ちらし 寿司 人気 レシピ。 ちらし寿司のクックパッド人気レシピまとめ

ちらし寿司のクックパッド人気レシピまとめ

ちらし 寿司 人気 レシピ

作り置きできるちらし寿司の具材を詳しく 『干し椎茸の煮物』…これはちらし寿司の味付けのベースとなる、一番重要な具材かもしれません。 のせる具材としても使うし、好みですし飯に細かく刻んで混ぜ合わせもします。 その場合盛り付け用の具には椎茸のみ、酢飯に混ぜ合わせるのに椎茸&にんじんを使います。 『酢れんこん』…これはちらし寿司の具材の中でも定番です。 形や食感、味わいに色合い、すべて他には代えがたいのでぜひ用意したい具材です。 これは 冷蔵庫で1週間日持ちするので、数日前に作っておくとよいです。 『錦糸卵』…これは当日の時間がないときに前日に作っておくとよい具材です。 もちろん 当日に焼いて冷まして使うのがいちばんふんわりと美味しいですが、時間のないときは 前日に作って冷蔵しておくか、一度まとめて作り冷凍しておくこともできます。 細く切る前の状態で冷凍しておき、半解凍でせん切りにするととても切りやすく、切った後の解凍も早いです。 2人分で卵3個を使う錦糸卵の分量がちょうどよいと思います。 ちらし寿司のその他の具材 3つの具材が準備できたら、あとは他の具材です。 食感のよい絹さやが緑色をそえるのにぴったりです(絹さやはゆでたものを斜めにひし形になるように切ったり、細切りにしたりするときれいです。 詳しいゆで方はから)。 また、 ゆでたえび、いくらの醤油漬けなどが食べ応えや豪華さを作ってくれます。 他にも煮あなごや、旬の時期ならをのせるのも美味しくておすすめ。 どんなものをのせるか考えておき、事前に購入しておきしょう。 他には 香りのよいや、うや三つ葉をゆでて合わせても美味しいです。 当日の準備 まずは寿司飯を作ります (もしくは)を用意し(冷凍しておいた場合は前日冷蔵庫に移して解凍しておき)、 『フードプロセッサーや包丁で細かくして、寿司飯に混ぜ込んで』使うと、家庭で作るちらし寿司がぐっと美味しくなるので、そのやり方で紹介したいと思います。 寿司飯はを参考に作り、細かくした椎茸(もしくは椎茸&にんじん)を最後に混ぜ込みます(寿司飯2合に対して中サイズの干し椎茸4枚分くらい混ぜ込むのが目安)。 できたら乾かぬよう、ぬれ布巾をかぶせたり、ラップをするなどしておきましょう。 器に盛り付けるときは、 寿司飯+きざみ海苔+錦糸卵+具材の順に盛り付けます。 まず用意した寿司飯をふんわりと盛り、海苔と錦糸卵を順に一面に広げます。 次に用意した具材を、彩りよく盛り付けるのですが、 まず先にさほど色味を気にしなくてよい大きな酢れんこんや椎茸を盛り付けます。 続けて絹さやをちらすように盛り付けます。 最後に盛り付けるのが、彩りや形のよいイクラの醤油漬け、ゆでたえび、木の芽です。 いくらはスプーンで適量をすくい取り、崩れ落ちないところを探して数か所に盛り付けます。 木の芽は他の具材と重なってもよいので、ふんわりと数枚を盛り付けます。 上から見ても全体的にまんべんなく具材が散らばっている盛り付けが、食べ進めても美味しく感じられる盛り付けだと思います。 それぞれに盛り付けるためのコツやポイントがあるのでも参考にしてください。 えびを具材に使う場合は、塩ゆでしたえびでもいいですし、手間をかけるなら味を含ませても美味しくなります。 『だし汁:薄口醤油:酒:みりん:砂糖=9:1:1:1:1』の割合で鍋に合わせて軽く沸かし、煮汁が冷めてからゆでたえびを漬けておきます(これは当日の朝くらいの作業でOKです)。 具材は上記の他に、たけのこ、ふき(これらは下味をつける必要あり)、煮アナゴ、うどの甘酢漬け、菜の花や三つ葉など、卵と相性のよい食材であればいろいろ合わせることができるので、お好みで準備してみてください。 すし飯に混ぜ込むのは、でもOKです。 その場合は、かんぴょうが煮汁を含んでいるので、手でしぼったりキッチンペーパーなどで汁気を吸い取ったりして、すし飯がべちゃっとしないよう、気をつけてください。

次の

寿司酢のレシピ/割合とすし飯(酢飯)の作り方:白ごはん.com

ちらし 寿司 人気 レシピ

バラ寿司とは西日本の人には聞きなれたものですが、関東ではあまり聞き慣れない人も多いのではないのでしょうか。 バラ寿司とは関東で言うところのちらし寿司にあたります。 サバのおぼろやアナゴなど使用するのが特徴で、細かく切ったしいたけや魚介を酢飯に混ぜこんだ寿司に錦糸卵やサバ、カマボコなどを散らしたものです。 家庭料理として食べたり、お祝い事の席で用意されたり、お誕生日などの際に作られることが多い料理です。 家庭での作り方は、それぞれの家庭の味があるので、具材などはベースは同じでもアレンジされた家庭の味があります。 バラ寿司の作り方は、酢飯に具材が混ざっているのも特徴です。 鯖そぼろを作る為に、鯖缶を汁ごと開けて砂糖・醤油・酒を入れて火に掛けます。 焦がさないようにそぼろにしていきます。 水分がなくなったら出来上がりです。 酢飯を作ります。 錦糸卵を作り、いんげんやキュウリなども準備をしておきます。 酢飯の上に錦糸卵を乗せて、鯖そぼろ・いんげん・きゅうり・カマボコなどを散らし、桜でんぶをまぶしてできあがりです。 京都丹後の郷土料理のバラ寿司のレシピです。 丹後のバラ寿司は、鯖そぼろを使うのが特徴です。 鯖そぼろの作り方のポイントは水分が飛ぶまで焦がさないようにそぼろを作ることです。 そして、丹後バラ寿司はカマボコを使うのも特徴のひとつです。 酢と砂糖を合わせて、よく混ぜておきます。 鰆を3時間ほど酢に浸けておきます。 フキに塩をして、板ずりをし、茹でます。 茹で上がったフキの皮を剥きめんつゆに浸しておきます。 ゴボウをササガキ切りにして酢水につけておきます。 ゴボウを砂糖、塩、酢で5分ほど煮ます。 筍は水煮の場合は、一度湯通しをして酒・砂糖・塩で甘めに煮ます。 フキは、小さくカットし再度軽く茹でます。 干しシイタケは、醤油・砂糖・酒・粒流だしでやや濃いめに煮ます。 お米を昆布を入れて炊きます。 桜えびは味付けなしでひと煮します。 菜花は茹でて辛し醤油で合わせます。 炊いたお米を酢漬けしておいた鰆の酢を使って酢飯を作ります。 酢飯に、フキ・ウド・ゴボウ・シイタケを混ぜ合わせます。 混ぜた酢飯が冷めたら、菜花・筍・アナゴ・玉子を上から散らします。 最後に鰆を乗せて出来上がりです。 岡山のばらずしは、アナゴやままかりを使う事が多いですが、このレシピの作り方では鰆を使用しています。 フキやウドなどの季節の山菜を使用して作る岡山のばらずしは、華やかで美味しいバラ寿司となります。 米は洗って吸水させて昆布加えて炊きます。 だし汁に調味して人参・筍・高野豆腐・れんこん・ごぼう・こんにゃく・干しシイタケを煮ます。 中火で味が染みるまで煮ます。 だし汁がなくなってきたら、かまぼこを加えて火を止めます。 米に合わせ酢を合わせ広げて冷まします。 合わせ酢を混ぜた米に具材を混ぜて、錦糸卵や金時の煮豆・きぬさやを乗せて出来上がりです。 鰹のバラ寿司の材料 酢飯 1合 鰹のタタキ 10切れ 枝豆 適量 かんぴょう 適量 鰹のバラ寿司• 酢飯にかんぴょう 煮たもの と枝豆 茹でたもの を混ぜ合わせます。 鰹のタタキをカットし、ポン酢に浸けておきます。 ポン酢に浸けた鰹をご飯にも混ぜます。 最後に酢飯を器に盛り、鰹のたたきを乗せて出来上がりです。 カイワレなどを乗せても彩りが良いでしょう。 本格的なバラ寿司を作るのは、時間も材料もかかってしまいます。 お祝いの時であれば良いですが、簡単に手軽に家庭でも食べられるバラ寿司のレシピを知っていればいつでも食べられる事ができます。 鰹のタタキを使った簡単にできるバラ寿司は、手軽さがありコストもあまりかからず便利です。 お米を洗って、20分ほど水に浸けておきます。 鮭をグリルで焼いておきます。 お米を炊き、炊けたら桶に移し寿司酢を振りかけて混ぜ合わせます。 焼けた鮭をほぐし、酢飯に混ぜ合わせます。 お皿に盛り付け、ざく切りにした大葉を乗せて出来上がりです。 時間がない時でも簡単にできるバラ寿司です。 紅鮭は、簡単に手に入れられるので、季節もあまり関係なく選べるのが良い点です。 大葉はできるだけ多めに入れると美味しさを更に感じられます。 お子様も食べやすいので、家庭でも気軽に作れると言えます。 ご飯を炊いて、ちらし寿司の具材を混ぜ合わせます。 錦糸卵、枝豆、茹でエビを準備します。 器に移して、錦糸卵・エビ・枝豆をトッピングし紅ショウガを乗せて出来上がりです。 簡単エビバラ寿司は、市販の素を使った手軽なバラ寿司です。 簡単なのに、華やかさもあるレシピなので、家庭でも作れます。 具材に関しては、お好みのものや冷蔵庫にあるものなどで賄うようにしても良いです。 好きなものを選んで、お好みのバラ寿司にしてみましょう。 色々なバラ寿司を覚えておもてなし料理を作ろう.

次の

ケンミンショーの鯖缶ばら寿司のレシピ。京都丹後のちらし寿司。

ちらし 寿司 人気 レシピ

バラ寿司とは西日本の人には聞きなれたものですが、関東ではあまり聞き慣れない人も多いのではないのでしょうか。 バラ寿司とは関東で言うところのちらし寿司にあたります。 サバのおぼろやアナゴなど使用するのが特徴で、細かく切ったしいたけや魚介を酢飯に混ぜこんだ寿司に錦糸卵やサバ、カマボコなどを散らしたものです。 家庭料理として食べたり、お祝い事の席で用意されたり、お誕生日などの際に作られることが多い料理です。 家庭での作り方は、それぞれの家庭の味があるので、具材などはベースは同じでもアレンジされた家庭の味があります。 バラ寿司の作り方は、酢飯に具材が混ざっているのも特徴です。 鯖そぼろを作る為に、鯖缶を汁ごと開けて砂糖・醤油・酒を入れて火に掛けます。 焦がさないようにそぼろにしていきます。 水分がなくなったら出来上がりです。 酢飯を作ります。 錦糸卵を作り、いんげんやキュウリなども準備をしておきます。 酢飯の上に錦糸卵を乗せて、鯖そぼろ・いんげん・きゅうり・カマボコなどを散らし、桜でんぶをまぶしてできあがりです。 京都丹後の郷土料理のバラ寿司のレシピです。 丹後のバラ寿司は、鯖そぼろを使うのが特徴です。 鯖そぼろの作り方のポイントは水分が飛ぶまで焦がさないようにそぼろを作ることです。 そして、丹後バラ寿司はカマボコを使うのも特徴のひとつです。 酢と砂糖を合わせて、よく混ぜておきます。 鰆を3時間ほど酢に浸けておきます。 フキに塩をして、板ずりをし、茹でます。 茹で上がったフキの皮を剥きめんつゆに浸しておきます。 ゴボウをササガキ切りにして酢水につけておきます。 ゴボウを砂糖、塩、酢で5分ほど煮ます。 筍は水煮の場合は、一度湯通しをして酒・砂糖・塩で甘めに煮ます。 フキは、小さくカットし再度軽く茹でます。 干しシイタケは、醤油・砂糖・酒・粒流だしでやや濃いめに煮ます。 お米を昆布を入れて炊きます。 桜えびは味付けなしでひと煮します。 菜花は茹でて辛し醤油で合わせます。 炊いたお米を酢漬けしておいた鰆の酢を使って酢飯を作ります。 酢飯に、フキ・ウド・ゴボウ・シイタケを混ぜ合わせます。 混ぜた酢飯が冷めたら、菜花・筍・アナゴ・玉子を上から散らします。 最後に鰆を乗せて出来上がりです。 岡山のばらずしは、アナゴやままかりを使う事が多いですが、このレシピの作り方では鰆を使用しています。 フキやウドなどの季節の山菜を使用して作る岡山のばらずしは、華やかで美味しいバラ寿司となります。 米は洗って吸水させて昆布加えて炊きます。 だし汁に調味して人参・筍・高野豆腐・れんこん・ごぼう・こんにゃく・干しシイタケを煮ます。 中火で味が染みるまで煮ます。 だし汁がなくなってきたら、かまぼこを加えて火を止めます。 米に合わせ酢を合わせ広げて冷まします。 合わせ酢を混ぜた米に具材を混ぜて、錦糸卵や金時の煮豆・きぬさやを乗せて出来上がりです。 鰹のバラ寿司の材料 酢飯 1合 鰹のタタキ 10切れ 枝豆 適量 かんぴょう 適量 鰹のバラ寿司• 酢飯にかんぴょう 煮たもの と枝豆 茹でたもの を混ぜ合わせます。 鰹のタタキをカットし、ポン酢に浸けておきます。 ポン酢に浸けた鰹をご飯にも混ぜます。 最後に酢飯を器に盛り、鰹のたたきを乗せて出来上がりです。 カイワレなどを乗せても彩りが良いでしょう。 本格的なバラ寿司を作るのは、時間も材料もかかってしまいます。 お祝いの時であれば良いですが、簡単に手軽に家庭でも食べられるバラ寿司のレシピを知っていればいつでも食べられる事ができます。 鰹のタタキを使った簡単にできるバラ寿司は、手軽さがありコストもあまりかからず便利です。 お米を洗って、20分ほど水に浸けておきます。 鮭をグリルで焼いておきます。 お米を炊き、炊けたら桶に移し寿司酢を振りかけて混ぜ合わせます。 焼けた鮭をほぐし、酢飯に混ぜ合わせます。 お皿に盛り付け、ざく切りにした大葉を乗せて出来上がりです。 時間がない時でも簡単にできるバラ寿司です。 紅鮭は、簡単に手に入れられるので、季節もあまり関係なく選べるのが良い点です。 大葉はできるだけ多めに入れると美味しさを更に感じられます。 お子様も食べやすいので、家庭でも気軽に作れると言えます。 ご飯を炊いて、ちらし寿司の具材を混ぜ合わせます。 錦糸卵、枝豆、茹でエビを準備します。 器に移して、錦糸卵・エビ・枝豆をトッピングし紅ショウガを乗せて出来上がりです。 簡単エビバラ寿司は、市販の素を使った手軽なバラ寿司です。 簡単なのに、華やかさもあるレシピなので、家庭でも作れます。 具材に関しては、お好みのものや冷蔵庫にあるものなどで賄うようにしても良いです。 好きなものを選んで、お好みのバラ寿司にしてみましょう。 色々なバラ寿司を覚えておもてなし料理を作ろう.

次の