楽天でんき 電気料金。 東京電力と楽天エナジーの楽天でんき電気料金を比較

楽天電気にガスは無いの?ガス自由化について問い合わせた結果

楽天でんき 電気料金

楽天経済圏の利用者なら損はない楽天グループの電力会社 楽天グループの電気小売り事業です。 2018年9月までは「まちでんき」として運営していましたが、サービスを一新し 「楽天でんき」を再スタートしました。 新規契約は「楽天でんき」のみで、「まちでんき」はこれまでの契約者の為に継続、楽天でんきへの切り替えをすすめています。 楽天でんきは離島等一部地域を除いた 日本全国をサービス対象エリアとしています。 また 料金は基本使用料無料で一律単価のシステムを採用しています。 「まちでんき」の時の料金システムと大きく変わり、新電力で人気のシンプルな料金システムを採用しました。 プランは 一般家庭向けのプラン「プランS」と 契約アンペアが大きめの家庭か事業所向け「プランM」があるほか、大型エアコンや業務用冷蔵庫がある場合の「動力プラン」や別サービスに高圧を扱う楽天でんきBusinessもあります。 従量料金だけで比較するともっと安い電力会社もありますが、 楽天でんきの強みはポイントにあります。 電気料金200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。 料金支払いを楽天カードでした場合、 別途100円につき1ポイント付与されます。 さらに楽天でんきに 申し込んだ時点で2000ポイントもらえますので 楽天ポイントがどんどん貯まります。 また楽天でんきに加入することで 楽天市場のポイント倍率が0. 5プラスされますのでさらにポイントが貯まりやすくなります。 楽天スーパーポイントはネット通販の楽天市場で利用できるほか、楽天グループの様々なサービスにも利用できますし、電気代に充当することはもちろん実店舗での支払いに利用することもでる使い道の広い人気のポイント制度です。 ポイント制度を中心とした楽天経済圏を活用している人には一考の余地は多いにあるのではないでしょうか。 支払い方法はクレジットカードのみ(もしくはポイント)です。 楽天カード以外でも支払えますが、楽天でんきの利点を生かそうと思うのなら楽天カードで支払うのがベストかと思われます。

次の

楽天でんき:基本料金ゼロ円の電気料金プラン

楽天でんき 電気料金

ネットショッピング、モバイル回線、クレジットカードにプロ野球球団にJリーグチームまで様々な事業を手がける楽天グループ。 その中で電気小売り事業を手がけるのが楽天エナジーです。 楽天エナジーが手がける「楽天でんき」は楽天スーパーポイントがたまるのはもちろん、毎月の基本料金無料になる魅力的な電気料金プランについて詳しくみて行きましょう。 切り替えるだけで楽天スーパーポイントが2000ポイント付く。 基本料金がゼロ円・従量料金が1段階のシンプルなプランで全国で利用できる。 電気料金の見直し・切り替えなら、セレクトラのコールセンター( )がおすすめ。 目次:• ネットショッピング大手の「楽天グループ」が電気事業を手がけるまで 日用品からセール品や特別なプレゼントまで、今や多くの人がネットで買い物をする時代になりました。 楽天スーパーポイントがたまる・使えるでおなじみの楽天市場は日本発のECサイトとして、世界的なECサイト・アマゾンとともに多くの人々に利用されています。 そんなECサイト大手の楽天は、2013年ころからグループ企業の楽天エナジーを通じて、エネルギービジネスに乗り出しました。 目的はそれまでECで培ったデータ分析や支払いシステムのノウハウを、電気販売のソリューションや再生可能エネルギーの発電に生かすことです。 家庭・店舗むけ電気料金プラン:「まちでんき」から「楽天でんき」へ を受けて、 楽天エナジーは家庭や店舗向けの低圧電力サービス「まちでんき」を開始しました。 この「まちでんき」は大手電力会社の従量電灯プランによく似た料金体系をしていました。 基本料金は同額で、電力量料金つまり電気を使った分にかかる料金が若干安くなるというのが特徴でした。 2018年10月、 楽天エナジーはそれまでの「まちでんき」に変えて、全く新しい電気料金プラン「楽天でんき」のサービスをはじめました。 「まちでんき」との違いは、これまで毎月発生していた 基本料金がゼロ円になり、電力量料金も1段階(大手電力会社は3段階)とシンプルになりました。 では、この料金プラン 「楽天でんき」についてより詳しくみていきましょう。 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 これはとは大きく異なります。 従量電灯プランは基本料金(最低料金)と電力量料金の二つから構成されます。 楽天でんきにはこの基本料金(最低料金)がありません。 つまり基本料金(最低料金)がゼロ円なのです。 毎月かかる固定費がゼロ円になると、それだけお得になりますよね。 さらに、では使用量に応じて電力量料金は3段階に分かれていますが、楽天でんきでは1段階のみととってもシンプルです。 また300kWh以上(北海道エリアは280kWh)以上の電力量料金は、いずれもぞれぞれの電力エリアの従量電灯プランよりも安くなります。 つまり、概ね毎月300kWh以上使う家庭だとよりお得なる可能性がありますね。 それぞれの料金プランをクリックすると、との比較料金表を確認することができます。

次の

楽天でんきの電気料金を期間限定の楽天ポイントで支払いする設定方法

楽天でんき 電気料金

関連記事• 今のところガスを手掛けていない楽天 「楽天ガス」の現状を解説します。 ガス自由化には未参入 楽天ガスは無い 楽天は2020年1月現在、ガスを手掛けていません。 電力会社やガス会社のように電気とガスとのセット契約のようなサービスは提供していません。 参入の予定を問い合わせた結果 楽天ガスは実現するのか、楽天でんきの問い合わせ窓口に問い合わせてみました(2019年9月) その際に頂いた回答としては「今後のサービス拡充につきましては。 随時ホームページ等でお知らせさせていただきますが、現時点ではガス事業への参入はお知らせに入っておりません」との回答でした。 現時点では参入を検討しているかどうかについても公表できる情報が無いようです。 参入のハードルは下がりつつある ガス自由化では、新規参入のハードルが高いという問題点がしばしば指摘されています。 全く参入企業が無いエリアも多いですし、参入がある地域でも選べるのは数社だけというところも少なくありません。 電力自由化では発電所を持たない会社でも参入がしやすく、600社以上が参入しています。 一方、ガス自由化では自前でガスの製造工場などを持つ必要があったり、保安検査をする体制を用意する必要があるため、多額の設備投資が必要となり、参入が増えない要因となっています。 楽天についてもそうした設備を持っていませんが、最近はガス自由化への参入を支援する外注サービスを東京電力などが提供しており、楽天もそうしたサービスを利用することで参入が可能となる可能性があります。 楽天ガスが実現しても全国展開は難しい 離島をのぞく全国に対応している楽天でんきですが、仮にガス自由化に参入したとしても「全国対応」は難しいです。 ガスは電気とは違い、エリアが細分化されています。 既にガス自由化に参入している企業を見ても、「東京ガスのエリアのみ」とか「大阪ガスのエリアのみ」などと対応エリアを細かく区切っているいます。 そもそもガス管が外部と接続していない地域も少なくありません。 電気のように全国対応というのは「ありえない」と言っても過言ではないでしょう。 また、現状のガス自由化の新規参入が大手3社(東京・大阪・東邦)のエリアにほぼ限定されていることからも、楽天ガスが実現した場合でも、大手3社のエリア以外にも当初から対応する可能性はきわめて低いと言えます。 関連記事• 楽天でんき契約者はガスをどうすればいい? 楽天ガスが実現していない今、楽天でんき契約者はガスをどうするのが「正解」なのか。 結論を紹介します。 他社と組み合わせるとお得です ガス自由化で新規参入がある地域にお住まいの場合は、電気・ガスをそれぞれ別々の会社に切替えることで、光熱費を大幅に削減することが可能です。 2人世帯のモデルケースでの試算を紹介します。 内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額 東京ガスのガスと 東電の電気 5007円 9306円 14313円 - 電気・ガスともに東電 4857円 9256円 14113円 -200円 と 4794円 9003円 13797円 -516円.

次の