見立真一。 桐崎栄二が指名手配犯「見立真一」を見つける!ネタ?それともガチ?

関東連合・石元太一服役囚の代理人が激白「見立真一の居場所」と「再審請求」

見立真一

出典: 杉並区立井荻中学校を卒業後の見立真一さんは、都立永福高校に進学しております。 永福高校は現在は合併して都立杉並総合高校となり、偏差値50程度の一般的な学校となっていますが、1990年代はヤンキー校として有名だったようですね。 高校進学時には、既にヤンキーの枠に収まりきらないワルになっていたと言われている見立さんは、 永福高校をわずか2ケ月で中退しました。 見立さんが高校を中退した理由は諸説あり、「女性に性的暴行を加えての退学説」や「学校で暴れて手がつけられないから退学になった説」などが存在します。 【関東連合元リーダー】見立真一の伝説…残虐王子と呼ばれる男だった 見立真一、16歳で消滅していた関東連合を復活させる 出典: 関東連合が不良少年の領域を大きく超えてしまう暴力集団になってしまった原因には、もちろん見立さんの意向が大きく関与していました。 元々、関東連合の中心である「永福町ブラックエンペラー」自体が見立さんらが復活させた暴走族であったため、生え抜きの先輩世代が皆無でした。 そのうえ、見立さんは関東連合の仲間に対しても頻繁に暴力を振るい恐怖で支配していたそうで、見立さんの命令ともなれば、どんな無茶でも従うしかない状況だったと言われています。 抗争相手を死ぬ寸前まで痛めつける関東連合のやり口は、見立さんに「残虐王子」との異名までもたらしたそうですね。 見立真一、残虐王子の異名も本性は臆病者だった 抗争相手の彼女を拉致して性的暴行を加えたどころか、ナンパした女性にまで性的暴行を加える常習者だったと言われている見立真一さんは、強姦罪により少年院に送致された経験もあったそうですね。 出典: 少年時代に悪業の限りを尽くした見立真一さんですが、成人後は闇金業者として荒稼ぎをすることになりました。 ただですら違法性が高い闇金業となりますが、見立さんの場合は多重債務者詐欺にまで手を染めるなど、金を稼ぐためならどんな手段も厭わなかったようですね。 多重債務者詐欺をやっていた頃は半端じゃない利益をあげていました。 闇金で借金した客って、自分がどこから借りているかなんて分からなくなっているじゃないですか。 それをいいことに、貸してもいない相手に返済を迫る。 このときは月に3億円のあがりが半年続いた、と聞いています。 「30歳までに100億円持つ」と当時の見立君はよく口にしていたけど、「この人なら実現するだろう」と思っていました。 引用: 出典: 株の仕手戦などに失敗して以降の見立さんは、関東連合OBたちが相互扶助のために積み立てていた「連合経費」を流用して、生活レベルの維持に充てていたとの話まで残っています。 ある時期から、「連合経費」という身内から集めたカネを、僕を含めた「正業で食べてる人間3人」で管理していたんです。 抗争の準備、事件の解決にかかるカネ、放免祝いなどに充てられるという建前でした。 ところが、実際にはプールしたカネの中から、見立君の家賃やクルマ代が支払われていた。 僕はこうした内情を知っていたから、他のメンバーより冷めていた部分があったのかもしれません。 引用: 【関東連合元リーダー】見立真一の彼女情報…外国人女性との間に子供も 見立真一、交際女性へのDVは日常茶飯事だった? 出典: 金村さんの葬儀に参加をした見立真一さんは、号泣しながら犯人に対する復讐を口にしていたそうですが、金村さんの元悪友として葬儀に顔を出していた与国さんから、これを機会に堅気になるようにと説教をされてしまったそうですね。 当然ながら与国さんの言葉に逆上した見立さんは、その場で与国さんと口論となってしまったそうで、その時の因縁が後の襲撃事件に繋がったのではないかとの憶測が、ネット上で流れていることになります。 ちなみに、与国さん本人は、自身の襲撃事件の犯人が関東連合OBたちであるというネットの噂を否定しております。 【関東連合元リーダー】見立真一、六本木クラブ襲撃事件後に海外逃亡 見立真一、2012年に六本木クラブ襲撃事件の主犯格として指名手配 出典: 「六本木クラブ襲撃事件」は人違い殺人説が濃厚になっており、見立さんたちの元に「フラワー」に 木村孔次郎さんがいるとの情報が入り襲撃したところ、まったくの別人である被害者男性を暴行することになってしまったようですね。 「六本木クラブ襲撃事件」において人違いが起こった理由に関しては、木村さんと被害者男性の外見的特徴がかなり似ていたことが原因だったと言われております。 日本人と東南アジア系のハーフと言われるこの兄弟の弟は山口組極心連合会系暴力団を破門となった人物で、短髪に浅黒い肌、はっきりとした目鼻立ち、屈強な体格、そして当時の怪我が原因となっての片足を引きずるような歩き方、という外観的特徴が当時フラワーの従業員であった人物に伝えられており、被害者の男性も当時怪我で片足を引きずっていたことがこのたびの人違いを生む要因となった。 引用: 見立真一、逮捕を逃れフィリピンの離島に潜伏か? 出典: 「六本木クラブ襲撃事件」以降の見立真一さんに関しては、警察に自首をした他の実行犯たちとは違い海外逃亡をしており、現地のマフィアに匿われフィリピンの離島で潜伏生活を送っているようです。 「まだ見立君と連絡を取っているメンバーはいるようです。 現在、フィリピンの離島にいる彼は、マフィアとも反政府軍団とも言われる人たちに匿われていると聞く。 一時期、ペルー国籍を取って逃げ切るという話もあったけど、整形し顔も国籍も変えて日本に密入国する可能性もあるでしょう。 引用: 見立さんが海外逃亡した理由に関しては、 金村剛弘さんの仇を討つことをまだ諦めておらず、木村兄弟への復讐の機会を伺っているそうですね。 海外逃亡前、見立容疑者は周囲に「目的を果たすまで出頭しない」と語っていたというが、その目的とは何なのか。 「A兄弟への復讐です。 B氏は殺される前に関西の暴力団に属していたA兄弟とトラブルを起こしていたんです。 六本木での襲撃事件の際、現場となったクラブにA兄弟の弟がいるという情報をつかみ襲撃したが、人違いだった。 だから見立容疑者は、A兄弟に対する復讐が終わらない限り出頭はしない」 関東連合に詳しいマスコミ関係者 引用: 出典: 見立真一さんの現在に関しては、警察に逮捕されることもなく逃亡生活が続いています。 2013年頃は、偽造パスポートを使って国内に戻り、日本での生活を満喫していた時期もあったようです。 「4月に2回、見立に会いました。 見立は何回かそこに泊まっていたようです。 帰国した理由を聞くと『金を取りに帰ったんですよ。 いろいろ集金しなくちゃいけなくて』と言う。 それなら少なくとも1千万円から2千万円は作るんだろうなと思いましたね。 ただ、どうやって戻るんだろうと。 話した時間はわずかでしたけどね」 日本に潜伏中、拠点にしていたのは被災地である福島県いわき市。 震災後、高い放射線量を避けて空き家になった一軒家を借りていた。 見立容疑者に同行していた女性が手配したものだった。 「いわき市を拠点に、見立は六本木のキャバクラで働くMちゃんと宮崎に旅行に行ったりしてるんだよ。 彼女とは新宿区にある高級ホテルや、八王子駅前のホテルに泊まったりもしている。 日本での生活を満喫していた」(A氏) 引用: 出典: 現在も悠々自適な逃亡生活を送っていると思われる見立真一さんですが、ネット上では死亡説なども存在します。 とはいえ、こちらはアンチヒーローには悲惨な末路を辿って欲しいというネットユーザーたちの願望が生み出しただけの妄想なようですね。 — うた inuuaaaa 【関東連合元リーダー】見立真一について総まとめすると….

次の

見立真一の現在はフィリピン?死亡説も?残虐王子の生い立ちと伝説!

見立真一

見立真一は関東連合の中でもリーダー的な存在であったと言われています。 関東連合とは、もともと暴走族の集まりを指す名称でしたが、現在では暴走族の関東連合自体は解散しています。 しかし、かつて暴走族だった関東連合に所属していたメンバーたちのつながりは解散後も続き、集団で詐欺や暴行、不法な貸金業など多種多様な犯罪を行っていたのです。 そのため、暴走族としては活動しなくなっても、関東連合という名前は残ることになりました。 関東連合は暴力団として指定されているわけではありませんが、集団で反社会的行動をとっていることは明らかであり、後述の六本木クラブ襲撃事件の発生をきっかけに、準暴力団として警視庁による取り締まりが強化されました。 現在ではリーダー格だったメンバーの多くが逮捕され、実質壊滅状態にあると言われています。 見立真一の犯行には常軌を逸しているとしか思えないような残虐性が見られ、凶悪事件を数多く起こす関東連合の中にあっても、その残虐性はずば抜けていました。 その残虐性が、見立真一のカリスマ性をいっそう押し上げたと言われています。 そして、見立真一についた異名が「残虐王子」でした。 見立真一が過去に行ったとされる残虐性の高い犯行は、数多く記録に残っています。 ただ暴行を加えるだけでなく、家族や交際相手の目の前でターゲットをボコボコにしたり、バイクで跳ねたりするなど、暴力事件については枚挙にいとまがありません。 さらに、暴力をふるう相手は対立しているグループだけでなく家族にまで及び、母親に灯油をかけた上で直接火をつけようとするなど、信じられないような行為をしています。 事件後、逮捕された犯行グループのメンバーのうち数人は、被害に遭って死亡した男性を人違いで襲ってしまったとの供述をしています。 関東連合と対立している相手を襲ったつもりであったが、死亡した男性は全く別の人物だったとのことです。 事件発生当初は死亡した男性と関東連合に関係があったのではないかという憶測も飛び交いましたが、今では被害男性と関東連合には特に関係がないとされています。 この人違いは、関東連合と対立するグループの策略だったとも言われています。 関東連合のメンバーをだまして被害男性を襲撃させ、関東連合の主要メンバーを逮捕に追いやったというのです。 実際に関東連合は壊滅状態に追い詰められたので、もし本当に策略だったのだとしたら、完全なる成功と言えるでしょう。 六本木クラブ襲撃事件では、人違いによって一人の男性が殺害されてしまいましたが、この人違いの相手が木村兄弟の弟、木村孔次郎と言われています。 木村兄弟は長年にわたって関東連合と対立関係にありました。 長きにわたる対立の中でも、六本木クラブ襲撃事件に特に関係しているのが、2008年に関東連合メンバーであり見立真一と関係が深かった金村剛弘が、金属バットで複数人から殴られ殺害された事件です。 この事件に木村兄弟が関与していると考えられており、見立真一は木村兄弟に対して強い復讐心を持っていました。 復讐のために木村孔次郎を狙ったはずが、木村孔次郎とよく似た特徴を持っている被害男性を、誤って襲ってしまったということです。 木村兄弟の兄は別の罪で逮捕されており、木村孔次郎は現在、行方がわかっていません。 瓜田純士は中学生時代から名の知れた不良であり、傷害、脅迫などの罪で複数回の逮捕歴がある人物です。 瓜田純士は自分自身のことを、キング・オブ・アウトローであると公言し、不良時代や暴力団所属時代に得た情報や人脈などを活かして、現在は作家や格闘家として活動しています。 瓜田純士は中学生時代に杉並区で見立真一や石元太一と出会い、六本木クラブ襲撃事件の発生まで関東連合とのつながりがありました。 加えて、瓜田純士と木村兄弟は地元が同じ新宿であったために、木村兄弟ともつながりがありました。 関東連合と木村兄弟、両者の情報を活かして、瓜田純士は六本木クラブ襲撃事件も含めた関東連合に関する著書を過去に出版しています。 近年もニュースで報道されるような騒動を起こしましたが、新しい著書の発売、格闘技イベントへの参加など、活動を継続しています。

次の

見立真一は現在フィリピンにいる?関東連合との繋がりも追求してみた!

見立真一

残虐王子こと見立 真一• 関東連合総長、永福町卍黒帝会OB。 悪質な襲撃と徹底したヤキで有名• 90年代チーマー全盛期に暴走族・永福町ブラックエンペラーを復活させる。 昭和52年世代はチーマーがメインだったが、昭和53年の見立真一が復活させた『永福町ブラックエンペラー』が関東連合を仕切っていた。 従来の暴走族のように集会・集団暴走ではなく、威嚇行為・喧嘩・凌辱・抗争・拉致監禁・脅迫が活動の中心• 加藤氏の代が全員パクられて関東連合が解散になったのを復活させたのが、見立世代の永福町ブラックエンペラー。 「中卒のオレがラーメン大学に入っていいのかよ」ってのが見立の持ちネタ。 後輩は毎回「ギャハハ」と笑わないといけいない。 静岡から東京へ転校し、明るくて勉強も普通だったし頭は悪くなかった。 成績は中上。 父親はタクシーの運転手、三度の飯には困ってないが貧困家庭だった。 2つか3つ上の姉がいた。 姉は普通にいい人。 いつからか病んできて、猫を車の往来の激しい幹線道路に投げて殺したりナイフで切り刻んだり。 何かあったのかも。 それから不良の道に。 たしかに残虐で冷酷なのかもしれないが、一般人をいじめたりは全然なかった。 あくまで不良に対して残虐なのだと思う。 父親は、いまはどこかの法人役員でいい家に住んでる。 見立の援助との噂。 年下の中で数少ない尊敬する人間のひとり。 凄くいい男です。 くんの話で盛り上がりました。 六本木襲撃の主犯格 殺人容疑で公開手配。 「関東連合」元リーダー [ ] 東京・六本木のクラブで2012年9月、飲食店経営のさんが金属バットで武装した集団に殴られ殺害された事件で、警視庁麻布署捜査本部は2013年2月21日、主犯格で事件後に海外に逃亡した暴走族「関東連合」(解散)元リーダーの見立真一 33 を殺人容疑などで公開手配した。 顔写真付きのポスター1万2千枚を配布して情報提供を呼びかける。 見立は2012年11月2日、に入国したことが確認されており、現在も同国で潜伏を続けているとみられる。 情報提供は、麻布署捜査本部(電)03・3479・0110。 この地に、昨年の六本木襲撃事件の首謀者・見立真一(33)はいる。 昨年9月に六本木のクラブ「フラワー」で起きた飲食店経営者の藤本亮介さん(当時31)撲殺事件にかかわった疑いで逮捕された容疑者は18人。 事件直後の9月9日に中国経由でフィリピンに入国した見立は、5日後には韓国へ出国。 そして11月2日にインドネシアからフィリピンに再入国したのち、出国した形跡はない。 「当初、捜査当局はフィリピンへの逃亡を、場当たり的なものだと考えていました。 しかし、一度フィリピンに渡った見立が、第三国に出国後にわざわざフィリピンに戻ったということは、なにかここに留まるだけの特別な理由があると考えられます。 つまり、フィリピンに長期間の逃亡生活に耐えられるだけの備えがあった可能性が否定できない」 一部報道で、見立は偽造したパスポートを使ってフィリピンに入国したと伝えられたが、それは誤っている。 「関東連合のOBで、少年時代から互いのことをよく知るAという男とセブ島を訪れたそうです。 さらにAは事件以前にもフィリピンへの訪問歴が頻繁にあり、「事件直後にAもフィリピンに行っていて、見立の潜伏生活の手伝いをしている」という関東連合OBの証言もある。 「海外のホテルなどの資産を所有していて、金は潤沢に持っているはず」と関東連合OBは言う。 見立は逃亡先でも資金には困ってはいないとみられる。 その情報が確かであれば、このまま長期間の潜伏が可能になる。 逮捕はできるのか? 「見立が最後にフィリピンに入ったのは11月。 襲撃に関与したとされる石元太一はすでに逮捕されていました。 犯人グループたちの海外逃亡はすでに明らかになっていたわけですから、この時点で国際手配をしていれば、見立がフィリピンに再入国した際に、確実にフィリピンの警察当局に逮捕されていたはずなのです。 これは警察の重大な判断ミスです」 海老蔵「泣いて土下座」関東連合の元幹部が暴露!逃亡中の元リーダーどこへ… [ ] 東京・六本木のクラブ「フラワー」で2012年9月に発生した「六本木集団暴行死事件」。 主犯格の 見立真一は依然として海外逃亡中だ。 この事件の全貌を明らかにした告白本『いびつな絆-関東連合の真実』(宝島社)が出版された。 --なぜ今、この本を 「見立君と、先に自首した2人との間で深刻な対立が起きている。 見立君は罪を逃れるためにねじ曲げた供述をするよう仲間に求めている。 ありのままを語ろうとする2人にプレッシャーをかけ、その上、2人を支援しているというだけの私にまで『殺す』という脅しをかけてきた。 真実を話すのは今しかない、と思った」 --関東連合と決別するのか 「そうだ。 あの事件で内ゲバ状態になり、一線を置いてきたはずの暴力団とも深い関係を持つようになってきた。 今になって関東連合という組織のいびつさに気づいた。 少年時代から続いてきたしがらみをキッパリ断ち切りたい」 --事件の夜、一体何があった? 「目的は、関東連合と敵対していたグループの襲撃。 に西新宿で仲間のが殺された事件に関わったといわれている男で、長年探し続けた関東連合の宿敵だった。 そのグループのリーダー格である木村兄弟の弟がクラブに来ているとの情報を得て現場に向かったが、全くの人違いだった」 異常な結束力があり犯罪もいとわない「関東連合」は、から83年生まれで、少年時代に世田谷区、杉並区を中心に活動していた暴走族OBらの集合体を指す。 組織としての形はないが、OBらは成人しても仲間内のルールを重んじ、別の不良組織などと抗争を繰り返してきた。 その悪名は11月の海老蔵事件にOBが関わっていたことで一気に広がった。 元幹部は、「海老蔵はあの事件の前にも関東連合関係者とトラブルを起こして土下座させられている。 事件の日は、その場に居合わせた人から、『大げさに泣いて土下座していた』と聞いた」と話した。 --今後、事態はどう動くと思うか 「最後に見立君の支援者と連絡を取ったのが1月。 逃亡先のからは移動していないと思う。 ただ、あの人は異常に頭が切れる。 17歳で3段を取っては145以上。 一筋縄でいかないのは間違いない」 元幹部は、「仲間が間違えて人を殺めるという取り返しのつかないことをしてしまった。 被害者のご冥福を祈るとともに、事件の裁判が公正に行われることを切に願っている」と語った。 遂に身柄確保へ!? 関東連合・見立に警視庁が王手 [ ] 六本木のクラブ『フラワー』でさんが殺害された事件から、9か月が過ぎた。 事件を主導したと見られる見立真一の行方はいまだ掴めていない。 犯行後、フィリピンに高飛びして以来、行方が掴めなくなっている見立だが、捜査当局は、見立の周囲を締め付けることで出頭を促す作戦を続けていた。 捜査関係者が明かす。 「事件後、海外へ多くのメンバーが高飛びしたが、関東連合の後見人的な人物が見立らとコンタクトをとって帰国させた経緯がある。 Hという人物だ。 見立だけはHの呼びかけにも応じず、徹底抗戦を主張して逃亡を続けているが、それでも見立はHや、事件に関わらなかった関東連合メンバーと逃亡中にもコンタクトをとっており、資金援助を受けた形跡がある。 関東連合に近い関係者もこう証言する。 「出頭を巡って、だいぶ揉めたようです。 国内組で先に出頭したメンバーが2人いたのですが、彼らはもともと事件に消極的で、見立やHさんが出頭の段取りを決めている最中に連絡が取れないことが度々あったそうで、見立は『あいつら殺す』と息巻いていると聞きました。 そんなこともあり、メンバー内の関係はガタガタ。 一部の関東連合メンバーは見立に反発し、関東連合の暴露本を出版するなんて話も出ていて、今や見立に肩入れするほうが少ない」 警視庁からは圧をかけられ、かつての仲間の気持ちも離れつつある状況。 いびつな絆集団「関東連合」 [ ] 残虐王子こと見立 真一 「少年時代のつながりがゆがんだ形で温存された、大人になりきれなかった大人たち」 東京・六本木の集団暴行死事件で20~30代のOBら8人が逮捕された暴走族「関東連合」。 その特徴を一言で表すと、こうなるだろう。 昭和48年に東京都世田谷区や杉並区の暴走族の連合体として結成され、平成15年に解散。 OBらは元や俳優のさんなど、六本木周辺で発生した有名人をめぐる事件やトラブルで、たびたび登場してきた。 関東連合で一時期リーダーを務め、今回逮捕された石元太一 31 の著書『不良録』によると、メンバーは現役当時、金属バットなどで武装し、対立グループの襲撃を繰り返していたという。 1対1ではなく、集団で襲いかかり、時には相手を拉致して執拗に痛めつけ、精神的にも肉体的にも屈服させる。 逮捕されたOBらの多くは引退して既に10年以上の歳月が経過しているが、金属バットを使い集団で暴行するその手口は、少年時代と全く同じだ。 今回の襲撃を主導したとして逮捕状が出ている見立真一 33 は、引退後も現役時代の上下関係を保ち、暴走族時代からの対立グループと六本木周辺で抗争を継続してきた。 殺害された藤本さんは、対立グループのリーダーに似ていたために、人違いで襲われたとみられている。 芸能関係や飲食店経営などの自営業者が多く、振り込め詐欺などの違法行為に手を染める者もいる関東連合OBグループの根底には「仲間以外を容易に信じない」という排他性がある。 若者の世代論などを研究するサントリー文化財団上席フェローの佐藤友美子さんは、グループが属する昭和50年代生まれの世代について「中高生のころに携帯電話などが普及し、不特定多数の他人とかかわるプロセスを経ずに育った。 いわば『ロストプロセス世代』だ」と分析する。 ロストプロセス世代は地元意識が強く、友人との「仲間内の論理」を何よりも優先する一方、他人への関心が極端に薄いという。 仲間外れにされることを恐れ、人と違うことができず、「集団で同じことをする同質性」が特徴だ。 周囲から孤立するほどに、仲間との絆にすがり、先鋭化していった関東連合OBの姿は、まさにロストプロセス世代の典型だ。 「抗争を続けることこそ、仲間をつなぎとめる大事な要素なのだろう」。 佐藤さんは、こう続けた。 「『半グレ』なるものが暴力団に取って代わるという見方は、われわれはしていない。 一過性のものにすぎないのではないか」 警視庁幹部はこう語る。 「半グレ」は「半分グレている」の略語で、既存の暴力団ではないが暴力的な犯罪を行う集団を意味する。 六本木襲撃事件で逮捕された暴走族「関東連合」のOBグループに象徴される。 改正暴力団対策法や暴力団排除条例の影響で、暴力団が表だった活動を控える代わりに台頭してきたとの見方もあるが、OBには現役の暴力団員も少なくない。 ただ、既存の「組」への忠誠心は必ずしも強いとはいえず、場面ごとに堅気と暴力団の顔を使い分けている。 暴力団という既存の「悪」と、持ちつ持たれつの関係を保ちつつ、仲間の存在感を拡大させようとする意識にこそ、彼らの「闇」の深さがうかがえる。 そもそも関東連合のメンバーは、都内でも世田谷区や杉並区など比較的裕福な家庭が多く、教育熱心な地域で少年時代を過ごしている。 貧困や差別など、生い立ちを理由に暴力団に足を踏み入れる必然性は低い。 見立真一が統率するのは昭和50年代生まれが中心の50人程度。 多くが飲食業や不動産業などの正業を持つ。 彼らの上の世代が渋谷や六本木などでクラブを経営し、若者向けのイベントを企画。 遊び場をビジネスの場に変えた。 こうした手法を引き継いだ現在のグループには、芸能界とのパイプもある。 市川海老蔵さん暴行事件の現場に同席していた元リーダー、石元太一の著書『不良録』では、過去に対立グループとの抗争で一般男性を暴行死させた事件で、芸能関係者の車を使用したことを打ち明けている。 IT関連で富を築いた同世代の「ヒルズ族」も多く誕生。 関東連合OBらは夜の街で、こうした実業家らとも交友関係を築き上げ、凶暴性だけでなく人脈の面でも、ほかのグループと一線を画すようになった。 石元らが現役の暴走族だった平成10年前後は、全国的に少年事件が凶悪化したピークの時期と重なる。 警察庁によると、12年に殺人や傷害致死などの容疑で逮捕された少年は201人で、うち7割で暴走族などが関係していた。 警視庁は関東連合のOBグループの存在は把握しつつも、すでに暴走族としての実体がないため、組織としては事実上野放しにしてきた。 だが、海老蔵さん事件を機に本格的な実態解明に着手。 組織犯罪対策特別捜査隊に専従班を設けて、メンバー構成などの洗い出しを進めていた。 その結果、今回の襲撃事件でも実行犯の特定につながった。 「身元を確認しないまま集団で藤本亮介さんを殺害するなんて、普通じゃない。 少年時代を引きずったまま社会に野放しにされた彼らは、時代が生んだモンスターとしかいいようがない」。 警視庁関係者は、こうつぶやいた。 「近いうちに、メンバーをまとめて出頭させる」 正月気分がまだ抜けきらない2013年1月上旬、六本木襲撃事件を捜査する警視庁麻布署捜査本部に、暴走族「関東連合」と親しい弁護士からこんな連絡が入った。 言葉通りに10日、凶器準備集合容疑で逮捕状が出ていた男5人が、逃亡先の韓国から同じ便で羽田空港に到着。 元リーダーの石元太一ら国内にいた3人とともに、8人が逮捕された。 翌11日には、さらに国内の7人が出頭し、逮捕者は計15人に。 捜査幹部は「出頭の決断まで横並びとは。 間違った絆と結束力だ」とあきれる。 ただ、グループを統率していた主犯格の見立真一は、いまだにフィリピンに潜伏しているとされ、ほかの2人も行方をくらませたままだ。 「いくつかある関東連合のOBグループで最も過激なのが見立のグループだったが、これでカリスマ性も失われるだろう」捜査関係者はこう語る。 見立は石元の3学年上のリーダーで、集団で抗争相手を金属バットで襲う手口を確立。 後輩にも、ことあるごとにヤキ(制裁)を入れて恐怖心を植え付け、グループを束ねてきた。 石元は著書『不良録』の中で、現役時代の心理状態を「集団心理と同調圧力」「警察に捕まったときに、初めてゆっくり眠れた。 (中略)先輩からヤキを入れられることもない」などと表現している。 関係者によると、今回逮捕されたメンバーの中には「絶対に捕まる」と襲撃への参加を渋った者もいたが、この時点では見立による「同調圧力」の呪縛から抜け出せなかった。 捜査の焦点は今後、殺人容疑での立件に移るが、ハードルも高い。 凶器が刃物などに比べて殺傷能力が低い金属バットで、覆面をしたまま殴っているため、誰が致命傷を与えたかを特定するのが困難だからだ。 ただ、捜査関係者は「関東連合は、過去に何度も相手を金属バットで殴って死亡させている。 こうした事実を踏まえれば、『殺すつもりはなかった』では通らない」と力を込める。 襲撃事件のほかにも、石元らが関与する振り込め詐欺などの違法行為や暴力団員となった一部OBとのつながりなど、解明すべき「闇」は根深い。 警視庁は事件に絡み、六本木でクラブ経営などを手がけ、OBグループの礎を築いたとされるからも事情を聴くなど、グループの資金源についても追及の手を緩めない。 暴走族からは足を洗い、暴力団でもないことから、事実上野放し状態だった関東連合は、襲撃事件で警察を本気にさせてしまった。 「今のOBグループが、10年後に存続していることはない。 完全に悪事から足を洗うか、暴力団に吸収されるか。 二つに一つだ」警視庁幹部は断言した。 関東連合の元リーダー、六本木クラブ襲撃事件を語る 2016年12月 [ ] さん暴行事件などで悪名を轟かせた・関東連合の元リーダー氏が、に世間を震撼させた『六本木クラブ襲撃事件』の真相について語った。 この事件は、関東連合のメンバー10名ほどが金属バッドを片手に六本木のクラブを襲撃、敵対するグループのメンバーと間違え、なんら関係のない30代の男性客を金属バッドで殴り殺害してしまうという残虐なものだった。 事件当時、現場にはいなかったという柴田氏。 「僕は居酒屋で事件当時、普通に女の子と酒を飲んでましたね。 で、事件が起きた日に見立君と偶然会っちゃったんですよ。 」 事件当日、柴田氏が偶然会った「見立君」とは、この事件の主犯格とされる人物で、関東連合の力を巨大化させた元リーダー・見立真一だ。 見立は事件のあとへ逃亡したとみられており、現在、されている。 「後輩に言われて、敵対する相手らしき人物がいるって聞いて、行かざるをえなかったというか。 殴った相手は亡くなった方ではないですけど、殴るときに『あっ違うかも』って思ったけど、殴っちゃったらしいんですよ、でも、あの人がよくやることなんで。 関東連合の中でも最も暴力的とされ、敵対する組織だけではなく身内にまでも牙をむくことで、その恐怖により絶対的な権力を持つようになったという見立。 事件で追い込まれた怒りの矛先は、柴田氏へも向かったという。 「外の敵がいないと内に向いて、要するに子どもたちのいじめっ子の集団の延長なんですよね。 それを見立君が徹底的にやってたんで。 」 見立のフィリピン逃亡がきっかけとなり、関東連合は壊滅状態になったという。 柴田氏は著書『聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション』で、「という繁華街で、しかも公衆の面前で直接手を下したのだ。 僕はこの話を聞いた時点で、見立君の破滅を確信した」と綴っている。 かつて見立や柴田氏が率いた関東連合に、なぜ若者たちが吸い寄せられたのだろうか。 「みんな家庭環境はそこそこ良いです、ほとんどが普通に中流以上ですね」と語る柴田氏。 学校内で異端児扱いされたりすることをきっかけに、関東連合への道を歩み始めることが多いという。 高校にも首席で入学、成績はトップクラスだったという見立も「やっぱりその暴力的なところとかで異端児扱いされた」と柴田氏は話す。 「僕らの時に関東連合はなかったんです、僕の三歳ぐらい上の世代で途切れてたんですね。 で、それを復活させたみたいな。 それで見立君たちの中学校と喧嘩しながら仲良くなって、お互い刺激し合いながら、どんどん悪くなっていって。 やっぱり『より悪いことやった奴がすげー』みたいな、それでエスカレートしていくので。 普通、暴走族って暴走行為とかすることがメインだと思うんですけど、関東連合って、暴走族を潰すことが活動のメインなんで」と、暴走族を壊滅させることが関東連合の目的であり文化だったと振り返る柴田氏。 今、やり直したいと思うことはあるかと尋ねると、「やり直したいって誰でも思いません? 今のこの頭で、何年前でもいいんですけど、小学生ぐらいに戻れたら、違った道を選ぶんじゃないですか」と答えた。 柴田氏は著書の中でも、こう記している。 『1人では喧嘩もできない関東連合。 人数を集めなければ喧嘩ひとつできない関東連合。 僕はもはや関東連合が嫌いだ。 』 もしも自分の子供や10代の若者に『関東連合に入りたい』『そっちの方に行きたい』と言われたらどうするのか、との問いには「もし相談されたら、止めます」と答えた。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の