喪服 ハンカチ 色。 葬式に持っていくハンカチの色は?男性と女性で違う?

お葬式の女性用小物~袱紗、ハンカチ、数珠、ネックレスのNGな色は?

喪服 ハンカチ 色

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 葬儀にハンカチは必要? 身だしなみの一つとして、また葬儀の参列において、ハンカチは必需品と言えるでしょう。 葬儀に参列した際、涙を拭いたり汗を拭いたりするときに必要となるハンカチは、人目に触れることも多いアイテムです。 人目に触れるものだからこそ、マナーにも気をつけなければなりません。 悲しみに包まれた葬儀の場は、親交のあった故人との最後のお別れをする大切な場であり、故人がこれまで歩まれてきた生涯を偲んで涙が溢れることも考えられます。 季節や気候によっては肌の露出を抑えた喪服姿では暑く、汗を拭うこともあるでしょう。 また、突然の雨で喪服が濡れてしまい、拭き取らなければならない状況にでくわすかもしれません。 これらのことからも、身だしなみとしてだけでなく、ハンカチは必需品だと言えます。 葬儀に持参するハンカチの色とは? ハンカチを選ぶ際、まず色について悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。 「 日常的に使用しているものをそのまま持参してもよいのか、もしくは新たに購入して持っていくほうがよいのか」と悩む方もいるでしょう。 まずは、何色のハンカチを持って行けばよいのかを確認しましょう。 白色か黒色のハンカチが基本 正式には白色が基本とされていますが、黒色でも構いません。 白色のハンカチが正式とされているのは、古来より神事や弔事は白装束で執り行われるのが風習とされてきたことや、故人は白装束を着てあの世へ向かうことが由来だと言われています。 日常的に使っているものの中に白色のハンカチがなく、慌ててしまう場合もあるでしょう。 その場合は、紺やグレーなどの落ち着いたトーンのダークカラーでも構いません。 今後、ハンカチの購入を検討しているのであれば、白色の購入をおすすめします。 黒色のハンカチは、結婚式などの慶事では使用できないからです。 そのため、どちらの場面でも使える白色を一枚用意しておくことをおすすめします。 マナー違反になるハンカチの色とは? マナー違反になる色は、 赤、黄、濃いピンクなどのように鮮やかで華やかなもの、華美な印象を受ける色です。 薄く淡い色であれば問題ないとされる場合もあるようですが、派手な印象の色はマナー違反になると覚えておきましょう。 葬儀には急遽参列することも多く、準備が不十分な場合もあります。 万が一、白色や黒色、ダークカラーのハンカチを準備できなかった場合は、できる限り斎場内での使用を控えるようにしましょう。 ハンカチが人目に触れることのないように工夫して使用すれば、マナーに反することを避けられ、遺族の方々に不快な思いをさせずに済みます。 ハンカチの柄はどのような色にするべき? たくさんの色や柄のハンカチが販売されていることもあり、色について悩むのと同じように、柄について悩む方も多いでしょう。 不向きな色があるように、柄にも葬儀の場には不向きなものがあります。 ここでは、どのような柄であればマナーにかなっているのか確認しましょう。 基本は無地のハンカチ 基本的には、柄のない無地なハンカチを選ぶのが正しいマナーとされています。 細かいストライプやドットなど、シンプルな柄は一見問題ないように思われがちですが、カジュアルに見えてしまうため、極力控えるようにしましょう。 完全に無地のハンカチを見つけることは、なかなか難しいかもしれません。 一般的に、派手ではないものならば、若干の刺繍が施されたものなどでも問題ないとされています。 「派手ではない」というのは、白色のハンカチならば白、黒色のハンカチであれば黒というように、同じ色の刺繍が施されていることが判断の基準となります。 織柄が入っている場合にも、刺繍と同じく、ハンカチと同色であれば支障はありません。 葬儀ではつややかなものはマナーに反することになるため、ラメが付いていたり、ツヤ感があったりするハンカチは、控えるようにしましょう。 ワンポイントとしてラインストーンが施されているものも、マナーに反します。 キャラクターやブランド名がプリントされているものも、不向きです。 どうしても無地のハンカチではなくワンポイント入りのものしか準備できなかった場合、角に小さくワンポイントがプリントされているようなデザインであれば、折りたたみ方を工夫することでワンポイント部分が人目に触れない状態で使用することも可能です。 派手な装飾があるのは避ける ハンカチに施された装飾に関しては、派手な装飾がある場合は避けるべきでしょう。 たとえフォーマル用に販売されていたとしても、レースが施されているものも多くあります。 刺繍と同じように、白色のハンカチであれば白、黒色のハンカチならば黒というように、ハンカチと同じ色のレースであれば、問題ありません。 色のマナーとおなじく、装飾に関しても派手でないもの、つまり 地味でなければならないと覚えておきましょう。 葬儀は故人を偲ぶ場所ですので、好みを反映させたものを持参するべきではないと言えるでしょう。 ハンカチの素材は気にしたほうがよい? 素材についてのマナーが気になる方もいるのではないでしょうか。 素材にもマナーがあり、どのようなものでも構わないということではありません。 おすすめの素材は、コットン(綿)や麻です。 涙や汗を拭く用途であることから、吸水性を考えると、コットン(綿)100%のものが特におすすめと言えるでしょう。 しなやかな風合からシルクやレーヨンはフォーマルな印象が強いですが、葬儀のマナーには反しています。 シルクやレーヨンは表面がつややかであるため、葬儀には適さないからです。 また、シルクやレーヨンは吸水性が悪く、水に弱いこともおすすめしない理由の一つです。 吸水性がよいと言えば、思い浮かぶのはタオル地です。 タオル地はカジュアルな印象を受けるため、葬儀の場には不向きとされています。 どうしてもタオル地のものを携帯したいのであれば、予備として別に持って行くようにしましょう。 ハンカチを購入するお店にはこだわらなくてもよい? 「いざというときに備えておきたい」と、購入を検討している方もいるでしょう。 冠婚葬祭専門のアイテムを扱うお店や、お店の一角に設けられた専門コーナーなどで購入できるハンカチは安心感がありますが、必ずしも専門店での購入にこだわらなくても問題ありません。 一番大切なのは、ここまででご紹介したマナーが守られているかどうかということです。 マナーが守れてさえいれば、購入先は関係なく、こだわらなくてよいのです。 コンビニエンスストアや100円均一などでも購入できるため、専門店へ足を運ばずとも手軽に手に入ります。 コンビニエンスストアなら24時間いつでも購入でき、100円均一では低価格で購入できるため、予備として数枚準備しておくことも可能です。 コンビニエンスストアや100円均一で購入したハンカチでも、十分と言えるでしょう。 ハンカチの持ち方のマナー 男性の場合、喪服のポケットの中にハンカチを入れておきましょう。 ジャケットに胸ポケットがついていますが、胸ポケットからハンカチが見えてしまうと「おしゃれを目的に入れている」と勘違いをされてしまうため、 胸ポケット以外のポケットを利用します。 女性の場合、 ジャケットのポケット、またはバッグの中に入れておきます。 喪服のデザインによっては、ジャケットのポケットがコンパクトであったり、物を入れることで喪服のラインにひびいたりすることも考えられるため、その際にはバッグを利用しましょう。 和装ならば、 袂(たもと)部分に入れておきましょう。 袂とは、着物のそでの下の袋状のところのことを言います。 袂には数珠も入れますが、ハンカチは数珠を入れた側とは反対側の袂に入れます。 これは、ハンカチを取り出す際に数珠が音をたてることを防ぐためです。 葬儀に参列している間は、常に手に数珠を持っていたり、お焼香をしたりと手を使う機会が多々あります。 そのため、ハンカチを常に手に持っておくことは避け、必要に応じて音を立てないように気をつけながら、その都度取り出して使用するようにしましょう。 まとめ 服装に関してのマナーがさまざまあるのと同じように、必需品の一つであるハンカチにもマナーがあることをご理解いただけたでしょうか。 葬儀に参列する際には、服装に関するマナーをはじめ、注意すべき点が多く大変ですが、ハンカチもマナーに反することにならないよう注意しましょう。 不意に参列することとなる葬儀の準備で慌てないようにするためには、可能な範囲で事前に準備をしておくことが大切です。 日常的に使っているハンカチとは別にフォーマル用のアイテムとして、マナーにかなうものを一枚準備しておくことをおすすめします。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

喪服の基本を知り、正しいマナーを身に着けて落ち着いた立ち振る舞いを

喪服 ハンカチ 色

目次はこちら• 葬式に必ずハンカチは持っていくべき? ハンカチも葬式に参列する際に持参していく小物の一つですよね。 ハンカチは必ず持って行くべきものなのか、どうしたらいいのか悩むところです。 葬儀・告別式などお葬式でのハンカチは、 手をふいたり涙をぬぐったりするため必需品です。 ですので、出来るだけ持参して行く事をお勧めします。 ハンカチ自体涙をぬぐう以外にも使う事がある小物なので 所持しておくべきです。 ハンカチは意外にも袱紗の代用品としても使う事が出来るのです。 男性は女性と違いバッグを持たず手ぶらのため、忘れずにスーツのポケットにハンカチを用意しましょう。 葬式には何色のハンカチならOKなのか? 葬式に参列する際にハンカチは何色を持って行けばいいのか見ていきます。 男性の場合 葬式の持参していくハンカチの色は男性の場合は特に厳しいマナーは無いのですが、 基本的には無地で白の無地でシンプルなデザインの物を選びます。 地域や宗教によって色なども変わってくる場合があるかもしれませんが、葬儀用のハンカチとして売られているものを見てみると男性は無地でシンプルなものが多いです。 現在の葬式や告別式の服装は基本的に 「黒」です。 その為、白でなくてはいけないという決まりがなくなり、薄いピンクや薄い水色、黒でもいいようです。 その他にもグレーや淡い紫色など、袱紗の色に似たような色もよく見かけます。 女性の場合 葬式の持参していくハンカチの色は女性の場合も基本的に厳しいマナーはありません。 選ぶなら 無地の白色を選びます。 女性の場合にも薄いピンクや薄い水色、黒、グレーや淡い紫色など袱紗の色などを選んでも良いです。 ハンカチというものはあまり人から見られるものではないのでとやかく言う人は少ないと思うので気にしすぎなくて大丈夫だと思います。 ですが、派手な色は葬式の時は控えるのがマナーですので心配な方は無地の白色を選ぶのをお勧めします。 葬式というのは涙が多い席でもあるので、素材は綿100%のものを選ぶと涙を流しても安心です。 子供の場合 子供の場合は喪服を持っていない場合が多く、制服などを着せる場合が多いと思います。 制服が無い場合は 黒白のモノトーンのコーディネートを基本に紺やグレーなどを選びます。 子供もハンカチを持参する場合は、基本的に白色か黒色を選ぶのがマナーです。 もし無い場合には、学生らしいもの、派手でないものであればOKです。 目立たないものを持たせましょう。 小さいお子様は特にハンカチなどの小物は無くしやすいので、失くさないようにポケットにきちんと入れてあげるといった配慮が必要です。 スポンサーリンク 葬式にはふさわしくないNGなハンカチとは? 葬式にハンカチを持参する際は、白色が基本の色です。 ですので、派手目な色は控えなくてはいけません。 原色、特に赤、緑、ピンクなどでの原色はNGです。 葬式には赤などの色は相応しくないので絶対に選ばないようにします。 その他、ハンカチにデザインが入った物も沢山売られていますが、葬式では出来るだけデザインも入っているものを選ぶならシンプルな物を選びます。 ラメ・ストーンなど光る装飾はNGです。 ハンカチの素材は上記にあげた綿などがいいのですが、吸水性といえばタオル生地ですが、タオル生地はカジュアルになりやすいのでお勧めは出来ません。 ですが、夏場に白色や黒色のタオルハンカチを持参される方はいらっしゃるので一概に駄目とはいえません。 葬式のマナーに合ったハンカチの柄は? 葬式に持参するハンカチの色やNGなものを見ていきましたが、葬式マナーに合ったハンカチとはどういったものなのでしょうか。 今や色々な柄もののハンカチが売られていますが、 葬式は基本的にシンプルを選ぶのがマナー。 無地が基本とされていますが、派手なものでなければ刺繍をあしらったものや控えめなレースは問題ありません。 同色のロゴ刺繍がほどこされたものやレースの縁取りがついたものなど、さまざまなブランドからブラックフォーマル向けハンカチが販売されていますのでチェックしてみるといいのではないでしょうか。 葬式におけるハンカチの持ち方は? ハンカチの持ち方は、 男性は手ぶらですからスーツのポケットの中に、 女性はバッグの中にハンカチを携帯します。 ハンカチは必要な時に手に持つようにします。 また、和装の場合は、袂にハンカチを入れておいてもかまいません。 ポケットティッシュは中身だけを出してハンカチに挟んでおくと、ガサガサと音がせずに取り出せるので、厳粛なシーンではスマートです。 ハンカチを手に持つときに一緒に注意したいのが、女性のネイルです。 どうしてもネイルは派手な印象を与えやすいので参列者の目にとまりやすいです。 葬式に参加する際は ネイルも落としていくことをお勧めします。 お葬式用の黒の手袋などで隠すこともできますが、お焼香の時に手袋は外すのがマナーと考える人が多いため気をつけたい点です。 まとめ 今回は、葬式に所持していくハンカチについて見ていきました。 ハンカチのマナーとして男性も女性も違いは無いことが分かりました。 しかし、ハンカチも小物といえどちゃんとした葬式マナーがあり、色や柄なども様々です。 葬式では基本は白色や黒色なので、その葬式マナーに見合ったものを選ぶようにしましょう。 急なお別れの場では、喪服を着ていても、うっかりハンカチまでは気がまわらなかったなんてこともあります。 社会人になったら冠婚葬祭で使えるフォーマル用のハンカチを用意しておくと、急なお葬式でも慌てなくてすみます。 ハンカチも人の目に入るものになりますから、マナーを守らないと恥をかいてしまう場合が出てきます。 そうならないようにマナーを知るときの参考になれば幸いです。 スポンサーリンク.

次の

仏事でのハンカチの色は白でないと恥ずかしいでしょうか。

喪服 ハンカチ 色

この記事の目次• 男性の葬儀での装い 男性が葬儀に参列する際は、ブラックスーツなどの準礼装にするのが一般的です。 通夜では、ダークスーツなどの略礼装にします。 勤務先から葬儀会場に駆けつける場合は、事前に黒のネクタイと靴下を用意して、参列前に着替えるようにしましょう。 スーツ 男性が葬儀・告別式に参列する場合は、準礼装である ブラックスーツを着用するのが一般的です。 上着はダブルでもシングルでも可です。 ブラックスーツは、黒無地のビジネススーツでも可能です。 ポケットチーフはつけなくてもよいですが、つけるとしたら黒か白を選びます。 ワイシャツ 白い無地のワイシャツを選び、開襟シャツやカラーシャツ、織り模様のシャツはNGです。 カフスボタンは控えるのが原則ですが、つける場合は黒オニキスか黒曜石のものにします。 暑い時期の葬儀では、半袖でも構いませんが、式の間はジャケットを着用しましょう。 ただし、長袖のほうが望ましいです。 ネクタイ ネクタイは、 黒無地で光沢のない結び下げのものにします。 ビジネススーツで参列する場合も、ネクタイだけは黒にします。 派手なネクタイはNGです。 ネクタイピンはつけません。 靴下 靴下は、 黒無地のものを着用します。 白や派手な色の靴下はNGです。 靴 靴は光沢のない黒でシンプルなデザインの革靴にします。 黒の革靴で、金具などの飾りが目立たないものを選びましょう。 エナメルや金具のついた靴は避けましょう。 コート コートは、黒がなければ地味な色、デザインのもので構いません。 式場内ではコートは脱ぐので、それほど気にしなくてもよいでしょう。 男性の通夜での装い 通夜のときは、略礼装のダークスーツ(濃紺や濃いグレー)で、上着はシングルとダブルのどちらでも構いません。 無地のものか、目立たないストライプのスーツにしましょう。 葬儀と同様に、白い無地のワイシャツと黒のネクタイ、靴下、シンプルなデザインの靴を着用します。 本来、喪服は葬儀・告別式のときに着用するもので、通夜はとりあえず駆けつけたという意味から地味な装いでも問題ありません。 ただし、破れたジーンズやカラーシャツ、派手なネクタイはNGです。 色は地味でも光沢のあるものや派手なデザインのものも避けます。 しかし、最近は通夜も喪服で参列する傾向にあり、お通夜、告別式とも同じ服装でも構いません。 男性の法要での装い 法要に出席するときは、一周忌まではブラックスーツ、三回忌以降であればブラックスーツかダークスーツに地味な色のネクタイなどの装いで構いません。 弔事でNGな装い 男女いずれも、靴やバッグなどにエナメルなどの光沢のある素材を選ぶのはマナー違反です。 また、華美な装飾品なども避けるようにしましょう。 男性であれば、金属の装飾があしらわれた靴、柄や色が入ったネクタイやワイシャツ、ネクタイピンやゴールド系の腕時計は身につけないようにしましょう。 喪服について、もっと詳しく知りたい人は下記記事も参考にしてください。

次の