タピオカ 利益率。 タピオカドリンク店のフランチャイズ開業が人気な5つの理由!

タピオカの売上が10倍増! 日本のブームに沸く=台湾メディア|ニフティニュース

タピオカ 利益率

原価率が低い食べ物をまとめてみました。 どうも、 ファイナンシャルプランナーのシャチ公です。 私たちが生活するうえで欠かせない食事。 外食するにしても、お弁当を買って家で食べるにしても、つい考えてしまうのが「 原価率」です。 原価率が高いと得した気分になりますし、原価率が安いと損した気分になりますよね。 回転ずしや食べ放題などに行ったときに気にする人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 原価率の低い食べ物をまとめてみました。 なお、あくまで当ブログ調べであり、原価率は食材や店舗などによっても異なるため、一概に言えるものではないということを予めご了承の上、ご覧ください。 飲食店の原価率は3割が目安! 飲食店などの食品の原価率は、一般的に3割が目安と言われています。 30円で仕入れたものを100円で売るイメージですね。 そもそもが意外と低い!と驚く方もいるかもしれませんが、飲食店の場合はこのほかにも、 テナント代や人件費なども発生するため、3割が理想的な数値なのです。 これを大幅に超えるようだと、普通の飲食店なら経営が厳しくなります。 今回紹介していく「原価率の低い食べ物」はこの 3割よりも少ないものをピックアップして紹介したいと思います。 食事をする際の参考にするのはもちろんのこと、これから移動販売で起業しようと考えている人や、大学の文化祭の屋台で何をしようか考えている人も参考にしてみてくださいね。 商売をするうえで、 原価率というのはとても大切なポイントです。 原価率の低い食べ物まとめ 原価率の低い食べ物をまとめてみました。 お店によっても様々ですし、食材にこだわっているかどうかにもよりますので、ここでは あくまで一般的なものとして書いています。 一概に言えるものではありませんので、参考程度に留めてくださいね。 ・クレープ:原価率20~25% 原価率が低いものと聞いて、まず頭に浮かぶのはクレープではないでしょうか。 クレープは生地が薄いので、原価としてはフルーツや生クリームの方が高くなります。 大体の目安では、生地1枚あたり10円、フルーツやソースが60円前後で、クレープ1個当たりの 原価は70円前後といえます。 お店にもよりますが、 クレープの相場を 350円くらいと仮定すると、 原価率は2割前後ということになりますね。 ただクレープは、家で作るとなかなかお店のようにはいかないため、 お店でしか食べられないプレミア感もありますよね。 ・タピオカドリンク:原価率20%前後 クレープといえば原宿など若者の街を中心に人気ですが、同じく最近特に人気なのがタピオカです。 タピオカは、キャッサバと呼ばれるイモのでんぷんから作られた粒状のもので、これをミルクティーや牛乳などに入れたものがタピオカドリンクです。 タピオカは1kgで1000円くらいで入手できますので、 1杯分は30円くらいです。 ドリンクの方はそこまで原価がかからず、こちらも1杯30円程度で調達できますから、タピオカドリンク1杯の 原価は60円程度といえます。 タピオカドリンクの相場を 300円と仮定すると、 原価率は2割前後ということになります。 クレープよりも調理が簡単で、しかも原価率も低く抑えられるのが特徴です。 ・宅配ピザ:原価率20%前後 実は、宅配ピザも原価率が安いものの常連です。 最近よくピザ屋が「 お持ち帰りで2枚目無料」とかやっているのを見たことがありませんか。 あれは裏を返せば、 配達するコストは高いけど、取りに来てくれるなら原価は割らないよ、という意味になりますね。 つまり、食材自体に手を抜いている訳ではないけれど、高めの価格設定の中には宅配のコストが入っているのです。 その影響で、分母が大きくなり、原価率が低くなるという理論です。 原価率は2割程度で、 2000円のピザだったら、 400~500円程度の原価で作るイメージです。 ピザは小麦粉やチーズなど意外とコストのかかるもので出来ていますから、あんまり「原価が安い!」と言っちゃうとかわいそうですね。 ・フライドポテト:原価率20%前後 フライドポテトは原価率が低い!と言われたら、納得ですよね。 じゃがいもオンリーで出来ていますから、他にかかるのは油代くらいです。 たとえば、ポテトの定番マクドナルドのLサイズのものを想像していただくと、あれに使われているじゃがいもは、重さから考えて一般的なじゃがいものおよそ2~3個分です。 1個20~30円程度だと考えると、Lサイズの 原価は60~70円程度と考えられます。 Lサイズは 約300円ですから、 原価率は20%前後といえるでしょう。 ただ、マクドナルドほどの大企業ともなると、提携先からもっと安く仕入れている可能性は全然ありますw カラオケとかのポテトも割高な気がします。 高くてもつい食べたくなっちゃうフライドポテトの魔力はすごいですよねw ・かき氷:原価率10~15% 夏の屋台などでよく見かけるかき氷も、原価率の低い食べものトップクラスに入ります。 原価としてかかるのは、氷とシロップ代くらいです。 氷については、かなり良いところから仕入れていればそれなりに値段が上がりますが、お祭りなどに出ているものはそう高くなりません。 原価は30円程度で、これを 300円で売ると 原価率は10%ということになりますね。 ガリガリ君があの値段で利益を上げられているということを考えれば、原価率が低いことは容易に想像つくでしょう。 ただ、夏の暑い季節には食べたくなるのがかき氷。 お祭り効果や気温による効果は大きいですね。 ・わたあめ:原価率5%以下 クレープやタピオカをしのいで、原価率が低い食品トップに輝いたのが、お祭りの定番わたあめです。 誰もが「確かに」とうなずいてくれそうですね。 わたあめは、ざらめを溶かしながら割りばしに巻き付けて作ります。 材料は、 ざらめだけですから原価はものすごく安いんですね。 原価が10円のものを 300円で販売すれば、 原価率は3%にもなります。 最近では、原宿でカラフルなわたあめを確か700円くらいで売っているのを見かけましたが、あれはもう相当なインフレですw ただ、 わたあめについても家で作るのは難しいですし、お祭りや旅行先などのプレミア感があるので、値段が高くても買う人が多くいるわけですね。 お祭りや原宿系の食べ物が原価率が低いという結果に 今回紹介した6つの食べ物はみな、お祭りや原宿で売られているものばかりでしたね。 「家では食べられない」という特別感が、少し高くても買いたくなるポイントなのかもしれません。 また、最初に言った通り、原価率だけに注目するのもナンセンスです。 店側としてはそれ以外に人件費などがかかりますし、食品の場合には 「廃棄率」も関わってきます。 廃棄率とは、商品を準備していたけれど売れなかった場合に捨てなくてはならないロスの部分。 クレープ屋のフルーツやタピオカ屋の牛乳など、 賞味期限が過ぎると販売できない損失も経営上、考慮しなくてはなりません。 それから、原価率を気にして食事するのは正直どうなんでしょうね。 食事へ行くたびに、原価が…という人とは一緒に食事をしたくないものです(笑。 本人が「 その値段に納得して食べることができたらそれで良い」と思います。 今回は、一つの豆知識として原価率の低い食べ物について紹介しました。 周りにうるさく思われない程度に、教えてあげてくださいね。 当ブログでは、他にも お金にまつわる記事など、役立つ記事を多くアップしていますので良かったら合わせてご覧になっていってくださいね!.

次の

タピオカの単価ってだいたいいくらくらいですか?

タピオカ 利益率

そもそもタピオカって何!? タピオカは、キャッサバという芋のような植物のデンプンから作られているそうです! 原価は!? 引っ張ってもしょうがないのでいきなり結論から言いますね。 タピオカの原価はなんと、、 1杯約5〜15円!! プラスドリンク代が20,30円程 衝撃の安さですよね。 驚きました。 それだけで話が終わっても勿体無いので、次は 自分で作ったらどれくらいになるのかを調べていくことにします! タピオカミルクティーを実際に作ってみる タピオカの定番といえばミルクティー。 こちらの原価を掘り下げていきたいと思います! まずは、実際に販売されている価格や1本あたりの量をみていきましょう。 実際の販売価格 店舗数の多いタピオカ店のうち5店舗のタピオカミルクティーの価格を調べてみました!• 少し高いお店だと日本円で 570円ぐらいでということがわかりました!(2019年現在) 100円でタピオカミルクティーが飲めるとは驚きですね!! タピオカをこよなく愛している方は、台湾にタピオカ旅行に行くのもありかと思います。 タピオカの原価・まとめ いかがでしたか!? タピオカの原価は1杯あたり 5〜15円! プラスドリンク代が20,30円程度 作ると 1杯約160円という結果になりました!! とはいえ、お店にはお店のこだわりがあって味もお店によって全然違います。 こだわりのタピオカが飲みたい方はお店で買うのが1番ですね! このサイトを運営しているライチ・リョーです。 正社員、フリーター、ニートを経験。 以前は我慢の連続の毎日だった。 そんな中色々な葛藤や様々な経験を経て、自分の気持ちを大事にして生きることの大切さに気がついた管理人。 「もっとみんなに毎日楽しくいきて欲しい。 」「そして自分も毎日楽しくいきていきたい。 」そんな思いが強いです。 それぞれ自分にあったペースで生きていければそれがベストだと思うので、無理に「行動しろ!」系のことは言いません(言われるのも好きじゃないので... ゆるく力を抜いて生きていこうがモットー。 苦しい毎日が楽になるような記事。 つまらない毎日が楽しくなるような紹介記事。 そんな記事をベースにサイトを運営しています。 (自己紹介は、このサイトのトップページの自己紹介欄で、もっと詳しく紹介しています!).

次の

タピオカの儲けの秘密を調査 これを知ってもタピオカを飲みますか?

タピオカ 利益率

提供 「街中で並んでる行列、大体タピオカ」とまで言えるほどに、ブームになったタピオカ。 出店コストと原価率がともに低いため参入が容易で、利益が出しやすいことから、昨年からタピオカドリンクを提供する店も爆発的に増加した。 しかし、徐々にブームに落ち着きが感じられる今日この頃。 特に、遅れてタピオカ店を開店した店によっては成功しているわけでもないようだ。 今回はそんなブームにのっかりお店を出したものの、客足が思うように伸びず苦戦しているお店を取材した。 このお店は7月末に出店したばかり。 店舗選びには半年ほどの時間をかけたそうだ。 「近くには小学校から総合大学まで学校がたくさんあり、ターゲットとなる学生で大きな売り上げが見込めると考えていました。 ところが、最寄りの大学は3、4年生が中心のキャンパスで、タピオカに食いつくほど若くなかったんです。 また、近隣の中学校は買い食いが禁止されているみたいで……。 なにより、当店含め、同じ駅付近に4つもタピオカ屋さんがあるので、そちらに流れるお客さんを取り込めなかったのかもしれません」 Aさん曰く、当初の想定ほど現地のタピオカ需要が大きくなかったこと、競合によって客数が分散してしまっていることが伸び悩みの原因のようだ。 そして、気になる売り上げは? 「一日、大体40、50人ほどのお客さんが来ますので店舗での売り上げは多くて3万円ほど。 またUber Eatsでの配達もしていて、1日に1万5000円ほど売り上げているので、合計4万5000円くらいですね」 タピオカ屋は原価率の低さが強みなので、こう聞くと悪くない数字にも聞こえるが、ここに港区基準の家賃がかかり、さらに人件費まで引くとそれほど利益が出てないようだ。 ちなみに有名店だと一日で売れるタピオカドリンクは約200杯。 月200万円ほどの粗利になる。 今後の対策として、新メニューに挑戦するらしい。 「新たにフライドチキンや、流行りそうなチーズハットグなどを提供しようと考えています。 それをタピオカとセットで販売して、周囲と差別化できればなと。 うちにくるお客さんは学生さんのほかに、昼間のサラリーマンもいらっしゃるので、そうしたお客さんに刺さればいいなと思ってます」 タピオカを主軸としておきつつも今流行中のチーズハットグなどのサイドメニューを追加して、新たなお客さんの目を引こうとAさんは考えている。 最後に、これから世間のタピオカ熱が冷めていったときに、お店をどうするか伺った。 「もしホットスナックが当たれば店は続けていこうとは思いますが、早々にお店をたたむ可能性も考えています。 来年ここにお店がある保証はないですね……(苦笑)」 現地需要や競合店などの周辺状況を理解していないと、いくら原価率が低いタピオカ屋さんであろうと苦労してしまうようです。 年初にはぼろ儲けと呼ばれたタピオカ屋ですが、新規参入はよっぽどの需要がないと、厳しいかもしれない。 <取材・文/けんじる>.

次の