東京 の 空 小田 和正。 小田和正の人気曲ランキングTOP10!時代を彩る名曲達をご紹介!

東京の空の歌詞

東京 の 空 小田 和正

解説 [ ] オリジナルアルバムとしては、『』(2005年)以来5年11か月ぶりに発売され、収録されている10曲中8曲がとなった。 タイトルの由来となった「どーも」は、小田がコンサートのなどで口にしている挨拶言葉であり、同年から2012年にかけて開催された全国ツアー のタイトルにも使われている。 記録 [ ]• ソログループを含めてのオリコンアルバムチャート週間1位最年長記録(当時)・ソロ(シングルアルバム含めた)での1位獲得最年長記録(当時)・日本人でのアルバムチャート10位以内最年長記録である63歳7か月(当時)で、アルバムチャート首位達成はソロでは自己記録を更新した。 デビューからの1位獲得最新達成の最長記録 41年0か月• にて、最優秀アルバム賞を受賞。 収録曲 [ ]• 全曲作詞・作曲・編曲:小田和正• 君のこと — 3:28• — 4:36 『』(主演)主題歌。 若葉のひと — 3:57 2009年春(出演)。 hello hello — 5:01 映画『』(、主演。 監督作品)主題歌。 「グッバイ」同様、佐藤竹善と大橋卓弥がコーラスで参加。 誰れも どんなことも — 4:08• こたえ — 4:36 系映画『』(主演。 監督作品)主題歌。 やさしい雨 — 4:11 TBS系列『』テーマ曲。 2011年から2012年にかけて行われた全国ツアー(5大ドーム公演以降)では客席に銀色のが舞う仕掛けが施された。 — 4:41 製作ドラマ『』(主演)主題歌。 — 4:09 フジテレビ系列『』2008年度テーマ曲。 (旧・)『』CMソング。 企業CMソング。 『小田和正ツアー2011』協賛CMソング。 曲の後半で2008年9月10日、11日に行われたコンサートでの観客の歌声をしている。 東京の空 — 4:44 フジテレビ系列『』(、主演)主題歌。 TBS関東ローカル・ドキュメンタリー『』テーマソング。 TBS系列『クリスマスの約束2006』(2006年12月28日放送)で初披露された。 元々は当初からのテーマ曲であった『』に代わる曲として『』を制作していたが、のちにの楽曲として提供 したことを受けて新たに制作した。 2008年と2011年から2012年にかけて行われた全国ツアーでも披露されている。 参加ミュージシャン [ ] 君のこと [ ]• Electric Guitar:• Acoustic Guitar:小田和正• Programming:望月英樹 グッバイ [ ]• Drums:• Bass:• Acoustic Guitar, Electric Guitar:佐橋佳幸• Strings:ストリングス• Harp:• Background Vocal:,• Programming:望月英樹 若葉のひと [ ]• Drums, Percussion:木村万作• Bass:Nathan East• Acoustic Guitar, Electric Guitar:佐橋佳幸• Piano:小田和正• Strings:金原千恵子ストリングス• Background Vocal:佐藤竹善,• Programming:望月英樹 hello hello [ ]• Drums, Percussion:木村万作• Bass:Nathan East• Acoustic Guitar, Electric Guitar:佐橋佳幸• Strings:金原千恵子ストリングス• Harp:朝川朋之• Background Vocal:佐藤竹善, 大橋卓弥 スキマスイッチ• Programming:望月英樹 誰れも どんなことも [ ]• Drums:木村万作• Bass:Nathan East• Electric Guitar:佐橋佳幸• Piano:小田和正• Strings:金原千恵子ストリングス• Sax, Flute:• Trombone:• Background Vocal:佐藤竹善, 光田健一, ,• Programming:望月英樹 こたえ [ ]• Drums, Percussion:木村万作• Bass:Nathan East• Electric Guitar:佐橋佳幸• Piano:小田和正• Strings:金原千恵子ストリングス• Background Vocal: , JUJU, 松たか子, キヨサク• Programming:望月英樹 やさしい雨 [ ]• Drums:木村万作• Bass:• Electric Guitar:, 佐橋佳幸• Keyboards:栗尾直樹• Strings:金原千恵子ストリングス• Sax, Flute:山本拓夫• Trombone:村田陽一• Trumpet:西村浩二• Background Vocal:根本要 STARDUST REVUE , 佐藤竹善, 光田健一, JUJU, 松たか子, キヨサク MONGOL800• Programming:望月英樹 さよならは 言わない [ ]• Electric Guitar:佐橋佳幸• Piano:小田和正• Strings:金原千恵子ストリングス• Harp:朝川朋之• Oboe, English Horn:庄司さとし• Flute:高桑英世• Programming:望月英樹 今日もどこかで [ ]• Drums, Background Vocal:木村万作• Bass, Background Vocal:有賀啓雄• Electric Guitar, Background Vocal:稲葉政裕• Sax, Background Vocal:園山光博• Acoustic Guitar:小田和正• Strings:金原千恵子ストリングス• Harp:朝川朋之• Background Vocal:松たか子, KINO• Programming:望月英樹 東京の空 [ ]• Piano:小田和正• Programming:望月英樹 脚注 [ ] []• TOWER RECORDS ONLINE. 2018年1月28日閲覧。 、BARKS、2011年12月9日。 『KAZUMASA ODA TOUR 2011"どーも どーも その日が来るまで"』(2011年5月7日-10月26日、、、、、の5大ドームを含む全国25か所48公演)。 本来なら同年3月26日から9月29日まで全国28か所55公演を予定していたが、同年3月11日に発生した()による影響で、秋田、宮城、岩手の東北3県(計6公演)が中止(見送り)、一部公演が延期となった。 その後、中止となった秋田、宮城、岩手と青森、福島を加えた東北ツアー(10公演)を2012年4月14日から5月20日にかけて実施。 同年5月26日には小田の地元であるにおいて追加公演が行われ、前年分と併せて全国31か所、59公演となった。 それまでの同記録は60歳3か月。 グループを含めても、それまでのアルバムチャート1位獲得最年長記録はのメンバーの『』(2000年11月27日付 60歳4か月)。 ソロシングル・アルバムを含めると1位獲得最年長記録はの61歳7か月(2009年1月26日付・シングル「」)。 それまでのアルバムチャート10位以内の日本人最年長記録はの63歳0か月での6位獲得(2009年4月27日付・『』)。 それまでのデビューから1位獲得最新達成最長記録は『』(2009年11月9日付) デビューから最新1位獲得40年0か月。 2012年5月26日の横浜赤レンガパーク公演は野外ということもあり、紙吹雪の代わりにを飛ばした。 2011年4月からオンエア開始。 CMは2パターンあり、もうひとつのバージョンでは『』が使われている。 小田が木曜劇場の主題歌を担当するのは『』(『』主題歌・2002年)以来2作目で、フジテレビのドラマ主題歌としては本アルバムにも収録されている『さよならは 言わない』以来通算5作目となる。 また、この曲が民放、NHKを合わせて通算11作目のドラマ主題歌となる。 『』(、綾瀬はるか主演)主題歌。 小田は「自分が歌っても悪くないけど、せっかくだから彼らにあげてもいいかな」とコメント。 この行為をTBSプロデューサーのは「KAT-TUNに曲を取られた」と冗談交じりにコメントした。 外部リンク [ ]• - SonyMusic•

次の

小田和正 東京の空 歌詞

東京 の 空 小田 和正

番組タイトルの由来となった小田和正の「東京の空」がテーマ曲に決定。 初回のテーマは「深夜の清掃人」、深夜の羽田空港で巨大飛行機をすべて手洗いする職人技や新幹線の神業掃除、終夜営業の下町老舗銭湯、新宿の大型カプセルホテルなど「清掃」にかける情熱と誇りを追いました。 もちろん母親である私も長年活躍されている小田さんを知っており、楽曲を多く生み出して素敵な声で歌ってこられていますし、息子がそこまで好きな小田さんの名曲と共に描かれるドキュメンタリーということでとても気になりました。 また初回の内容についても特に興味が引かれた点があり、私が現在清掃の仕事に従事していることです。 とはいえ、巨大飛行機や新幹線の清掃となると全く規模が違うので、スケールの大きい内容になるのだろうと思うととても楽しみです。 深夜営業の銭湯やカプセルホテルについても、営業時間以外に清掃をしなくてはいけないと思われるので、時間との戦いでその中でもスキのない綺麗さを追求するプロの仕事を見られるのではないかと思います。 清掃に従事される方々の情熱と誇りを追うということですので、この仕事にかかわることになるまでの人生や過程であったり、現在から将来の展望など、その方々の人間模様や人となりも見られるのでないかと期待しております。 小田さんファンの息子も、内容についてどう思うかわかりませんが、内容に対し小田さんのどの曲が流れるのかについてどんな反応を示すのかが気になり、楽しみにしています。 私の仕事に対する気持ちにも変化が現れ参考にもなるのではないかと思い、とても楽しみにしております。 やはり音楽ってのはドラマや映画、格闘技などでもそうですが音楽が流れることによって重みや面白さ、盛り上がりが格段に上がる効果があります。 今回は小田和正の音楽というので名曲が多いし感動、涙という点では小田和正の歌はトップクラスです。 東京で暮らす深夜の清掃人をテーマみたいなんで、小田和正の音楽とどうフィットするか楽しみですね。 深夜の羽田空港で全長70メートルもの巨大旅客機B777をすべて手洗いで洗いあげる男たちのずぶ濡れの職人技とありますが、内容を読むだけでしんどそうな仕事ですね。 何故手洗いでないといけないのかも気になるところではありますが番組で確認したいですね。 大変な作業してるところで小田和正の音楽が流れるとは思いますがどうVTRが完成しているのか楽しみです。 新宿の巨大カプセルホテルの中で熟睡する客を絶対に起こさずに掃除する元デザイナーの仕事もなかなか精神的に気を使いそうな雰囲気が伝わってきますね。 世の中いろんな仕事の内容もあるし大変だなと感じますね。 そういう大変さを小田和正の名曲とコラボしての番組は楽しみです。 今回のテーマは、深夜の清掃人ということだけど、どんな仕事なのか想像がつきませんでした。 だけど、新幹線や飛行機、銭湯やホテルなどの清掃だとわかって、みんなが寝ている深夜にそんな大変な仕事をしている人もいるんだなと驚きました。 深夜の羽田空港では、巨大飛行機をすべて手洗いする職人さんがいるということで、かなり衝撃を受けました。 飛行機を手洗いするなんて考えたこともありませんでした。 人の手だけで巨大な飛行機をどうやって洗っているのかがとても気になります。 また、新幹線の清掃では驚きの神業が使われているそうなので、こちらもとても見てみたいです。 新幹線や飛行機などは毎日使用するものだし、そんな何時間もかけて掃除することなんてできないだろうから、熟練された技がたくさん使われているんだろうなと楽しみです。 さらに、そんな一生懸命に働く人々たちの姿を、小田和正さんの曲に乗せて送るというのが良いなと感じました。 小田和正さんというチョイスが素敵です。 絶対に心に響くものになるだろうなと楽しみにしています。 小田和正さんの声は、何か語りかけるような優しさを持っているので、この番組にぴったりだと思います。 大都市東京がスムーズに動くのは、このような裏方の仕事があってこそだと思います。 ホテルや飛行機、新幹線や下町の銭湯など、いろいろなとこでの裏側を見られるのは、この番組の醍醐味の一つであると思います。 ドキュメンタリー番組は、他にも色々ありますが、表に立つ人々に密着したものが多いので、また異色の内容になるのではないでしょうか。 そして、それぞれの職業の手業にも注目したいです。 限られた時間で作業を終わらせないと、ダイレクトにお客様に迷惑をかけてしまう、そのようなプレッシャーに常に晒されている方々の、一分一秒を無駄にしない為に磨かれた技術というものは、他の仕事に従事している我々でも、何か伝わるようなものがありそうです。 小田和正さんの曲が、どのようなタイミングで流れるのか、それにも注目しています。 ドキュメンタリーは、挿入歌のタイミングも感動にとても関わってきます。 感動ポイントに絶妙なタイミングで流してほしいです。 きっと涙を誘うのではないでしょうか。 飛行機をブラシで洗浄している小田さんの姿は、ドラマであれば最高の抜擢だと思うぐらいお似合いだと思い、そうしたドラマができれば面白いと思いました。 小田さんは歌手としての小田さんしか知らないため、演技力は不明ですが、黙々と働く姿は、往年の高倉健さんぐらいの重厚感・存在感があり、セリフは要らないのではないかと思いました。 そういう見方をすると、小田さんはまだまだ活躍する分野があるんだろうと思います。 元々、オフコースの命名由来もエリートコースからの逸脱の意味があるということを聞いたことがあるので、清掃作業という云わば縁の下の人たちを体験することは、小田さんにはとても楽しい時間だったのだろうとも思いました。 歌手として大成功した小田さんの本当の姿というものが見えてくる番組になるような感触を持ち、小田さんがどのようなコメントをするかが楽しみです。 ドキュメンタリーがライブとどんな風に違うと感じるかをお聞きしたいです。 また、「東京の空」の誕生秘話とかも聞けて、それがこうしたお仕事をイメージしているのであれば、素敵なドキュメンタリー番組になるのだろうとも思います。 本当の東京の空をどう感じたのかが、これまた楽しみだと思います TBS系列で放送される『東京の空 小田和正の名曲と共に東京で生きる人々を描くドキュメンタリー』。 小田和正さんと言えば、私にとって印象深いのは、テレビドラマ『東京ラブストーリー』のテーマ曲に採用された『ラブ・ストーリーは突然に』にでしょう。 当時、まだ私は幼かったのですが、ドラマと共に大ヒットしたこの曲は、何度も聞かされて、すっかり身についてしまった感があります。 それと共に、小田和正さんは実は神奈川県横浜市の出身だそうなのですが、東京という都市と紐づいた歌手というイメージを持つようになってしまっていますね。 ですから、『東京の空』という曲も、タイトルからして小田和正さんと非常にマッチしている印象を受けてしまいます。 番組自体は、そんな曲のタイトルに合わせるかのように、巨大都市東京に暮らしている人々を描くドキュメンタリー番組とのこと。 テーマは「深夜の清掃人」とのことで、巨大な飛行機を手洗いしてしまう職人や、新幹線の神業掃除人が登場するとのこと。 新幹線の掃除人の神業については、東京駅で新幹線を待っていた時に実際に目にした経験があるので、とても親しみを覚えてしまいますね。 このように普段人の目に触れない場所で活躍している人々を知ることができそうで、楽しみな番組です。

次の

”東京の空” by 小田 和正

東京 の 空 小田 和正

番組タイトルの由来となった小田和正の「東京の空」がテーマ曲に決定。 初回のテーマは「深夜の清掃人」、深夜の羽田空港で巨大飛行機をすべて手洗いする職人技や新幹線の神業掃除、終夜営業の下町老舗銭湯、新宿の大型カプセルホテルなど「清掃」にかける情熱と誇りを追いました。 もちろん母親である私も長年活躍されている小田さんを知っており、楽曲を多く生み出して素敵な声で歌ってこられていますし、息子がそこまで好きな小田さんの名曲と共に描かれるドキュメンタリーということでとても気になりました。 また初回の内容についても特に興味が引かれた点があり、私が現在清掃の仕事に従事していることです。 とはいえ、巨大飛行機や新幹線の清掃となると全く規模が違うので、スケールの大きい内容になるのだろうと思うととても楽しみです。 深夜営業の銭湯やカプセルホテルについても、営業時間以外に清掃をしなくてはいけないと思われるので、時間との戦いでその中でもスキのない綺麗さを追求するプロの仕事を見られるのではないかと思います。 清掃に従事される方々の情熱と誇りを追うということですので、この仕事にかかわることになるまでの人生や過程であったり、現在から将来の展望など、その方々の人間模様や人となりも見られるのでないかと期待しております。 小田さんファンの息子も、内容についてどう思うかわかりませんが、内容に対し小田さんのどの曲が流れるのかについてどんな反応を示すのかが気になり、楽しみにしています。 私の仕事に対する気持ちにも変化が現れ参考にもなるのではないかと思い、とても楽しみにしております。 やはり音楽ってのはドラマや映画、格闘技などでもそうですが音楽が流れることによって重みや面白さ、盛り上がりが格段に上がる効果があります。 今回は小田和正の音楽というので名曲が多いし感動、涙という点では小田和正の歌はトップクラスです。 東京で暮らす深夜の清掃人をテーマみたいなんで、小田和正の音楽とどうフィットするか楽しみですね。 深夜の羽田空港で全長70メートルもの巨大旅客機B777をすべて手洗いで洗いあげる男たちのずぶ濡れの職人技とありますが、内容を読むだけでしんどそうな仕事ですね。 何故手洗いでないといけないのかも気になるところではありますが番組で確認したいですね。 大変な作業してるところで小田和正の音楽が流れるとは思いますがどうVTRが完成しているのか楽しみです。 新宿の巨大カプセルホテルの中で熟睡する客を絶対に起こさずに掃除する元デザイナーの仕事もなかなか精神的に気を使いそうな雰囲気が伝わってきますね。 世の中いろんな仕事の内容もあるし大変だなと感じますね。 そういう大変さを小田和正の名曲とコラボしての番組は楽しみです。 今回のテーマは、深夜の清掃人ということだけど、どんな仕事なのか想像がつきませんでした。 だけど、新幹線や飛行機、銭湯やホテルなどの清掃だとわかって、みんなが寝ている深夜にそんな大変な仕事をしている人もいるんだなと驚きました。 深夜の羽田空港では、巨大飛行機をすべて手洗いする職人さんがいるということで、かなり衝撃を受けました。 飛行機を手洗いするなんて考えたこともありませんでした。 人の手だけで巨大な飛行機をどうやって洗っているのかがとても気になります。 また、新幹線の清掃では驚きの神業が使われているそうなので、こちらもとても見てみたいです。 新幹線や飛行機などは毎日使用するものだし、そんな何時間もかけて掃除することなんてできないだろうから、熟練された技がたくさん使われているんだろうなと楽しみです。 さらに、そんな一生懸命に働く人々たちの姿を、小田和正さんの曲に乗せて送るというのが良いなと感じました。 小田和正さんというチョイスが素敵です。 絶対に心に響くものになるだろうなと楽しみにしています。 小田和正さんの声は、何か語りかけるような優しさを持っているので、この番組にぴったりだと思います。 大都市東京がスムーズに動くのは、このような裏方の仕事があってこそだと思います。 ホテルや飛行機、新幹線や下町の銭湯など、いろいろなとこでの裏側を見られるのは、この番組の醍醐味の一つであると思います。 ドキュメンタリー番組は、他にも色々ありますが、表に立つ人々に密着したものが多いので、また異色の内容になるのではないでしょうか。 そして、それぞれの職業の手業にも注目したいです。 限られた時間で作業を終わらせないと、ダイレクトにお客様に迷惑をかけてしまう、そのようなプレッシャーに常に晒されている方々の、一分一秒を無駄にしない為に磨かれた技術というものは、他の仕事に従事している我々でも、何か伝わるようなものがありそうです。 小田和正さんの曲が、どのようなタイミングで流れるのか、それにも注目しています。 ドキュメンタリーは、挿入歌のタイミングも感動にとても関わってきます。 感動ポイントに絶妙なタイミングで流してほしいです。 きっと涙を誘うのではないでしょうか。 飛行機をブラシで洗浄している小田さんの姿は、ドラマであれば最高の抜擢だと思うぐらいお似合いだと思い、そうしたドラマができれば面白いと思いました。 小田さんは歌手としての小田さんしか知らないため、演技力は不明ですが、黙々と働く姿は、往年の高倉健さんぐらいの重厚感・存在感があり、セリフは要らないのではないかと思いました。 そういう見方をすると、小田さんはまだまだ活躍する分野があるんだろうと思います。 元々、オフコースの命名由来もエリートコースからの逸脱の意味があるということを聞いたことがあるので、清掃作業という云わば縁の下の人たちを体験することは、小田さんにはとても楽しい時間だったのだろうとも思いました。 歌手として大成功した小田さんの本当の姿というものが見えてくる番組になるような感触を持ち、小田さんがどのようなコメントをするかが楽しみです。 ドキュメンタリーがライブとどんな風に違うと感じるかをお聞きしたいです。 また、「東京の空」の誕生秘話とかも聞けて、それがこうしたお仕事をイメージしているのであれば、素敵なドキュメンタリー番組になるのだろうとも思います。 本当の東京の空をどう感じたのかが、これまた楽しみだと思います TBS系列で放送される『東京の空 小田和正の名曲と共に東京で生きる人々を描くドキュメンタリー』。 小田和正さんと言えば、私にとって印象深いのは、テレビドラマ『東京ラブストーリー』のテーマ曲に採用された『ラブ・ストーリーは突然に』にでしょう。 当時、まだ私は幼かったのですが、ドラマと共に大ヒットしたこの曲は、何度も聞かされて、すっかり身についてしまった感があります。 それと共に、小田和正さんは実は神奈川県横浜市の出身だそうなのですが、東京という都市と紐づいた歌手というイメージを持つようになってしまっていますね。 ですから、『東京の空』という曲も、タイトルからして小田和正さんと非常にマッチしている印象を受けてしまいます。 番組自体は、そんな曲のタイトルに合わせるかのように、巨大都市東京に暮らしている人々を描くドキュメンタリー番組とのこと。 テーマは「深夜の清掃人」とのことで、巨大な飛行機を手洗いしてしまう職人や、新幹線の神業掃除人が登場するとのこと。 新幹線の掃除人の神業については、東京駅で新幹線を待っていた時に実際に目にした経験があるので、とても親しみを覚えてしまいますね。 このように普段人の目に触れない場所で活躍している人々を知ることができそうで、楽しみな番組です。

次の