馬券 クレジットカード。 JRA競馬の馬券購入はクレジットカードがお得!購入・投票・払い戻しもラクラク!

競馬でクレジットカードが使える!購入方法やお得な情報を紹介!

馬券 クレジットカード

今回は「こんなものでもクレジットカード払いできるのか!」と多くの方が驚くであろうものについて、箇条書き形式で紹介していこうかなと思います。 現金払いや銀行口座振替をできるかぎりクレジットカード払いに切り替えたい…と思っている方は、是非、参考にしてみてくださいね。 意外なものまで今や、カードで支払えますよ。 クレジットカード払いできる意外なものまとめ: 1.国民年金保険料: 国民年金保険料はクレジットカード払いでも支払いが可能です。 VISA、マスターカード、JCBといった主要カードが使えるので、国民年金保険加入者は是非、カード払いに支払いを切り替えてみてください。 また、1ヶ月ごとの支払いだけでなく、年払い、半年払いといった支払い方法にも対応済み。 クレジットカードを利用して2年払いなどの長期支払いを選択すれば、年金保険料の節約にも繋がりますよ。 2.上下水道料金: 電気代やガス代がクレジットカード払いできることは知っていても、上下水道料金までクレジットカード払いが出来ることを知っている方は少ない状況です。 ただこちらについては東京都や大阪市、横浜市といった大都市ではないとカード払いに対応してくれていないので、カード払いできるかどうかについては利用中の水道局公式サイトにて確認を! 残念ながら地方在住の方は支払えない可能性大ですが、どうしてもカードで払いたいのであれば市区町村に意見を寄せることで、自治体を動かしてもらえればと思います。 3.JRの乗車券: JRの乗車券もクレジットカード払い可能。 たとえ140円区間であってもカード決済で切符を購入することは出来ます。 みどりの窓口で普通乗車券をカード払いしたいと伝えるか、クレジットカード払いに対応した券売機をご利用ください()。 同様に電子マネー「Suica(スイカ)」への入金もクレジットカードで可能。 詳しくは下記記事にまとめてあるので、普段からSuicaを利用している方は是非参考にどうぞ。 4.ふるさと納税: 今、ブームになっているふるさと納税も、特定の地方自治達であればクレジットカード払いが可能。 ふるさとチョイスといった大手ふるさと納税サイトを見ると、だいたい半分くらいの自治体でカード払いを受け付けてくれている印象ですね。 下記の楽天ふるさと納税なら、すべての自治体でクレジットカード払いOKですし、楽天スーパーセール開催時などには10%以上のポイント獲得も夢ではありません。 ちなみに納税額が多い方は、ふるさと納税の自己負担金である2,000円をクレジットカード払いによる獲得ポイントで相殺してしまうことも可能。 下記記事で紹介している方法を利用すれば、納税額が少ない方でも元はとれますよ。 5.馬券: JRAダイレクトというサービスを利用すれば、クレジットカードで馬券の購入が可能になります。 カード払いで馬券を購入する…というのはちょっと危険も伴うのでおすすめはしませんが、どうしてもクレジットカードで馬券を買いたいんだという方は検討してみてください。 他、銀行口座と連動させ、中央競馬&地方競馬の勝馬投票券を買える即パットというサービスも存在。 預金残高以上に馬券を買ってしまいそうだ…という方はそちらをご利用ください(こちらであれば口座残高以上に馬券を買ってしまう危険性がないのでまだ安心)。 6.サッカーくじ: toto BIGなどのサッカーくじも、今ではクレジットカード払いで購入可能。 楽天カードやライフカードといったクレジットカードで対応しているので、普段から現金でサッカーくじを購入している方は切替を検討してみてください()。 ちなみにポイント倍増キャンペーン等もよく実施されていて、toto購入で5%分のポイントが貯まるキャンペーンなんてものも。 これらのキャンペーンを上手に活用すれば余分にサッカーくじを購入できるようになるので、当選確率アップも狙えます。 7.投資信託の購入: 一部証券会社では、投資信託の販売を提携クレジットカードで行っている場合があります。 有名なのは楽天証券における、楽天カード払い。 月額5万円まで…という上限金額が存在するものの、コツコツと投資信託を積み立てていけば年間6,000円分ものポイント獲得になる計算に。 毎月の積立額に応じてポイントが貯まる たとえば 毎月5万円積立すると・・・毎月500ポイント・1年で6,000ポイント・5年で30,000ポイント 投資のリターンにおいてこの1%は非常に重要なので、是非、投資信託はクレジットカード払いで買付するようにしてください。 投資信託の積立はクレジットカード払いがお得 それだけで資産が増えますよ。 8.生命保険や損害保険: 生命保険や損害保険、地震保険や自動車保険といった保険もカード払い可能なケースが増えてきています。 これ、新規に生命保険や損害保険に入る場合には、「あっ、クレジットカード払いできるのか」と気づくことも多いんですが、昔から加入しっぱなしな保険の場合には未だに銀行口座振替になっていることも…。 もし現時点で保険に加入されている方は、カード払いに対応しているかどうかをたまには公式サイトにてチェックしてみてください。 年間10万、20万といった金額を払っている方も多いと思うので、節約効果はかなり大きいと思いますね。 その他、カード払いできるもの: その他、カード払いが出来る意外なものとしては、新車や中古車の購入、競輪のKドリームス、固定資産税や都市計画税(一部自治体)、住民税や予定納税といったところでしょうか。 こまかく探せばまだまだありますが、とりあえず今回はこのくらいで終わりにしたいと思います。 以上、クレジットカード払いができる意外なものまとめ!公共料金や税金、馬券や宝くじの購入まで、カード払いができるのはカードでどうぞ…という話題でした。 参考リンク: クレジットカードでポイントを貯めたいなら、ポイントが貯まりやすい高還元率クレジットカードの取得がおすすめ。 従来のカードから切り替えるだけで、さらに多くのポイントが貯まるようになりますよ。 詳しくはお得なクレジットカードをまとめた下記記事を参考にどうぞ。 cardmics.

次の

JRAの「勝馬投票券(馬券)」ご購入でもJCB|クレジットカードなら、JCBカード

馬券 クレジットカード

JRA 日本中央競馬会 などのように大きな団体が運営する競馬ではクレジットカードで馬券を買うことができます。 では地方競馬ではクレジットカードを使って馬券が買えるのでしょうか。 地方競馬はクレジットカードが使える? インターネットの普及により、最近では競馬、競輪、競艇などの券がネットで買えるようになっています。 ネットが使えると支払いはクレジットカードでも精算できそうですが、地方競馬の馬券を買う際にもクレジットカードが使えるのでしょうか。 JRA 日本中央競馬会 が運営する競馬では、JRAダイレクトを通じて、クレジットカードで馬券が買うことができます。 しかし、 地方競馬では今のところクレジットカード払いによる馬券購入はできません。 この先も、当分、クレジットカードによる購入はできないと思われます。 競馬、競輪などもギャンブルの一種です。 世間では、「 ギャンブル依存症」が問題視されていて、日本では 300万人以上のギャンブル依存症が発症しているといわれています。 競馬も当然ギャンブル一種ですので、借入による馬券購入につながる、クレジットカードでの遊戯については制限がされています。 もちろんカード会社としても、クレジットカードの利用代金を回収できない場合、損害を被ることになるので、競馬でのクレジットカード使用については消極的です。 ですから、基本的に競馬の馬券購入は現金でしかできないようになっています。 JRA 日本中央競馬会 で使えるクレジットカード ただし、先ほどお伝えしたように、JRAではクレジットカードが使えます。 「 JRAダイレクト」といわれるもので、最初に登録が必要なものの、ネットでクレジットカードを使い馬券が買えるようになります。 これには、JRAが指定しているクレジットカードが必要になります。 使用可能なクレジットカード JCBカード、三井住友カード、UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、楽天カードが使え、各カード会社のインターネットサービスに登録可能なクレジットカードであることが条件です。 クレジットカードのインターネットサービスとは、三井住友カードのVpass(ブイパス)、JCBカードのMyJCB(マイジェーシービー)など、クレジットカード会社が運営しているウェブサービスです。 家族カードや法人カードなどではなければ、問題なく登録できるはずです。 また、JRAダイレクトは、携帯やスマホからの購入はできず、パソコンからのみの利用となっています。 クレジットカード購入の馬券は払い戻しに時間がかかる JRAダイレクトにクレジットカード登録し、馬券を購入できますが、当たった場合の払い戻しには少し時間がかかります。 週末にレースが多いものですよね。 週末のレースの払い戻しは 翌週月曜以降の振込みになります。 振込み先はクレジットカードが引き落とされる口座です。 銀行口座によっては翌週末近くになることもあるので、その点は理解していおいたほうが良いでしょう。 クレジットカードは使えないが地方競馬もネットで馬券が買える 地方競馬ではクレジットカードが使えないものの、ネットで馬券を購入することができます。 例えば 「オッズパーク」、 「即PAT そくぱっと 」「A-PAT えーぱっと 」などです。 指定の金融機関の口座を開設することで馬券購入が可能になります。 既に指定の口座を持っている人は簡単な手続きで、購入することができます。 楽天競馬でクレジットカードの利用はできるか? 楽天競馬をご存知でしょうか。 楽天競馬は楽天が運営するインターネット競馬サービスですが、以下のような特徴があります。 パソコンやスマホから投票できて、気軽に競馬が始められます。 レースの予想を公開したり、他の楽天競馬会員が公開している予想を参考にすることができます。 予想の分析結果をもとに、実際に投票することもできるから、初めての人でも安心です。 このように楽天競馬は初めての人でも、気軽に始められます。 最初に会員登録しますが、 全てのサービスが無料で利用できます。 ただ残念ながら 楽天競馬もクレジットカードで馬券は買えません。 楽天競馬を利用するには楽天銀行口座が必要ですが、楽天銀行の口座で馬券を購入したり、払い戻しします。 クレジットカードを使えないというところを除けば、JRAダイレクトの地方競馬版が楽天競馬と言えるかもしれません。 クレジットカードで地方競馬の馬券を買うには? 地方競馬の馬券購入は、現金のみの対応です。 残念ながらクレジットカードで買う方法は、公式にはありません。 基本的には現金でやるしかないので、現金を用意する必要があります。 しかし、 クレジットカードを使って現金を用意することは可能です。 クレジットカードにキャッシング枠の設定があれば、コンビニや銀行のATMからお金を引き出すことが可能です。 やり方は簡単で、ATMへクレジットカードを入れて「ご出金(借入)」を選択して、暗証番号と利用金額を入れるだけです。 もちろん、クレジットカードでの借入になりますので、カード会社への返済が必要になりますが、利用目的は自由ですので、競馬の馬券購入に当てることも可能です。 もし、キャッシング枠がない場合は、ショッピング枠を現金化することになります。 通常、ショッピング枠はATMやキャッシュディスペンサーで現金として引き出すことはできません。 ただし、クレジットカードによってはキャッシング枠の設定がなかったり、あっても金額が少なかったりします。 一方、ショッピング枠は利用できる金額も大きく設定されていることが普通です。 ショッピング枠の本来の目的は、買い物をするためのものですので、現金として引き出すことはできませんが、ショッピング枠の現金化サービスを利用することで現金にすることが可能です。 クレカを使って即日現金を調達する方法 クレジットカードのショッピング枠で現金を作ることもできます。 やり方は、現金化業者へ申込をして、指定商品をクレジットカードで購入するだけです。 30分くらいで現金を振り込んでもらえます。 仕組みは自分でやる現金化とさして変わりません。 業者にやってもらうと、 カード利用停止のリスクが軽減されるのと、 不安点を専門家に質問することが出来るのがメリットです。 もちろん 「在籍確認は不要」「給与明細も不要」ですし、そもそも借入れでは無いので総量規制は無関係。 収入がない 無職の人や、専業主婦でも利用できます。 返済はリボ払いや分割払いで、いつも通りクレジットカード会社へ返済するだけ。 闇金みたいに給料日に電話催促がくるなんてこともありません。 私がおすすめする現金化業者は「」です。 土日祝日も営業していてい 即日振り込み可能で、 最高換金率は98. 8%、ホームページにもちゃんと換金率表が掲載されています。 金額はカードにもよりますが、 私の楽天カードでは30万円まで行けました。 無料見積もりも出来るので、気になる方は是非から申込してみてください。

次の

クレジットカードで競馬の馬券を買って現金化?地方競馬は買える?

馬券 クレジットカード

ギャンブルでは、元手となるお金をクレジットカードで支払うことが出来ないようになっていますよね。 僕も、競馬、パチンコ、パチスロなど様々なギャンブルで遊んできましたが、いつもクレジットカードが使えれば便利なのにと思っていました。 競艇もやはり、 クレジットカードを使って舟券を購入することはできないのでしょうか。 クレジットカードの枠を使って競艇で勝負する方法がないか、僕なりに色々と調べてみましたので、ご紹介したいと思います。 競艇の舟券をクレジットカードで購入することは出来ない? 競艇などのギャンブルは、射幸性がありお金をつぎ込んでしまう人が多いため、クレジットカードなど借入になるような支払い方法が使えないようになっています。 近年ネットから購入できる「くじ」など、クレジットカードを使って購入できるものも出てきましたが、競艇ではいまだ クレジットカードを使って舟券の購入をすることはできません。 競艇もTELEBOATなどネットから舟券の購入をしたり、投票したりできるサイトが出来て、わざわざ競艇場へ行かなくても買えるようになりましたが、まだクレジットカードを使えるサイトはありません。 なぜ競艇ではクレジットカードが使えないのか 競艇場の売り場、券売機、TELEBOATなどネットでもクレジットカードを使って券を購入することはできません。 なぜ、競艇はクレジットカードの使用を禁止しているのでしょうか。 それは、 競艇のギャンブル依存が、問題になっているためです。 ギャンブル依存は、手持ちのお金を使い切っても、やりたい気持ちが抑えきれず、借金をしてまでギャンブルをやり続けてしまうような状態を指します。 このような状態で、クレジットカードが使えれば、ギャンブルにつぎ込んでしまい、最終的に返済できなくなるといったことが懸念されます。 このようなことを防ぐため、競艇ではクレジットカードを使うことができないようにしてあります。 これは、競艇だけの話でなく、競馬、競輪、オートレース、パチンコなどでも、同様に理由でクレジットカードを使って、直接購入することはできません。 それでもクレジットカードで競艇をするには? クレジットカードを使って競艇をすることはできませんが、 クレジットカードのショッピング枠を現金化して、競艇をすることができます。 ショッピング枠を現金化する方法はいくつかありますが、本来 カード会社はこのような現金化行為を禁止しています。 バレるとクレジットカードが利用停止される場合もありますので、注意が必要です。 クレジットカード現金化業者の利用方法 金券ショップなどを通じて金券を売却するなど、自分でやる方法もありますが、手間がかかるのとカード会社の監視が厳しくなっていてカード利用停止のリスクがあります。 一番、オーソドックスな方法は、 クレジットカードの現金化業者を利用する方法です。 利用の流れは、以下の通りです。 業者のサイトにある申込みフォームから必要事項を入力し送信します。 折り返し、業者から申し込み内容の確認と本人確認があります。 指示されたサイトで指定の商品をネットショッピングします。 そのキャッシュバックとして現金が受け取れます。 自分の銀行口座に振り込みしてもらいます。 競艇場へ行く場合は、ATMで現金を引き出します。 ネットでTELEBOATを使って競艇をやる場合は、入金してもらった口座をそのままTELEBOAT用に登録します。 クレジットカード現金化業者の利用は、スマホがあれば、 どこからでも手続きができて、現金が受け取れて、誰かに知られることもありません。 ただし、業者選びは慎重に行いましょう。 最近は、悪徳業者によるトラブルが増えています。 高額な手数料を請求してきたり、なかなかお金を振り込んでくれなかったり、カードが使えなくなってしまったりといったトラブルの事例も多発しています。 そのようなトラブルに巻き込まれないようにするためにも、クレジットカードを現金化するときには、悪徳業者に引っかからないようにしましょう。 ネットで競艇をやる場合 競艇をネットでやる場合、テレボートを利用します。 TELEBOAT(テレボート)とは? TELEBOAT(テレボート)とは、ボートレースの公式インターネット投票サービスを行っているサイトです。 テレボートではレースの情報を見たり、舟券を買ったり、レース結果を見たりすることができます。 登録すれば、会員専用サイトからオッズやレース情報、選手の状況など便利なコンテンツが利用できるようになります。 パソコンやスマホからいつでもどこでも簡単に競艇が楽しめます。 テレボートは24時間、土日の入金、投票日の入金もできるので、とても便利です。 しかも、当たった分はその日に出金できます。 テレボートの登録方法• まず、下記のテレボート指定の銀行口座を作りましょう。 持っている方はそのまま使えます。 ・ジャパンネット銀行 ・楽天銀行 ・三井住友銀行 ・住信SBIネット銀行 ・三菱UFJ銀行 ・りそな銀行 ・埼玉りそな銀行 ・福岡銀行 ・広島銀行 ・スルガ銀行 ・じぶん銀行 ・ゆうちょ銀行• 口座を開設したら、テレボートの会員登録申込みから、持っている口座の銀行を選択します。 必要事項を入力し、送信します。• 折り返し、入力したメールアドレスに「登録完了メール」が届きます。 8:30~17:00に申し込んだ場合、すぐに利用できますが、それ以外の時間帯に申込みした場合、いったん「事前受付完了メール」が届き、翌日以降に「登録完了メール」が届きます。• 登録完了メールに記載されている指示に従って完了させましょう。 口座がある方は5分程度で手続き完了です。 競馬の馬券をクレジットカードで購入する方法が知りたい方は「」をご覧ください。 クレカを使って即日現金を調達する方法 クレジットカードのショッピング枠で現金を作ることもできます。 やり方は、現金化業者へ申込をして、指定商品をクレジットカードで購入するだけです。 30分くらいで現金を振り込んでもらえます。 仕組みは自分でやる現金化とさして変わりません。 業者にやってもらうと、 カード利用停止のリスクが軽減されるのと、 不安点を専門家に質問することが出来るのがメリットです。 もちろん 「在籍確認は不要」「給与明細も不要」ですし、そもそも借入れでは無いので総量規制は無関係。 収入がない 無職の人や、専業主婦でも利用できます。 返済はリボ払いや分割払いで、いつも通りクレジットカード会社へ返済するだけ。 闇金みたいに給料日に電話催促がくるなんてこともありません。 私がおすすめする現金化業者は「」です。 土日祝日も営業していてい 即日振り込み可能で、 最高換金率は98. 8%、ホームページにもちゃんと換金率表が掲載されています。 金額はカードにもよりますが、 私の楽天カードでは30万円まで行けました。 無料見積もりも出来るので、気になる方は是非から申込してみてください。

次の