餃子 バッグ。 餃子バッグに続け!2020年は「クロワッサンバッグ」がトレンド

餃子バッグが現在も買えるのはココ!宇都宮餃子会はTwitterに感謝!?

餃子 バッグ

王将のぎょうざ倶楽部カードとは 2020年度のカードはこちら 餃子の王将はポイントカードやスマホのクーポンで割引…なんて施策を一切行っていません。 紙の割引券を配ることはあれど、そういうややこしい要素は一切なしなんですね。 しかし実は王将には餃子倶楽部カードという、それを提示すると毎回割引されて安くたべることができる謎のカードが存在します。 しかもクラブカードの有効期限は約1年のみ。 それ以降は効力を失います。 いつでももらえるわけではなく、これは毎年6月ごろから12月くらいまで配布しているスタンプカードにスタンプをたくさんためて初めてもらえるカードなんですね。 クラブカードを手に入れるには クラブカードが欲しい方はまずスタンプを貯めなければいけません。 スタンプは大体500円につき1つ押印されます。 今年は最低スタンプ25個で交換することができました。 つまりおよそ1万3000円分王将でたべることで初めて取得できるのです。 ポイント2倍期間を利用すれば1万以下で手に入る? じつはこのスタンプカードなんですが、ちょこちょこスタンプ押印2倍キャンペーンをやっています。 店内のポスターなどで掲示されているのですが、こんなのスタンプ集めているひと以外は興味ないので一切気づいていない方も多いのではないでしょうか 例年、キャンペーンが終わりかけの11月や12月に2週間程度、2倍キャンペーンがやってたりします。 2019年は10月に行われていました。 多分12月はじめくらいにもキャンペーンやってると思います。 2倍キャンペーンを駆使すればおよそ最安で6000円から入手可能に。 これなら家族や友人と少し王将で食べれば意外と簡単に到達してしまうとは思いませんか? 今年は5%カードのみでしたが、ここ数年は更に割引率が高い7%引きのプレミアムカードがもらえるキャンペーンもやっていたので、王将に行く機会が多いひとはスタンプカードを捨てずに一度ためてみてもいいかもしれませんね。 餃子の王将オリジナル保冷バッグについて さて、王将のクラブカードをもらうには25個のスタンプが必要でしたが、実はこのスタンプカード最大で50個ためることができました。 これもうちょっと期間伸ばしてほしいです。 ) 目覚まし時計やスマホケースもらってもなぁ… ラーメン鉢とかは毎年景品になっているような気がするし 今回は35個ためてトートバッグをもらうことにしました。 もらってきたバッグ 会計時に交換を申し出るとレジ下から景品を取り出して渡してくれました。 トートバッグはおおきめ これがもらってきた王将オリジナルのトートバッグです。 正直もっとしょぼいのを予想していたのですが、思いの外しっかりした丈夫なバッグになっています。 5cmでした。 結構大きめの保冷バッグなので買い物にも十分使えそうな大きさです。 バッグには王将のロゴが 右下には王将のロゴがプリントされています。 がっつり王将アピールできちゃいます。 王将のロゴのタグがついているのもオシャレポイントですね(笑) 王将バッグの中 バッグのなかは一面保冷保温のためにアルミシートがはられています。 大きさ比較のためにカードと台紙をいれてみましたが、この画像でもたくさん入ることわかります。 バッグの説明文はこちら。 特に変わったことは書いてませんが興味があるひとはどうぞ。 王将のトートバッグまとめ 今年もお皿系と交換しようとおもいましたが、トートバッグ結構満足度高いです。 個人的には保冷バッグをわざわざ買う機会がないので、ちょっと持ち運びたい時なんかに車にいれといて移動するのにも便利そうです。 ただ材質のせいでしょうがない部分もありますが内側に小物入れをつけておいてほしかったです。 この時期になるとフリマサイトで景品やスタンプカードが売られていたりしますが、自分でスタンプをこつこつ貯めると相応の達成感もあります。 王将ファンのみなさんも日頃の買い物や持ち帰りのときにこの保温保冷バッグにいれて周りと差をつけてはいかがでしょうか?.

次の

TOPページ

餃子 バッグ

プロジェクト本文 ご挨拶 はじめまして。 私たちは京都中央卸売市場横で、 餃子の製造• 販売をしております「ラッキー餃子センター」です。 まだ創業は浅く3年前よりこの地で餃子の製造をしております。 スタッフは女性ばかりで毎回楽しく餃子を作っていましたが、 コロナ禍により作った餃子は在庫ばかりになり不安な日々を過ごしております。 いつまで続くかわからない中餃子を無駄にしたく無い気持ちや、製造を存続していく為に、 私達の餃子をもっと知って頂きたいと思い このプロジェクトを立ち上げました。 私たちの商品・お店のこだわり 私達の餃子を一度食べてみて下さい! 私達の手作り餃子は、国産キャベツを中心に ニラ• しょうが• 豚肉等すべて国産を使用、添加物等は一切使用していません。 子供にも安心して食べてもらえるように心がけて作っています。 餃子の皮は極薄のものを使用し、焼き上がりが パリッとなるように 全ての食材を手切り、タネの水分を調整しています。 少し小ぶりで、タネがギュッと詰まったパリパリ餃子には、 酢と胡椒で食べるのがオススメです。 さっぱりして何個でも食べれます。 3,000円以上支援・応援してくださる方は、 「上乗せ支援」があります。 ぜひよろしくお願いします。 ぜひ一度ラッキー餃子をご賞味ください。 現金には変えれませんので、ご注意下さい。 30個入り 3,500円• 60個入り 6,500円• 90個入り 9,000円• 120個入り 11,500円 ・焼き方説明書・餃子のタレ・次回使用できるサービス券と お礼状をお送りします。 まだ火は付けないで下さい。 必ずお湯を入れて下さい。 タレと酢コショウで召し上がって下さい! -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- プロジェクトで実現したいこと 毎日みんなで餃子を包む、当たり前の日常が どれだけ幸せかを気づかされました。 また、みんなと一緒に働ける日が来ることにワクワクしてます。 「安心」「安全」な商品を気持ちを込めて作りますので、 ご支援よろしくお願いします。 資金の使い道 皆様から頂戴したご支援は、大切に、 製造スタッフの雇用の継続とお店の維持費、 リターンの材料費として使用させて頂きます。 最後に 最後まで長文をお読み頂きありがとうございます。 不慣れなパソコンと向き合って、 なんとか書ききりました。 ちゃんと伝わればいいのですが..... スタッフ一同前を向いて、1人も欠ける事無く今を耐え抜いて、 美味しい餃子を残せるように 頑張っていきます。 皆様も厳しい状況ではあると思いますが、 お力を貸して頂けたら幸いです。 ラッキー餃子製造スタッフ一同 住所 京都府 京都市下京区 朱雀北ノ口町 43-2 1F 営業時間 11:30〜19:00 L. O 日曜営業 定休日 基本的には無休 TEL 075-874-3092 店舗情報 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。 目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。 支援者:1人 お届け予定:2020年07月 このプロジェクトは、 All-In方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の

丸々具沢山の餃子バッグがおいしそう🥟 こだわり詰まったハンドメイド作品

餃子 バッグ

たっぷりと具材が入っているかのように丸々とした美味しそうな 餃子のバッグ。 食品サンプルの炒飯キーホルダーとあわせれば、炒飯餃子定食に早変わりです。 こちらのバッグを制作したのはミシンで様々なハンドメイド作品を制作しているという UYOSUSHIさん。 自身のTwitterにバッグの写真を投稿するや大反響となっています。 元々使っていたバッグが壊れてしまった際に、大好物だという餃子風にアレンジするアイデアを思いついたそうです。 収納ができるバッグ部分と餃子の皮部分は別々に制作されており、バッグ本体と皮の間には綿が詰められています。 餃子のヒダヒダ感と膨らみ加減を本物の餃子に近づけるためリアルさにこだわったというこちらの餃子バッグ。 ほかにも、平らにならないように固めの布を使ったり、接着芯を使ったりとUYOSUSHIさんの工夫が凝らされていると言います。 UYOSUSHIさんによると、「 いつか頒布もしようかなと緩く考えています」とのこと。 ほしいという方はUYOSUSHIさんのTwitterをチェックしておきましょう。

次の