山本 五 十 六 やっ て みせ 全文。 五省 格言クリアファイル 大和ミュージアム関連グッズ販売店

やってみせて、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かず(山本五十六)

山本 五 十 六 やっ て みせ 全文

(以下、付属の解説書より抜粋) 大日本帝国海軍 第26、27代連合艦隊司令長官。 戦死時の階級は海軍大将で、死後元師に特進しました。 明朗な性格で、部下や同僚から非常に高い信頼を寄せられた人物でした。 山本元師は当時の欧米事情にも詳しく、日独伊三国軍事同盟や日米開戦に最後まで反対していました。 航空機戦力に早く着目し海軍航空隊設立に尽力し、日米開戦時には「短期決戦・早期和平」という日米間に於ける国力の差を冷静に分析し、現実的な作戦計画を実施しようとしたこと等、旧日本海軍軍人の中でも傑出した名将としての評価は今日でも高く、海外においても広く賞賛されています。 また、多くの金言を残し「男の修行」はその「山本五十六語録」の代表的なものです。 これは格言としての評価も高く、多くの経営者や指導者が座右の銘としています。 他にも現代の企業理念にも通じる 「やってみせ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ」といった格言をはじめ、「実年者は、今どきの若い者などということを絶対に言うな。 なぜなら、われわれ実年者が若かった時に同じことを言われたはずだ。 今どきの若者は全くしょうがない、年長者に対して礼儀を知らぬ道で会っても挨拶もしない、 いったい日本はどうなるのだ、などと言われたものだ。 その若者が、こうして年を取ったまでだ。 だから、実年者は若者が何をしたか、などと言うな。 何ができるか、とその可能性を発見してやってくれ。 」等、その多くの言葉は時代を超え、山本五十六の情に熱い人柄を今に残しています。 セットでのご購入でさらにお得に! 商品番号 数量 セット価格 (税込) 注文 Y-40388-10 10組 5,000円 セット Y-40388-20 20組 9,500円 セット Y-40388-30 30組 13,500円 セット• 期限を越えた場合は、まことに勝手ながら、ご連絡後キャンセルとさせていただきます。 一部の商品を除き、ラッピングはお受け出来ません。 対応商品は個別の販売ページに明記いたしております。 お届け日やお届け時間帯のご指定も可能です。 ご注文日より4営業日以降のご指定でお願いします。 一部商品につきましては、メール便にてお送りさせていただく場合がございます。 メール便の場合も通常と同額の送料となります。 海外への発送は、受け付けておりません。 予めご了承ください。

次の

山本五十六記念館公式サイト|新潟県長岡市

山本 五 十 六 やっ て みせ 全文

山本 五十六の名言から学ぶ人材育成 出典:() はじめに、山本 五十六の簡単なプロフィールをご紹介します。 山本 五十六は、大日本帝国海軍軍人で、太平洋戦争開戦時の際の連合艦隊司令長官を務めました。 そこで真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦をはじめとした歴史的にも有名な作戦を指示したことでも有名で、アメリカと日本の実力差を熟知していたことからも最後まで戦争に反対していたとも言われています。 そんな山本 五十六が生前、口にした数々の名言の中でも、特に有名なのが「やってみせ」から始まる言葉です。 軍人として、多くの部下を統率してきた経験があるからこそ身につけた"いかにして人を動かすか"のエッセンスが詰まった言葉であり、多くの経営者や指導者の格言として知られています。 やってみせる いくらマニュアルを読ませたり、口で上手く説明したとしても、具体的な仕事のイメージが掴めなければ完璧な理解には及びません。 なにより、人間の五感の中で最も情報をインプットするのが「視覚」とも言われていますので、実際の様子を見せることによって理解が進むでしょう。 どうしても時間の都合や手間を理由に、口頭説明のみで終わらせがちですが、人になにかを教える時は、まず自分が率先してやってみせることが重要です。 また、相手に敬意を払うという意味でも、面倒くさがらずに見せるということを意識しましょう。 言って聞かせる やってみせた後は、しっかりと説明して聞かせることが重要だということです。 たとえ手本を見せただけでも上手く伝わっているとは限りません。 テレビドラマのように職人が弟子に伝える「見て覚えろ」のような美徳は教える側の過信となっている可能性があります。 そのため、見せてイメージを掴ませたあとは、言葉で補足説明をして十分に伝えましょう。 また、「言って聞かせる」という言葉からも分かるように、重要なのは相手に伝わっているかです。 一方的に説明したかどうかではなく、きちんと相手に伝わっているか、理解ができたかどうかという点に注意して説明しましょう。 させてみる 見せて聞かせたあとは、実際に相手に実践させましょう。 ご自身でも、いざ、実践しようとしたら思うように出来ないという経験はないでしょうか。 それは、ごく普通の流れで、結局は頭のなかで完結しているだけなので、見て聞いた内容を実践することで再現してもらいましょう。 もちろん、理解度は人それぞれですので、説明だけでも理解できる、わざわざ実践させなくてもできる、と思われるかもしれませんが、理解を深めるためにも実践してもらうことが指導の基本として覚えておきましょう。 ほめてやる 実際にさせてみた後は、相手を褒めてあげましょう。 褒めるといってもできの良さを賞賛するのではなく、相手を肯定するようなイメージです。 しかし、指導において相手を褒めてあげることは非常に重要な要素の一つで、褒める=肯定してあげることが自信を持って仕事に取り組む原動力となります。 褒めることに慣れない方であれば、「それで大丈夫」「そのやり方で問題ない」というようなニュアンスで相手を肯定しましょう。 人間は、それぞれ考え方や感情を抱く意思をもっています。 たとえ何かしらの成果物が残せたとしても、本質を理解した仕事としていない仕事では、雲泥の差が生まれることは間違いありません。 つまり、本質を理解した行動を起こしてもらうためにも上記のステップを経て、相手の意志で自ら行動してもらう必要があります。 そのためには、教える側も最適な教育方法を考え、行動していく必要があるのです。 その他の名言 ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、この「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。 」という名言には続きがあります。 話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。 やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。 という言葉です。 なぜなら、相手を軽んじて言うことをきかせようとすれば、反発されたり、関係が構築できないのは当然のことでしょう。 その結果、部下が言うことを聞いてくれない、指導しても上手く理解してくれない、と嘆く前に新たまえて指導方法、考え方を見直してみましょう。

次の

山本五十六「やってみせ」(全文) 格言クリアファイル 大和ミュージアム関連グッズ販売店

山本 五 十 六 やっ て みせ 全文

大日本帝国海軍 第26、27代連合艦隊司令長官。 戦死時の階級は海軍大将で、死後元師に特進しました。 明朗な性格で、部下や同僚から非常に高い信頼を寄せられた人物でした。 山本元師は当時の欧米事情にも詳しく、日独伊三国軍事同盟や日米開戦に最後まで反対していました。 航空機戦力に早く着目し海軍航空隊設立に尽力し、日米開戦時には「短期決戦・早期和平」という日米間に於ける国力の差を冷静に分析し、現実的な作戦計画を実施しようとしたこと等、旧日本海軍軍人の中でも傑出した名将としての評価は今日でも高く、海外においても広く賞賛されています。 また、多くの金言を残し「男の修行」はその「山本五十六語録」の代表的なものです。 これは格言としての評価も高く、多くの経営者や指導者が座右の銘としています。 他にも現代の企業理念にも通じる「やってみせ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ」といった格言をはじめ「実年者は、今どきの若い者などということを絶対に言うな。 なぜなら、われわれ実年者が若かった時に同じことを言われたはずだ。 今どきの若者は全くしょうがない、年長者に対して礼儀を知らぬ。 道で会っても挨拶もしない、いったい日本はどうなるのだ、などと言われたものだ。 その若者が、こうして年を取ったまでだ。 だから、実年者は若者が何をしたか、などと言うな。 何ができるか、とその可能性を発見してやってくれ。 」等、その多くの言葉は時代を超え、山本五十六の情に熱い人柄を今に残しています。 「五省」は昭和7年、旧大日本帝国海軍の将校養成機関であった 広島県江田島の海軍兵学校 (現在は海上自衛隊幹部候補生学校・第一術科学校がある)の校長であった松下元少将が発案したものです。 松下校長は兵学校生徒の訓育を重視され、常として自らに発していた五か条の反省事項を、旧海軍の教育の中で、生徒がその日の行いを反省するために毎日行われる訓示として考案しました。 その教育の方法は、当番生徒が夜間「自習止メ五分前」に「軍人勅諭五箇条」を奉読後「五省」の五項目を問いかけ、生徒各自は瞑目し心の中でその問いに答えながら一日の自省自戒とするというものでした。 終戦により兵学校は閉校され、陸海軍に関するあらゆるものが歴史の表舞台から消えてゆきましたが、「五省」に関しては例外でした。 日本を占領した米国海軍のウィリアム・マック海軍中 将は「五省」の精神に感銘を受け、アナポリス海軍兵学校で現在まで教育に利用しているといわれます。 Hast thou not gone against sincerity? - 真心に反することはなかったか Hast thou not felt ashamed of thy words and deeds? - 言葉と行いに恥ずべき所はなかったか Hast thou not lacked vigour? - 精神力に欠いてはいなかったか Hast thou exerted all possible efforts? - 十分に努力をしたか Hast thou not become slothful? - 全力で最後まで取り組んだか (訳: 松井康短氏) 国内においても、海上自衛隊幹部候補生学校で日々の行動を自省する標語として用いられ、海軍時代の伝統が現在まで受け継がれています。 参考文献:左近允尚敏「海軍兵学校教育と五省」(「現代警察」88号平成12年12月号).

次の