なんで わかっ て くれ ない の り っ くん。 なんで男性はわかってくれないの? 女子的に察して欲しいセリフ

彼に「なんで分かってくれないの?」は絶対に禁句! そのワケとは?【黒川伊保子】|ウーマンエキサイト(1/2)

なんで わかっ て くれ ない の り っ くん

19日にジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」の手越祐也(32)が23日、都内で会見した。 会見の質疑応答は以下の通り。 ファンは納得したと思うか。 「難しい質問ですね。 僕は今まで、小山、増田、加藤、ジャニーズ事務所のおかげでたくさん守ってもらったと思うし、ただ僕は猪突猛進な性格なおかげで、やりたいことを全部やっちゃうし、ご心配をおかけしてきた。 これから僕が思い描いていく未来だったり、やりたいことというのはジャニーズ事務所にいながらできなかったことがすごく多くて、今までかなわなかったことがたくさんあるんでけど、たとえば僕らエンターテイナーは応援してもらうファンの方、視聴者に少しでも喜んでほしいと思うところがあるので、ファンとハロウィーンのイベントだったり、夏だったら海でファンミーティングとか、あとディナーショー、僕も年齢を重ねてきたきたので、ファンの方の人生相談だったり酒飲んだりとか食事したりをやっていきたかったし、海外進出もやっていきたかったし。 だから手越を応援してくれている人は、いままでよりさらに大きな構想、ビジョンが、たくさんあるので、それを1個1個実現化できれば、『やっぱ手越ってほかの人と違うことやるよね』とか『今までのレールと全然違う方行くけど、革命的なことやってよね』とか、そう思わせる絶対的な自信がある。 それがなければ独立しようと思ってない。 やっぱりNEWSってものは本当にあたたかくて大きな箱。 NEWSのファンっていろんなことを乗り越えてきてくれて、本当に強いし、温かいし。 僕はNEWSを応援してくれたファンが誇りで、絶対に負けないと思っていた。 取材でライターの方と話すと、『NEWSのファンはすばらしい、みんながけなげに応援している』と言ってくれて、僕はNEWSのファンはすばらしいと今でも思っていますし。 僕は『イッテQ』などで家族で応援してくれた方もいるとは思いますが、まず、手越祐也個人を心の底から生きがいにして応援してくれたファンを幸せにしたいという、準備はしてきているので、それは今後の発表を待って欲しいなと思うんですけど。 ファンクラブ設立の準備はさしかかっていますし、今後も僕についてきてくれたファンには、新しいビジョンを見せて絶対に後悔させないという、絶対的な自信があるので、結果で見せるので、そこは信じて今後もついてきてほしい。 ただNEWS手越が好きなファンの方もいたと思うので、こういう選択をしてごめんなさいと伝えたい。 ファン1人1人、いろんな感情あると思うし、会見前からついていくと言ってくれた子もいれば、裏切られたと思っている子もいるでしょう。 「このことって、僕から話していいんでしょうか。 僕からしゃべっていい内容には契約のなかで限界がある」 高野隆弁護士「お互いに事実認識に違いがあったので交渉に入ったわけですが、その段階ではいつ、どういう形でやめるのかというのはなんの決まったこともなかった。 話し合いのなかで、互いに事実認識がどう違うのか率直に話し合いをして、双方が納得の上で円満に合意契約解除しましょうということになりました。 手越さんのなかでは、3月の段階で独立に向けての話し合いを自らしたかった。 しかしコロナウイルスの騒動が起こったり誤解に満ちた報道がなされた形で、ジャニーズ事務所のほうから一方的に芸能活動自粛をプレスリリースされてしまった。 その直後に弁護士を入れて話し合いましょう、という話しで交渉が始まった。 その段階ではいつまでにどうするか決まっていなかったが、誤解が解けた形でそれぞれの条件をスピーディーに、平和的に話がまとまりましたので、それでは早めて19日に合意解除しましょうとなった。 年内とか、ツアーをやってからやめたかったのか。 「コロナウイルスが自然発生的なウイルスなので、いつ収束してライブができるかは世界中にに分からないこと。 これが春にあるならそれを終えてだと思っていたので、僕の契約満了の時期まではジャニーズに筋を通すまではいようと思っていました。 契約は来年の3月末までです。 高野先生にも『円満に退所したい』と僕が依頼した段階でお話ししていた。 最初の段階では6月末(退所)と事務所から言われて、それに対して『分かりました』返していたのですが、6月19日の数日前に『今週金曜の19日の解除でもいいよ』と向こうの弁護士から高野先生に通知がきました。 お互い話し合いを進めた結果、6月末までだと情報漏洩だったり、勘違いして報道されても僕もジャニーズ事務所も損をしてしまう。 拒絶されたことはどう思うか。 「本音を言っちゃうとショックはあります。 やっぱりこだわりを持って破天荒だけどいたつもりなので会って欲しかったのは本音ではありますけど。 ただ雑誌によく書いてあった『滝沢くんと対立』というのは一切ないですし、アイドルとう同じ立場で活躍していた方なので、きっとタレントの気持ちをわかってくれると思いますし。 滝沢君からはお互いの知人を通じて、『逆に手越大丈夫か』と心配してくださっていたというのが現状なので、弁護士を通じて話し合っている中で僕のことを心配してくださっていたのは感謝でしかないし。 滝沢くんが勝手に僕と会うっていうのも、事務所としてはよくないことだったかもしれない。 滝沢くんに関してはメディアの報道とは逆で感謝してます。 僕としてはかっこいい先輩、これからきっとジャニーズを背負っていくだろうお方。 契約解除という感じで僕はジャニーズ事務所ではなくなってしまったけど、お会いできる機会があるなあら滝沢くんと、なにかできることがあれば手伝えることがあったらしたいと思っています。 ジュリーさんに関してもお会いできなかったことは悲しい、ショックな思いはありますけど、僕のために、いままで破天荒にやってきた僕を守ってくださったのは事実。 イッテQやNEWSの音楽番組だったり、NEWSがいい方向に上がっていけるようにご尽力くださったのは間違いなくジャニーさんであり、ジュリーさん。 僕は心のそこからそう思っていますので、僕が身勝手なことを言うのはあれですけど、退所にはなりましたけど、今まで育ててくれて、僕にいろんな景色や思い出だったり、すてきな体験させてくださった、現社長のジュリーさんには。 お礼に仮に行けるのであれば、改めてお礼にいきたいですし、ご迷惑をおかけしてすみませんでしたと伝えたいと思ってます」 報知新聞社.

次の

なんでお母さんはいつも怒るの?

なんで わかっ て くれ ない の り っ くん

L2 「自分はこんなに優しいのになんでだ!」と言うやつって何を基準に「自分は優しい」と規定してるんだろうか。 優しいかどうかって自分で決めることじゃなく、他人の評価だと思うんだが。 まあ俺の先輩なんだけどさ。 入社したての時の教育係だったから今でもたまに飲みとか誘われるんだが 酔うと決まって「自分はこんなに優しいのになんで周囲はわかってくれないんだ」が始まる。 でも別にその人とくに優しくないし、他人が「優しい」と評価してるのを見たこともない。 なにをもって「俺は優しい人間だ」と思い込んだのか非常に謎。 俺とサシで話してる時は逆張りしてこないんで、誘われたら三回に一回は付き合ってるが、基本優しくはない。 ケチだし。 こないだ先輩がべろべろに酔った時、朝には覚えてないだろうと思って 「優しい優しいって、先輩、誰かに優しいって言われたことあるんすかw」と聞いたら えらい長いこと考えこんだ末、「誰も殴ったことないし、女をヤリ捨てたこともない。 俺は優しいよ…」と言ってた。 それ「優しい」って言うんだろうか。 人に危害を加えないって人間としての基本であって、優しさ関係ないと思うんだが。 昨日はしらふなのに「ゴミ捨て場で邪魔だったババアを殴るの我慢した俺は優しい!」と言っていた。 この人の優しさの基準がわからん。

次の

住んでみてわかった!リフォームしたのに入居者が更新してくれない理由

なんで わかっ て くれ ない の り っ くん

誰も僕をわかってくれない 3.テストの結果と不良 誰も僕をわかってくれない 3.テストの結果と不良 18番 三国 智光(A組) 「大分順位が落ちたわね。 こういってはあれだけど。 最近F組の木村君と一緒に良くいるそうね。 受験もあるし、これからが大事な時期なのよ。 現実は厳しいものよ。 楽しいことばかりではいられないわ。 友人は選びなさい。 」 テストの順位が出たその日、担任に呼び出された。 2年生と3年生の聖東のクラス別けには意味がある。 A組は国立理系、B組は国立文系、Cは上級私立理系、Dは上級私立文系、Eはその他私立理系、Fはその他私立文系。 貼り出される上位50名の名前のクラスは、毎回大体7割がA組かB組で、残りの3割がC、D組になる。 「なに?順位が落ちたから凹んでんの?」 「え?」 いつものように出入り禁止の誰もいない屋上で昼ご飯を食べていると、寝転がって天を仰いでいた木村くんが話しかけてきた。 木村くんも順位表見たのか。 興味なさそうなのに、聖東の生徒だもんな。 やっぱり気になるのかな? 「木村くん。 18位ってすごくない?」 「俺にとっては十分凄いけど?」 良かった。 「うん。 僕も凄いと思う。 」 「なんだ。 じゃぁなんで暗いの?湿っぽいの?うざいの?」 うぅっ。 相変わらず酷い奴だよ。 もう慣れたもんね。 「先生に、順位落ちたから呼び出された。 」 木村くんは、太陽を掴むように空へ押し出し言葉を続けた。 「……んで。 木村君とのお付き合いは考えなさいとでも言われた?」 「なんで知ってるの?」 僕はビックリして木村くんを覗き込む。 「アホか。 そんなん馬鹿でも分かるわ。 」 「じゃあ僕は馬鹿以下?」 「そんなの分かってたろうが。 」 覗き込んでいる僕を押し返し、起き上がる。 「…いちご牛乳。 」 もう慣れっこで、ストローを挿してすぐ口元へ差し出す。 木村くんもそれを慣れたように顔だけ動かし飲む。 相変わらず決して自分の手では持とうとはしない。 木村くんがいちご牛乳を飲み終わるまで、僕達は無言だった。 ぷしゅっと、勢い良く吸われて凹んだパックが息を吹き返す。 僕は、手を下ろした。 木村くんはあさっての方向を見たまま無言だった。 「僕さ。 1年の時は50位から外れたこともあるよ。 この間がたまたま6位で、この間のその前がたまたま8位だっただけ。 で、今回がたまたま18位だっただけ。 まだ2年生になって3回目のテストだよ。 」 「へぇ。 それって自慢?」 本当に木村くんって意地悪。 でも、たぶん僕の事が嫌いな男子(ほぼ皆/涙)はそう感じているのだろう。 「……、お兄ちゃんは、50位から外れたときも、6位だった時も同じように褒めてくれたよ。 」 木村くんがこっちを見た。 「なんで周りが、先生が、僕の価値を決めるの。 」 僕は畳み掛けるように言った。 だがそれを嘲笑うかのように木村くんは言う。 「世の中、自分の価値は、他人の評価で決まる。 社会に出たら、ここよりもっとシビアだ。 」 木村くんって不良なのに、たまにやけに現実的だよ。 「……。 木村くんだって高校生の癖に、そういうこと言うんだ。 」 悔しいな。 僕は、先生に友達は選びなさいって言われたとき何も言い返せなかった。 言葉が出てこなかった。 正直、順位が下がったのは木村くんのせいじゃないとも言い切れない。 放課後連れまわされるようになって、勉強の時間が減ったのは事実だから。 でも、その間の12位分以上の価値が有ると思うんだ。 それがどんな価値かと聞かれたら、やっぱり何も言えない。 どんな言い訳をしても、社会を知らない子供だから、と言われてしまうんだ。 先生の言い分も、木村くんの言っていることも、きっと社会に出て嫌というほど思い知る。 お兄ちゃんの様に優しい人ばかりじゃない。 「今の僕には分からないよ。 数字が意味する価値も、先生が言う僕の価値も。 ただ、木村くんと一緒にいることで下がる価値ならそんなものはいらないよ。 」 見詰め合っていた僕達の間に、さっと風が通った。 秋らしい爽やかな風で、決して嫌な風ではなかった。 「……お前は甘いな。 甘くて甘くて甘いもんが食べたくなった!」 大きく伸びをしながら再び、木村くんは寝転がった。 そして僕にニヤニヤと不気味に笑い掛け、 「ラスク。 シュガーのね。 ブラコン。 」 と言った。 僕の鞄に常備してある、木村くんの好きなシュガーラスクをささっと剥いた。 僕は、木村くんの優秀な下僕ですから。 でも、その発言にブラコンは余計だよね。 《おまけ》 「じゃあ何で聖東なんて来たんだ?ここがそういう特色が強いのは分かってただろ?」 「ん?う、うん。 」 「まさか、『お兄ちゃん』が行ってたからとか言うんじゃないだろうな?」 「……。 」 「ブラコン!ひでぇブラコンだよ!」 「ブラコンは関係ないだろっ!」 「大有りだ!だから、こんな甘ちゃんなんだよ!」 「なんだよそれ!酷いこじ付けだよ!」 Copyright c 2009 kon all rights reserved.

次の