみると言う方法もあるそうですが、 リペアマンでも無い限り演奏性や音に不具合がない場合は、 そこまでやる必要は無いでしょう。 では、ここからネックの反りの具体的な直し方を 解説していきますね。 ネック反りを自力で直す方法! ネックの中にはトラスロッドと呼ばれる反りを 直すための金属の棒が仕込まれています。 この トラスロッドを回すことによって、 ネックの反りを正常な状態に戻すことが可能です。。 このトラスロッドを回す為のナットの場所や サイズがギターによって違います。 これらの違いを踏まえてギター毎のトラスロッドを 回してネックの反りを調整する方法を解説します。 トラスロッドの仕組みと構造! 通常のトラスロッドは上記の動画を見ればわかる様に、 湾曲した形で仕込まれています。 動画内で説明されているタイプはシングルアクション トラスロッドとも呼ばれ基本的には順反りを直すことしか 出来ません。 ただ、トラスロッドをある程度締めた状態でネックが 真っ直ぐになる様にして出荷することで逆反りしてしまった場合にも 対応出来るようになっている事もあります。 バイフレックス・トラスロッド 近年では、バイフレックス・トラスロッドと呼ばれる 順反りにも逆反りにも効果を発揮するタイプもあり、 フェンダーであればアメリカンプロフェッショナルシリーズなどに 採用されています。 シングルアクションとは違いネック内に真っ直ぐ仕込む事が 出来るのでネックに掘る溝が直線で木部損失も少なく作業性も高く メンテナンス性も良い事からDIYでギター制作をしている人達の間では 人気が高いタイプです。 ただ、シングルアクションと比較すると質量が高く やや重くなる傾向にあるらしく厳密に言うと出音が変わってしまう と言う意見もあるようですね。 各社のトラスロッドへの拘り また、PRSの高級ラインに搭載されている ダブル・アクティング・トラスロッドは従来のロッドより 回す量は半分で同じだけ動かす事が可能となっています。 これによって、トラスロッドを回しきってしまう事は 少なくなりそうです。 他にもアイバニーズの高級ラインにも採用されている KTS・チタン製トラスロッドは強度だけで無く非常に軽量な事が 大きな特徴で、サスティーンが良くなるとも言われています。 ネックの補強材としてトラスロッドとは別にカーボンロッドが 入ったギター最近では取り入れるメーカーもあるそうです。 トラスロッドはネックの中に入っているので目視して見分ける事は 出来ませんが、大抵の場合はスペックシートに記載されているので、 確認したい場合はそちらを見てみましょう。 古いギターなどはトラスロッドがそもそも仕込まれていないギターも 存在していたりしますが、この場合は反ってしまったらどうしようも無いですね。 【重要】ネックの反りを直す前の注意点! 実際にトラスロッドを自分で調整する時には以下の事に 気をつけましょう!• いきなりトラスロッドを大きく回さない! 急にトラスロッドを大きく動かすとネックへのストレスが大きく 症状が悪化する事もあります。 また、ネックの反りが小さい場合には、 しばらく放置しておくと直ってしまう事もあるので、 ビビリや演奏性が許容範囲であれば触らないで 何とかなってしまう場合もあります。 ネックは非常にデリケートで音や演奏性に 大きく関わる部分なので、弦高やピックアップの高さを 変えるように気軽にやってしまうと 後悔してしまう事もあるので注意が必要です。 トラスロッドの場所と回し方! トラスロッドを回す場所はヘッドとネックエンドの ボディとの接合部のどちらかになり、• ネックエンド = エンド締め• ヘッド側 = ヘッド締め と呼ばれます。 エンド締めの場合! 古いフェンダーなどに多いエンド締めタイプは、ネックを取り外さないと 調整出来ないので、やや手間がかかりますね。 エンド締めのネックは外すと端っこ部分に画像の様な、 スロットナットと呼ばれる十字の溝があります。 回す方向は、• 時計回り = 締める = 逆反り方向へ• 反時計回り = 緩める = 順反り方向へ となっています。 一見、プラスドライバーが適合するように見えますが、 大きめのマイナスドライバーで回す事が可能です。 ただし、ガッチリと噛み合わないと傷が付いたりナメってしまう事もあるので、 貴重なギターの調整を行う場合には専用のドライバーを使いましょう。 ネットなどではオフセットドライバーと言う工具を使うと、 やりやすいとの声も多くあるようですね。 また、エンド締めでもホイールナットが搭載されているタイプであれば、 ネックを外さずに調整可能です。 管理人のしる限りではシェクターの一部モデルは ホイールナットが採用されていたと記憶しています。 他にもテレキャスはエンド締めでもピックガードを外せばトラスロッドが 回せるタイプもありますね。 エンド締めも国産ギターなどでは下記の写真のように、 六角レンチタイプのトラスロッドもあります。 気になるようなら様ならインチサイズを用意しましょう! アコギの場合! アコースティックギターの大半はセットネックなので、 ネックを外すことが出来ませんが、エンド締めの場合は サウンドホールからレンチを突っ込んで調整する事になります。 オベーションの様な大きなサウンドホールを持たないモデルは 背面のカバーを外しての作業で手間がかかります。 ヘッド締めのギブソン系やYAMAHAはボックスレンチで、 エンド締めのMartin系は六角レンチとなっていて適合サイズは、 以下のようになっています。 トラスロッドを限界まで締め込んでしまった場合には、 ワッシャーをかますことで調整可能になる場合があります。 ロッドスペーサーという名称として製品化もされていますが、 自分のギターのロッドのサイズと合うワッシャーであれば何でも 良いでしょう。 自力では直せない深刻なネックのトラブル! ここで紹介するネックトラブルが起こった場合は、 余程ギター調整に自信がある場合でも壊してしまう覚悟がないなら リペアショップへ直行することをオススメします。 また、殆どの場合で、リペア料金も高額になる、 以下の修理が必要な場合が多いですね…。 アイロン(熱矯正)• フレット擦り合せ• 指板修正• 指板を剥がして成形• セットネックの再セットアップ(ネックリセット) 安いギターであればギターを買い替えてしまった方が マシな位の修理代がかかる事もありますし、愛着のあるギターなら ネック交換も手かも知れませんね。 ハイ起き(腰折れ)元起き ハイ起きは、その名の通りハイポジションだけが 起き上がり盛り上がってしまった状態です。 ビビリやすくなりハイポジションでの音づまりが 多発してしまう、やっかいなトラブルです。 トラスロッドは7フレット付近を中心に全体にかかるので ハイポジションのみに利かすことは出来ません。 軽度ならフレット擦り合せ、重症なら指板修正や、 最悪ネックリセットか交換が必要となります。 トラスロッドを回すと症状が悪化する事もあるので、 不用意に触らない方が良い症状ですね。 ネック起き ジョイント部から順反ってしまう状態で順反りと同様に 弦高が高くなってしまいます。 しかも弦高は高いのにテンション感が弱く、 ハリのある音がでにくくなってしまう、これまた厄介な トラブルです。 指板修正でどうにもならない場合はネックリセットや、 成形が必要となります。 波打ち 順反りと逆反りがランダムに出てしまう症状です。 トラスロッドは局部的な反りを調整することが出来ません。 このことからトラスロッドによる調整は不可能となります。 局部的に音が詰まったり弦高が高くなったりするので 演奏性は最悪です。 アイロン、指板修正などで直る場合もありますが、 自然に波打ってしまったネックの場合は再発しやすいとも 言われているので、 思い入れのあるギターで無い場合は 高額な修理費を支払って直すよりネック交換、 または買い替えをオススメします。 ねじれ 波打ちと似た症状とも言えますが、 1弦側と6弦側で違う反り方をしてしまい文字通り ねじれてしまうネックトラブルです。 アイロン調整・指板調整・フレット擦り合せなど 大工事をしても、ねじれやすいネックは何度もねじれて しまうという意見もあるやっかいなトラブルです。 ネックのねじれはギターがネックから外せるなら、 外して一週間程度、置いておくことで直ったという話もありますが、 必ずしもこの方法で直る訳ではないので、 あまり期待はしない方が良いですね…。 ネックが反る理由!• 木材の質!• 外部から無理な力を加える!• 気候や環境!• 弦が太すぎる or 細すぎる! 管理人が考える、ネックが反る原因を 重要度順に並べてみました。 一般的にギター用の木材は乾燥処理など シーズニングが行われ木の持つ癖を出し切りますが、 この工程の精度によって反りやすさは、 ある程度きまってしまうと考えられています。 もちろん、木材は天然物なので、 個体差があるのですが、高価なギターは材のグレードが 高かったり腕の良い職人がしっかりと目利きして しっかりとした処理をして作られるのでネックが安定している ギターが多い訳なんです。 (例外もある…) この木の質に関してはギターを買う側からは、 メーカーに対する信頼性や価格などを参考にするしか ないでしょう。 基本的に、• この事から、夏は逆反り、冬は順反りしやすく、 極度な乾燥では反りだけで無く指板や塗装の割れも 生じやすくなるので注意が必要です。 木材にとってストレスが少ない気温と湿度は、 人間が快適だと感じる範囲で一般的には、• 気温:20~25度• 湿度:40~50% 程度と言われています。 実際に楽器店の高級ギターフロアの様に、 室温と湿度をしっかり管理した部屋は確かに快適で管理人も 目の保養と快適さから必要以上に滞在したくなります(笑) 管理人の経験上では、夏場や真冬に社内などに ギターを放置すると取り返しのつかない事になる事もあるので 注意しましょう。 (管理人の失敗談を後述します…。 ) 最後に、ギターの弦は太くなれば張力が強くなり細くなれば弱まります。 この事から弦のゲージを変える時はネックの反りを見ておいた方が 良いでしょうね。 現状でネックが真っ直ぐで調子が良いのであれば、• ネックが反りを防止する為に! 管理人が考えるネックの反りを防ぐ対策方法としては、 ギターを購入する前なら、• ネックの強いギターを探す! 絶対にネックが反らないギターと言うモノは、 この世にないという前提でネックが強いギターを 探すのが良いでしょう。 ギターの型番と言うよりはメーカーに対する口コミや 評価などから情報収集するのが良いでしょうね。 管理人の経験上でメーカー名を上げることは避けますが、 高いギターでも反る時は反りますし、安いギターでも反らない 個体は沢山ありました。 最終的には当たり前ですが、 自分の直感を信じるしかない! です。 購入後に気をつける事としては、• ギターを良く弾く! コレも管理人の経験上の話なので、 エビデンスと言えるほどのモノでは無いですが、放置していた ギターのネックが反っていた事が多いんですよ。 恐らくですが、良く触るギターは少しでも変化があると違和感に 気がついて調整してしまうのが理由だと思います。 ギター練習後はケースにしまっておくと言う人もいるようですが、 個人的にはいつでも手軽に手に取れるように、スタンドやハンガーに かけておいた方が上達もしやすく良い気がしますね。 長期的にギターを弾かない場合は、• ギターに無理な力がかからないようにする!• せめて湿度管理をする!• 弦を緩める! のが基本です。 弦を緩めてハードケースに湿度調整剤と一緒に入れてしまって おくのがベストでしょう。 管理人は、これを守らなかった為に過去にトンデモない事に なってしまいました…。 管理人の失敗談とネック反りへの意識… 幸いな事に管理人は所有ギターの深刻なネック反りトラブルには、 それほど遭遇していません。 管理人の最も大きな失敗は、セカンドギターを購入した頃に 最初に買った入門用ギターをソフトケースに入れて押入れにしまっていたら ネックに「ねじれ」が出てしまった事です。 もちろん、弦も緩めず押し入れに入っていたコンテナBOXが のしかかっていて今、考えても最悪の保存状態だったと思います。 それほど高価なギターではなかったので、 修理もせずに捨ててしまったので金銭的なダメージは それほど無かったのですが、 その失敗からギターの保存に関する知識を得て、 それからは気をつけるようになりました。 また、ネック反りでは無いですが、真冬にギターを車に 積んだまま放置してしまった事で塗装にクラックが入ってしまった事も ありますね…。 管理人は無いですが、真夏の車内に置き忘れて塗装が溶けて ベタベタになってしまったという話も聞いた事があるので注意が必要です! 車内放置は危険! ただ、個人所有のギターの為に一日中、加湿器や除湿機、 エアコンなどを回すのは現実的では無いと思いますし、 そこまで気を使わなくても 普通に扱っていれば、管理人はトラスロッドで調整できる範囲にしか 動いた事はありません。 特に日本は夏は高温多湿で冬は乾燥して寒いというギターにとっては、 あまり良くない気候と言われています。 反った時の為にトラスロッドが入っていると考えましょう。 まとめ 以上、ギターの反りを確認・直す方法でした。 管理人の行動パターンですが、.

次の

メインギターのネック周り調整2/シムの入れ替え

ギター ネック 調整

この記事のもくじ• ギターネックの反りの種類 ギターネックの「反り」とは、ネックが何らかの原因で ねじれたり曲がったりすることを指します。 ネックの反りには大きく4つの種類があり、それぞれ演奏のしやすいさに影響を及ぼしてしまうのです。 また、 ベースの方が弦の張力が強いためネックが反りやすい傾向があります。 以下では、ギターネックの反りの種類について紹介します。 順反り 順反りは、ギターネック反りの中で 最も多いタイプであり、ギターネック中央部、7フレット〜12フレットあたりが変形している状態のことです。 順反りになっているギターを横から見ると、指板中央部と弦との距離が開き、弓なり状にネックが曲がって見えます。 順反り気味になってしまうと、弦がネックから浮いてしまい、 弦高が高くなるため弾きにくくなってしまいます。 また、特定のポジションで音がビリつきやすくなることもあります。 逆反り 逆反りは順反りと反対の方向にネックが反ってしまうタイプで、ギターヘッドが弦と反対方向、つまり下がるように変形します。 少しくらいの逆反りなら演奏に支障はありませんが、反りが大きくなると 音詰まりが起きたり、 ビビりを感じやすくなります。 あまりに大きな反りだと 演奏自体できなくなる場合もあるので注意しましょう。 逆反りは弦の張力と反対の方向に変形していく反りであるため、使用中のギターにはあまり見られず、しばらく使っていなかったギターによく見られる反りになります。 ねじれ・波打ち ねじれ・波打ちは「順反り」や「逆反り」のようにネック全体に反りが起こるわけではなく、 部分的に反りが発生する状態を指します。 中には、順反りと逆反りが混在しているような 複雑なケースも見られます。 ねじれが起こる場合、多くは高音弦側が沈み込み、低音弦側が起き上がる形になります。 そのため、 特定のポジションで音がビリつくときは、ねじれや波打ちを疑いましょう。 ハイ起き ハイ起きとは、ネックのつなぎ目部分から ネック部が上側に持ち上がってしまう状態のことです。 ハイ起きが起こると、ハイポジションでの 音詰まりが発生します。 また、ハイ起きはトラス・ロッドが効かない部分が反っているため、修正するのは大変です。 ギターネックの調整と一緒に、弦の種類の記事も読んでみて! ライブUtaTenの関連記事! ネックが反る原因は? ネックが反ってしまう原因は環境によるものと、 弦のテンションによるものがあります。 原因を知ることができれば、ネックが反ってしまう前に対処することができますよ。 ここでは、 ネックが反る原因について紹介します。 温度変化 ギターは木でできているため、温度変化によってギターの体積が変化してしまい、 木に負担がかかることでネック反りが起こります。 湿度変化 湿度の変化もネック反りの原因になります。 湿度が高いとギターの体積が大きくなり、湿度が低くなると体積が小さくなります。 このように、湿度の変化によってギターが 膨らんだり縮んだりすることで、ネック反りが起こってしまうのです。 弦のテンション ギターは、弦を張っているだけで 相当な負荷がかかっています。 そのため、ネックが弦の引っ張りの力に負けてしまい、その結果ネックが反ってしまうことがあります。 短い期間に目に見えるほどネックが反ってしまった場合は、 弦のテンションによる反りが考えられます。 弦のテンションで起こる反りを防ぐためには、 保管するときに弦を緩めるようにしましょう。 外部からの衝撃 スタジオやライブなど、ギターを持ち運ぶ機会は多いですよね。 持ち運びの際に、他の楽器と重ねて運んだり、アンプと一緒に運んだりすることで、 ギターネックの反りが起こることがあります。 ギターを運ぶときは、しっかりとした ケースに入れて慎重に運ぶようにしましょう。 ギターの弦も一緒に張り替えるなら、この記事も読んでみてください! ライブUtaTenの関連記事! ギターネックの反り確認方法 ギターのネックは若干反りぎみの方が良いと言われることもあるため、 少しくらいの反りは気にならないことが多いです。 しかし、弦高が高くて弾きにくい状態が続いたり、音がビリつきやすくなっているときはギターネックの反り具合を確認しましょう。 この記事では、 自分でギターネックの反りを確認する方法を紹介します。 2点押さえて弦高を見る 正確にネック反りを確認したい場合に有効なのが、フレット2点を指で軽く同時に押さえて 弦高を調べる方法です。 この方法を使うときは、ギターをしっかりとチューニングした状態で行いましょう。 ギターのチューニングができたら、まずギターの1フレットと最終フレットを同時に押さえます。 このとき、8フレット〜12フレットあたりで ネックと弦の間に適切な隙間があるかどうかを調べます。 5mmくらいの隙間があればネック反りしていない状態と言えます。 また、弦高が変わってしまう原因はネック反りの他にも、ナットやサドル側に問題があるケースもあるということを頭に入れておきましょう。 反りがない場合 反りがない場合、フレット中央部(8フレット〜12フレットあたり)をタップしたときに、弦とフレットがぶつかってカチカチと音がなる状態になります。 2点を押さえたままで、ネックと弦の間に 0. 5mm程度の隙間が確認できれば正常です。 順反りの場合 2点を押さえた状態で、フレット中央部(8フレット〜12フレットあたり)のネックと弦の間に 0. 7mm以上の隙間が確認された場合、順反りが起きていると言えます。 順反り方向に反りが起きている場合、ビビり音やタッピングのような はっきりした音が出ていることがあります。 逆反りの場合 2点を押さえた状態で、フレット中央部(8〜12フレットあたり)のネックと弦の間の隙間が 0. 4mm以下になってしまった場合は、逆反りが起きていると言えます。 逆反りが起きると、タップしても カチカチという音が出なくなります。 ねじれ・波打ちの場合 フレットの場所によって 弦とネックの隙間の間隔にバラつきがある場合は、ねじれや波打ちが起きている可能性があります。 1弦側と6弦側でネックの反り方向が違う場合は ねじれ、ネックの場所ごとに反り方向が異なる場合は 波打ちが起こっていると言えます。 目視でネックを確認 ネック反りを目視で確認する方法もあります。 明らかな反りがある場合や、ねじれや波打ちの確認には 目視の方がわかりやすい場合も多いです。 ここからは、目視でネックの反りを確認する方法を紹介します。 真横から見る ギターネックの反りを目視確認する場合、まずは 真横からネックの状態を見ます。 このとき、ギターを目線の高さと同じになるようにしましょう。 わかりにくい場合は、定規を使ったり、 写真に撮って状態を確認すると便利ですよ。 ヘッド・ボディ側から見る 目視でネック反りを確認するときは、真横から見る他にも、ヘッド側(ナット側)、ボディ側(ブリッジ側)からも 必ず状態の確認を行いましょう。 このときも、 目線の高さをフレットの面と同じくらいにするようにしてください。 トラスロッドでネックの反りを調整する方法 実際にギターネックの反りが確認できたら、反りの調整も自分でしたいですよね。 自分でネック反りを調整するときは、ネックの中に埋め込まれている トラスロッドと呼ばれる金属の棒を使います。 トラスロッドをパイプレンチで回すとことで、ネック反りを調整できます。 ただし、ギターによっては ネックを外さないとトラスロッドが回せないものもあります。 ここでは、ネックを外してロッドを回す方法と、ネックを外さずヘッドからロッドを回す方法を紹介します。 ネックを外して調整するタイプ 特にアコースティックギターなどでは、トラスロッドが サウンドホール内のネックのつなぎ目部分にある場合があり、その場合はネックを外してロッドを回していきます。 手順は以下の通りです。 弦をヘッドから外す まず全ての弦を緩めて、弦をヘッドから完全に取り外します。 ネックをボディから外す ギターを裏返したら、4本のボルトを取り外し、ボディからネックを取り外します。 ボルトを取り外すときはネックを押さえながら作業するようにしましょう。 トラスロッドを回す ネックのつなぎ目に付いているロッドを回しながら少しずつネックの反りを調整していきます。 順反りの場合は時計まわりに、逆反りの場合は反時計まわりに少しずつ回しながら反りを調整していきます。 ネックをボディに戻して弦を張る 調整が終わったらネックをボディに戻し、ギターを裏返してボルトを取り付けます。 そして、弦を張り付けましょう。 ヘッドから調整するタイプ ギターのヘッドにレンチ穴がある場合は、 ヘッド部でトラスロッドを回しながらギターの反りを調整することができます。 手順は以下の通りです。 弦を緩める まずは全ての弦を緩めます。 ここでは弦を取り外す必要はありません。 トラスロッドカバーを外す 多くのギターはレンチ穴がカバーで覆われているので、カバーも完全に取り外しておきましょう。 トラスロッドを回す ロッドを回しながらネックの反りを調整します。 順反りの場合は時計まわりに、逆反りの場合は反時計まわりに少しずつ回しながら反りを調整してきましょう。 弦とカバーを戻す 調整ができたら、弦とカバーを元の状態に戻して調整完了です。 トラスロッドの回しすぎには注意 ネック反りを確認しながらトラスロッドを回していると、つい回しすぎてしまうこともあります。 ただし、回しすぎるとネックが変形することもあるので、 回したとしても45度〜90度までにしてください。 ネックが反らないように普段から温度や湿度に気を付ける事が大事!自分で調整するのが難しい場合はリペアショップに相談しよう 自分で確認・調整ができるギターネックの反りですが、普段から 徹底した管理をしてネックの反りが起こらないように気をつけることが大切です。 ネック反りはよくあることなので、自分のギターネックが反ってしまったからといって慌てることはありません。 しかし、大きな反りや波打ち・ねじれなど複雑な反りの場合は、 自分で調整するとギターを痛めてしまうこともあります。 難しい場合は、リペアショップに相談するのがおすすめですよ。

次の