ベイクルーズ 返品。 ベイクルーズのファッション通販

アラフォーファッションにお悩みの方にベイクルーズ系(イエナなど)がおすすめな理由: イロドリ40~ココロ豊かに過ごしたい~

ベイクルーズ 返品

セレクトショップを展開するベイクルーズのネット販売が好調に拡大している。 伸びをけん引しているのは自社ECだ。 同社は店舗とECを融合させるオムニチャネル化を推進しており、それが自社ECの成長を後押ししているようだ。 ベイクルーズのEC事業の責任者である上席取締役の村田昭彦氏に、これまでの成果や今後の注力ポイントなどについて聞いた。 「 オムニ系の施策が売り上げ成長の最大の要因となっている。 前期で言うと物流倉庫の一元化をして、そのタイミングでEC用の在庫とそれ以外の在庫を1つの倉庫に入れた。 「すべての在庫が1つのデータベースに集まっていて引き当て可能な状態。 「昨年は先ほどの 物流倉庫の一元化と在庫データの統合が1点目で、2点目がサイトのリニューアル。 サイト名も『ベイクルーズストア』に変更した。 直近の会員数は。 「190万人。 「当社で『クロスユース比率』と呼んでいるが、 店舗とECの両チャネルで購入している方の割合がすごく伸びている。 両チャネルを使う人の売り上げは前期に50億円増えている」 「一人あたりの購入金額で見ると、 店舗だけを利用している人の約3倍になり、両チャネル利用してもらったほうがよい。 両チャネルで買っている人の売り上げが増えるのは当たり前だと思われがちだが、両チャネルを利用する人が店舗で買っている売り上げは、店舗だけを利用する人の2倍になる。 つまり店舗と自社ECの両チャネルを使う人は店舗で買う回数も増える。 「自社ECだけで買う人と両チャネルで買う人を比べると、 両チャネルを使う人がECで購入する金額は、ECだけを利用する人の1. 7倍になる。 店舗でのブランド体験を経ている人はECで買う回数が増える。 つまり両チャネルを使ってもらったほうがいい。 まず「会員」「在庫」があり、そこまではメドがついたと。 それから「サービス」と「コミュニケーション」ということで、これが仕掛り中ということだった。 「『サービス』は会員プログラムが統合されたり、店舗とECを行き来する仕掛けとして店舗取り置きを導入したり、今後はネットで買って店舗で返品を受け付けるなども含め、 両チャネルをシームレスに行き来できるような体験を提供していくための細かな施策をどんどん行っていく。 例えばイベントを共通で行うこともその1つで、今までは会員向けセールを店舗とECでバラバラに実施していたのを共通で行う。 「これは今期の注力施策の1つ。 CRMも含め、当社で言う 『リアルタイムパーソナライゼーション』、リアルタイムにパーソナライズしていくことを進めていく。 「サイトを閲覧したり購入したお客様にその瞬間瞬間で個別に最適な情報を配信する。 一斉に何かの情報を発信することは原則やめており、お客様が受け取りたい情報を受け取りたいチャネルで、受け取りたい時間や頻度で送る。 例えば通販サイトであるブランドのコートを見ていて、かつ、渋谷にいるというタイミングに、そのコートが渋谷の当社の店舗に在庫があれば、その瞬間を捉えてメッセージを送るということはリアルタイムでないとできない。 「来年3月ごろにリリースする予定。 Eコマース用のアプリで、アプリならではの操作性を備え、ビジュアル中心な見せ方を意識している。 今は物理的なメンバーズカードがあるが、アプリリリース後はカード持っている方にアプリへの切り替えを促していく。 アプリで配信する情報もパーソナライズされたものを流す。 「そこまでいくと 7割程度はできたかなと。 いろいろブラッシュアップしたり、違う仕掛けをしていく必要はあるが、7、8割終わったと思う。 「まったくない。 「それは吸収できるコストなので。 簡単に言うと。 仮に購入金額5000円以下などの ラインを区切って送料有料にしてもいいが、実際それをしたところでそれほど差がない。 「EC全体では前期比2割増の330億円。 年間通じて出足は良いが、計画以上の推移できているため、目標値は達成できるだろう。 ただ、他社も伸ばされているので保守的な目標だけを達成できればいいわけではなく、市場の伸びや競合他社の伸び以上に伸ばしていくことが求められている」.

次の

返品方法について

ベイクルーズ 返品

セレクトショップを展開するベイクルーズのネット販売が好調に拡大している。 伸びをけん引しているのは自社ECだ。 同社は店舗とECを融合させるオムニチャネル化を推進しており、それが自社ECの成長を後押ししているようだ。 ベイクルーズのEC事業の責任者である上席取締役の村田昭彦氏に、これまでの成果や今後の注力ポイントなどについて聞いた。 「 オムニ系の施策が売り上げ成長の最大の要因となっている。 前期で言うと物流倉庫の一元化をして、そのタイミングでEC用の在庫とそれ以外の在庫を1つの倉庫に入れた。 「すべての在庫が1つのデータベースに集まっていて引き当て可能な状態。 「昨年は先ほどの 物流倉庫の一元化と在庫データの統合が1点目で、2点目がサイトのリニューアル。 サイト名も『ベイクルーズストア』に変更した。 直近の会員数は。 「190万人。 「当社で『クロスユース比率』と呼んでいるが、 店舗とECの両チャネルで購入している方の割合がすごく伸びている。 両チャネルを使う人の売り上げは前期に50億円増えている」 「一人あたりの購入金額で見ると、 店舗だけを利用している人の約3倍になり、両チャネル利用してもらったほうがよい。 両チャネルで買っている人の売り上げが増えるのは当たり前だと思われがちだが、両チャネルを利用する人が店舗で買っている売り上げは、店舗だけを利用する人の2倍になる。 つまり店舗と自社ECの両チャネルを使う人は店舗で買う回数も増える。 「自社ECだけで買う人と両チャネルで買う人を比べると、 両チャネルを使う人がECで購入する金額は、ECだけを利用する人の1. 7倍になる。 店舗でのブランド体験を経ている人はECで買う回数が増える。 つまり両チャネルを使ってもらったほうがいい。 まず「会員」「在庫」があり、そこまではメドがついたと。 それから「サービス」と「コミュニケーション」ということで、これが仕掛り中ということだった。 「『サービス』は会員プログラムが統合されたり、店舗とECを行き来する仕掛けとして店舗取り置きを導入したり、今後はネットで買って店舗で返品を受け付けるなども含め、 両チャネルをシームレスに行き来できるような体験を提供していくための細かな施策をどんどん行っていく。 例えばイベントを共通で行うこともその1つで、今までは会員向けセールを店舗とECでバラバラに実施していたのを共通で行う。 「これは今期の注力施策の1つ。 CRMも含め、当社で言う 『リアルタイムパーソナライゼーション』、リアルタイムにパーソナライズしていくことを進めていく。 「サイトを閲覧したり購入したお客様にその瞬間瞬間で個別に最適な情報を配信する。 一斉に何かの情報を発信することは原則やめており、お客様が受け取りたい情報を受け取りたいチャネルで、受け取りたい時間や頻度で送る。 例えば通販サイトであるブランドのコートを見ていて、かつ、渋谷にいるというタイミングに、そのコートが渋谷の当社の店舗に在庫があれば、その瞬間を捉えてメッセージを送るということはリアルタイムでないとできない。 「来年3月ごろにリリースする予定。 Eコマース用のアプリで、アプリならではの操作性を備え、ビジュアル中心な見せ方を意識している。 今は物理的なメンバーズカードがあるが、アプリリリース後はカード持っている方にアプリへの切り替えを促していく。 アプリで配信する情報もパーソナライズされたものを流す。 「そこまでいくと 7割程度はできたかなと。 いろいろブラッシュアップしたり、違う仕掛けをしていく必要はあるが、7、8割終わったと思う。 「まったくない。 「それは吸収できるコストなので。 簡単に言うと。 仮に購入金額5000円以下などの ラインを区切って送料有料にしてもいいが、実際それをしたところでそれほど差がない。 「EC全体では前期比2割増の330億円。 年間通じて出足は良いが、計画以上の推移できているため、目標値は達成できるだろう。 ただ、他社も伸ばされているので保守的な目標だけを達成できればいいわけではなく、市場の伸びや競合他社の伸び以上に伸ばしていくことが求められている」.

次の

返品方法について

ベイクルーズ 返品

セレクトショップを展開するベイクルーズのネット販売が好調に拡大している。 伸びをけん引しているのは自社ECだ。 同社は店舗とECを融合させるオムニチャネル化を推進しており、それが自社ECの成長を後押ししているようだ。 ベイクルーズのEC事業の責任者である上席取締役の村田昭彦氏に、これまでの成果や今後の注力ポイントなどについて聞いた。 「 オムニ系の施策が売り上げ成長の最大の要因となっている。 前期で言うと物流倉庫の一元化をして、そのタイミングでEC用の在庫とそれ以外の在庫を1つの倉庫に入れた。 「すべての在庫が1つのデータベースに集まっていて引き当て可能な状態。 「昨年は先ほどの 物流倉庫の一元化と在庫データの統合が1点目で、2点目がサイトのリニューアル。 サイト名も『ベイクルーズストア』に変更した。 直近の会員数は。 「190万人。 「当社で『クロスユース比率』と呼んでいるが、 店舗とECの両チャネルで購入している方の割合がすごく伸びている。 両チャネルを使う人の売り上げは前期に50億円増えている」 「一人あたりの購入金額で見ると、 店舗だけを利用している人の約3倍になり、両チャネル利用してもらったほうがよい。 両チャネルで買っている人の売り上げが増えるのは当たり前だと思われがちだが、両チャネルを利用する人が店舗で買っている売り上げは、店舗だけを利用する人の2倍になる。 つまり店舗と自社ECの両チャネルを使う人は店舗で買う回数も増える。 「自社ECだけで買う人と両チャネルで買う人を比べると、 両チャネルを使う人がECで購入する金額は、ECだけを利用する人の1. 7倍になる。 店舗でのブランド体験を経ている人はECで買う回数が増える。 つまり両チャネルを使ってもらったほうがいい。 まず「会員」「在庫」があり、そこまではメドがついたと。 それから「サービス」と「コミュニケーション」ということで、これが仕掛り中ということだった。 「『サービス』は会員プログラムが統合されたり、店舗とECを行き来する仕掛けとして店舗取り置きを導入したり、今後はネットで買って店舗で返品を受け付けるなども含め、 両チャネルをシームレスに行き来できるような体験を提供していくための細かな施策をどんどん行っていく。 例えばイベントを共通で行うこともその1つで、今までは会員向けセールを店舗とECでバラバラに実施していたのを共通で行う。 「これは今期の注力施策の1つ。 CRMも含め、当社で言う 『リアルタイムパーソナライゼーション』、リアルタイムにパーソナライズしていくことを進めていく。 「サイトを閲覧したり購入したお客様にその瞬間瞬間で個別に最適な情報を配信する。 一斉に何かの情報を発信することは原則やめており、お客様が受け取りたい情報を受け取りたいチャネルで、受け取りたい時間や頻度で送る。 例えば通販サイトであるブランドのコートを見ていて、かつ、渋谷にいるというタイミングに、そのコートが渋谷の当社の店舗に在庫があれば、その瞬間を捉えてメッセージを送るということはリアルタイムでないとできない。 「来年3月ごろにリリースする予定。 Eコマース用のアプリで、アプリならではの操作性を備え、ビジュアル中心な見せ方を意識している。 今は物理的なメンバーズカードがあるが、アプリリリース後はカード持っている方にアプリへの切り替えを促していく。 アプリで配信する情報もパーソナライズされたものを流す。 「そこまでいくと 7割程度はできたかなと。 いろいろブラッシュアップしたり、違う仕掛けをしていく必要はあるが、7、8割終わったと思う。 「まったくない。 「それは吸収できるコストなので。 簡単に言うと。 仮に購入金額5000円以下などの ラインを区切って送料有料にしてもいいが、実際それをしたところでそれほど差がない。 「EC全体では前期比2割増の330億円。 年間通じて出足は良いが、計画以上の推移できているため、目標値は達成できるだろう。 ただ、他社も伸ばされているので保守的な目標だけを達成できればいいわけではなく、市場の伸びや競合他社の伸び以上に伸ばしていくことが求められている」.

次の