上白石萌音 ハッピーエンド。 上白石萌音×内澤崇仁(androp) ハッピーエンド

ハッピーエンド/上白石萌音の歌詞

上白石萌音 ハッピーエンド

上白石萌音のニューシングル『永遠はきらい』が本日6月12日に配信リリース。 PVが公開された。 7月10日発売のミニアルバム『i』にも収録される。 公開されたPVでは、上白石萌音が3つの異なるシチュエーションに登場。 赤いワンピースを身に纏った姿、眼鏡をかけて脚立に腰かける様子、屋外で夜景をバックに立つシーンなどが映し出されており、異なった世界観を行き来することで1つのイメージに縛られないという感情を表現しているとのこと。 ミニアルバム『i』の初回限定盤に付属するDVDには、同PVのフルバージョンが収録。 発表とあわせて、YUKIとn-bunaのコメントが公開。 YUKIは楽曲について「愛なんてまだ知らない、恋をするだけでも不器用な女の子のイメージで書きました。 意地悪で、可愛くて、ツンとして、デレる、みたいな。 とても楽しく作りました」、n-bunaは「新しい関わりでの製作というのはよく心踊らされるもので、楽曲打ち合わせから戻ってすぐ上白石さんに合うコード感、メロディはどんなものだろうと想像が膨らみました。 童心に帰った気持ちの制作でした」と語っている。 YUKIのコメント 恋をすると、もう永遠でなくてもいいと思ってしまう。 この時、この瞬間だけは、私だけを好きと言ってくれたならばそれでいい。 そんな、愛なんてまだ知らない、恋をするだけでも不器用な女の子のイメージで書きました。 意地悪で、可愛くて、ツンとして、デレる、みたいな。 とても楽しく作りました。 ありがとうございます。 出来上がりを聴いて、想像以上にツンデレで、大満足です。 生演奏でのパフォーマンスを早く観てみたいです。 YUKI n-buna(ヨルシカ)のコメント 新しい関わりでの製作というのはよく心踊らされるもので、楽曲打ち合わせから戻ってすぐ上白石さんに合うコード感、メロディはどんなものだろうと想像が膨らみました。 童心に帰った気持ちの制作でした。 また一緒に音楽が作れる時を楽しみにしています。 n-buna.

次の

ハッピーエンド 上白石萌音×内澤崇仁(androp) 歌詞情報

上白石萌音 ハッピーエンド

上白石萌音がミニ・アルバムをリリース! CD作品としては2017年7月以来、約2年ぶりとなるリリース。 本作のコンセプトは「上白石萌音が歌う、5つの恋物語」。 収録される5曲は、「思わせぶりな恋」「幸せな恋」「終わった恋」「誰にも言えぬ恋」「片想いの恋」をテーマにそれぞれの恋の形が描かれる。 アルバムタイトル『i』には、i I=自分 、アイ 愛 、そして「1人」を想って歌うというi ローマ数字の1 という想いが込められている。 YUKIが作詞を担当、作曲・サウンドプロデュースにn-buna ヨルシカ を迎えた"永遠はきらい"を収録! YUKIの恋心を巧みに表現したファンタジックな世界観、そしてヨルシカの全楽曲のコンポーザーであるn-bunaのキャッチーで忘れられないメロディを、上白石萌音が見事に歌い上げる。 さらに、4月に配信シングルとしてリリースされた"ハッピーエンド"もCD作品として初収録! 映画「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。 」の主題歌として、女の子のかわいい恋心を表現した楽曲。 初回限定盤には、ボーナストラックとして"ハッピーエンド Acoustic Ver. "を収録。 さらに、付属DVDには"永遠はきらい"のMusic Videoを収録! ご本人よりコメントも到着! なんと上白石萌音ご本人様より、タワーレコード オンラインへのコメントをいただきました!.

次の

ハッピーエンド 上白石萌音×内澤崇仁(androp) 歌詞情報

上白石萌音 ハッピーエンド

』は、この映画で初のキスシーンに挑んだ上白石萌音に加え、杉野遥亮と横浜流星という2人のイケメン俳優が共演する話題作。 3月28日(木)に新宿バルト9で行われた舞台挨拶では、上白石萌音がこの楽曲を提供した内澤崇仁とともに、「ハッピーエンド」を初披露。 その席で上白石の口から「(杉野遥亮、横浜流星)お二人とも『ハッピーエンド』をとても好きになってくれて、今日もこの場に来たかったと言ってくれました。 」というエピソードが明かされていた。 「ハッピーエンド」は上白石のデビュー当時から親交のあるandrop内澤崇仁による書き下ろし&コラボレーション作品で、上白石が2年前に聴いたデモ音源のメロディが忘れられず「どうしても、この曲が歌いたい」との想いから、今回の主題歌に決まった。 さらに、「ハッピーエンド」の映画コラボミュージックビデオも本日公開。 』」と題されたこのMVは、上白石が演じる主人公:西森葵を見つめる目線で制作された。 映画本編の映像に合わせ、これまで未公開であった映画のメイキングシーンや、「ハッピーエンド」の実際のレコーディングシーンなども使用されたものになっている。 』と題され同時公開。 こちらは杉野遥亮が演じた久我山柊聖、横浜流星が演じた久我山玲苑、二人を見つめる目線で制作されている。 また本日、上白石萌音がユニバーサルミュージック内 ユニバーサルJに移籍することも発表され、新ビジュアルが公開となった。 この移籍に伴い、上白石萌音オフィシャルサイトとファンクラブもリニューアル。 5月に月額制のオフィシャルファンクラブ「le mone do」(レモネード)が発足する予定だ。 現在オフィシャルサイトでは無料のプレ会員を募集中。 映画を観て、恋愛の過程はお互いが人として成長していく過程でもあると感じました。 そして楽しいことだけではなく、辛いこと悲しいことも含め様々なことを経験し幸せな結末を迎えられたなら、それは素敵なことなのではないか、と思いながら曲に落とし込んで制作しました。 萌音さんのウブでまっすぐな歌の表現も、映画と同じくキュンとします。 8年前、androp初の主題歌が上白石萌音さん初主演のショートムービーでした。 お会いした頃はまだ中学生で、「お芝居や歌でたくさんの人を笑顔にしたい」とおっしゃっていたのを今でも鮮明に憶えています。 まさにその言葉を現実にして前進し続けている萌音さんと、8年経った今、一緒に映画で関われることが本当に嬉しいです。 映画とともに、大切な曲「ハッピーエンド」が心に届くことを願っています。

次の