心 原 性 による 失神。 左心不全・右心不全を見分けるポイント【いまさら聞けない看護技術】

【心原性による失神】シンガーソングライター・まふまふが自宅で倒れているのをスタッフが発見。大丈夫なの?ファンから心配の声相次ぐ

心 原 性 による 失神

左心不全と右心不全の違いを理解し、患者の状態からどちらが起きているのかを見分けることができる 左心不全とは• 左心の機能低下により、左心の拍出量低下と、肺うっ血を来す病態である• 左心機能の低下、左心の拍出量低下が起こると、左心の拡張期終期圧(LVEDP)が上昇する• 左房圧(LAP)が上昇し、肺静脈圧が上昇する• 肺うっ血を起こす 左心不全でみられる症状• 進行すると安静時でも呼吸困難を引き起こす。 重症化すると意識障害や乏尿などの症状が見られ、心原性ショックへと移行する場合もある。 心拍出量低下によるもの• 動悸、易疲労性、四肢のチアノーゼ、冷感、低血圧、意識障害、乏尿など 肺うっ血によるもの• 労作時の呼吸困難から次第に安静時の呼吸困難へ• 右心の機能低下により、右心の拍出量低下と、体静脈うっ血を来す病態である• 右心機能の低下、右心の拍出量低下が起こると、右房圧(RAP)が上昇する• 中心静脈圧(CVP)が上昇し、全身の静脈圧が上昇する• 体静脈うっ血を起こす 右心不全でみられる症状• 右心不全が悪化すると左心不全の症状が乏しくなる場合があるため注意する• 右心系のみが原因の場合(右室梗塞など)、体静脈系のうっ血による症状のみとなる 体静脈うっ血によるもの• 右季肋部痛、頸静脈の怒張、食欲不振・悪心・嘔吐、腹部膨満感(腹水)・便秘、肝肥大、体重増加・浮腫など ケアのポイント• 肺うっ血が起こると、肺の毛細血管圧が上昇し、肺水腫となる(心原性肺水腫)• 左心不全による肺うっ血は肺高血圧を招き、やがて右心の拍出量が低下し、右心不全の経過をたどる(両心不全).

次の

心原性失神を見逃してはいけない|日経メディカル ワークス

心 原 性 による 失神

血管迷走神経性失神 : 長時間立ったままや座ったままの同じ姿勢で仕事をしたり、 痛み刺激を受けたり、不眠や肉体的疲労が長く続いたり、 精神的恐怖を体験することが誘因となって起こる 状況失神 : 日常のある特定の動作 排尿、排便、飲み込み、咳き込みなど の時に起こる 頸動脈洞症候群 : 衣服の着替えや重たい荷物の上げ下げで極端に首を回したり伸ばしたり、 またネクタイなどをきつく締めたりすることが誘因となって起こる このタイプの失神は発症に自律神経反射が深く関与しています。 自律神経は人間が生きていくために無意識のうちに心身の機能を調節する神経で、自律神経反射は自律神経によって起こる生体反応のことです 心臓を動かす、汗をかくなど。 自律神経には交感神経と副交感神経があります。 交感神経は、緊急時やストレス時にはたらき、心身を活発にする神経です。 血圧を上げたり、心拍数を上げたりするはたらきがあります。 副交感神経は、心身を休め回復させる、身体のメンテナンスを担う神経で、血圧を下げたり、心拍数を下げたり、消化管のはたらきを活発にするはたらきがあります。 通常は交感神経と副交感神経がバランスを保って心身の機能を調節しています。 神経調節性失神はさまざまな誘因で交感神経と副交感神経 迷走神経 のバランスが悪くなり、交感神経抑制と迷走神経緊張が起こることで血圧が低下したり、脈が遅くなったり、あるいは両者が起こって失神に至ります。 大多数が後遺症を残さない予後良好の疾患ですが、2~3年の間に3人に1人くらいの頻度で再発を認めます。 早期発見のポイント 早期発見のためには、失神は短時間で意識を回復し後遺症もないので、医療機関を受診しない方も多くいらっしゃいますが、まず前駆症状が出現したら前失神 失神に至らず、前駆症状のみの状態 でおさまった人も失神に至った人も、医療機関を受診して精密検査を受けることが重要です。 今後の適切な予防、治療を行うためには、どのような失神か知ることが必要です。 チルト試験とは、傾斜台に仰向けで安静にしたあと、傾斜台を起立させ受動的に立位状態を維持し、意識状態、血圧、心拍を観察する試験です。 多くの場合、失神症状の誘発、収縮期血圧の60~80mmhg未満への低下、安静時と比べて20~30mmhgの収縮期血圧低下をもって陽性とします。 失神を起こす原疾患にはほかに起立性低血圧、をはじめとする心疾患、脳血管障害がありますが、このなかで心疾患に伴う失神は突然死など生命にかかわるような重大な結果をもたらすことがありますので、特に早期の診断と適切な治療が求められます。 患者の頭部を左側へ向け、甲状軟骨 声帯を守るように覆っている軟骨 上縁の位置で拍動を最も触知する頸動脈を探すことで右頸動脈洞を特定し、右手指を2本使って、頸動脈を押すように5~10秒間しっかりと上下にマッサージを行う。 このマッサージを5~10秒間隔をあけて2~3回繰り返す。 予防の基礎知識 神経調節性失神と診断された患者さんに対しては、まず失神を起こさないための生活指導、増悪因子 症状を悪化させる要因 の是正が予防となります。 自律神経活動のアンバランスで起こる病態を理解してもらい、普段の日常生活では、以下に列挙するような取り組みやすい予防法から実践することが大切です。 ・特に夏場を中心として十分な水分をとり脱水を防ぐ ・長時間の立位・座位保持を途中でやめ、いったん姿勢を変える ・アルコールの多飲を避ける ・血管内の循環血液量を減らさないため極端な塩分摂取制限を行わない ・十分な睡眠をとり、規則正しい生活のリズムをつくる さらに、個人個人によって過去に失神を起こした状況に相違を認めますので、あらかじめ失神を起こした状況と同じ状況を避けることが特に重要です。 先に記載しました前駆症状を自覚した場合には、その場で速やかに寝た姿勢やしゃがみこむ姿勢に体位変換をする、足踏みや足を交差する、手を力いっぱい握りしめることなどいわゆる失神回避方法が効果的です。 下肢筋肉をはたらかさないことが大切で、1日1~2回毎日繰り返す。

次の

手稲渓仁会病院 循環器内科>一般の皆様へ>病気の説明>失神

心 原 性 による 失神

神経調節性失神• 血管迷走神経性失神:学校の朝礼で倒れる人がいるように、長時間同じ姿勢を維持した後に倒れるのが特徴です。 頸動脈洞過敏症候群:首をのばしたり、首にものを巻いたりして失神するのが特徴です。 状況失神:排便、排尿、嚥下、吹奏楽などによる失神 起立性低血圧 いわゆる立ちくらみです。 パーキンソン病などの中枢神経障害、糖尿病などの末梢神経障害、脊髄障害などさまざまです。 また、循環血液量の低下、急性出血に伴う貧血などでも起立時の失神を来たします。 循環器疾患による失神 一般にアダムス・ストークス発作と言われます。 命取りになることが多く、積極的な治療が必要になります。 徐脈性不整脈(洞機能不全症、房室ブロックなど)• 頻脈性不整脈(発作性上室性不整脈、心室頻拍、心室細動など)• 大動脈狭窄症などの弁膜症、肥大型心筋症、心臓腫瘍、大動脈解離、肺塞栓症、鎖骨窩動脈盗血症候群 神経疾患による失神• てんかん発作• 脳血管障害 問診・検査 外来でよく聞かれる質問は以下の通りであり、整理しておくとより正確に診断が可能になります。 性状:体位、立っている時の失神か、姿勢を変えた時の失神か。 経過:初めて失神したのはいつか。 これまで何回あったか。 どのくらい症状は続いたか。 悪化要因:失神に明らかな原因があったか。 運動、咳、排尿などの関係は。 付随する所見:失神の前・中・後に他の症状を認めたか。 けいれんを認めたか。 基礎疾患や内服薬剤の有無。 外来で行う検査としては心電図、運動負荷試験、24時間ホルター心電図、レントゲン、心エコー、加算平均心電図などがあります。 これらと正確な問診があれば80%の失神は診断に至ります。 しかし、失神時の記憶がなく、目撃者がいないなどの場合には問診が困難なこともあります。 これらに対しては時に入院して検査を行います。 入院をして行う検査としてはティルト検査(神経調節性失神を疑う場合、長時間の立位保持と薬剤負荷で失神の誘発試験を行います)、電気生理検査(不整脈を疑う場合に、カテーテル検査にて心臓にいろいろな電気刺激を加え、不整脈の誘発試験を行います。 検査は1、2時間で終わります)などがあります。 治療方法 心臓が原因の場合は致命的となる場合があるので、積極的に治療するのに対し、心臓外の例えば神経調節性失神などは有効な治療方法が少なく、予後も悪くないので、経過観察するものもあります。 それぞれみていくと: ペースメーカー埋め込み手術 徐脈性不整脈や重症な神経調節性失神に対し行います。 手術時間は1時間程度で当施設では年間100例程行っております。 体内式除細動器埋め込み術(ICD) 致死的不整脈である心室性不整脈を認めた場合に埋め込みます。 少し大き目のペースメーカーのようなものです。 手術時間は1、2時間程度です。 カテーテルアブレーション 頻脈性不整脈による失神の場合に、不整脈を根治的に治す方法になります。 原因不整脈により治療時間もさまざまですが1時間から数時間程度です。 内服治療 頻脈性不整脈や神経調節性失神に対し有効なことがありますが、薬剤治療の欠点は100%防げない可能性があることです。 ティルトトレーニング 神経調節性失神に対し失神を誘発し、慣れる方法です。 その他 失神の原因として珍しい肺塞栓症や鎖骨下動脈盗血症候群などは原疾患の治療に準じます。

次の