海老蔵 事件。 海老蔵事件の背景に女とクスリと暴力が絡む「似非セレブ」相関図(伊藤 博敏)

【市川海老蔵】あの事件の真相とは? 関東連合の元リーダーが暴露する驚きの内容!

海老蔵 事件

〔PHOTO〕gettyimages 昨年夏、テレビのワイドショー、週刊誌、夕刊紙、スポーツ紙を席巻したのが、酒井法子 のりピー 夫妻の覚せい剤事件と、押尾学の合成麻薬MDMAによるホステス死亡・遺棄事件だった。 この時、精緻な相関図が幾通りも出回り、「次の事件」を予感させた。 それほど芸能界と会員制クラブ、そしてクスリは密接にかかわっていた。 俳優、タレント、歌手、モデル、元暴走族、元チーマー、クラブ経営者、格闘家、警察官僚OB、ベンチャー経営者、政治家の二世、芸能プロダクション代表・・・。 相関図に登場する人物たちは、なぜツルむのか。 こう質問した時、元暴走族のクラブ経営者の答えは明確だった。 「価値観とライフスタイルが同じなんです。 みんな自分の能力と実力で生きており、そのことに自信を持っている。 女なら顔やスタイルや声は重要な売り物だし、男ならそこに頭脳や度胸が加わる。 彼らは、店を起こし、会社を立ち上げ、それなりのカネを持つ。 ある意味、成功者で、みんな"一般人"とは違うという特権意識があります。 時間とカネを自由に使える人間たちが、同じレベルの友人と、心地いい空間を求め、会員制クラブやクラブのVIPルームに集まり、深夜まで群れて遊ぶ。 そこにはいい女と酒がある。 そんな空間が、麻布、六本木、青山、渋谷あたりに存在するんです」 クラブ経営者は認めなかったが、その空間にクスリが介在することは、のりピー・押尾事件が象徴している。 私は、当時、そうしたセレブと勘違いした人間たちの様子を「『似非セレブ』相関図」として記事にしたことがあるが、今回の「海老蔵殴打事件」は、その構図のなかで生まれたものである。 事件があった西麻布のビルの会員制クラブは、上場したベンチャー企業経営者が出資、元Jリーガーが経営を委ねられていた。 一流の歌舞伎役者でも人間としては未熟な市川海老蔵は、「相関図」のなかで思いっ切り「似非セレブ」ぶりを発揮、いろんな店でトラブルを起こしていた。 クラブ経営者が嘆息する。 「華があるし、海老蔵が来るのはうれしい。 でも、とにかく酒癖が悪くて下品。 いい女なら、人が連れてきていても手を出すし、どんなに年上でもため口。 自分が強いので酒を強要、つぶして面白がる。 今回も、つぶしたあげく、髪の毛をつかんで『なんだだらしねぇな。 それでも男か! 』と、暴走族のリーダーに暴言を吐いたので、弟分が切れて、ボコボコにした」 「ボコる」にも限度がある。 陥没骨折のうえ、非常階段に血痕が何か所にも残るほどの重傷を負わせたのでは刑事事件である。 それは、無秩序の証明でもある。 銀座・赤坂といった昔ながらの「夜の繁華街」には、縄張りを持つ暴力団がいて、それなりに仕切っている。 終戦直後の「銀座警察」の"秩序"は健在だ。 だが、暴対法を始めとする警察当局の締め付けは、暴力団の勢力を弱めた。 また、暴力団組長が使用者責任を厳しく問われることになったために、暴走族など"予備軍"を安易にスカウトできなくなった。 構成員にするにも、頭のいい穏健派を選び、すぐ切れるような粗暴犯は必要としない。 のりピー事件、朝青龍事件、海老蔵事件に共通するのは、暴走族・関東連合のOBが絡んでいることだ。 これまであれば、暴力団が力で従わせる不良が、自立して思わぬ商才を発揮、暴力団に負けないぐらいの資力と人脈をかまえ、それに後輩を暴力装置にして存在感を増している。 同情の余地はなし 広域暴力団幹部のこんな"嘆き"を聞いたことがある。 「暴力団というだけで、一般人には手を出せない。 脅しはもちろん暴力もご法度。 でないと、組長以下、一蓮托生でパクられる。 それを知っている不良は、縄張りなど関係なしに商売を始め、トラブルになるとケンカを売ってきて、こっちが本気になると警察に駆け込む。 ホントにタチが悪い」 そうした連中が用意した空間で、海老蔵はよく遊び、事件のあった日ははしご酒。 事件化も無理はない。 「似非セレブ」相関図が問題なのは、そこにクスリが絡むことである。 「タマ」と呼ばれるMDMA、コカイン、覚せい剤などの薬物は、恐ろしいほどの勢いで「似非セレブ」の世界に広がっており、クスリは深夜、仲間たちが集まるパーティーやクラブVIPルームで使用されるという。 今回、不幸中の幸いは、現在までの情報では、クスリが介在していなかったことだろう。 それでも海老蔵の行状を伝えるマスコミは辛辣だ。 それも当然、梨園に生まれ、甘やかされて育ち、夜になると、危ないという自覚なく、"仲間"と信じて暴走族と遊び、そのあげく不良にケジメを取られた。 同情の余地はない。

次の

市川海老蔵の隠し子(17歳)の現在がヤバすぎる!日置明子とは今も会っている!

海老蔵 事件

〈相手に向かって金属バットをフルスイングし、意識を失うまで叩いたこともある。 血を吐き、気絶をしようが関係ない。 自分には負けは許されない。 終わりのない出口に向かって、自分の正義を貫き通してきた。 〉 凄惨で生々しい暴力シーンだが、これは空想の"アウトロー小説"ではなく、回顧録の一節だ。 著者は、石元太一氏。 その肩書きは、関東連合「千歳台ブラックエンペラー」第16代目総長。 あの騒動から約1年8カ月たった今夏、石元氏が『不良録』(双葉社刊=8月22日発売)と題した"自叙伝"を上梓。 その内容たるや、ヤクザだった父親の話に始まり、喧嘩に明け暮れた青春、少年院の中の様子、そして暴走族引退後の芸能人との交流までと、まさに実録・不良小説だ。 そこで本誌は、石元氏に独占インタビューを敢行。 出版の経緯を聞いた。 「この本で、自らの過去を"正当化"しようという気はさらさらない。 いうなれば、これはオレの"懺悔録"です。 オレがやってきたことを包み隠さず晒して、一度、底辺まで落ちようと思ったんです」 開口一番、こう話す石元氏。 「底辺まで落ちようと思った」という言葉に象徴されるように、暴走族時代の話は、同じ人間とは思えない狂気を感じさせる。 「いま思えば、関東連合にいた頃は異常な精神状態でしたね。 あの頃のオレは、相手がどうなるかなんて考えてもいませんでした」 良識のある人間からすれば、彼の過去の行ないは、糾弾すべき話だろう。 しかし、石元氏は世間からの非難を覚悟のうえで、いま何かを伝えようとしているのだ。 その一つが、同書にもある「海老蔵事件報道のウソ」だ。 「あの事件に関しては、収まった話を蒸し返して、本当の真実はどうだったかと告げ口のような真似をするつもりもない。 オレからいえるのは、酒の席でのトラブルがたまたま関東連合の人間と歌舞伎役者だっただけのことで、それ以上でもそれ以下でもないんです。 ただ、その後のマスコミ報道が事実とかけ離れていた点だけは正したい」 実際、当時のマスコミ報道やインターネットの書き込みは"誤報"だらけだった。 石元氏ではない人間の写真が、本人として掲載されたことも数知れず。 なかでも、とんでもないデマというのは、和解に関して、海老蔵サイドから1億円規模の多額の示談金が支払われたという噂だ。 こんな報道を聞けば、世間は"関東連合が海老蔵を脅迫した"と捉えるはず。 「断言しますが、オレが海老蔵さんサイドからおカネを貰ったという事実は一切ありません。 それどころか、オレや仲間の弁護士費用に何百万というカネがかかって、大赤字でした」 それ以外にも、いまだから語れる石元氏の海老蔵に対する"想い"も書かれており、読む人は"意外な事実"に驚くことだろう。 「海老蔵事件」だけではなく「関東連合」についても彼は、その正体を詳しく明かしてくれた。 「関東連合とは世田谷区と杉並区を拠点とした、暴走族の"連合組織"ですね。 オレがいた頃は、宮前愚連隊、用賀喧嘩会、千歳台ブラックエンペラー、鬼面党、小次郎の5つのグループが加入していました。 ただ、それでも現役メンバーは社会不在の人を除けば30人程度で、大所帯の暴走族ではないんですよ」 世間的には巨大な悪の組織というイメージを持たれているが、現実は規模も小さかった。 しかし、最強の暴走族であったのは事実。 「関東連合は、単車を乗り回して暴走行為を繰り広げる暴走族とは違う。 金属バットと包丁を片手に街をパトロールし、よその暴走族を発見したらすぐに"襲撃"するゲリラ部隊でした」 前掲書には、そんな襲撃の日々が生々しく描かれている。 たとえば、敵対する「全狂連(全日本狂走連盟)」との抗争シーン。 〈全狂連に怒りを感じたオレは、引退した身ながら、後輩たちとともに、パトロールを開始した。 すると偶然にも、目の前のワゴン車に全狂連の連中がビッシリ乗りこんでいるではないか。 車は何台も連なっており、全部で20~30人の敵がそこにいたと思う。

次の

11代目市川海老蔵暴行事件

海老蔵 事件

5月30日、沖縄の繁華街で起きた乱闘事件の様子 関東連合(現在は解散)の名を世に知らしめた事件といえば、2010年に起きた「市川海老蔵暴行事件」ではないだろうか。 西麻布のバーで、元関東連合リーダー・石元太一受刑者と海老蔵がトラブルとなり、石元の後輩だった伊藤リオン氏が海老蔵に大ケガを負わせたというものだ。 石元受刑者はその後、2012年9月に起きた六本木クラブ襲撃事件(六本木のクラブ「フラワー」に金属バットで武装した関東連合のメンバーらが乗り込み、店内で飲酒中の男性に対して、暴行を加え殺害した事件)の指揮役として逮捕・起訴され、懲役15年の有罪判決が確定している。 一方、海老蔵暴行事件で逮捕・起訴されたリオン氏は、1年4カ月の実刑判決を受け、服役することになる。 「関東連合が有名になったのは、こういった事件もそうですが、個々が持つ人脈。 それによってもたらされた経済力でしょう。 リオン氏は先輩のために身体を張り、服役することになった。 そのために出所してきたリオン氏には、シノギが用意されていたといいます。 そのシノギで成功したリオン氏は、都内で飲食店を経営するなど、着実に経済力をつけていったようです」(関東連合事情に詳しいジャーナリスト) 筆者の後輩にも、元関東連合のメンバーとの付き合いがあった者がおり、この後輩が上京した際などには、リオン氏が空港までヘリコプターで迎えにきたこともあったと聞かされた。 その際、後輩が「すごいですね」と驚き混じりで口にすると、リオン氏は軽い口調で「ノリですよ」と笑っていたという。 また、その時期、リオン氏はセカンドハウスとして都内にマンションを借りようとしていたようで、物件の資料を筆者も後輩伝いに目にしたが、敷金礼金だけを見ても、そこらの金持ちが気軽に借りれるようなマンションではなかった。 その後、リオン氏が業界関係者の間で話題となったのは、2014年。 仙台市に本拠を置く六代目山口組大同会系傘下団体から破門されたことではないだろうか。 その破門状はインターネットでも拡散され、市川海老蔵暴行事件の加害者が、ヤクザ組織に在籍していたことが知れ渡ったのである。 本来であれば、ヤクザ社会から処分されれば、その人物は市井の人となり、力を落としていく。 だが、強力な人脈と財力を築いていたリオン氏は、その力を落とすことはなかったようだ。 沖縄の地元ヤクザとの乱闘騒ぎで逮捕者も そして昨年、ある動画がYouTubeで配信、拡散され、またしても話題となるのである。 その動画とは、リオン氏らが沖縄県で地元の不良たちとトラブルになり、乱闘騒ぎになっている映像であった。 「その頃には、俗な言い方をすれば、グレーなビジネスで財を成した元関東連合の関係者らは、都内で派手に飲み歩くとサツ(警察)に目をつけられるということなどの理由から、ススキノ(札幌)や沖縄にまで行き派手に遊んでいたと耳にしたことがある。 現にススキノでは、関東方面からやってきている若者がなぜそんな大金を持っているのかと訝しみ、サツが内偵を入れ始めたなんて話もあった」(沖縄事情に詳しい関係者) そうした中で、沖縄では、リオン氏と地元勢との間で摩擦が生じ始めていったのではないかとこの関係者は話している。 そして、5月30日。 沖縄県最大の繁華街、那覇市松山で双方に逮捕者まで出す乱闘事件が起きてしまったのだ。 この事件では、クラブで呑んでいたリオン氏グループと地元組織の組員らがトラブルとなり、金属バットやスタンガンで相手を攻撃、最後には大勢の警察官が駆けつける中で、組員のひとりが牛刀まで抜く乱闘に発展し、繁華街は一時騒然とすることとなった。 「地元組織の関係者からすると、これまでのリオン氏らの態度が目に余るものがあったのではないか。 乱闘の際には、リオン氏サイドには、別組織の組員もいたことから、大きな騒動になるのではないかと危惧された。 それに、リオン氏自体が関東の武闘派組織に在籍しているなんて話もあった。 現にその組織が事件の翌日に沖縄に飛んだという噂も出た。 ただ聞くところでは、それはリオンが在籍していたからではなく、あくまで個人的な関係で彼の身を案じて、関東の組織の人間が動いたらしい」(他団体の幹部) この事件では、地元組織である旭琉會系組員らが逮捕され、牛刀を出して応戦したとして、リオン氏側からは別の武闘派組織の組員が逮捕されている。 ただ、関係者の話によれば、上層部による話し合いはすでに終わっており、組同士の抗争などに発展することはないはずだという。 関係する組織名がどこも超がつくほどの武闘派だっただけに、一時は関係者の間で緊張が走った今回の騒動。 どれだけヤクザに対する厳罰化が進んだとしても、血気盛んな組員たちの衝動を止めることは難しく、こうした乱闘事件は今後もいつ起きてもおかしくはないといえるだろう。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新小説『忘れな草』が発売中。

次の