川崎 フロンターレ ジュニア ユース。 【ジュニアユース セレクション】川崎フロンターレ(神奈川県)

育成実績

川崎 フロンターレ ジュニア ユース

2月15日は等々力第一サッカー場へ。 川崎フロンターレU-15の新2年生たちが東京ヴェルディジュニアユースとの練習試合に臨みました。 フロンターレのメンバーは、GK45太田陽彩、最終ラインは右から18知久陽輝、23岩坪瑛太、4土屋櫂大、13柴田翔太郎、ボランチは6齊名優太、8矢越幹都、右MF14関田和智、左MF9児玉昌太郎、前線には、11香取武、10八田秀斗。 曇り空の等々力第一サッカー場。 両チームの選手の家族らが見守るなか、始まった試合。 立ち上がりはヴェルディ、両SBが高い位置へ。 最終ラインの55や45もラインを高く保ち、フィードも交えながら前に出ていきます。 フロンターレも、中央で矢越や児玉が囲い込むようにしてマイボールにし、次第にラインを高めていくと、4分には高い位置で八田がプレス、エリア外左でマイボールにした矢越のパスに、エリア左へ児玉が動き出しますが、ヴェルディも粘り強くカバーにいき、しのいでいきます。 ヴェルディのボール時には八田や香取も下がり、コンパクトに対応していくフロンターレ。 エリア右を突くフィードには土屋が対応するなどしていきます。 6分には、46のパスに、47がエリア左へ仕掛けていきますが、知久が対応し、左コーナーキックに。 44が入れたボール、遠いサイドで45が合わせますが、上に。 直後にはフロンターレ、土屋が中央に持ち出し、縦パスを出すと、下がり目で受けた香取のスルーパスに、八田が正面へ抜け出そうとしますが、ヴェルディの守備が阻んでいきます。 八田のパスに、柴田が高い位置へ上がれば、ヴェルディも中央でうまくボールを動かし、正面へ迫るなど、一進一退の時間に。 そんななかでもフロンターレは、カバーした土屋が太田につけたり、左サイドでは知久が粘り強くボールを奪い取ったりするなどしていきます。 16分には、中へ寄った八田から左へ展開。 児玉が左から折り返すと、エリア内左へ香取が抜け出しますが、ここはうまくボールをおさめられず。 さらに児玉が左サイドでボールをカット。 そのパスに高い位置へ柴田が仕掛けていき、折り返すと、遠いサイドに知久が迫りますが、さわることはできず。 直後にはヴェルディ、47が左サイド、高い位置で折り返しますが、エリア内で齊名がカバー。 フロンターレは最終ラインの右に齊名が下り、矢越は中央に岩坪や土屋が多くボールに触れ、攻めの糸口をさぐっていきます。 児玉や関田が中へ寄り、両サイドも使おうとしていくフロンターレ。 柴田が高い位置へうまく抜け出し仕掛けるなどしていきます。 21分には、矢越の縦パスに、香取が正面へ。 エリア右に空いたスペースを突いてパスを出すと、知久が抜け出しますが、シュートはヴェルディがブロック。 さらに25分には、児玉のパスを受けた柴田が左クロスを上げると、遠いサイドに関田が迫りますが、さわることはできず。 さらに高い位置でセカンドボールをものにし、たたみかけていくフロンターレ。 うまく関田が右サイドの高い位置へ抜け出し、折り返すなどしていきます。 30分には、太田のフィードに、柴田が左サイドの高い位置へ。 エリア外左、切れ込んだ児玉がシュートを打ちますが、ブロックされ、枠へは飛ばせず。 さらに両SBを高い位置取りで岩坪や土屋も縦パスを入れるなどして、前に出ていくフロンターレ。 34分には、齊名、関田と中央でつなぎ、右サイドで受けた知久が切れ込んでエリア前に。 正面で拾った矢越がシュートを打ちますが、GK43がセーブ。 1本目は0-0でタイムアップとなります。 2本目。 フロンターレは、GK太田、最終ラインは右から知久、岩坪、土屋、柴田、ボランチは関田、矢越、右MF20村瀬悠馬、左MF児玉、前線には、香取、八田。 1分には中央の矢越のスルーパスに、エリア左へ児玉が抜け出しますが、GK51が阻み惜しくもシュートは打てず。 ヴェルディも直後には、エリア左へ40が抜け出そうとしますが、太田がカバー。 さらにラインを高め、両サイドから、斜めに動き出すなどして、ヴェルディは迫っていきますが、柴田が粘り強くカバーし、マイボールにしていくなど、フロンターレもいい対応を続け、うまく矢越が寄せ、土屋がボールを奪い取り、次第に再び前に出ていきます。 7分には、村瀬から受けた香取がエリア正面から左へ運び、柴田が高い位置でクロス。 シュートには結びつきませんでしたが、いいかたちをつくっていきます。 9分には、八田がボールをカット、矢越のパスに、柴田がエリア正面やや左へ。 シュートを打つもブロック。 さらに右サイドで村瀬が粘り強く寄せ、マイボールにするなどしていくフロンターレ。 10分には岩坪から左へ展開。 児玉へ渡り、児玉からエリア外左で受けた柴田が切れ込んで、ミドルシュート。 わずかに右へそれましたが、決定機をつくっていきます。 フロンターレは10分、児玉に代わり22浅野遥、香取に代わり24坂本錠。 11分には、土屋の左サイドを突くパスに、柴田が仕掛けて左コーナーキックに。 キッカーの矢越はショートコーナーを選択。 柴田が左クロスを入れると、土屋が合わせるも上に。 さらに関田や矢越が中央でマイボールにするなどしていくフロンターレ。 16分には知久が右サイドから斜めに中央へ仕掛け、正面の八田へ。 八田はうまく縦に持ち出し、シュートを打とうとしますが、ヴェルディも粘り強く対応していきます。 さらに中央で関田、矢越とつなぎ、前に土屋が持ち出し、土屋の縦パスを中寄りで浅野が受けるなど、人をかけてボールを動かしていくフロンターレ。 ヴェルディも中央でボールをカットしたところから44がエリア右へ顔を出していきますが、フロンターレは柴田が寄せ、そこから矢越につなげ、再び前に出る時間をつくっていきます。 20分には、フロンターレ、八田とのパス交換から矢越がエリア正面へ抜け出そうとしますが、ヴェルディの守備に遭い、シュートまではいけず。 さらに坂本も下がり目で前を向き、フロンターレは柴田が高い位置へ抜け出すなど、押し込み、ボールを失っても坂本がプレスバックにいくなど、守備でもいい対応を続けていきます。 24分には、知久に代わり2加治佐海。 ところが26分、試合を動かしたのはヴェルディ、53がエリア外右へ抜け出すと、太田が前に出て防ごうとするも、シュートが決まり、0-1。 追いかける展開となったフロンターレは、柴田から受けた坂本が左サイドへ流れたり、中央で浅野や矢越がつなぎ、矢越の縦パスに、エリア内へ八田が抜け出す場面をつくったりしていきます。 29分には関田の縦パスを坂本がおさめ、エリア内へ八田が抜け出しそうになりますが、ここもヴェルディが粘り強く守り、シュートは打てず。 さらに矢越のエリア左を突くパスに、坂本が抜け出すもここもヴェルディの守備に遭い、シュートは打てず。 31分には、右サイドで加治佐がボールをカット。 いったん関田に預け、再び受けた加治佐がエリア右へ仕掛ける姿勢を見せ、クロスを入れますが、ヴェルディはクリア。 さらに関田や矢越が中央で動かし、ラインを高く保ち押し込むフロンターレ。 35分には、矢越のパスに柴田が左サイドの高い位置へ。 仕掛けていきますが、ヴェルディの守備がカバー。 試合はタイムアップとなり、0-1。 2本計0-1で練習試合を終えることになりました。 ゴールには至りませんでしたが、自分たちの時間帯もつくりだすことができているフロンターレ。 次の練習試合もとても楽しみにしています。

次の

フロンターレU15

川崎 フロンターレ ジュニア ユース

RENTAL 期限付き移籍選手 川崎フロンターレから他クラブに期限付きで移籍中の選手• マギーニョ "MAGUINHO" Magno Jose da Silva 現所属• 馬渡 和彰 Mawatari Kazuaki 現所属• タビナス ジェファーソン "TABINAS JEFFERSON" Tabinas Jefferson David 現所属• 知念 慶 Chinen Kei 現所属• 鈴木 雄斗 Suzuki Yuto 現所属• ポープ ウィリアム Popp William 現所属• 遠野 大弥 Daiya Tono 現所属• カイオ セザール "CAIO CESAR" Caio Cesar da Silva Silveira 現所属• 宮城 天 Miyagi Ten 現所属.

次の

川崎フロンターレエリートクラス(U8)を受験。どのくらいのレベルが必要か?

川崎 フロンターレ ジュニア ユース

どのような子がJ下部ジュニアユースに所属しているか Jクラブのホームページにはジュニアユース所属選手を紹介しているページがけっこうあります。 そこには前所属チーム(ジュニアチーム)を掲載しているクラブも多いです。 確認してみてください。 ジュニアチームを持っているクラブについては、 ジュニアからの昇格選手が多いのではないでしょうか。 また、ジュニアチームを持っていないクラブでもスクールの スペシャルクラスや 強化クラスに通っていた選手も多いと思います。 そして、そのほかにスカウトや一般セレクションで入ってくる選手がいる感じでしょうか。 下部ジュニアチームからの昇格• スクール(スペシャル、強化等のセレクションクラス)から• 一般セレクション(スカウト含む) こんな感じが多いのではないでしょうか。 全国で一番Jクラブが多い神奈川県では ・横浜Fマリノス ジュニアチームからの昇格組とスクールのスペシャルクラス在籍者がほとんど。 そして一部に一般セレクション。 ・川崎フロンターレ ジュニアチームからの昇格組とスクールのエリートクラス在籍者がほとんど。 そして一部に一般セレクション。 ・湘南ベルマーレ ジュニアチームはありませんので、ほとんどはスクールの強化特待クラス、スペシャルクラス在籍者。 そして一部に一般セレクション。 ベルマーレは本体となる平塚チームとそのほかに藤沢、小田原と3チームあります。 ・横浜FC ジュニアチームはありませんので、ほとんどはスクールの強化クラス、アドバンスクラス。 そして一部に一般セレクション。 横浜FCも本体となる保土ヶ谷のほか戸塚の2チームがあります。 ・YSCC ジュニアチームからの昇格組とスクール生が多いですが、上記4チームに比べれば一般セレクションもいます。 スカウトもあります。 チーム所属はしなくてもスクールに通うのがベター やっぱりメンバーを見る限りでは、ほんとに一般セレクション1発で受かる子はごく稀のような気がします。 下部チームに所属しなくても、行きたいJ下部のスクールに通うのが近道です。 必ず引っかかる訳ではないですが、スクールである程度レベルも分かりますし、良くも悪くも何かしら見えてきます。 では、何かしら関わりが無いとダメなのかと言ったらそうではありません。 大きな大会になれば、必ずスカウトが会場には来ています。 某クラブは低学年の大会でも見に来てますよ。 そこで目に着けば声が掛かります。 スクールに通ってみないか? チームにこないか? そこからジュニアユースの道が開ける可能性もあります。 最近は昔に比べてスカウト活動は盛んになった気がしますね。 少子化の影響?俗にいう青田買いがけっこうあります。 とにかく、どこで誰が見ているか分かりません。 常に全力で頑張るようお子さんに伝えてください! 頑張ろう!Futuro futbolista!!.

次の