マウント アンド ブレード 2。 マウントとブレード2:バナーロード:システム要件とゲームのプレビュー

Mount & Blade MOD うpろだ2

マウント アンド ブレード 2

The horns sound, the ravens gather. An empire is torn by civil war. Beyond its borders, new kingdoms rise. Gird on your sword, don your armour, summon your followers and ride forth to win glory on the battlefields of Calradia. Establish your hegemony and create a new world out of the ashes of the old. Early Access Game Get instant access and start playing; get involved with this game as it develops. Note: This Early Access game is not complete and may or may not change further. If you are not excited to play this game in its current state, then you should wait to see if the game progresses further in development. Why Early Access? By working alongside our community we were able to deliver a unique gaming experience that players still enjoy to this day. These past experiences have taught us that it is vital to bring players in to help us iron out any issues and refine the game by utilizing feedback to bring it to the level that both our community and we expect. However, due to the nature and scale of game that we have envisioned, there may be various problems or missing features and content during the course of early access. Here are a few aspects you may need to know: Unique Maps for Towns, Castles and Village: Although we plan to create unique maps for every town and castle in the game, it is a rather arduous process to create that many well designed maps and as such, different locations may share the same map during early access. Quest Content: A portion of planned quests may be missing entirely, and those in the game may be using placeholder maps, animations, etc. Balancing: Various aspects of the game may be poorly balanced. Parts of the game may be too easy or too hard. Voice overs: Since the game uses a lot of dynamic text and hundreds of NPCs, we are planning to record voice-overs for only a limited subset of the dialog greetings, companion introductions and main quest. Some of these planned voice overs may be missing or using placeholder versions during EA. Bugs and glitches: Although we strive to create a stable game experience, the game will be actively developed during early access and hence there will be a greater chance of bugs and glitches creeping up. It will of course be a priority to fix these. Localization: Our current plan is to localize the game into the following languages: French, Italian, German, Japanese, Korean, Polish, Brazilian Portuguese, Russian, Simplified Chinese, Spanish Latin American and Turkish. Other languages may be added later. During EA, localizations for these languages may be missing entirely or may be incomplete. Multiplayer modes and features: The game currently supports several popular multiplayer modes, but we are planning to add more modes and features, possibly including ranked matchmaking. Singleplayer Features: Several planned single player features may be missing or incomplete. These include but are not limited to: full game controller support, some skill and perk effects, crafting, some aspects of sieges, and clan, army and kingdom management. Of course, you may prefer to wait a little bit longer and hold off until the final, finished product. Our focus is on ensuring that the game is fun and enjoyable rather than imposing a deadline that might have a negative impact on the final product. While the early access version is very much stable and playable, players can expect to run into some obscure bugs and other issues while playing that we intend to locate and fix before the full release. The early access version will be reusing scenes for different towns, may lack some supporting features, may have a limited number of quests, voice-overs, etc. and may lack localizations for some languages. Throughout the course of the early access period we intend to introduce the missing supporting features, such as, rebellions, kingdom creation and weapon crafting, while expanding and enhancing many of the existing features that are outlined below. all in a vast singleplayer sandbox setting where no two playthroughs are the same. The early access version also includes fully supported multiplayer game modes for players to test their combat skills and tactical prowess against players from all over the world. These include engaging with users directly on our official forum and our Steam forum, requesting specific feedback through questionnaires, hosting and participating in multiplayer events alongside our community, and using analytics tools to gather data. An empire is torn by civil war. Beyond its borders, new kingdoms rise. Gird on your sword, don your armour, summon your followers and ride forth to win glory on the battlefields of Calradia. Establish your hegemony and create a new world out of the ashes of the old. Set 200 years before, it expands both the detailed fighting system and the world of Calradia. Bombard mountain fastnesses with siege engines, establish secret criminal empires in the back alleys of cities, or charge into the thick of chaotic battles in your quest for power. Raise your own army and lead it into battle, commanding and fighting alongside your troops in the thick of the action. Singleplayer Sandbox Campaign Play the game the way you want to play it! Plot your own path to power in a dynamic sandbox adventure where no two playthroughs are the same. Extensive Character Creation and Progression Systems Create and develop your own character to match your playstyle. Progress skills by performing actions as you gain access to a selection of perks that represent your mastery of a talent. Realistic Economy See the availability of goods ebb and flow in a simulated feudal economy, where the price of everything from incense to warhorses fluctuates with supply and demand. Turn anarchy to your advantage by being the first to bring grain to a starving town after a siege or reopening a bandit-plagued caravan route. Multiplayer Game Modes Put your tactical prowess and combat skills to the test against players from all over the world in a variety of different multiplayer game modes, ranging from small-scale skirmishes up to huge and epic sieges with hundreds of players. Breathtaking Battles Take to the field of battle and experience the brutality of medieval combat in first or third person perspective with hundreds of on-screen units, each with their own detailed AI. Extensive Modding Capabilities Customise the game to experience an entirely different adventure of your own creation. Mature Content Description The developers describe the content like this: This game is set in a fictional medieval world where the player assumes the role of an adventurer. The player engages in fights and battles and may kill or dispatch enemies and possibly horses using swords, axes, bows and other melee and ranged weapons. The game shows blood effects and rag-doll integrated death animations. Player can purchase wine and ale, and consume these in taverns. Game text includes moderate crude language such as bastard, piss, etc. Minimum:• Requires a 64-bit processor and operating system• OS: Windows 7 64-bit only• Memory: 6 GB RAM• Storage: 60 GB available space• Additional Notes: Integrated GPUs require additional 2GB of system RAM. These estimates may change during final release. Recommended:• Requires a 64-bit processor and operating system• OS: Windows 10 64-bit only• Memory: 8 GB RAM• Storage: 60 GB available space• Additional Notes: These estimates may change during final release.

次の

マウントとブレード2:バナーロード:システム要件とゲームのプレビュー

マウント アンド ブレード 2

戦場に踊る中世騎士ロマン! 戦場に響き渡る馬蹄のうなり。 振り上げられた剣が行き場を求め、甲冑と肉を切り裂く。 血と鉄で彩られた釜の底をひとり、鍛え抜いた膂力と才気で生き抜く騎士。 やがては王となるか、野に朽ちるか。 今はただ、目の前に立ちはだかる敵を打ち倒すのみ。 サイバーフロントが発売するPCゲーム「マウント アンド ブレード ウォーバンド」は、そんな男くささ満載の中世騎士ロマンを深く堪能できるアクションRPGだ。 本作の開発元はトルコのゲームデベロッパーTaleWorlds。 夫婦ふたりでつくりはじめたというユニークなアクションRPGは世界で最も成功したインディーズゲームのひとつとなり、北欧のゲームパブリッシャーParadox Interactiveのもとで商用化を達成。 磨きをかけてついに日本語版の登場となった。 本作には、多くのゲームファンが最新のタイトルに期待する、格好良いキャラクター、重厚なシナリオ、最新技術を駆使したグラフィックスなどを全く備えていない。 そのかわり本作にあるのは、ついついハマってしまう痛快かつ重厚な剣撃アクションと、何十時間、何百時間もプレイしてしまうシナリオなき立身出世物語だ。 地味な見せかけの中に、ゲームファンが本当に求めているはずのものがギッシリ詰まっているのである。 肉体感覚にリンクした痛快アクションと一騎当千の快感 敵兵を撫で斬りに! 弓で射ぬく! 歴戦の騎士は徒歩戦闘もお手の物 味方の兵士を指揮して戦略的に戦うことも可能 本作の舞台は架空の大陸「カルラディア」。 史実でいうとルネッサンス直前くらいまでのヨーロッパを模した世界となっており、いくつもの国が大陸の統一を求めて割拠する戦乱の時代となっている。 プレーヤーはその中に生まれたひとりの男。 大望を抱いて兵を集め、一国一城の主を目指すもよし。 兵卒として最強の戦士を目指すもよしという世界だ。 本作はジャンル的にはアクションRPGであり、リアルタイムで展開する戦闘パートと、より大きな時間スケールで展開するRPGパートで構成されている。 その上で本作がすごいのは、戦闘も、冒険も、他のゲームには見られない独特の構造とプレイ感覚を持っていることである。 まず本作のキモとなる戦闘パートは、最大で数百の兵が激突する「合戦」をアクションゲームとして成立させたものだ。 プレーヤーは様々なタイプの甲冑、剣、斧、槍、ハンマー、弓、ボウガンを装備することができ、徒歩あるいは騎乗して、敵味方が入り乱れる戦場を駆け巡る。 操作はマウス+キーボードを前提としたFPSタイプで、直感的な操作が可能だ。 そのアクションは直感的で楽しい。 例えば剣で戦う場合。 攻撃は左クリックで行なうが、これにマウスの動きを組み合わせて剣を振る方向を決めることができる。 つまり、マウスを横に走らせながら右クリックすれば横斬り、上に滑らせれば突き、下に引きながらなら兜割り、というシステムである。 最初は戸惑うが、操作感覚を掴んでしまえば、まるで自分自身が剣を振っているような感覚だ。 これに加えて本作のアクションを深みのあるものにしているのは、攻撃ダメージを決めるシステムだ。 通常、この手のアクションゲームでは武器の攻撃力とキャラクターの性能で与えるダメージが決まってしまうものだが、本作の場合、それに加えて剣の切っ先が命中した部位、その際のスピードが勘案されて最終的なダメージが決まる。 つまり、うまく相手の装甲が薄い部分を狙って、勢いよく刃をぶつけるほど、大きなダメージが期待できる。 直感操作と詳細なダメージシステムが結合した結果、本作のアクションシーンは驚くほど手応えのある「打撃感」をもたらしている。 いかに重い一撃を、相手の弱点(大抵は頭部)に叩き込むか。 馬上で全力疾走しながら、カウンター気味に剣撃をぶち当てれば最も大きな打撃を加えられる。 FPS的操作で正確に照準しつつ、剣の切っ先がどのような軌跡を描くか予想しながら、敵の集団をかすめて疾走する。 テクニカルで、スピーディで、重量感のあるアクション。 達人の境地に達すれば、ひとつの戦いで数十人の敵兵を切り伏せることだってできる。 剣のほかにも、相手の盾や武器による防御を押し崩すハンマーによる重い一撃、盾を破壊する戦斧の一振りもまた、本作の戦闘を深めてくれる要素だ。 騎士の花形、長大なランスを構えてチャージをかければ、どんなに重装甲な敵でも一撃で屠ることができる。 物理法則に従って飛翔する弓矢を極めれば、ロビンフッドか那須与一か、という活躍も可能だ。 その全てを組み合わせて展開する本作の戦闘は、個人的武勇を競うだけでも相当に楽しい。 これに加えて、プレーヤーは部隊長として多数の兵士を従え、命令を下しながらRTS的な戦いを展開することもできる。 知力をふりしぼって効果的に用兵するならば、自ら剣を振ることなく勝利を収められるだろう。 本作をプレイするならば、まずこういった合戦の醍醐味を存分に楽しんで欲しい。 蹄の音、武器が打ち鳴らす鉄の音、阿鼻叫喚の声。 様々な音が入り混じる戦場の雰囲気は本作ならではのもの。 躍動する世界で展開するシナリオなきRPGパート キャラメイク画面。 はじめは非力ないち浪人としてキャリアをスタート 本作が単なる戦闘ゲームに終わることなく、膨大なプレイ時間を約束してくれるのは、RPGパートの面白さによるものだ。 シングルプレイのメインゲームモードとなっているRPGパートでは、プレーヤーは乱世の大陸「カルラディア」に生まれたひとりの浪人としてそのキャリアをスタートする。 プレーヤーの能力は近接戦闘系、弓もしくはボウガン系、騎乗系、それから部隊運用と経済、対人関係のスキルなどによって構成されている。 各スキルはプレーヤーがスタート時に選択した「出自」から一定のポイントが割り振られる仕組み。 はじめは一般の雑兵にも満たない非力なプレーヤーではあるが、レベルアップ毎に新たな能力値を獲得・割り振りし、やがては天下無双の戦士、あるいは最高の用兵巧者を目指すのもいいだろう。 本作のRPGパートの最大の特徴は、シナリオが存在しないことだ。 世界は複数の国に分割されており、それぞれの国が覇を競って、各国に所属する諸侯が自律的に和戦両面の作戦を展開している。 モンゴル的な国「ケルギット」、フランク王国的な国「スワディア」、イングランド的な国「ヴァエギル」、イタリア的な国「ロドック」、北欧的な「ノルド」、中東的な国「サラン朝」。 それぞれに王がおり、独特の兵種が存在し、文化の違いが色濃く再現されている。 カルラディアの大地はいくつもの国によって支配されており、常に戦乱の嵐が吹き荒れている。 この中でどう生きていくか、プレーヤーの裁量次第だ 諸侯と接触してクエストを受け、関係を良好にしていく 交易は、うまくやれば最も儲かる手段のひとつ 武闘大会で優勝すれば一気に大金をゲットできるかもしれない たとえプレーヤーが居なくても世界はダイナミックに変化し、各国、各諸侯の軍団が都市・城・村を奪いあって戦いを繰り広げている。 だが、その世界に「意味」を与えるのはプレーヤー自身だ。 プレーヤーはひとりの浪人者として、何をしようと自由。 山賊風情に身をやつしてもいいが、独自に兵を集め、軍資金を稼ぎ、「コンパニオン」と呼ばれる旅の仲間を得て、立身出世の道を探るのが王道といえよう。 兵士は村々で徴募することができる。 徴募できるのは各国の民兵で、戦闘を繰り返し成長させていくことでそれぞれの国の上級兵へ成長していく。 特に「スワディア」の騎兵、「ヴァエギル」の弓兵、「ノルド」の歩兵は強力でオススメだ。 これらの兵種は最上級まで成長させるために長い時間が必要だが、その特色を活かすことができれば、1国の兵種だけで構成されたどの諸侯の軍団をも上回る実力を養えることだろう。 軍団を組織するために先立つものは軍資金。 カルラディアの世界で金銭を稼ぐには、各国の諸侯に接触して頼まれごとを果たしたり、賊を襲って捕虜や装備を奪い売り払ったり、あるいは交易によって利益を追求することもできる。 各地で開催される武闘大会に参加し、自分に掛け金をかけて優勝すれば大金が手に入る。 悪に手を染める覚悟があるなら、各国のキャラバンを襲って交易品を奪ったり、村を襲って物資を供出させてもいい。 全てにリスクとメリットがあり、その選択は自由だ。 やがて実力を蓄えることができたなら、各国の騎士団に名を連ね、戦国の表舞台にデビューするもよし。 あるいは、どの国にも属さず、たったひとりで1国を相手に城を奪い、一国一城の主を目指す。 各国の王が時折招集する戦役には大量の諸侯が付き従い、総兵力が数千に至ることもあるので、生半可な準備では簡単に打ち破られてしまうだろうけれども。 また各国には、それぞれの王位を主張する者たちが潜伏している。 彼らに接近して将軍となり、正統の王を立てて反乱を企てるのも立身出世を早める道だ。 諸侯との良好な関係をはぐくめば、敵となった軍団を味方につけることも可能だ。 独自の領土を手にいれたなら、それを守護し、経営して、税収を得よう。 そうして精鋭兵からなる最強の軍団を組織し、伝説の「カルラディア帝国」を復興することが究極の目標だ。 本作のRPGパートはこのように自由で、柔軟にプレイできる環境が用意されている。 何度プレイしても全く同じ展開になることはなく、様々な方法で目指す道を極めることができるのだ。 乱世に野心をいだくひとりの騎士として、そのロールをプレイするという意味で、本作はRPGの理想的な形態のひとつといえるだろう。 カルラディアの各地は文化的に異なる表情を持っており、各都市を巡って歩きまわるだけでもなかなか楽しい 一国一城の主を目指すなら避けては通れないのが攻城戦。 城壁に配置された大量の散兵に対処しつつ、狭い進撃路から侵入を果たさなければならない プレーヤーの成長記録。 相手の弱点を突くテクニックが頼りだ 攻城戦は、守備側のプレイも楽しい。 地形をうまく利用して戦う マルチプレイでの装備はプリセットから選択する方式。 活躍すれば高価な装備が使えるように シングルプレイだけでも大変なプレイボリュームがある本作だが、マルチプレイモードや多数のMODの存在でさらに遊べるゲームとなっている。 マルチプレイは最大64人でのプレイをサポートしており、デスマッチ、チームデスマッチ、旗取り、そして攻城戦といったゲームモードでバトルを楽しめる。 この最大64人というのは「公式」のサポート数で、世界のゲームサーバーの中には最大200人以上で参加が可能なサーバーも存在する。 ゲーム内のサーバーブラウザ上で簡単に見つけることができるので、いちど試してみるといいだろう。 100人対100人以上で展開する攻城戦は、ちょっと他にはない雰囲気とおもしろさだ。 マルチプレイでのプレーヤーにはレベルが存在せず、各国のデフォルト兵士としての能力と、ラウンドごとに与えられる金銭で、プリセットから武器を購入して参加する仕組み。 ただこの仕組み、「cRPG MOD」というユーザーメイドのMODを導入すれば、長期的なレベルアップあり、アイテム管理ありという全く違ったゲーム性を導入できる。 MODで違った遊びができるという柔軟性は本作の特徴のひとつで、現在までに多数の優秀なMODがリリースされている。 筆者のお気に入りのひとつは「Custom Commander」というMOD。 これはRPGパートを強化するMODで、プレイ中に発生する様々な単純作業を自動化してくれるほか、コンパニオンキャラクターを直接操作して戦闘ができるなど、かゆいところに手が届く仕様を実現している。 このほか、各種の武器MODも人気がある。 ファンタジー系の武器MODでは本来ありえないほどの強力な武器をゲームに導入できるし、なかにはオリジナルのゲームに登場しない銃器類を再現するMODもある。 18世紀のマスケット兵による戦闘を再現するMODなどもあって、その幅は想像以上だ。 筆者は、日本語版がリリースされる前のバージョンから本作にぞっこんであり、既に総プレイ時間は軽く500時間を超え、しかもまだ飽きる気配がない。 何度もカルラディアを統一したはずなのに、RPGパートを新たに始めればたちまちハマってしまうという按配だ。 この意味不明なまでのゲーム的魅力を、是非多くのゲーマーの方に体験して欲しいとおもう。 オススメである。 【マルチプレイモード スクリーンショット】 【スクリーンショット】 c 2010 PARADOX INTERACTIVE. ALL RIGHTS RESERVED.

次の

FAQ/日本語化について

マウント アンド ブレード 2

一体リリース日はいつになるの、というファンの共通した疑問はさておき、今現在、公式ブログから発表されている内容を、少し気が早いですがまとめ直してみました。 ちなみに、今回の記事自体の内容は、すべてSTEAM製品ページ内の、Taleworldsブログ記事からのまた引きになります。 ざっくりとした所感よりも、ディテールの細部を知りたい方は、をお読みになる方が早いとは思いますが、ブログ記事自体が項目別にきれいに分かれている、とも言い切れないため、今回はそこにある50本以上記事をまとめ直してみた、という形です。 (よって、この記事内のすべての画像はそこからの引用であり、画像の著作権もTaleworldsに属します)。 スキル 詳細は参照 ではまず、キャラクタ成長の生命線たるスキルシステムから見ていきましょう。 この値に関しては、前作からの特段の変更はないだろうし、一方で、CRPGにはよく見られるPERKシステムの導入に関しても、ほとんど何の違和感もなく受け取れる内容になっているでしょう。 注意すべきなのは、初めのポイントを割り振らない限りスキルそのものが上昇しないことくらいでしょうか。 レベルアップ時の追加のスキルポイントの割り振りについても分かりやすいですし、パーティーメンバーを役割ごとに成長させていくさまを想像するだけでも胸が踊りますね。 王国管理画面 詳細は「」参照 次に、こちらは大きく強化されているように見える、勢力管理画面に話が移ります。 いわゆるストラテジー的な要素、ということになるんでしょう。 「家門」の項目では、自らの勢力に所属する一族の扱いについて決めることが可能なようですし、「領地」のタブでは、勢力支配下の町・村・城が表示され、それぞれの場所のデータを確認することができる。 また、一定の「影響力」を行使することで、他勢力の領地を切り離すことなども可能なようです。 さらに「政策」タブでは、自身の勢力内全土に行き渡らせる方針のようなものを決定でき、「軍勢」タブでは、自身の勢力に所属する軍を一括して管理することができる。 この当たりのことは、俯瞰目線のストラテジーのようなゲームの仕様としては当たり前といえば当たり前なんでしょうが、そこをオープンワールド的要素を含む、サンドボックス自体を「俯瞰」しながら行えるということが、率直に言ってすごいですよね。 サンドボックス 詳細は参照 次に、本作の主要素たるサンドボックス感にも話を移しますと、対象が物品を輸送し、それぞれの村で原料が生産され、町の住民たちがそれを消費し、税金を払い、その税金が部族へ支払われるまでの過程、などには、当然ながら十分な試行が繰り返されているようです。 上記、飛び先の記事の中で特に興味深い点としては、NPC領主やNPC王国の合理的な判断、という項目ですね。 単純な呼びかけに対するシンプルな反応、のみではなく、いくつもの判断を要する複雑な条件が眼の前に差し迫ってきた場合、それでも彼らがプレイヤーから見て合理的、と取れる判断を下せるかどうか。 この当たりは、100%のAIなどは存在しないんだろうし、難しいところではありますが、そこからの抜け穴を見つけたときの喜びを倍加させるためにも、できるだけ厳密さを保ってほしいものだとファンとしては願うところでもあります。 影響力 詳細は参照 そして、それらNPC領主たちとの駆け引きの最たるものが、この「影響力」という新しいデータを活用した駆け引きということになってくるでしょう。 その詳細については、それこそ直接リンク先を見て頂きたいのですが、特にそこで記載されていることの中で興味深い点を抜き出しますと、呼び寄せた(呼び寄せられた)領主間で得られる影響力が、すべての軍のリーダーに波及する、という点ですね。 食料なども、戦役の間は軍の中で共有されるようですし、軍が成功体験を続ければ、その分長期の遠征なども可能になってくる。 逆に、プレイヤーがまだ小さな勢力しか率いていない段階では、どこかのNPC領主の呼びかけに応じる形で、この影響力、を随伴しながらにして溜め込んでいく、何ていう立ち回りも可能なのかもしれません。 また、各勢力の領主との関係性なども、戦役を行っている間はポートレートとしてUI画面の方にも反映されるようですし、サンドボックス的な世界そのもののダイナミズムの中で、この「影響力」を伴ったやり取りが重要になってくるのは間違いがないはずです。 会話・説得 詳細は「」参照 そのやり取りの過程で、さらに重要な役割を担いそうなのが、この会話・説得の項目です。 この会話の仕様自体は前作の段階でも当然あった要素なのですが、今回は特にこの個人の関係性を基盤としたやり取り、もさらに強化されているらしく、「魅力」、「人望」、「悪行」などのプレイヤーキャラクタ固有の数値のみではなく、ゲーム内記録された主要な主人公キャラの行い全てが、場合によっては交渉自体に影響を及ぼす可能性もあるようです。 集落開発事業 詳しくは「」参照 さて、ざっくりとサンドボックス上で生じる営みの流れについて見ました所で、ここからは、その内実のリソースを形成する「集落開発事業」の方に話を引っ張っていきたいと思います。 Bannerlordでは、この「集落」という要素がイベントの起こる基本的な場所、単位となっているようで、そのなかでは「軍用の建造物」と「民用の建造物」が大きく分けて形成可能であり、防壁や兵舎、食料などの各要素も、そこでの立ち回りによって充実していく。 要は、既存のストラテジーで言う、「内政」的な要素ですよね。 これらの展開をオープンワールドのもとで目のあたりにできるのが、今回強く焦点の当たっている「集落」の要素だというわけです。 生産事業 詳細は「」参照 では、そこで執り行われうる生産事業は何かと言うと、ざっと上げられている限り、 醸造所、肉屋、亜麻布屋、製粉所、オリーブ製油所、陶器製造所、鍛冶屋、馬小屋、革工房、織物屋、木材工房、 と、現時点でも非常に多岐にわたっていることがわかりますね。 これらの生産を組み合わせ、場合によっては遠方と交易することで、勢力の財をより豊かにし、経済的な増強を図っていくこと自体は容易に想像可能なわけですが、特にMount&Bladeの場合は、やはりそれらの要素が、オープンワールド内での発展を遠なって形成されていく様が面白い、ということになるでしょう。 本当に、ストラテジーとサンドボックスの究極の組み合わせがここにはある、のではないでしょうか。 町 詳細は「」参照 何にしても先走り過ぎな記事であることは承知してますが、ついでにその発展していくべき町の仕様にも公開されている範囲で触れておきますと、そこにある各要素は、 市場、貧民街と裏路地、砦、軍用区、酒場 となっているようです。 また、ここでも一つ面白い仕様を上げておきますと、この町のシーン全体には各々「包囲戦状態」が用意されているらしく、戦闘時には、ギミックが描写の妨げにならないよう、店などはすべて閉店し、いかにも戦闘時のような殺伐とした状態になるようです。 ここら辺は極めて現実的な仕様、と言えます。 メニュー 詳細は「」参照 次に、その町中で具体的に行えることとしては、ここもなかなか面白い構造になっていると思ったのですが、一度、できることの一覧をメニューとして開き、そして、その中のサブメニュー扱いとなっている町の各施設を選択して一度そちらへ飛び、その「場所」にメニュー上でも移動してから初めて、各施設内に割り当てられた実際の「メニュー」を執り行える、という仕様になっているようです。 その最適なバランスが、上記リンク先の措置ということになりますか。 犯罪 詳細は「」参照 町中項目の最後に、2019年3月時点での最新記事にある「犯罪」の要素を追記しておきます。 この項目は、まあ極めて分かりやすい、というか、軽度、中度、重度、という区分はTESなどでも見られる一般的なものだと思います。 そこに、変装、ワイロなどの項目が、どの程度の有効性で活用されうるかというのは、実際にプレイして確かめてみたい所ですね。 唯一変わっていそうなのは、兵士を置き去りにしようとする戦略などにも兵士が不満を感じることもある、ということから、戦術上、戦略上の操作の及ぼす影響、くらいでしょうか。 戦闘AI 詳細は参照 では実際の戦闘AIについてはどうなのかと言うと、この点に関しては、上記事内にいくつもの興味深い指摘を見つけることができました。 1つ目は、各キャラごとに「個体」「部隊」「戦術」という3つのカテゴリーがAIとして割り当てられる、という点ですね。 実際の運用上、これら、カテゴリー分けされた各項目がどのような優先順位を持って運用されるのかはわからないのですが、そこで興味深い2つ目の点は、その中の「部隊」AIを、NPC側は、全くプレイヤー側と同じインターフェイスとコマンドを備えて操作するようにできている、ということです。 この点は、特に一部のストラテジーでは蔑ろになっている要素、でもあり、極端に「自動化」されたNPC側の対応に不条理感を抱かせられることも少なくありませんから、「ズルをしない」と公式で言明されている仕様は素直に嬉しい、ものになっているはずです。 また、三番目に、「戦術」カテゴリーでは、領主ごとの性格的な特徴を反映した指揮決定もなされるようで、この辺りが戦場の判断にも強く影響しそうですね。 戦闘シーン 詳細は参照 さらに、実際の戦闘シーンの内容について一つ製作者チームの興味深い指摘を取り出すと、Bannerlordでは、ランダム生成される戦場はないようです。 すべて、手作業に作られた戦場のシーンで戦闘は展開されることになり、それにしても十分なヴァリエーションが既に確保されているということです。 この点については、ユーザーにとっては少し惜しい、点もあるような気がします。 まあ、しかしながら、プレイ上の不確定要素を担保する項目が他にいくらでもあり得る、無限に別際のシーンが構成されうる、という別項目の多彩さへの自信がこういう仕様を採用させた、とも考えられるわけで、ここは素直に受け入れるしかなさそうでもありますけどね。 馬 詳細は参照 突撃馬、砂漠用、狩猟用、ラバ、乗用、草原用、荷馬、というそれぞれの区分を見るだけでも盛り上がりますが(状況によって使い分けが必要そうな所とかね)、さらに嬉しい仕様変更の一つが、鞍袋、ハーネス、防具などを装着する事ができる、という点ですよね。 これによって、プレイヤー側の工夫の幅が広がる。 こういう、組み合わせの幅を無限に広げていく、っていう方向性だけでも、RPGの場合は楽しみ方が本当に永遠に広がっていくような感覚を味わえますよね。 武器 詳細は及び「」参照 で、現時点でもすごく詳しく詳細の語られているのが、上記リンク先の武器種の項目なんでしょう。 いや、やっぱり戦闘が醍醐味のMount&Bladeにとっては最重要項目と言っても過言ではないですからね。 投げナイフ、投げ斧、ジャベリン、弓、クロスボウ、石、という遠距離武器に加え、ダガー、剣、斧、槌、ハンマー・メイス、長柄武器、メイス、という近接武器の提示された分類を見ているだけでもどきどきしてきますが、ただこの武器種の区分は、新たにBannerloadになって偶然性を排して算出され直したダメージ計算式とも強い関わりがありそうなので、そこは敢えてシステム周り、UI周りを分析した別記事で論じさせて頂きたいと思います。 何にしても、絵を見て想像するだけでも興味深い、ということで。 城 詳細は「」参照 最後に、攻城戦の仕様についても上記リンク先を参照しながら述べさせて頂きますと、まず、城自体は三段階まで強化可能なようです。 湖が近くにある場合など、一部例外もあるようですが、この強化によって、攻撃側には非常に攻めにくい状況を作り出すことが可能である、と。 また、攻撃側は制作に一定時間を要した上で、雲梯、攻城塔、破壊槌、バリスタ、マンゴネル、トレビュシェット、などの兵器を一つ一つ投入できる他、あえてそのまま包囲戦を続けることでも、守備側の補給を徐々に途絶えさせ、自軍に有利な状況を作っても行ける。 他方、そうした互いのやり取りが行われている最中にも、攻撃側、守備側、双方に、それらの全体を俯瞰して、指揮しやすい特定の場所が存在するらしく、そこからの「眺め」を元に互いの応酬が続けられていくさまは、まあプレイムービーなども一部ありますが、リアル、の一言に尽きるでしょう。 冗長になりましたが、現時点で報告できることは以上です。 (さらに細部をお知りになりたい方は、ぜひ一度公式のSTEAMページ内ブログリンクもご参照下さい)。 リンク先は各論に飛びます。 1 =97 シ10世9. 0自10 1 =97 シ10世9. 5自9. 5自9. 0 3 =95 シ9. 5世10自9. 5世10自9. 0 5 =93 シ8. 5世10自9. 5 6 戦国ランス=92 シ10世9. 0自9. 0 7 DragonAgeOrigins=91 シ9. 5世9. 0自8. 5 8 =90 シ9. 0世8. 5自9. 5 9 Fallout3=89 シ8. 5世9. 5自9. 0 10 Dark Souls=88 シ10世8. 5自8. 0 11 =87 シ8. 0世9. 5自8. 5 12 Football Manager=86 シ9. 0世7. 5自9. 5 13 大悪司=85 シ8. 5世8. 5自9. 0 14 =84 シ8. 0世9. 5自8. 5 15 Fallout NewVegas=83 シ8. 5世8. 5自8. 5 16 =82 シ9. 5世7. 0自9. 0 17 =81 シ7. 5世9. 0自8. 5 18 TESV:Skyrim=80 シ8. 0世8. 0自8. 0 19 The Witcher 3=79 シ7. 5世8. 5自8. 0 20 ランス6=78 シ7. 5世8. 5自7. 5 21 タクティクスオウガ=77 シ8. 0世8. 0自7. 0 22 =76 シ8. 0世7. 5自7. 5世7. 5自7. 0世7. 5自7. 0 25 Legend of Grimrock2=73 シ8. 5世6. 5自6. 0 ……………………………… =測定不能 =70 シ7. 0世7. 0自7.

次の