インテレオン 弱点。 【ポケモン剣盾】インテレオンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】ユキメノコ軸8世代型「霰」パーティ~バルジーナとクレベースを添えて~【ダブルバトル】

インテレオン 弱点

とを合わせたような姿で、進化前と比べて身長がかなり伸び、体型もかなり細くなった。 そのスリムな体には多彩な機能が隠されている。 特に指先には体内で圧縮されたをマッハ3の速度で噴射する仕組みがあり、相手の急所を正確に撃ち抜く事が可能。 その他、目には特殊なが、尻尾には鋭いが隠されており、背中の皮膜は広げて風に乗る事で長距離が出来るなど、臨機応変に使い分けている。 加えて体術も得意なのか、攻撃モーションの1つに肘鉄から膝蹴りに繋げるものがある。 その他の攻撃モーションも専用技をはじめ中々にで格好良いものが多いので、一見の価値あり。 上記のような 狙撃・潜入・暗殺に特化したような生態から見て、モチーフは……取り分け秘密情報部 に所属する世界的に有名な諜報員 であると思われる(彼の活躍するにおいては重要なモチーフであり、冒頭に 「ガンバレル・シークエンス」と呼ばれる銃口をイメージした演出が入るのが恒例になっている)。 インテリジェンスは「知性」「知識人」の他に「機密情報」やそれを扱う「諜報活動」という意味も持ち、上記のコンセプトと合致している。 その名の通り、高い知能を持ち冷静沈着で思慮深く、バトルのときには相手の弱点や癖を分析し戦略を立てるなど、頭脳プレーを得意としている。 振る舞いも紳士的で、自身が認めたトレーナーには絶対的な忠誠心を示す一面もあるようだ。 また、 初の名前が6文字のポケモンである。 色違いはかなりパンチの効いた派手な色合いをしている。 こらそこ、歯磨き粉とか言わない。 性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 70 85 65 125 65 120 細身の体に違わぬ高速特殊アタッカーで、種族値、技範囲共にかなり優秀。 専用技として、急所にあたりやすく且つ、やを無視して選択した相手に攻撃できるを持つ。 他にもやの十八番であるも覚えるので、火力ならハイドロポンプorハイドロカノン、安定性ならねらいうちが良いだろう。 他には、、、などを覚える。 攻撃も低く無い為、タイプ一致の、の他に、、を覚えさせるのも良い。 先制技は共にタマゴ技だが、「」と「」を習得できる。 補助技はの他、を覚える。 難点は低い耐久。 …なのだが、インテレオン自体ダイマックスとの相性が良く、HP増加の為、発動圏内まで持って行きやすく、更にダイストリームで雨を降らせることで 前作のげきりゅうよりも高い火力が出せる。 特攻もゲッコウガより高いので 並大抵の相手を一撃で消し飛ばせる火力を誇る。 更にエースバーンよりも速い為、タイプを変化させる前に高火力の水技で仕留める事が出来るのも評価点。 狙った獲物は逃がさないという事だろうか。 隠れ特性は。 上記の急所に当たりやすいと相性が良く、他のスナイパーもちのポケモンとは違ってわざレコードで急所ランクを上げれるも覚えれるため、利用価値は十分にある。 ただ、ゴリランダーやエースバーンの夢特性は更に強力なものな為、両者に比べるとやや見劣りする点は否めず、火力を期待できる「げきりゅう」の方が有用なことも多い。 ねらいうちも威力こそハイドロポンプに及ばないが、やにも刺さる為、採用価値は十分にある。 どちらかといえばダブル向けの技と言える。 総じて派手さは無いが、堅実にクレバーに仕事をしてくれる優秀なポケモンである事には間違いない。 ストーリーでも対戦でも高い素早さと特攻で活躍してくれるだろう。 高速特殊アタッカーということもあり、性格は「おくびょう」もしくは「ひかえめ」を推奨。 元が臆病で泣き虫なメッソン、引っ込み思案なジメレオンであった事を考えると、何とも奇妙な偶然である。 タイプ みず 高さ 40. kg エージェントポケモン・インテレオンがキョダイマックスした姿。 2020年6月実装のDLC「」を進行する事で、最初に貰ったパートナーへ後天的にキョダイマックスの素養を付与させる事が出来る。 本体の見た目の変化は小さいが、キョダイマックスのパワーによってだけが爆発的に長く伸び、その長さはなんと 40m程と言われている。 キョダイマックス中はその尻尾を柱のように垂直に伸ばし、テーブル状に巻いた根元部分に胴体を座らせる事で、さながら標的を狙う長距離の如き臨戦態勢をとっている。 あまりに極端に長い為にポケモン図鑑には、インテレオン本体が乗っている上半身しか映らない。 元々様々な機能を隠し持つポケモンだが、キョダイマックスによりその能力も向上。 見開いた赤く光るの瞬膜は、目標までの距離だけでなく、気温や気圧、湿度なども見抜けるようになり、明晰な頭脳で重力による弾道の降下を計算することで、驚異的な狙撃を可能としている。 当然ながら狙撃の精度は非常に高く、右の人差し指に纏わせた大型状の塊から放つ水鉄砲は、15キロ先に転がるきのみをも容易に撃ち抜いてしまう。 このインテレオンが繰り出すみずタイプの技は、専用の 「キョダイソゲキ」へと変化する。 通常版の「ダイストリーム」よりも高い威力を持つだけでなく、相手のとくせいによる防御を無効化する効果が付与されている。 余談 カメレオンの名前を冠しているのに何故、バジリスクがモチーフなのかと言えば、バジリスクの属するに『アメリカカメレオン』の別名を持つがいるからだと思われる。 また、イグアナ科には海で生活するといった種もいる。 加えて背中に被膜があってそれで空を滑空するという能力からの要素も組み込まれていると推測される。 様々なの要素を複合させて生み出されたポケモンと言うべきか。 みず御三家初のトカゲポケモンということから、やみたいな竜に近い外見になるのではと言われていた 他にも御三家初のドラゴン複合になるのではという声もあった。 実際は2世代前のとを辿ることとなった。 ちなみにどちらも素早さが高いことも共通点だったり。

次の

インテレオン (いんてれおん)とは【ピクシブ百科事典】

インテレオン 弱点

ポケモン剣盾エキスパンションパスで、カントーからフシギバナ、カメックス、ガラルからゴリランダー、エースバーン、インテレオンのキョダイマックスが追加された。 すでにキョダイマックスがあるリザードン、キョダイマックス解禁でさらに数を増やしたフシギバナ、夢特性が解禁されてから爆発的に増えているゴリランダー、エースバーンはよく見るが、カメックス、インテレオンはあまりランクバトルで使われていない。 一方、キョダイマックスがないアシレーヌはシングル・ダブルともに環境入りしている。 同じ水御三家なのに、これほどまで差が出たのか。 スポンサードリンク ポケモン剣盾のランクバトルでカメックスとインテレオンが不遇なワケ カメックス、インテレオンよりアシレーヌが使われている ポケモンHOMEから確認できるランクバトルのポケモン使用率を見てみると、シングルもダブルもカメックス、インテレオンは50~60位台と微妙な位置だ(ランキングは150位まで表示)。 インテレオンにおいては、シーズン7より下がっている。 夢特性が解禁されたシーズン7から使用率が急増したゴリランダー。 シーズン8ではシングル・ダブルでワンツーフィニッシュに輝いた。 ゴリランダーの急増は、他の水タイプポケモンの使用率にも影響を与えている。 一方、ギャラドスやドヒドイデ、ラプラスはあまり順位を落としていない。 理由としては、ギャラドスやドヒドイデは草技で弱点を突かれず、ギャラドスにおいては飛行技でゴリランダーの弱点を突ける(ドヒドイデも毒技で弱点を突けるが所持率は低い)。 ラプラスは草技で弱点を突かれるが、物理耐久を強化しておけば、ダイマックスした際にゴリランダーのグラスフィールドで強化された草技を耐え、氷技で返り討ちにできる可能性があるからだろう。 3匹ほどではないが、アシレーヌもそこまで順位が落ちていない。 しかし3匹と異なり、ゴリランダーに有効打があるわけではなく、ダブルではモロバレルやフシギバナなど他の草タイプも出てきたので相当動きづらくなっている。 これはやはり、フェアリータイプという点につきる。 フェアリータイプは現環境に非常に強く、フェアリータイプというだけで採用する価値はある。 現に、同じ組み合わせのマリルリはシングルで12位、ダブルで18位と高い位置にいる。 一方、ゴリランダーに弱く、水単色で付加価値も低いカメックス、インテレオンは採用する意味があまりなく、結果的に使用率が伸び悩んでいるのではないか。 この状況を打開するには、やはりゴリランダーが減らないと無理だろう。 DLC第2弾「冠の雪原」でゴリランダーが減る環境になれば、ひょっとしたら活躍できるかもしれない。

次の

5歳娘とポケモンガチバトル!リベンジ編。[ポケモン剣盾]

インテレオン 弱点

ポケモン剣盾エキスパンションパスで、カントーからフシギバナ、カメックス、ガラルからゴリランダー、エースバーン、インテレオンのキョダイマックスが追加された。 すでにキョダイマックスがあるリザードン、キョダイマックス解禁でさらに数を増やしたフシギバナ、夢特性が解禁されてから爆発的に増えているゴリランダー、エースバーンはよく見るが、カメックス、インテレオンはあまりランクバトルで使われていない。 一方、キョダイマックスがないアシレーヌはシングル・ダブルともに環境入りしている。 同じ水御三家なのに、これほどまで差が出たのか。 スポンサードリンク ポケモン剣盾のランクバトルでカメックスとインテレオンが不遇なワケ カメックス、インテレオンよりアシレーヌが使われている ポケモンHOMEから確認できるランクバトルのポケモン使用率を見てみると、シングルもダブルもカメックス、インテレオンは50~60位台と微妙な位置だ(ランキングは150位まで表示)。 インテレオンにおいては、シーズン7より下がっている。 夢特性が解禁されたシーズン7から使用率が急増したゴリランダー。 シーズン8ではシングル・ダブルでワンツーフィニッシュに輝いた。 ゴリランダーの急増は、他の水タイプポケモンの使用率にも影響を与えている。 一方、ギャラドスやドヒドイデ、ラプラスはあまり順位を落としていない。 理由としては、ギャラドスやドヒドイデは草技で弱点を突かれず、ギャラドスにおいては飛行技でゴリランダーの弱点を突ける(ドヒドイデも毒技で弱点を突けるが所持率は低い)。 ラプラスは草技で弱点を突かれるが、物理耐久を強化しておけば、ダイマックスした際にゴリランダーのグラスフィールドで強化された草技を耐え、氷技で返り討ちにできる可能性があるからだろう。 3匹ほどではないが、アシレーヌもそこまで順位が落ちていない。 しかし3匹と異なり、ゴリランダーに有効打があるわけではなく、ダブルではモロバレルやフシギバナなど他の草タイプも出てきたので相当動きづらくなっている。 これはやはり、フェアリータイプという点につきる。 フェアリータイプは現環境に非常に強く、フェアリータイプというだけで採用する価値はある。 現に、同じ組み合わせのマリルリはシングルで12位、ダブルで18位と高い位置にいる。 一方、ゴリランダーに弱く、水単色で付加価値も低いカメックス、インテレオンは採用する意味があまりなく、結果的に使用率が伸び悩んでいるのではないか。 この状況を打開するには、やはりゴリランダーが減らないと無理だろう。 DLC第2弾「冠の雪原」でゴリランダーが減る環境になれば、ひょっとしたら活躍できるかもしれない。

次の