ヴァサゴ・カザルス。 ヴァサゴカザルスとPoH(プー)の正体や目的と最後は死亡か生きてるか?SAOアリシゼーションWoU

ヴァサゴとガブリエルの正体と目的とラストのネタバレ「ソードアートオンラインアリシゼーションWOU」

ヴァサゴ・カザルス

2020年4月から放送れるソードアート・オンラインシリーズのアリシゼーション編の後編、原作小説では『アンダーワールド大戦』とされる物語のアニメの13話から放送が開始されます。 アリシゼーション編の続きだからと思ってしまいますが、内容も副題の通り人界と暗黒界(ダークテリトリー)がぶつかり合う大戦が描かれています。 襲撃者たち アリシゼーション編での目的は『A. E』というトップダウン型のAIの確立です。 そしてアンダーワールドという仮想世界で菊岡が目指した「自らの意志で定められたルールを破れる」AIアリスが誕生します。 ラースはこのAIを軍事利用へなんてことを考えていたりするのですが、その未発表の技術を盗むためアメリカの国家保全保障局NSAから民間軍事会社『グローバル・ディフェンス・システムズ』を営むガブリエル・ミラーが作戦への参加という形で依頼を受け傭兵たちを指揮してラースが開発したトップダウン型AIを奪取するために攻撃をオーシャン・タートルに攻撃を仕掛けます。 この攻撃の第一波がキリトのSTLの電源が落とされてしまった原因です。 ガブリエル・ミラーは仮想世界で 『サトライザー』というアカウントを持っており、 アニメ第1話でも登場していました。 また襲撃者たちの1人に ヴァサゴ・カザルスという人物がおり、ガブリエルを「兄弟(プロ)」と呼び、現実世界の急襲だけでなく彼と共に仮想世界にダイブを行います。 2人は運営用に用意されていたスーパーアカウントを用いて暗黒界側の住人としてアンダーワールドにダイブし、内部で行われている大戦を利用してアリスを奪取しようと画策します。 ガブリエルが使うアカウントが暗黒界の皇帝ベクタ、ヴァサゴは暗黒騎士を用いて大戦に参戦します。 ラースの対抗手段 元々用意されていた最終負荷実験によって人界と暗黒界を阻む壁が崩壊し、アンダーワールド内で大戦が繰り広げられますが、 ラースの目的はトップダウン型AIとして完成したアリスの確保です。 アリスがアンダーワールドの最果てにあるコンソールに辿り着き、正規な手続きをとってライトキューブとして現実世界で取り出すことができればラース側が勝利します。 例えるならば USB記憶装置をPCから取り出すときの「ハードウェアの安全な取り外し」作業をどちらが先に行うかということです。 ヴァサゴの正体と決着 ヴァサゴの正体はSAOのアインクラッド編から描かれ続けてきた 「ラフィン・コフィン」のリーダーPoH(プー)です。 序盤はラースで用意されていた暗黒騎士のアカウントを使って大戦をかき乱していた彼ですが、途中でHPを全損させてしまい、自身の本来のアカウントであるPoHをコンバートさせて再度ダイブを行います。 復活したキリトとアリシゼーション編まで長く続いた因縁との決着も描かれることになります。 キリトとアスナの年齢がとんでもないことに! 襲撃者たちは自分たちの作戦が劣勢であることを知り、またその場に指揮官のガブリエルが現実世界に不在だったことで時間を稼ごうとアンダーワールドの時間加速を限界まで引き上げます。 更に好奇心から物理的に施錠されたキーロックを銃で壊し、強引に引き上げようとしたことで、現実時間の500万倍の『限界加速フェーズ』を迎えてしまいます。 アリスを逃がすことを優先しガブリエルと限界まで戦っていたキリトは、ガブリエルを打ち倒し、アリスをログアウトさせることに成功しますが、自身の脱出は間に合いませんでした。 そして今度こそ共にあろうと自分の意志で残ったアスナと共に仮想世界で200年の月日を過ごすことになります。 目覚めたキリトに比嘉が頼まれ、2人の記憶はデリートされ、2人は特に障害も残らず以前の自分を取り戻します。 しかし比嘉は彼のフラクトライトのコピーをとり隠し持つという行動をとります。 SAOの物語はアリシゼーション編で完結するような流れができていますが、エピローグとして大戦から200年が経過したアンダーワールドの世界と比嘉がとったキリトのコピーの存在といった伏線を残しており、原作小説第19巻からは新しい物語が描かれています。 そして物語は宇宙へ!? 大戦から200年が経過し、キリトたちが再びアンダーワールドにログインすると、 整合騎士は機龍という機体に乗り、宇宙から飛来する宇宙獣と戦う様子が描かれています。 アンダーワールドの200年後のお話は宇宙を舞台に繰り広げられます。

次の

ReoNa×SAOアリシゼーションWoUコラボキャンペーン

ヴァサゴ・カザルス

「イッツ・ショー・タァーイム」 概要 CV: (ゲーム版) 殺人ギルド「ラフィン・コフィン」のリーダー。 ポンチョとフードを目深に被った、冷酷で狂気的な思考を持った殺人鬼。 その美貌と強烈なカリスマ性でオレンジプレイヤーを扇動し、狂的なPKに走らせていた。 殺戮の前に告げる「イッツ・ショー・タイム」の言葉は彼とラフコフの代名詞でもある。 直接のPK以外にもシステムの穴を突いた数々のマナー違反(と言ってもSAOでは命の危険に繋がる悪辣な)行為を考案・実行し、ゲーム内の風紀を乱していった。 タチの悪いことに純粋なプレイヤーとしての実力も高く、魔剣クラスのモンスタードロップ・《友切包丁(メイト・チョッパー)》を手に入れて以降は更にその脅威を増していった最悪の存在である。 劇中の活躍 実は存在感に反してまともな出番は圏内事件での顔みせのみと、素性には謎が多い。 ラフィン・コフィン討伐戦の直前に行方を晦まし、SAOクリア後も他の元ラフコフメンバーが何らかの事件を起こす中、14巻を過ぎても作中に一切姿を見せていない。 設定上では討伐戦以降は《犯罪者》から復帰、圏内に潜伏して次の謀略を練っていた。 1巻以前の時間軸を描いたプログレッシブでは、1層の時点で既に彼らしき人物の暗躍が描かれている。 ゲーム版(PoHのホロウ・データ) に満を持して登場。 原作に先駆けとの決着を…と思わせてその正体は《ホロウ・エリア》に存在する人格模倣AI、《ホロウ》の一人。 システムエラーの影響で自我に目覚め、黙々と《ホロウ》をPK=人殺しを続けるAIから、天啓を受けたと称して己の意志で殺人を楽しむようになった。 後に己の正体を知り、SAOのクリア時で己が消去されることを阻止すべく《ホロウ・データ》で《アインクラッド》をアップデート、曰く 人殺しを続けられる永遠の楽園の創造を企む。 成功していた場合、《ホロウ》とプレイヤーが入れ替わり ゲームクリアが不可能となる上、プレイヤーには現実の肉体への悪影響やエラーとして削除される可能性がある。 いわば 全てのプレイヤーへのPKであり、これは オリジナルのPoHすらも例外ではない。 実は…(若干のネタバレ注意) 原作既読者ならば既に違和感に気づいていると思うが、実はこのホロウPoH、 オリジナルとは似ているようで全くの別人である点が他の《ホロウ》とは決定的に異なる。 他作品に例えるならに対するのような存在。 多くの者にとっては想像(ラフコフにとっては理想)通りかそれ以上のスーパーヴィラン。 しかし、PoHを 詳しく知る者から見れば紛い物以下の存在である。 特にPoH本人が彼のことを知れば腹を抱えて笑い転げるだろう。 なにせ、 カーディナル・システムすら騙しきったのだから。 ただし酷薄さだけは本物に忠実で「 なんでアインクラッドの俺を生かしてこの俺が消えなきゃいけねぇんだよ」と吐き捨てている。 キリトも上記の台詞に「アインクラッドのお前も同じことを言うんだろうな」と返している。 とまぁ散々こき下ろしたが実際の所、視聴者側からしても HF発売当時、視聴者でPoHの本性を知るのはweb版時代の読者のみと言う状態だったため、このホロウへの 感想でSAO歴がわかる、そして上記の通りカーディナルすら騙されてしまったという、ただの偽物では終わらない中々に 味わい深い紛い物である。 あえて今からHFをプレイして、オリジナルとの違いを比べてみるのも一興だろう。 関連イラスト 関連タグ サブキャラクターは作中設定の各記事、及び各作品の個別記事を参照。 ネタタグやカップリングはキャラクターの個別記事及び下記のカップリング一覧を参照。 シリーズの中でもトップクラスの力とカリスマを持つ彼だが、その本質は殺人鬼などという大層な生き物ではなく サル同士の殺し合いを見たいだけ、攻略組を人殺しにしたいだけの男。 にして攻略組の、 の成れの果て。 コイツを殺人鬼と呼ぶのは揃いも揃って他のSAOのボスに対して失礼、に対してはもはや侮辱と言ってもいいだろう。 その悪行の最たるものがラフィン・コフィン討伐戦における自作自演であり、討伐部隊襲撃の情報を漏らしたのも、アジトの場所を《攻略組》に密告したのも、他ならぬ首領のPoH本人である。 そして情報もわざわざ「逃走は不能だが迎撃可能」という タイミングを見計らって漏らしており、凄惨な殺し合いになるよう仕向けている。 そもそもPoHはラフコフなど最初から仲間と見ておらず、 討伐戦では隠れてサル同士の殺し合いを腹を抱えて見物し自らラフコフを使い捨てた本物の屑。 その後も懲りずに(というよりも全てのため初めから懲りる理由などない)上記の通り次の謀略として討伐戦の一件をダシにキリトとアスナを責め立てる計画であったが、その前に75層でゲームはクリアされ(またしてもキリトによって)計画はお釈迦になってしまった。 一方キリトとアスナだけは例外で、特にキリトに対しては憎悪どころか初めて彼を襲撃したその日から強く惹かれて続けており、SAOが途中でクリアされてしまった時には深い失望と虚脱を覚えてしまったほどである。 当時は気づいていなかったが、 キリトの横顔がかつて一瞬だけ見た腹違いの兄にどこか似ていたからかもしれない。 実際、気づいた時には胸が疼いてしまった模様。 アリシゼーション編でも自身は手を下さず、安全な所から他者を扇動する相変わらずのゲスっぷりを見せる。 ゲーム続行となったホロウ・フラグメントでも姿を現していないが、ゲームの時間軸では一度76層以降に登ると75層以下には降りられない状態のため、 この男が逃げ場のない最前線に現れるわけがないのは当然。 最期…? そんな彼の歪んだ愛情は(当たり前だが)届くことなく、アンダーワールドでの決戦の末にキリトはPoHの再ログインを防ぐべくアバターを一本の杉の木に変えてしまう。 だが運の悪いことに、お仲間の癇癪によりアンダーワールドの時間は5,000,000倍まで加速。 現実世界の1分が10年という極限環境で皮膚以外の五感を絶たれるという状況で50年以上を過ごすことになったPoHは、30年ほど経ったあたりでという因果応報の最期を迎えた。 流石に堪えたのかリアルでも髪の毛が白髪となり、肉体が衰えたような廃人同然の姿に成り果てている。 一緒にダイブしていた兄弟分も凄絶な表情で息絶え、姿を確認した仲間は恐怖を感じ得ずにその場から逃げ出している。 オマエと《閃光》の喉を掻き切り、心臓を抉り出すまで、何度でもな…… リアル(更なるネタバレ注意) を参照。 より重大なネタバレにつき注意されたし。 再びホロウ・データ そんなわけでホロウ・データの方は 目標に妄信的になる《ホロウ》の習性もあって本物の快楽殺人者という全くの別人に変質している。 自身が単なるコピーに過ぎないと知っても 誰かを殺せればどうでもいいと全く意に介していなかった。 オリジナルの慎重さに対して「快楽のために自らキリトに手を下そうとして返り討ちにされる」最期。 そしてキリトへの執着が全く感じられない「まぁいいか」という最期の言葉。 何もかもがオリジナルならばありえないセリフである。 特に、唆したに対する「途中で投げ出して関係ないフリをするのは良くない」という罵倒、オリジナルは関係ないフリが大好きである。 真の関連タグ 関連記事 親記事.

次の

TVアニメ「SAOアリシゼーション最終章(2ndクール)」 7.11より放映開始!!

ヴァサゴ・カザルス

ヴァサゴ・カザルスという男についての個人的な解釈があります。 ほんともうこいつなんなんだよと思いながら書いてます。 公式なんだよなぁ。 「お前は違うだろう」と。 あぁやっぱり、俺のことをわかってくれるのはお前だけだったと、喜びに満ちた表情でキリトに手を伸ばした。 しかしその手はすり抜ける。 あぁ残念だ、と俺は嘆いた。 「なんでもいいが、仮眠はとっておけ」 「了解、 兄弟 ブロ」 そんなやりとりを軽くかわしてから、ヴァサゴはガブリエルへと手を振って別れた。 オーシャン・タートルまでの道のりはまだ遠い。 キリト 想い人のことを考えながら眠りにつくのも悪くはないと考えた。 あぁ、会いたい。 会いたい。 会って言葉を交わしたい。 口づけがしたい。 抱きしめたい。 セックスがしたい。 殺し合いがしたい。 殺すことで、愛していると、伝えたい。 それができたら、あぁ、どんなに。 別段困る事ではなかったはずだがしかし、ばくばくとなる心臓は止められなかった。 ゲームクリアされたあの世界で、辿ることのなかった道を辿る夢を見た。 その世界の俺は全くの偽もんで、あの世界のくだらねぇ連中が理想の「PoH」の ガワ 、、を作って、その偽物がラスボス扱いされているらしかった。 偽物の俺が、唆した女プレイヤーを蹴りながら「途中で投げ出して関係ないフリをするのは良くないよなぁ」などと言い放った時は、爆笑して転げ回りたくなったほどだ。 全く、あんな上澄みだけの存在が理想の俺だなんて考えてる奴らは、本当の俺をよく知らないに違いない。 上澄みの偽物の言ったセリフ全てが爆笑モノだったが、それを知る人間はいないのだろうと思った。 いや、違ったのではない。 変わらなかったのだ。 偽物の俺が「なんでアインクラッドの俺を生かしてこの俺が消えなきゃいけねぇんだよ」と吐き捨てた時、キリトは「アインクラッドのお前も同じことを言うんだろうな」と返して、偽物の俺を殺したのだ。 「お前を絶対に許さない」と偽物の俺に言った時のキリトは本物であり、あの世界での唯一だった。 その時の俺の気持ちが、あの偽物にわかるだろうか。 いや、わかるはずがない、と思う。 愛しいキリトのその言葉に、どれほど心が揺り動かされたかなど、わかってたまるか。 本当の俺を知っているのは、キリトだけだと言う事実に、どれほど俺が歓喜したかなど。 偽物の俺に思うところはなかったが、「ちゃんと自分の手で殺さないといけなかった」と言う言葉に関しては本当に殺意が湧いた。 殺さなかったのではない。 殺したくても、殺せなかったのだ。 殺したくて、殺したくて殺したくて堪らなかったのに、そんな俺を差し置いて、偽物の俺が、本物の俺以上にキリトと会話したことが許せなかった。 あまつさえ、キリトを殺そうなどと。 おこがましいにもほどがある。 ちなみに偽物の俺の最後の言葉は「まぁいいか」であり、キリトに殺されるのにも関わらず、その言葉しか返さなかったのは許し難かった。 己の偽物に殺意が湧いたのだ。 たとえそれが俺の姿形をしたモノでも、いや、だからこそ許せなかった。 キリトに殺された偽物の俺が、ひどく羨ましかった。 「片思いの相手の夢でも見たのか?」 感情の起伏の乏しいガブリエルが珍しく会話を自発的に続けたことで、ヴァサゴは意識をそちらに引き戻される。 当の本人はそこまで強い反応を得られると思っていなかったようだが、ヴァサゴの顔を見て自分の想像が正しかったのだと理解した。 「なぁ、ボス。 わかってねぇなぁ 、、、、、、、、と思うこと、ないか?」 「どう言う意味だ?」 思っていた反応と違った言葉を吐き出したヴァサゴに、ガブリエルは眉根を寄せる。 しかし、ヴァサゴはそんなガブリエルを見て、かすかに笑うと、「なんでもねぇよ」と言って部屋から退出した。 「わかってねぇよなぁ。 きっと、俺と、キリトにしか、わからねぇ」 本人達しか知り得ないのだ。 この思いも、愛も、全て。 ならば、そのままでいいではないか。 この想いが届くとするならば、きっとそれは、どちらかがどちらかを殺した時だろう。 それがいい。 それでいい。 な んともまぁ愉快な話 すり抜けた手を、今度はしっかり捕まえなくてはならない。 夢を見た俺が思ったのは、そんなことだった。 END! ケイジ・フジワラの演技力も相待って色々とぶっ飛んでて好きです。 18巻読んだ後でホロフラのPoHさん見るとほんと別もんなんだなってわかりますね。 でもホロフラのPoHさんも「愛しのキリト」とか「いい声で鳴けよ」とか言ってるのでおっとこれはどこからの影響かな……?とか邪推しちゃいますね。 勘弁してくれ。 なんでPoHさんは公式で毎回やらかすんやろなぁ…… はい。

次の