ゴルフ スイング 左足。 ゴルフスイング

ゴルフ左足下がりの傾斜から打ち方のコツと、ボールの飛ぶ方向

ゴルフ スイング 左足

安定したアドレスを作る まずアドレスをしっかり作ることが必要です。 安定したアドレスを作ることで安定したフィニッシュになります。 安定したアドレスが無いとスイングにずれが生じます。 するとインパクトがずれてしまいますのでフィニッシュが取れなくなります。 そしてフィニッシュで安定して立つには 左足でバランスよく立てないといけません。 安定したフィニッシュは左足にしっかり体重がのっていて 右足はそれを軽く支えている状態です。 体が左足の上にのっている状態です。 フィニッシュでバランスよく立てない方は左足の上に体をのせることができません。 結果、右に体重が残りいろいろなミスショットが出ます。 左足の上に体をしっかりとのせる練習が必要です。 最適なドリルがあります。 左足一本で打つ方法 簡単です。 左足一本で立ってスイングします。 まず 両足をそろえて立ちます。 次に 右足を後ろに下げます。 その 体勢でアドレスして打ちます。 バランスのいい人はすぐに安定できると思いますが 多くの人は始めバランスを崩すと思います。 ですが何回か振っていくうちにだんだんバランス取れるようになってきます。 ここで解るのは 前傾姿勢を保つこと 体重を母指球にのせていること これがバランスよくスイングするコツになります。 こちらの動画をみてください。 左足にしっかり体を乗せていればできてきます。 筋力の問題や体の柔軟性の問題もあります。 足に力がない人は体を支えるのが難しいですし 体の硬い人はスイングできないかもしれません。 ですが無理にトレーニングとか必要ないです。 この練習を根気よく続けるだけです。 少しづつ柔軟性も出てくるでしょう。 ここでいう柔軟性は脱力です。 下半身に力が集中し上半身は脱力していることです。 このドリルを練習しているうちに 無駄な腕の動きや力みが取れてくるので バランスが良くなっていきます。 継続することが大切です。 継続するから体が、筋肉が、神経が覚えてきます。 頭でわかったからもういいではないんです。 体で覚える これが本当に身に付くということです。 ですからいつも練習しなければなりません。 どんなスポーツでも一緒ですよね? 反復練習こそが上達のコツです。 東京都出身。 日本プロゴルフ協会公認ティーチングプロ 小学校では野球と水泳、中学校ではテニス、高校では軟式野球部とスポーツすることが基本の学生生活を送る。 17歳の時、父の誘いでゴルフと出会う。 大学ではゴルフサークルに入り、ゴルフ中心の生活になる。 アルバイトはゴルフ練習場で4年間、ゴルフ場ではキャディーも。 卒業後は就職し一旦はサラリーマンになるも、ゴルフへの思いが捨てられずゴルフツアープロを目指してゴルフ場の研修生になる。 30歳でゴルフティーチングプロの資格を取り、ゴルフ指導者の道に入る。 2015年、縁があって「 」を出版。 2018年、13年間務めたゴルフスクールを辞めて独立。 現在は千葉県松戸、柏、茨城県、埼玉県のゴルフ場、ゴルフ練習場でレッスン活動している。 ゴルフのスコアアップには考え方がとても重要であることを指導の重要ポイントとして日々レッスンをしている。

次の

ゴルフレッスン : ゴルフ トップオブスイングは左足体重の方がダフらない?【動画レッスン4回目】

ゴルフ スイング 左足

前回、では、左足上がりのショットの打ち方について、ご紹介しました。 また、このライは左足上がりのライに比べると、難しいショットではあると思います。 ただ、構え方と打ち方にはコツがあって、そこさえおさえてしまえば、ある程度打てるようになるショットだと思います。 では、早速、左足下がりのショットの打ち方について見てゆきたいと思います。 構え方の4つのコツ まずは、構え方のコツ、ポイントから見てゆきたいと思います。 この左足下がりのライからのショットですが、打ち方そのものも勿論大事なのですが、一番のポイントは構え方になります。 さて、この左足下がりのライからのショットの打ち方ですが、アイアンで打つにしても、フェアウェイウッド(もしくはショートウッド)、ユーティリティで打つにしても、下記の4つが構え方のポイントになります。 構える際、両肩のラインや腰のラインが斜面と平行になる意識で構えるようにします。 このように構えると、背骨がいつもよりも左に傾くような形になります。 斜面に立つと、人はどうしても本能的に傾斜に逆らって立とうとすると思います。 これは以前にも書かせていただきましたが、例えば、山に登る時など、傾斜の途中で立ち止まると、多くの方は、傾斜に逆らうようにして、立とうとするものだと思います。 ただ、このライから、そのように構えてしまうと、ボールをクリーンに打つことが非常に難しくなります。 後ほどご紹介しますが、 このライからボールを打つ時はヘッドを斜面に沿って出してゆくことで、多少ヘッドの軌道がブレても、安定したショットが打てる形にしたいのですが、そのためには、斜面に逆らわずに、斜面に沿って構える必要があります。 いつも通りの位置とは?ということですが、ご自分のいつものボールの位置か、またはにてご紹介した位置よりも、ボール半個から1個程度、右に置きます。 下記でご紹介した位置よりも、ボール半個から1個程度、右に置く・・という形になります。 ハンドファーストとは、アドレスをした際、両手(グリップ)がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)にあることを言います。 両手の位置ですが、左足太もも内側の前に来るような意識で構えてみてください。 通常のショットでもそうなのですが、この左足下がりのライからは特に、両手の位置が右に来やすく(傾斜に逆らって立ちたくなるため)、そうすると、ハンドレイトの形で構えてしまうわけですが、ハンドレイトで構えると、先ほどご紹介したような傾斜に沿って、ヘッドを出してゆく・・ということが難しくなります。 ハンドレイトとは、アドレスをした際に、両手がクラブヘッドよりも後ろ(ターゲットと反対方向)にあることを言います。 また、ハンドレイトで構えることは、にもつながります。 ですので、ハンドファーストで構える・・ということがポイントになります。 このように構えると、この左足下がりのライの場合は、左足に多めに体重がかかる形になりますが、それで大丈夫です。 反対に傾斜に逆らって立とうとすると、右足に体重を多くかける形になると思いますが、そのような形だと、傾斜に沿って構えることができません。 ですので、左足下がりのライでは、体重を右足よりも左足に多めにかける形で構えます。 それからもう1つ、大事なポイントなのですが、左足に多めに体重をかける際、あまり左足の外側に体重がかかりすぎてしまうと、ダウンスイングからフォローで体がスエー、もしくはスライドしてしまうこともあります。 ですので、それを防ぐために、 左足の内側に重心を置くような意識で構えるようにします。 打ち方の4つのコツと1つのテクニック さて、ここまでは構え方のコツ、ポイントについてご紹介してきました。 ここからは打ち方のコツについてです。 左足下がりのショットの打ち方ですが、下記の4つがポイントになります。 5つ目はやや上級者向けのテクニックというか方法になりますが、記事の最後でそれについて少しご紹介したいと思います。 簡単な図になりますが、このように斜面に沿うようにして、ヘッドを出してゆくと、インパクトゾーンが広がります。 すると、多少、ヘッドの軌道やスイングがブレたとしても、ボールはある程度毎回それなりに飛んでくれます。 一方、ヘッドを上から入れようとしたり、または、ボールをすくい上げようとすると、インパクトがゾーンではなく、点になります。 (説明のために極端にお伝えしますが)この1点でしか、ボールを打てないわけですから、ちょっとヘッドの入り方が間違っただけで、ダフリやトップが出てしまいます。 そうならないために、斜面に沿ってスイングする、または、斜面に沿ってヘッドを出してゆくということが左足下がりのライからの大事なポイントになります。 ヘッドスピードを落として、番手を上げてもいいですし、または、この左足下がりのライからは、ショットはいつもよりも低く飛びますので、落ちてからボールが転がります。 ですので、これはケース・バイ・ケースですが、ヘッドスピードを落としても番手はそのままでもいいケースもあると思います。 どの位、スイングスピードを落とすか・・ですが、意識としては、(フルスイングの)6割から7割程度のスイングスピードでもいいかも知れません。 また、構えた時に最初から体重が左足に多くかかっていますから、それほど大きな体重移動はできません。 そのため、コンパクトなスイングを心がけるといいと思います。 ただ、それがこのショットで一番多いミスの原因ですので、むしろ、意識としてはボールを低く打ち出すイメージでスイングしてゆきます。 そのために、フォロースルーでも、ヘッドを斜面に沿って、低く長く出してゆく意識でもいいかも知れません。 また、打った後に上体を起こしてボールの行方を追ってしまうとミスになりやすいので、できるだけ上体を起こさないで、ボールを目だけで追うようにしてみると、トップやダフリが少なくなると思います。 そのため、手や腕ではなく、肩を回転させて、または体の回転で打ってゆくような意識にするといいかと思います。 腕を振るのではなく、体を回転させる・・という意識でバックスイングをします。 その方が、クラブヘッドの軌道やスイングそのものも安定してくると思いますし、それが安定したショットにつながると思いますので。 この左足下がりのライからはフックボールよりもスライスが出やすくなります。 傾斜があるためにダウンスイングで体の回転が速くなり、クラブフェースを閉じるのが少し、遅れやすくなるためです。 ですから、あえて、フェードボールを打つのもよい方法かも知れません。 また、少々カット気味にスイングすることで、スイングも若干ですが、縦振りになりやすく、ヘッドをボールを打った後も低く出してゆきやすくなるという利点もあります。 打ち方ですが、(も参照ください) 1)スタンスがオープンになるように構える(左足を少しだけ後ろに引く) 2)フェースを少しだけ開いて構える(ターゲットに向けてフェースを開いてからグリップし直す) 3)スタンスのラインに沿ってクラブを振る このような形でややカット気味に打つと、(先ほど書かせていただいた理由で)傾斜に沿ってクラブを振りやすくなり、左足下がりのライでもトップやダフリが少なくなることがあります。 もしよかったら、そんなショットも機会があれば試してみてください。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の

左足下がりのショットの打ち方。ボールの位置や構え方も

ゴルフ スイング 左足

前回、では、左足上がりのショットの打ち方について、ご紹介しました。 また、このライは左足上がりのライに比べると、難しいショットではあると思います。 ただ、構え方と打ち方にはコツがあって、そこさえおさえてしまえば、ある程度打てるようになるショットだと思います。 では、早速、左足下がりのショットの打ち方について見てゆきたいと思います。 構え方の4つのコツ まずは、構え方のコツ、ポイントから見てゆきたいと思います。 この左足下がりのライからのショットですが、打ち方そのものも勿論大事なのですが、一番のポイントは構え方になります。 さて、この左足下がりのライからのショットの打ち方ですが、アイアンで打つにしても、フェアウェイウッド(もしくはショートウッド)、ユーティリティで打つにしても、下記の4つが構え方のポイントになります。 構える際、両肩のラインや腰のラインが斜面と平行になる意識で構えるようにします。 このように構えると、背骨がいつもよりも左に傾くような形になります。 斜面に立つと、人はどうしても本能的に傾斜に逆らって立とうとすると思います。 これは以前にも書かせていただきましたが、例えば、山に登る時など、傾斜の途中で立ち止まると、多くの方は、傾斜に逆らうようにして、立とうとするものだと思います。 ただ、このライから、そのように構えてしまうと、ボールをクリーンに打つことが非常に難しくなります。 後ほどご紹介しますが、 このライからボールを打つ時はヘッドを斜面に沿って出してゆくことで、多少ヘッドの軌道がブレても、安定したショットが打てる形にしたいのですが、そのためには、斜面に逆らわずに、斜面に沿って構える必要があります。 いつも通りの位置とは?ということですが、ご自分のいつものボールの位置か、またはにてご紹介した位置よりも、ボール半個から1個程度、右に置きます。 下記でご紹介した位置よりも、ボール半個から1個程度、右に置く・・という形になります。 ハンドファーストとは、アドレスをした際、両手(グリップ)がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)にあることを言います。 両手の位置ですが、左足太もも内側の前に来るような意識で構えてみてください。 通常のショットでもそうなのですが、この左足下がりのライからは特に、両手の位置が右に来やすく(傾斜に逆らって立ちたくなるため)、そうすると、ハンドレイトの形で構えてしまうわけですが、ハンドレイトで構えると、先ほどご紹介したような傾斜に沿って、ヘッドを出してゆく・・ということが難しくなります。 ハンドレイトとは、アドレスをした際に、両手がクラブヘッドよりも後ろ(ターゲットと反対方向)にあることを言います。 また、ハンドレイトで構えることは、にもつながります。 ですので、ハンドファーストで構える・・ということがポイントになります。 このように構えると、この左足下がりのライの場合は、左足に多めに体重がかかる形になりますが、それで大丈夫です。 反対に傾斜に逆らって立とうとすると、右足に体重を多くかける形になると思いますが、そのような形だと、傾斜に沿って構えることができません。 ですので、左足下がりのライでは、体重を右足よりも左足に多めにかける形で構えます。 それからもう1つ、大事なポイントなのですが、左足に多めに体重をかける際、あまり左足の外側に体重がかかりすぎてしまうと、ダウンスイングからフォローで体がスエー、もしくはスライドしてしまうこともあります。 ですので、それを防ぐために、 左足の内側に重心を置くような意識で構えるようにします。 打ち方の4つのコツと1つのテクニック さて、ここまでは構え方のコツ、ポイントについてご紹介してきました。 ここからは打ち方のコツについてです。 左足下がりのショットの打ち方ですが、下記の4つがポイントになります。 5つ目はやや上級者向けのテクニックというか方法になりますが、記事の最後でそれについて少しご紹介したいと思います。 簡単な図になりますが、このように斜面に沿うようにして、ヘッドを出してゆくと、インパクトゾーンが広がります。 すると、多少、ヘッドの軌道やスイングがブレたとしても、ボールはある程度毎回それなりに飛んでくれます。 一方、ヘッドを上から入れようとしたり、または、ボールをすくい上げようとすると、インパクトがゾーンではなく、点になります。 (説明のために極端にお伝えしますが)この1点でしか、ボールを打てないわけですから、ちょっとヘッドの入り方が間違っただけで、ダフリやトップが出てしまいます。 そうならないために、斜面に沿ってスイングする、または、斜面に沿ってヘッドを出してゆくということが左足下がりのライからの大事なポイントになります。 ヘッドスピードを落として、番手を上げてもいいですし、または、この左足下がりのライからは、ショットはいつもよりも低く飛びますので、落ちてからボールが転がります。 ですので、これはケース・バイ・ケースですが、ヘッドスピードを落としても番手はそのままでもいいケースもあると思います。 どの位、スイングスピードを落とすか・・ですが、意識としては、(フルスイングの)6割から7割程度のスイングスピードでもいいかも知れません。 また、構えた時に最初から体重が左足に多くかかっていますから、それほど大きな体重移動はできません。 そのため、コンパクトなスイングを心がけるといいと思います。 ただ、それがこのショットで一番多いミスの原因ですので、むしろ、意識としてはボールを低く打ち出すイメージでスイングしてゆきます。 そのために、フォロースルーでも、ヘッドを斜面に沿って、低く長く出してゆく意識でもいいかも知れません。 また、打った後に上体を起こしてボールの行方を追ってしまうとミスになりやすいので、できるだけ上体を起こさないで、ボールを目だけで追うようにしてみると、トップやダフリが少なくなると思います。 そのため、手や腕ではなく、肩を回転させて、または体の回転で打ってゆくような意識にするといいかと思います。 腕を振るのではなく、体を回転させる・・という意識でバックスイングをします。 その方が、クラブヘッドの軌道やスイングそのものも安定してくると思いますし、それが安定したショットにつながると思いますので。 この左足下がりのライからはフックボールよりもスライスが出やすくなります。 傾斜があるためにダウンスイングで体の回転が速くなり、クラブフェースを閉じるのが少し、遅れやすくなるためです。 ですから、あえて、フェードボールを打つのもよい方法かも知れません。 また、少々カット気味にスイングすることで、スイングも若干ですが、縦振りになりやすく、ヘッドをボールを打った後も低く出してゆきやすくなるという利点もあります。 打ち方ですが、(も参照ください) 1)スタンスがオープンになるように構える(左足を少しだけ後ろに引く) 2)フェースを少しだけ開いて構える(ターゲットに向けてフェースを開いてからグリップし直す) 3)スタンスのラインに沿ってクラブを振る このような形でややカット気味に打つと、(先ほど書かせていただいた理由で)傾斜に沿ってクラブを振りやすくなり、左足下がりのライでもトップやダフリが少なくなることがあります。 もしよかったら、そんなショットも機会があれば試してみてください。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の