パグ 寿命。 パグ犬の平均寿命

【獣医師監修】パグは短命?平均寿命や最高齢は何年?病気を早期予防し、寿命を延ばす秘訣は?|hotto(ホット)

パグ 寿命

パグはどれくらいの寿命なの? あくまでも一般的な平均の寿命というのが公開されています。 中にはもっと長生きするパグもいますし、残念ながら短命の場合もあります。 参考程度に考えてあげることが良いでしょう。 パグの寿命としては、12歳から15歳というものが平均とされているようです。 初めて飼育する人は、少なくとも10年以上をともに生活するということをわかったうえで飼育する必要がありそうですね。 10年という期間は、飼い主にとっても生活が変わる可能性がありますよね。 家族が増えたり、引っ越しをしたりするかもしれません。 しかし、そのような状況になったからといってパグを飼育することを断念できるわけではないのです。 最期までお世話する覚悟をもって家に迎えるようにしましょうね。 Sponsored Link ギネスにもなる?最長のパグは? 今回調べた結果では、 パグのギネス記録というものは確認できませんでした。 他の犬種では平均と言われている寿命の二倍を生きていた犬もいるようなのです。 しかし、 日本でも長生きしているパグを紹介している人がいます。 19歳という年齢を迎えて長寿としての賞をもらっているようなのです。 残念ながらすでに亡くなっているようなのですが、飼い主が愛情をもって接していれば、約20年という歳月を一緒に生活することも可能だと教えてくれているようですよね。 自分の愛犬も長生きしてほしいと思う人は多いはずです。 希望を与えてくれるようですね。 江津湖に昼んぽ行ったとよぉ。 しかし、長生きするためには病気にならないことも重要ですよね。 毎日のケアや体調管理を行ってパグが健康でいることを心掛けたいと思います。 Sponsored Link.

次の

パグの平均寿命はどれくらい?パグを長生きさせるための唯一の秘訣。

パグ 寿命

もくじ• パグの寿命となりやすい病気について パグの寿命 犬の寿命には体格が大きく影響しており、一般的には、大型犬よりも小型犬のほうが長生きとされています。 一般的にいわれる犬の平均寿命• 小型犬:12~15歳• 中型犬:11~15歳• 大型犬:10~13歳 パグの寿命はオス、メスに関係なく12~15歳といわれています。 平均寿命の換算方法は諸説ありますが、人に例えた場合、小型犬は概ね以下のような年齢だと言われています。 犬の年齢 人に例えた年齢 1歳 12歳 2歳 25歳 3歳 29歳 4歳 33歳 5歳 37歳 6歳 42歳 7歳 46歳 8歳 50歳 9歳 55歳 10歳 59歳 11歳 63歳 12歳 68歳 13歳 72歳 14歳 76歳 15歳 81歳 16歳 85歳 17歳 89歳 18歳 94歳 19歳 98歳 20歳 102歳 では、できるだけ長く愛犬と暮らすためには何をしたらよいでしょうか。 気を付けてあげたい病気や、生活する上で注意すべきポイントについて解説します。 長生きの秘訣 皮膚の手入れはこまめに しわくちゃの愛嬌ある表情が魅力のパグですが、顔に数多くあるシワは、こまめにお手入れをしてあげないと時に皮膚炎の原因にもなります。 皮膚がかゆくなるとストレスにもなりますので、食事の後や散歩から帰ってきた後に低刺激のウェットティッシュや濡らしたガーゼなどで優しく拭いてあげましょう。 肥満を防ぐ パグは太りやすい体質なので、他の犬種よりも食事量や運動量の管理を徹底する必要があります。 ちょっと散歩に行かない日々が続くとすぐに肥満気味になってしまいます。 そのため、20~30分ほどの散歩を1日2回行うのが理想的です。 次に食事の量ですが、パグは食欲旺盛なので可愛い愛犬に「もっと!」と催促されてしまうと、ついつい与えすぎてしまう飼い主さんも多いと思います。 しかし、年齢に合わせた適正食事量を守り、理想体重から極端に超えたりすることのないようにしましょう。 定期的な健康診断 パグは呼吸器の病気、脳の病気、遺伝性の病気を発症しやすい犬種です。 普段からコミュニケーションをとりつつ、飼い主さんが健康状態をチェックしてあげることも大事ですが、あわせて年に1回、健康診断にいくようにしましょう。 特にシニア期に突入してからは若い時よりも様々な病気にかかる可能性が高くなるため、半年に1回と少し回数を増やしても良いかもしれません。 パグがかかりすい病気とは? 壊死性髄膜脳炎 壊死性髄膜脳炎は別名「パグ脳炎」とも呼ばれています。 詳しい原因は分かっていませんが、特定の小型犬種に多いことから遺伝が関与しているのではないかと言われています。 数日で死亡に至ることもある恐ろしい病気です。 症状 突然の痙攣発作、視力の低下、クルクル回るといった症状が現れます。 治療法、予防法 効果的な治療法はこれといってなく、ステロイドや抗痙攣薬の投与など対症療法にとどまります。 原因が特定されていないことから、有効な予防法もないのが現状ですが、遺伝的要因が言われているため、親兄弟含めて発症した犬がいないか確認しておいたほうが良いかもしれません。 水頭症 水頭症は、脳室に脳脊髄液がたまることで、脳が圧迫されてしまう病気です。 脳室から分泌された脳脊髄液は通常、古くなったものから排出されていきますが、脳脊髄液が過剰に分泌されたり、排出機能に異常があると脳室に必要以上にたまってしまうのです。 水頭症には先天性要因と後天性要因があります。 先天性:遺伝、出生前のウイルス感染など 後天性:頭部への外傷、脳腫瘍、脳の病気など 症状 元気がなくぐったりしている、寝てばかりいるといった症状が現れますが、大人しくのんびりしているパグの場合、気づきにくいので特に注意が必要です。 また、痙攣する、攻撃的になるといった症状も報告されています。 治療法、予防法 治療法としては、薬を使用して脳室内の脳脊髄液を減らすなどの内科的治療と手術の外科的治療法があります。 先天性の場合、予防は難しいですが、後天性の場合の予防としては、頭部への強い衝撃を避けたりする、脳の病気の発症を予防するなどが挙げられます。 皮膚炎 パグは顔にシワが多いので、シワの中に汚れがたまりやすくなります。 その汚れをエサにして細菌が繁殖し、皮膚炎を起こしやすいのです。 症状 フケがでる、毛が抜ける、皮膚の赤みなど 治療法、予防法 かゆみがひどい場合は症状を抑えるために抗ヒスタミン薬とステロイド剤を投与します。 皮膚トラブルに関しては、毎日顔のシワの間や蒸れやすい箇所をこまめに掃除し、清潔な状態を維持してあげることでだいぶ予防することが出来ます。 まとめ パグは比較的長生きできる犬種ですが、呼吸器の病気、脳の病気、遺伝性の病気を発症しやすいという面もあります。 飼う前にどんな病気になる可能性があるのか、もしなってしまった場合にはどう向き合っていけばよいのかをしっかりと知っておくことが大切です。 また、皮膚炎や肥満などは飼い主さんがしっかりと気をつかってあげることで防ぐことができます。 初めて飼うから正しいお手入れ方法や愛犬にあった食事量や運動量がわからないという方はブリーダーさんやペットショップで聞いてみることをおすすめします。 参考文献.

次の

パグの平均・最長寿命は何年?長生きのコツや病気の予防、保険も解説

パグ 寿命

価格やルーツ パグの原産国は中国で大変長い歴史がありますが、日本で愛玩犬として人気になったのは1900年代の頃です。 ペットショップでの価格の相場は平均10万円前後ですが、かなり個体差があり、顔立ち、毛の色、体格等から判断し5万円~30万円以上と、大きく価格に違いが出ます。 フレンチブルドッグはイギリス、フランスが原産国となり、元々イギリスで人気のあったブルドッグをフランスに持ち込み、パグやテリアを交配させて誕生した犬種と伝えられています。 ペットショップでの販売価格は15万円~30万円ほどといわれていますが、こちらも個体差はあり、毛の色がパイドの場合高額になることが多いです。 特に親がチャンピオン犬だと高額で、50万円くらいで販売されていることもあります。 この画像の2人がとっても可愛くて癒されます。 あまり犬種を知らなかった頃は、パグとブルドッグの見分けがつかなくて、同じような犬種だと思っていました。 たぶん、犬を飼育されていない方からすればパグとブルドッグは同じ犬種と思ってる人も少なくないのではと思います。 特徴である、顔のシワや鼻ぺちゃなところが似ているんですよね。 そのほかは特徴など、違いが結構あるのでパグとブルドッグを知った今なら間違う事はないですし、それぞれの魅力についても知れたのでよかったです。 パグとブルドッグでは、体格が倍ほど違いますよね。 あと平均寿命に関しては同じくらいかな?と思っていましたがブルドッグの方が短いんですね。 呼吸器や皮膚のトラブルやシワのお手入れなどなど、鼻ぺちゃシワがある犬種同士かかりやすい病気も似ていますね。 どちらも魅力的だったりするので悩んでしまいそうですが、ブルドッグは大きい子だと20キロ近くなることもあるそうなので、小型犬であるパグの方がマンション住まいの方や抱っこしやすい体重なので、老後介護することを考えると小型犬の方が楽なんですよね。 可愛さや性格などで選んでも良いですし、飼ってお世話できる環境があるのかということも大事なんですよね。

次の