メルカリ やばい やつ。 【メルカリの闇?】メルカリのヤバイ人&事例が気になりすぎる…!

【画像】メルカリにガチでヤバい出品者登場wwww

メルカリ やばい やつ

出品価格は送料込み「¥10980」 値下げ交渉価格が「¥5000」 なんと 55%値切り。 これは予想以上でした… ここに載せていませんがもう1件同様のケースがありました。 出品価格は送料込み「¥3980」 値下げ交渉価格が「¥1500」 62%の値切り… もう笑うしかありません。 この方とは「出来ない」「値下げしろ」を何度か繰り返した結果、言い合いになりました。 最終的にブロックで決着しました。 ムキになったぼくがアホでしたね…。 真面目に対応しないで無視すべきでした。 メルカリの悪いとこ ・入金が一万円以下なら手数料が216円かかる。 ・やたら値下げ交渉してくる。 ・独自のルールみたいなんが不明 ・値段の付け方にセンスが必要 メルカリのいいとこ ・メルカリ便が安くて一律料金なので便利 ・瞬間に売れる場合がある。 売り切りたい時には便利ですね。 ヤフオクよりもお客さんとの距離が近いので、気軽にコメントくれます。 また、メルカリで仕入れもありだと思います。 儲かる価格で交渉しさえすれば、成功=利益ですからね。 いずれメルカリせどり、ネタ作りにチャレンジしてみます!.

次の

【衝撃】メルカリで横取りした結果、出品者ぶちギレててワロタwwwwwwww

メルカリ やばい やつ

今話題の「メルカリ」とはどんなアプリなのか? メルカリについては、これまでたくさんの記事を書いてきたので、「今さら?」という感じがするかもしれません。 でも、サービスの内容やシステムなどが日々進化、そして増えてきているので、今回改めて記事を書きたいと思います。 メルカリを端的に表現するならばネット上のフリーマーケットです。 現在、日本とアメリカでサービスを提供していて、ダウンロード数は1億を超えています。 日本ではダントツの規模を誇るフリマアプリで、ユーザー層は女性が8割といわれています。 また、年齢層は比較的若くて、20代、30代が多いようです。 (正確な数値は出ていません) ところで、「メルカリ」という名前ですが、由来をご存知でしょうか。 メルカリの公式ページも書かれているのですが、「マーケット」という言葉の起源で、ラテン語で「商いする」という意味なのです。 個人個人が安心して、そして安全に取引ができるマーケットにしていきたいという思いが込められた名前でもあります。 <目次>• なぜメルカリは人気なのか? 4つのメリット ダウンロード数が1億を超えるほどメルカリの知名度が高く、ユーザーが多い理由としては大きく4つ挙げられます。 1.スマホで簡単に始められる メルカリは、スマホやタブレットがあれば始めることができるので、スタートの敷居がとても低いのが特徴のひとつです。 また、アカウント取得に年齢制限はありませんし、会費も払いません(年齢については未成年の場合には親の承諾が必要)。 そのため、若年層から高齢者まで幅広い人がメルカリを利用しています。 2.出品されている商品が豊富で、しかも安い メルカリには実にたくさんの商品が出品されています。 新しく出品された商品はタイムライン上に上がってきますが、スクロールする度に違う商品が並びます。 そのくらい、膨大な数の出品物があるということです。 また、中古品がたくさん出品されていることもあって、値段が安く設定されています。 しかも、送料の負担が出品者になっていることが多々あり、それも「安い」というイメージを強くしているのだと思います。 3.値段が下がる可能性大 ヤフオク! などのオークションでは値段は上がっていくものですが、メルカリでは下がる可能性が高いです。 これは値下げ交渉が行われているためで、販売価格よりも安い価格で買えることも多々あります。 4.出品から数分で売れることもある 提示された価格で即購入ができるメルカリでは、出品から数分で買い手がつくこともあります。 そういった成功体験があると「メルカリは楽しい」という感覚になるので、どんどん出品するようになるでしょう。 もちろん、安い商品があるので購入者としても利用していくことになり、循環がうまくできているといえます。 そのためにユーザーが増え、同時に物が増え、結果的に楽しいサービスとなり人気が出ているのだと思います。 メルカリの始め方 画像はより メルカリを始めるためにまず必要なのが、ネット環境です。 スマホやタブレットのアプリ版が主流ですが、パソコンからでも利用できます。 ただし、アプリ版とPC版では、商品の並び方や支払い方法などに違いが出てきます。 パソコン版について> メルカリを始めるには、まずはアプリのダウンロードをします。 iPhoneを使っている場合にはから、Androidはからで、操作自体は難しくありません。 もちろん無料です。 ただし、商品を販売したときには販売価格の10%が手数料として引かれます。 アプリをダウンロードしたら、会員登録をします。 FacebookやGoogle、メールアドレスでの登録が可能です。 パスワードやニックネーム(アカウント名)を決め、招待コードがあればそれを入力します。 ニックネームは必要に応じて変更できますが、本名や個人を特定できてしまうようなものは避けましょう。 招待コードについて> 会員登録が進むと、次は電話による本人確認です。 SMSで認証番号が送られてくるので、それを入力します。 そうすると登録したメールアドレスにメルカリから会員登録完了のメールが届き、出品ができるようになります。 プロフィールの書き方 メルカリは顔が見えない相手とのやり取りなので、お互いにどんな人なのかはわかりません。 そのため取引に不安を感じることもあり、それを解消するのがプロフィールです。 メルカリを始めたばかりの人ならば「メルカリ初心者です」と書いたり、発送や連絡のタイミングなども書いておくといいでしょう。 また、家族に喫煙者がいるかどうか、ペットを飼っているかどうかも書いておくユーザーが増えています。 ニオイなどが原因でトラブルになる可能性があるので、あらかじめ注意書きをしておくと無難です。 プロフィールについて> 出品の仕方について メルカリで出品するときには、アプリを起動して下の方にある「出品」をタップします。 そうすると、出品画面になるので写真撮影、商品名、商品説明など項目に従って入力をしていきます。 出品をするときには、住所、名前、生年月日の登録が必要です。 ここで登録する情報はとても大切で、売上金の振込口座の名義と一致していないと振込申請を受け付けてもらえなくなります(振込申請については、この後で紹介します)。 登録は最初の1回だけで、次からは不要です。 出品できない商品もあるので、事前確認をしておきましょう。 発送や梱包について 梱包はどうする?画像は記事「」より 商品が購入されたら、梱包の後で発送をします。 メルカリには「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」という独自の配送方法があります。 前者はヤマト運輸、後者は郵便局との提携です。 メルカリでは送料を出品者が負担することが多いので、できるだけ安い方法を選びます。 でも貴重品や壊れ物の時には補償がある方法が無難でしょう。 多少送料は高くなりますが、らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便であれば補償も追跡もあるので安心だと思います。 もし購入者に送料を負担してもらうならば、着払いで送るしかありません。 宅急便やゆうパックなどはサイズによって料金も変わるので、できるだけコンパクトに梱包することで購入者の負担を減らす工夫があるといいと思います。 商品が購入され、購入者が支払い手続きをする(この段階では、出品者の売上金には反映されていません)• 商品を発送する(発送した後で、発送通知をします)• 商品が購入者に届き、受取評価をする• 出品者が購入者を評価する• 取引が完了する• 出品者に売上金が入る ポイントとしては、購入者が受取評価をして取引が完了するまでは、出品者には代金の支払いがされないということです。 そのため、お金を払ったのに商品が送られてこないというトラブルは起きません。 商品が届かなければ受取評価ができないので、出品者への支払いはされないからです。 また、お金の支払いはすべてメルカリ上で行うので、銀行振込などは利用できません。 代金の支払い方法は以下の方法があります。 クレジットカード払い• コンビニ払い• ケータイ払い• ATM払い• ポイント使用• お得チケット使用• 売上金、もしくはメルペイ残高使用• メルペイあと払い• チャージ払い• Apple Payの支払い 売上金を使う場合、以前はそのまま使用できたのですが、今はポイントを購入するという形になっています。 つまり、売上金でメルカリで使うポイントを購入して、そのポイントで代金を支払うということです。 ポイントは1円=1ポイントです。 メルペイはまだ新しいサービスで、キャッシュレス決済の1つです。 チャージや支払い時に手数料はありません。 メルカリ内だけではなくて、iDに対応しているお店であれば使うことができます。 購入希望者と出品者とのやり取りで、両者の合意があれば値段が下がります。 出品者の多くは値下げの依頼がくると思っていますし、それを見越して値段をつけていることもあって、常識の範囲内ならば値段が下がることが多いです。 でも、最初から値下げをしないと商品説明やプロフィールに明記している出品者もいて、必ずしも値段の交渉ができるとは限らないので注意が必要です。 これは、値段の交渉中だったり取り置き中などの理由で、他の人が購入しないようにするための策です。 専用にする場合には出品者が管理画面から行います。 専用になっている商品は、他の人が買わないというのがメルカリユーザーのルールになっていますが、実はメルカリの公式なルールではありません。 そのため、専用出品の商品を他のユーザーが購入してしまうこともあります。 これを「横取り」といい、ユーザーの中ではマナー違反と見なされてしまいますが、ペナルティはありません。 一方で、早い者勝ちのメルカリのシステムを考えれば、最初に購入手続をした人に買う権利があるので、出品者は取引を進める必要があります。 専用や取り置きについて> 売上金の振込について メルカリの売上金を現金にするには?画像は記事「」より メルカリで売った分は、売上金としてプールされています。 売上金は、ポイントを購入することでメルカリ内で使うこともできますし、指定の金融機関に振り込むこともできます。 売上金には180日という使用期限があるので、早めにポイントを購入するか金融機関に振り込む(振込申請)ことになります。 振込申請をする場合、金額に関係なく200円かかります。 もし期限を過ぎてしまうと、登録している金融機関の口座に自動的に振込が行われます。 売上金について> ここで紹介してきたメルカリの仕組みや特徴は、あくまで基本になる部分です。 現在のサービスに加えて、今後も新しい機能がリリースされる可能性は高く、メルカリ自体も進化していくでしょう。 でも、ユーザーとしてのモラルやマナーは変わりません。 利用する上ではメルカリのルールを守るのは大前提ですが、個人間での取引が行われることを踏まえ、常識をわきまえた態度が求められます。 【おすすめ記事】• 更新日:2019年07月24日.

次の

【メルカリ】ゆうゆうメルカリ便│郵便局で私が感じた残念な点

メルカリ やばい やつ

今話題の「メルカリ」とはどんなアプリなのか? メルカリについては、これまでたくさんの記事を書いてきたので、「今さら?」という感じがするかもしれません。 でも、サービスの内容やシステムなどが日々進化、そして増えてきているので、今回改めて記事を書きたいと思います。 メルカリを端的に表現するならばネット上のフリーマーケットです。 現在、日本とアメリカでサービスを提供していて、ダウンロード数は1億を超えています。 日本ではダントツの規模を誇るフリマアプリで、ユーザー層は女性が8割といわれています。 また、年齢層は比較的若くて、20代、30代が多いようです。 (正確な数値は出ていません) ところで、「メルカリ」という名前ですが、由来をご存知でしょうか。 メルカリの公式ページも書かれているのですが、「マーケット」という言葉の起源で、ラテン語で「商いする」という意味なのです。 個人個人が安心して、そして安全に取引ができるマーケットにしていきたいという思いが込められた名前でもあります。 <目次>• なぜメルカリは人気なのか? 4つのメリット ダウンロード数が1億を超えるほどメルカリの知名度が高く、ユーザーが多い理由としては大きく4つ挙げられます。 1.スマホで簡単に始められる メルカリは、スマホやタブレットがあれば始めることができるので、スタートの敷居がとても低いのが特徴のひとつです。 また、アカウント取得に年齢制限はありませんし、会費も払いません(年齢については未成年の場合には親の承諾が必要)。 そのため、若年層から高齢者まで幅広い人がメルカリを利用しています。 2.出品されている商品が豊富で、しかも安い メルカリには実にたくさんの商品が出品されています。 新しく出品された商品はタイムライン上に上がってきますが、スクロールする度に違う商品が並びます。 そのくらい、膨大な数の出品物があるということです。 また、中古品がたくさん出品されていることもあって、値段が安く設定されています。 しかも、送料の負担が出品者になっていることが多々あり、それも「安い」というイメージを強くしているのだと思います。 3.値段が下がる可能性大 ヤフオク! などのオークションでは値段は上がっていくものですが、メルカリでは下がる可能性が高いです。 これは値下げ交渉が行われているためで、販売価格よりも安い価格で買えることも多々あります。 4.出品から数分で売れることもある 提示された価格で即購入ができるメルカリでは、出品から数分で買い手がつくこともあります。 そういった成功体験があると「メルカリは楽しい」という感覚になるので、どんどん出品するようになるでしょう。 もちろん、安い商品があるので購入者としても利用していくことになり、循環がうまくできているといえます。 そのためにユーザーが増え、同時に物が増え、結果的に楽しいサービスとなり人気が出ているのだと思います。 メルカリの始め方 画像はより メルカリを始めるためにまず必要なのが、ネット環境です。 スマホやタブレットのアプリ版が主流ですが、パソコンからでも利用できます。 ただし、アプリ版とPC版では、商品の並び方や支払い方法などに違いが出てきます。 パソコン版について> メルカリを始めるには、まずはアプリのダウンロードをします。 iPhoneを使っている場合にはから、Androidはからで、操作自体は難しくありません。 もちろん無料です。 ただし、商品を販売したときには販売価格の10%が手数料として引かれます。 アプリをダウンロードしたら、会員登録をします。 FacebookやGoogle、メールアドレスでの登録が可能です。 パスワードやニックネーム(アカウント名)を決め、招待コードがあればそれを入力します。 ニックネームは必要に応じて変更できますが、本名や個人を特定できてしまうようなものは避けましょう。 招待コードについて> 会員登録が進むと、次は電話による本人確認です。 SMSで認証番号が送られてくるので、それを入力します。 そうすると登録したメールアドレスにメルカリから会員登録完了のメールが届き、出品ができるようになります。 プロフィールの書き方 メルカリは顔が見えない相手とのやり取りなので、お互いにどんな人なのかはわかりません。 そのため取引に不安を感じることもあり、それを解消するのがプロフィールです。 メルカリを始めたばかりの人ならば「メルカリ初心者です」と書いたり、発送や連絡のタイミングなども書いておくといいでしょう。 また、家族に喫煙者がいるかどうか、ペットを飼っているかどうかも書いておくユーザーが増えています。 ニオイなどが原因でトラブルになる可能性があるので、あらかじめ注意書きをしておくと無難です。 プロフィールについて> 出品の仕方について メルカリで出品するときには、アプリを起動して下の方にある「出品」をタップします。 そうすると、出品画面になるので写真撮影、商品名、商品説明など項目に従って入力をしていきます。 出品をするときには、住所、名前、生年月日の登録が必要です。 ここで登録する情報はとても大切で、売上金の振込口座の名義と一致していないと振込申請を受け付けてもらえなくなります(振込申請については、この後で紹介します)。 登録は最初の1回だけで、次からは不要です。 出品できない商品もあるので、事前確認をしておきましょう。 発送や梱包について 梱包はどうする?画像は記事「」より 商品が購入されたら、梱包の後で発送をします。 メルカリには「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」という独自の配送方法があります。 前者はヤマト運輸、後者は郵便局との提携です。 メルカリでは送料を出品者が負担することが多いので、できるだけ安い方法を選びます。 でも貴重品や壊れ物の時には補償がある方法が無難でしょう。 多少送料は高くなりますが、らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便であれば補償も追跡もあるので安心だと思います。 もし購入者に送料を負担してもらうならば、着払いで送るしかありません。 宅急便やゆうパックなどはサイズによって料金も変わるので、できるだけコンパクトに梱包することで購入者の負担を減らす工夫があるといいと思います。 商品が購入され、購入者が支払い手続きをする(この段階では、出品者の売上金には反映されていません)• 商品を発送する(発送した後で、発送通知をします)• 商品が購入者に届き、受取評価をする• 出品者が購入者を評価する• 取引が完了する• 出品者に売上金が入る ポイントとしては、購入者が受取評価をして取引が完了するまでは、出品者には代金の支払いがされないということです。 そのため、お金を払ったのに商品が送られてこないというトラブルは起きません。 商品が届かなければ受取評価ができないので、出品者への支払いはされないからです。 また、お金の支払いはすべてメルカリ上で行うので、銀行振込などは利用できません。 代金の支払い方法は以下の方法があります。 クレジットカード払い• コンビニ払い• ケータイ払い• ATM払い• ポイント使用• お得チケット使用• 売上金、もしくはメルペイ残高使用• メルペイあと払い• チャージ払い• Apple Payの支払い 売上金を使う場合、以前はそのまま使用できたのですが、今はポイントを購入するという形になっています。 つまり、売上金でメルカリで使うポイントを購入して、そのポイントで代金を支払うということです。 ポイントは1円=1ポイントです。 メルペイはまだ新しいサービスで、キャッシュレス決済の1つです。 チャージや支払い時に手数料はありません。 メルカリ内だけではなくて、iDに対応しているお店であれば使うことができます。 購入希望者と出品者とのやり取りで、両者の合意があれば値段が下がります。 出品者の多くは値下げの依頼がくると思っていますし、それを見越して値段をつけていることもあって、常識の範囲内ならば値段が下がることが多いです。 でも、最初から値下げをしないと商品説明やプロフィールに明記している出品者もいて、必ずしも値段の交渉ができるとは限らないので注意が必要です。 これは、値段の交渉中だったり取り置き中などの理由で、他の人が購入しないようにするための策です。 専用にする場合には出品者が管理画面から行います。 専用になっている商品は、他の人が買わないというのがメルカリユーザーのルールになっていますが、実はメルカリの公式なルールではありません。 そのため、専用出品の商品を他のユーザーが購入してしまうこともあります。 これを「横取り」といい、ユーザーの中ではマナー違反と見なされてしまいますが、ペナルティはありません。 一方で、早い者勝ちのメルカリのシステムを考えれば、最初に購入手続をした人に買う権利があるので、出品者は取引を進める必要があります。 専用や取り置きについて> 売上金の振込について メルカリの売上金を現金にするには?画像は記事「」より メルカリで売った分は、売上金としてプールされています。 売上金は、ポイントを購入することでメルカリ内で使うこともできますし、指定の金融機関に振り込むこともできます。 売上金には180日という使用期限があるので、早めにポイントを購入するか金融機関に振り込む(振込申請)ことになります。 振込申請をする場合、金額に関係なく200円かかります。 もし期限を過ぎてしまうと、登録している金融機関の口座に自動的に振込が行われます。 売上金について> ここで紹介してきたメルカリの仕組みや特徴は、あくまで基本になる部分です。 現在のサービスに加えて、今後も新しい機能がリリースされる可能性は高く、メルカリ自体も進化していくでしょう。 でも、ユーザーとしてのモラルやマナーは変わりません。 利用する上ではメルカリのルールを守るのは大前提ですが、個人間での取引が行われることを踏まえ、常識をわきまえた態度が求められます。 【おすすめ記事】• 更新日:2019年07月24日.

次の