東芝 林間 病院 コロナ。 相模原市の東芝林間病院の場所はどこ?医師が新型コロナ感染

医師や市職員 神奈川県で34人感染、1人死亡 新型コロナ

東芝 林間 病院 コロナ

17人は院内感染が発生している4病院の医療従事者と患者だった。 累計の死者数は42人、感染者数は1099人となった。 横浜市では、男女12人が感染し、60代男性が重症。 聖マリアンナ医科大横浜市西部病院(同市旭区)の70~80代の患者3人と30代の男性医師が感染し、同病院の感染者は計41人となった。 横浜甦生(こうせい)病院(同市瀬谷区)でも30~60代の男女の職員5人が感染した。 同病院の感染者は計17人。 川崎市では、陽性で入院していた50代男性が死亡。 川崎協同病院(同市川崎区)の30代と60代の職員2人の感染が判明した。 同病院の感染者は計14人。 県所管域は男女8人。 うち湯河原町在住で小田原市立病院に入院中の70代女性が死亡した。 また陽性と判明していた藤沢市の70代女性の死亡も確認された。 5人は同病院に勤務する20~40代の男女の看護師で、これまでに感染者が確認されていた病棟に勤務していた。 同病院の感染者は計14人。 残る2人は、小田原市内の高齢者グループホームに入居する80代と90代の女性。 この施設の感染者は計4人となった。 相模原市では、東芝林間病院(同市南区)の40代の男性医師が感染。 同病院の感染者は計3人となったが、この医師はこれまでに判明している感染者の濃厚接触者ではないという。

次の

相模原市の東芝林間病院の場所はどこ?医師が新型コロナ感染

東芝 林間 病院 コロナ

17人は院内感染が発生している4病院の医療従事者と患者だった。 累計の死者数は42人、感染者数は1099人となった。 横浜市では、男女12人が感染し、60代男性が重症。 聖マリアンナ医科大横浜市西部病院(同市旭区)の70~80代の患者3人と30代の男性医師が感染し、同病院の感染者は計41人となった。 横浜甦生(こうせい)病院(同市瀬谷区)でも30~60代の男女の職員5人が感染した。 同病院の感染者は計17人。 川崎市では、陽性で入院していた50代男性が死亡。 川崎協同病院(同市川崎区)の30代と60代の職員2人の感染が判明した。 同病院の感染者は計14人。 県所管域は男女8人。 うち湯河原町在住で小田原市立病院に入院中の70代女性が死亡した。 また陽性と判明していた藤沢市の70代女性の死亡も確認された。 5人は同病院に勤務する20~40代の男女の看護師で、これまでに感染者が確認されていた病棟に勤務していた。 同病院の感染者は計14人。 残る2人は、小田原市内の高齢者グループホームに入居する80代と90代の女性。 この施設の感染者は計4人となった。 相模原市では、東芝林間病院(同市南区)の40代の男性医師が感染。 同病院の感染者は計3人となったが、この医師はこれまでに判明している感染者の濃厚接触者ではないという。

次の

東芝林間病院の専門医・人員の体制

東芝 林間 病院 コロナ

新型コロナウイルス感染拡大を巡り、相模原市は17日、医師や市職員を含む20~50代の男女7人の感染が新たに確認された、と発表した。 市によると、医師は東芝林間病院(同市南区上鶴間)に内科医として勤務する40代の女性。 9日に感染患者と接し、11日午後に倦怠(けんたい)感があった。 市が接触した入院患者や医師、看護師、事務職員ら計17人を検査した結果、16人が陰性だった。 1人は結果待ち。 外来患者14人は必要に応じて検査するという。 病院は18日、外来診療を休止。 残り1人の結果を踏まえ、再開時期を判断する。 一方、市職員は市麻溝台環境事業所(同市南区)に勤務し、ごみ収集業務にあたる50代の男性。 13日に発熱した。 市は男性が最後に勤務した11日に一緒だった職員2人を自宅待機にした。 ごみ収集は通常通り、続けるという。 残りの5人は都内の飲食店や、市内の企業などに勤務している。 神奈川新聞社.

次の