平野 紫 耀 と 中島 健 人。 中島健人×平野紫耀2020新プロジェクト始動!Twitter公式アカウント開設

中島健人と平野紫耀が匂わせ!インスタ公開も解散説でファン混乱

平野 紫 耀 と 中島 健 人

[以下引用] 2020年1月1日0時ちょうどに、新設されたTwitterアカウント( kentosho2020)にて中島&平野の2ショットとともに「2020年、僕らの大きな挑戦が始まる!Our big challenge begins in 2020! 中島健人 SexyZone 平野紫耀 KingandPrince KS2020 健人と紫耀2020」と新プロジェクトを発表。 具体的な内容については今後明かされる予定とされている。 これを受けてネット上では反響が殺到。 「めっちゃ気になる!」「早く知りたい〜〜」「顔面最強の2人すぎて期待しかない」といったコメントのほか、同企画が発表された際に放送中だったフジテレビ系「ジャニーズカウントダウン2019-2020」では中島と平野の2ショットが度々カメラに抜かれていたことから「やたら2ショット多いと思ったら匂わせだったのか…!」「年始早々に盛大な匂わせをする2人」「カウコン最後の方ずっと隣にいたよね?」などの反響も集まっている。 [modelpress] [スポンサーリンク] これはちょっと驚きました。 ネットでは喜びの声も多いようですが、これって両グループのファンにとっては朗報なんでしょうか? 昨年はついに紅白から落選するなど「落ち目」とも揶揄されるセクゾ。 先日、健人くんは「ぐるナイ」の「ゴチになります」をクビになったばかりですし、人気急上昇中のキンプリとセット売りして勢いを取り戻そうという魂胆のように思えてしまいます。 それに、松島聡くんがまだ完全復帰できていない状況で、中島くんだけ別ユニットを作って売り出していくというのは、健人くんの担当以外にとってはどうなんでしょう? また、キンプリにとっても今は人気を盤石なものにするべき大事な時期。 でもま、ネガティブなことばかり言ってても面白くないですね。 二人の新プロジェクトの公式ツイッターは、開設1時間であっという間にフォロワー数10万人を突破し、現時点で早くも30万人に到達する勢い。 大きな話題になっていることは間違いないので、二人にとってだけでなく、セクゾとキンプリにとっても良い結果になることを祈っています。 [以下引用] ジャニーズスーパーヒットソングメドレーのなかで、大ヒット曲「青春アミーゴ」(2005年オリコン年間シングルランキング1位)を歌唱前に、亀梨が「修二と彰から、15周年の今年、さまざまなプロジェクトを始動させます」と切り出すと、山下が「まずは2人でコンサートツアーをやらせていただきます」と発表。 会場からは悲鳴に近い歓声があがった。 2人がガッチリと握手を交わすと、「青春アミーゴ」のイントロが流れ、SixTONES、Snow Manをバックダンサーに従えパフォーマンスを披露した。 同日フジテレビで生中継されたが、CM中に改めて亀梨和也が「まずはライブを発表させていただいて、今年徐々に発表できることがあると思うので。 (デビューして)15年です」と再度言及。 カウコンでは司会の国分くんが「トラジ・ハイジもやっていいと思うんだけどね。 1曲だけあるよ。 あれを虎舞竜みたいに第何章って」とコメントしていましたが、こうなったらキムタク&長瀬もユニットを組む可能性もゼロではないかも。 令和二年はグループの垣根を超えた活動が活発になるというのも、それはそれで楽しいかもしれませんね。

次の

平野&中島の司会に不安の声|エンタMEGA

平野 紫 耀 と 中島 健 人

スポンサーリンク 関西Jr. から東京Jr. へと 2015年頃を境に永瀬廉と共に 東京Jr. としての活動を始めた平野は 瞬く間にJr. のトップへと上り詰めた。 中山優馬以来の関西のスペオキともあり その期待値や人気はうなぎのぼりに上昇。 戦国時代の引き金にもなった存在 であることは明白だ。 スター性あるアイドルだけを揃えた キンプリが結成されてもなお他メンバーの 存在感や輝きに埋もれることなく 常に輝き続けた平野。 過去ジャニーさんのスペオキと謳われ ゴリ推しされたアイドルは数多くいるが その大半が期待値以上の実力が発揮できず 平行線の人気を辿る結末となっていったが 平野紫耀も例外ではない。 現状のジャニーズを見ても事務所が キンプリをジャニーズの看板グループへと 成り上がらせようと絶賛ゴリ推し中だが 真の人気アイドルと呼ばれるには まだまだ人気不足なことは否めない。 平野紫耀は日本のトップ アイドル の センターに君臨するのに ふさわしい 器なのか? 今後とも一層、平野紫耀の真価が 問われることだろう。 スポンサーリンク 6人目のSexy Zoneも納得!ポテンシャルの高さは天性の才能! もし仮に平野が 6人目のSexy Zone だったとしたら、それはそれですごく おもしろいグループになっていただろうな というのは想像がつくし 個性に富んだグループになることは 間違いないはずだ。 ただ、個人的にはふまけんを挟んだ 佐藤勝利の絶対的センターポジも ジャニーズの若き帝王感があって 魅力的な構成になっているので 今の形がもっともベストとも言える。 平野はジャニーズの中でも ルックスはもちろんのことそれ以上に ポテンシャルの高さが優れている点が 非常に評価が高い。 何をやらしてもあっという間に 1つの分野を習得してしまう基礎能力の 高さに加え、筋肉質な肉体は男としては 非常に羨ましいと感じざるを得ない。 平野のポテンシャルの高さに秘密が あるとすればそれは 小中学校時代の スポーツ経験が大きいのではないか? と自分は考えている。 雑誌のインタビューなどでもたびたび 多種多様なスポーツ経験があったことを 自ら語っているほど運動漬けの毎日を 送っていた平野。 良くも悪くも子供の頃から身体を動かす という環境にいた平野は知らず知らずの うちに潜在能力が高まったと考えられる。

次の

セクゾン中島健人&キンプリ平野紫耀が新プロジェクト始動「僕らの大きな挑戦が始まる!」

平野 紫 耀 と 中島 健 人

[以下引用] 2020年1月1日0時ちょうどに、新設されたTwitterアカウント( kentosho2020)にて中島&平野の2ショットとともに「2020年、僕らの大きな挑戦が始まる!Our big challenge begins in 2020! 中島健人 SexyZone 平野紫耀 KingandPrince KS2020 健人と紫耀2020」と新プロジェクトを発表。 具体的な内容については今後明かされる予定とされている。 これを受けてネット上では反響が殺到。 「めっちゃ気になる!」「早く知りたい〜〜」「顔面最強の2人すぎて期待しかない」といったコメントのほか、同企画が発表された際に放送中だったフジテレビ系「ジャニーズカウントダウン2019-2020」では中島と平野の2ショットが度々カメラに抜かれていたことから「やたら2ショット多いと思ったら匂わせだったのか…!」「年始早々に盛大な匂わせをする2人」「カウコン最後の方ずっと隣にいたよね?」などの反響も集まっている。 [modelpress] [スポンサーリンク] これはちょっと驚きました。 ネットでは喜びの声も多いようですが、これって両グループのファンにとっては朗報なんでしょうか? 昨年はついに紅白から落選するなど「落ち目」とも揶揄されるセクゾ。 先日、健人くんは「ぐるナイ」の「ゴチになります」をクビになったばかりですし、人気急上昇中のキンプリとセット売りして勢いを取り戻そうという魂胆のように思えてしまいます。 それに、松島聡くんがまだ完全復帰できていない状況で、中島くんだけ別ユニットを作って売り出していくというのは、健人くんの担当以外にとってはどうなんでしょう? また、キンプリにとっても今は人気を盤石なものにするべき大事な時期。 でもま、ネガティブなことばかり言ってても面白くないですね。 二人の新プロジェクトの公式ツイッターは、開設1時間であっという間にフォロワー数10万人を突破し、現時点で早くも30万人に到達する勢い。 大きな話題になっていることは間違いないので、二人にとってだけでなく、セクゾとキンプリにとっても良い結果になることを祈っています。 [以下引用] ジャニーズスーパーヒットソングメドレーのなかで、大ヒット曲「青春アミーゴ」(2005年オリコン年間シングルランキング1位)を歌唱前に、亀梨が「修二と彰から、15周年の今年、さまざまなプロジェクトを始動させます」と切り出すと、山下が「まずは2人でコンサートツアーをやらせていただきます」と発表。 会場からは悲鳴に近い歓声があがった。 2人がガッチリと握手を交わすと、「青春アミーゴ」のイントロが流れ、SixTONES、Snow Manをバックダンサーに従えパフォーマンスを披露した。 同日フジテレビで生中継されたが、CM中に改めて亀梨和也が「まずはライブを発表させていただいて、今年徐々に発表できることがあると思うので。 (デビューして)15年です」と再度言及。 カウコンでは司会の国分くんが「トラジ・ハイジもやっていいと思うんだけどね。 1曲だけあるよ。 あれを虎舞竜みたいに第何章って」とコメントしていましたが、こうなったらキムタク&長瀬もユニットを組む可能性もゼロではないかも。 令和二年はグループの垣根を超えた活動が活発になるというのも、それはそれで楽しいかもしれませんね。

次の