こ ちゃ に。 【公式】道後温泉 茶玻瑠

記念メダルの茶平工業

こ ちゃ に

この項目では、国家について説明しています。 その他の用法については「」をご覧ください。 国土は、、、、、に囲まれている。 通称 Tchad (チャド)。 公式の表記は Republic of Chad(リパブリック・オヴ・チャド)。 通称 Chad (チャド)。 の表記はチャド共和国、通称チャド。 国名の由来は、アフリカ大陸中央部の湖のにちなんでいる。 チャドは現地語で「大きな水域」という意味がある。 歴史 [ ] 独立前 [ ] 詳細は「」を参照 チャド地方に最初に成立した広域帝国は、9世紀頃にチャド湖北東部のカネム地方に建国されたである。 カネム王国はを基盤とする国家で、南方から入手したやなどを主に輸出していた。 11世紀にはを受け入れたが、14世紀に本拠地を奪われ、チャド湖南西岸のボルヌ地方に遷都した()。 しかし16世紀後半に王が現れてカネム地方を回復し、19世紀に至るまでチャド盆地の主導勢力であり続けた。 この2王国は連続性があるため、総称してと呼ばれる。 チャド湖沿岸地域を本拠としたカネム・ボルヌ帝国に対し、その西には17世紀以降ワダイ王国が、シャリ川中流域にはバギルミ王国が存在し、その他に幾つかの小王国が存在していた。 にはがこの地を占領し、の一部とした。 植民地時代にはフランス人によって落花生や綿花といった商品作物や、湿地帯で栽培するコメなどの作物が新たに持ち込まれた。 には自治政府が設立され、にの元で独立を達成した。 独立後 [ ] 1960年に独立後、トンバルバイは与党チャド進歩党によるを取り、他の政党を禁止して独裁体制を敷いた。 しかしトンバルバイは政権基盤のある南部のを重視したため、北部のイスラム教徒が反発し、1965年末には内戦が勃発した。 この反乱は北部のの領土問題を抱えるリビア政府が支援していた。 1975年にはがを起こしてトンバルバイ政権を打倒したものの、政府が人口の多い南部を重視する姿勢に変わりはなく、北部の反政府軍との対立は続いた。 ただ、反政府軍内でも派と派の対立が激化しており、1978年にはマルーム大統領はハブレ派との和解を行い政府内に取り込んだものの、1979年にはこの同盟は瓦解し、結局はハブレ派が首都を制圧して、マルームは亡命した。 首都を制圧したハブレはグクーニ派との北部連合政権を樹立した。 グクーニが大統領に就任したものの、翌1980年には対立が激化して戦闘が始まり、年末にはリビアの支援を得たグクーニ派が首都を制圧した。 しかしリビア軍はグクーニとの対立から1981年11月に撤退し、主戦力を失ったグクーニ政権は1982年6月に崩壊してハブレが首都を制圧した。 しかしグクーニ派は再度リビアの支援をとりつけ、1983年に北部に侵攻、以北の砂漠地帯を制圧した。 この対立は1986年末に起きた、いわゆる「」によってチャド側が大きく優位に立ち 、1988年には停戦が成立した。 デビ政権 [ ] 詳細は「 ()」を参照 ハブレ政権は内戦を終結させたものの、1990年にやはり北部出身ののクーデターによって崩壊した。 デビは政権を安定させると民政移管と複数政党制導入の意向を示し、2度の延期の後1996年に大統領選が行われてデビが当選した。 デビ政権は複数政党制を導入はしたものの、その政権運営は独裁的で、2004年5月には大統領の再選回数制限を撤廃する などさらに独裁的傾向を強めていった。 そうした中、2005年には東部で反政府軍が蜂起し、チャドは再び内戦に突入した。 2006年4月13日、反政府勢力(FUC)がから進発し、首都ンジャメナに侵攻()。 チャド・スーダン両政府間の関係は極度に悪化し、反政府勢力の首都侵攻にスーダン政府の支援があったと非難するチャド側に対し、スーダン側はへのチャド側の介入を非難した。 5月3日には和解協定が締結されたものの 、2008年1月28日、FUCを含む反政府勢力(UFDD)がスーダン国内の基地を進発し、2月2日には首都ンジャメナに侵攻した()。 一時は反政府軍が首都の大部分を制圧し、外国人の国外退避が行われたが 、3日には政府軍の反撃で首都の支配権を回復した。 5月11日にはスーダンとチャドが断交し 、6月にもチャド東部において反政府軍との激しい戦闘が起きた。 2010年2月にはチャド・スーダン間で和解が成立した。 内戦は鎮静化したものの、イスラム過激派組織のが近隣諸国で活動を活発化させるようになり、2015年2月にはチャド国内に初めて襲撃をかけ 、6月には首都ンジャメナで連続自爆テロが起き120人以上が死亡する など、治安が大きく悪化した。 政治 [ ] 詳細は「」および「」を参照 チャドはを取る立憲国家である。 現行の ()は、に発布されたものである。 チャドは(統治能力)の低さと政府の腐敗のひどさで知られており、2018年度のによる(CPI)は20. 0であり、140カ国中でワースト4位 136位)となっている。 元首 [ ] であるは、国民の直接選挙により選出される。 1996年憲法では任期は5年だったが、2018年憲法によって6年に延長された。 また、1996年憲法では2期までの再選制限が存在したが、2004年に撤廃された。 しかし2018年の新憲法によって再び再選制限が導入され、再選1回(連続2期)までと定められた。 行政 [ ] 1996年憲法ではは大統領により任命されることとなっていたが、2018年憲法によって廃止された。 立法 [ ] チャドの議会はで、188議席のが置かれている。 国民議会議員は国民の直接選挙で選出され、任期は4年である。 チャドは制度上はの民主主義国家である。 には現大統領率いるがあり、1990年以来の長期政権を維持している。 ただし、デビ政権では国際選挙監視団から不正選挙を何度も指摘されている。 このこともあって野党勢力は脆弱だが、比較的有力なものに、共和国連邦運動がある。 司法 [ ] 最高司法機関は ()である。 地方行政区分 [ ] 詳細は「」および「」を参照 チャドの国土面積128万4千 km 2は世界で21番目である。 よりやや小さく、より大きい。 国土の大部分をが占めており、特に中部は平坦な地形をしている。 ただし、北部にはがあり、ここの楯状火山の(標高3445 m)が最高標高地点である。 また、東部のスーダン国境付近にもやワダイ山地などの山地が広がる。 南部にはへ注ぐやその支流が流れる。 チャド湖は西端部に位置し、7千年前に33万 km 2 もあった巨大な湖の名残だが、1980年代から1990年代にかけてはによって極端に縮小し、湖の存続すら危ぶまれた。 その後1998年ごろから水位は回復に向かい、2003年以降はさらに回復傾向が強まった。 気候区分はほぼ緯度と対応しており、一般に北へ行くほど乾燥が酷くなる。 国土の北半分は年間降水量が200mmに達しない(BW であり、わずかなを除き植生はほとんど存在せず、広大なが広がっている。 中部は年間降水量が200mmから600mm程度 の(BS であり、乾燥した草原が広がる地帯となっている。 首都ンジャメナもこの地域に位置し、年間降水量は528mmとなっている。 南部は降水量が600mmから1500mm 程度の(Aw であり、湿潤草原と灌木からなるが広がる。 経済 [ ] 詳細は「」および「」を参照 チャドはの1つに数えられている。 2000年代まで長期に渡って続いた、政府の統治能力の低さや腐敗のひどさ、交通網の未整備などが主な原因であり、の発表するランキングでは2019年度は171位(ワースト7位)となった。 農業 [ ] チャド北部は乾燥地域であり、農業は中部および南部に限られている。 主に降水量の差によって、栽培作物は各地で異なっている。 農耕可能限界に近いサヘル地帯においては、乾燥に強いが主に栽培され、農耕よりも牧畜が中心となっている。 また、チャド湖の周辺においては氾濫原を利用した集約的な栽培が盛んである。 1980年代にチャド湖が急速に縮小すると、干上がった湖底に住民が定住するようになり、この地域では農業を中心に牧畜や漁業を組み合わせた開発が急速に進んで食料生産が増大した。 一方、南部のサバンナ地帯においてはが主に栽培される。 穀倉地帯となっているのは肥沃な土壌の広がるシャリ川およびロゴンヌ川の中流域であり、ここではソルガムを中心に、トウジンビエ、、さらに主に湿地帯を利用するなどが栽培されている。 南東部においてはとソルガムの栽培が主であり、それに落花生やトウジンビエが加わる。 2011年の輸出に占める割合は1. 一方北部では砂漠地帯では、ステップやサバンナではのが行われており 、2011年にはの輸出が6. それらから取れる食肉や皮革も輸出されている。 ただし、これらが沙漠化の進行に拍車をかけている側面もある。 また、シャリ・ロゴンヌ川流域の湿地帯農業を例外として、チャドの農耕の多くは天水農業であり、降水量の変化によってしばしば旱魃が引き起こされる。 石油・エネルギー産業 [ ] に南部のにあるから、大西洋に面したのまでの全長1070 km に達するパイプラインが完成した。 これによって、日量10万のの輸出が始まった。 参考までに2008年現在においてチャドの電力は、ほぼのみに頼っている。 また2011年には、チャドの輸出の86. このため原油価格が経済に直撃する構造となっており、2016年には経済成長率は-1. なお、ドバ油田から上がる収益は監視委員会によって管理されている。 この他、に鉱脈が発見されたものの、これを巡ってリビアと紛争が発生するなどしたこともあり、開発は遅れている。 交通 [ ] 国内には敷設されておらず、はほとんど未舗装であり、場所によっては雨季に使用できなくなる。 は、チャド湖とンジャメナの間は通年航行が可能であり、また雨季にはシャリ川でンジャメナからサール、ロゴーヌ川でムンドゥまでは航行が可能となる。 空港は首都にあるをはじめとして国内各地に存在する。 国民 [ ] 民族 [ ] 詳細は「 ()」を参照 住民はスーダン系のが大半を占めており、200近い民族に分かれている。 チャドの民族は、宗教によって北部・中部の(イスラム教徒)系の民族と、南部のや中心の民族に大きく分けられる。 チャドは南北の民族対立の激しい国家であるが、いわゆる「南部の民族」の居住する地域は地理的な南部よりもはるかに狭く、シャリ川以南の国土南西部に限られ、それ以外の地域は「北部の民族」の居住地域とされる。 最大民族は南部の農耕民である ()であり、人口の27. 南部の民族には他に ()などが属し、全人口の半分弱を占めている。 北部系の民族で最も大きなものは主に中部に住む牧畜民である ()などのアラブ系民族であり、人口の12. このほか北部の民族としては、サハラ砂漠に住む遊牧民の ()(ダザ人やテダ人が属する)や、東部に主に居住する、そのほかや、 ()、 ()などが存在する。 言語 [ ] とをとしている。 その他の言語として南部の ()に属するや、別系統の、北部の ()(Toubou)に属する ()や、チャド湖周辺のや中部の、、など120以上の言葉が使われている。 国土の大部分がの多数派地域であり、キリスト教徒は南西部に集住するが、この地域は雨量が多いため人口密度が高く、人口比としてはそれほどの差はない。 教育 [ ] 2009年時点での識字率は33. 治安 [ ] 2010年代後半、隣国のリビアや中央アフリカ、スーダンの紛争地帯からチャドへ銃が流入するようになり、治安が悪化している。 などの地方部では、しばしば死者を出す規模の武力衝突が起きている。 また2015年頃からはボコ・ハラムの襲撃がチャドでも起きるようになり、同年6月には首都ンジャメナで連続自爆テロが起き120人以上が死亡する などテロが散発的に発生するようになった。 その後もこうしたテロは継続しており、2019年6月にはボコ・ハラムの攻撃でチャド兵11人が死亡した。 一方で、内戦の続くリビア・スーダン 地方)・中央アフリカと比較するとチャドの情勢はまだしも安定しているため、これらの国々から多くのが押し寄せ、国境付近ので生活している。 2016年には、世界10位となる36万9500人の国外難民がチャド国内で生活していた。 2016年末には、中央アフリカからの70000人の難民がチャドに逃れてきていた。 文化 [ ] 伝統的な装束を纏った人々 祝祭日 日付 日本語表記 現地語表記 備考 国民デー 共和国の日 世界遺産 [ ] チャド国内にはのリストに登録されたが1件、複合遺産が1件存在する。 自然遺産であるはサハラ砂漠の中央部、北部のティベスティ山地西部からエネディ地方東部にかけて存在する湖沼群であり、2012年に登録された。 も同じくサハラ砂漠の中に存在し、2016年に世界遺産に登録されている。 国際関係 [ ] 外交 [ ] 北隣のリビアとは、国土北端のを巡って長く対立しており、1980年代にはリビアは当時のハブレ政権と対立するグクーニ派への支援を行い、派兵されたとチャド軍の間で軍事衝突が起こっていた。 1988年に停戦が成立した後、1994年にはの判決によってアオゾウ地帯はチャド領となり、が派遣されてリビア軍の撤退監視を行った。 東隣のスーダンとは、2003年頃からが激化した影響により、スーダンからチャドへの難民が流入しただけでなく、チャドの反政府勢力も活発化した。 これに関して、チャドはスーダンがチャドの反政府勢力を支援しているとの見解に達し、スーダンはチャドがスーダンの反政府勢力を支援しているとの見解に達したため、両国の関係が悪化した。 4月には、反政府軍から首都ンジャメナが攻撃を受ける事態となった。 イドリス・デビ大統領は攻撃を撃退し、翌5月の総選挙で勝利し再び国内の体制固めを行ったものの、1月には ()、が反政府勢力の影響下となり、翌2月には再び首都のンジャメナが攻撃に晒された。 その後、2010年2月に両国で和解が成立し関係は修復された。 南隣の中央アフリカには、デビ政権は介入を繰り返している。 2003年にはのクーデターを支援し、ボジゼ大統領との関係が悪化すると同国北部のイスラム教徒反政府勢力であるセレカと友好的な関係を築いた。 2013年にセレカが政権を奪取すると暫定大統領の軍事政権を支援したが、統治能力がないジョトディアが同国の治安を極度に悪化させると支援を打ち切り、2014年1月にジョトディアは辞任を余儀なくされることとなった。 しかしジョトディア政権が崩壊すると、その後ろ盾となっていたチャドへの不満が爆発し、中央アフリカから多くのチャド人が脱出し、のであるに参加していたチャド軍も撤退することとなった。 西隣のニジェール・ナイジェリア・カメルーンに対しては友好関係を築いており、2015年以降激化するボコ・ハラムのテロ活動に対してはこれら諸国での共同作戦をしばしば実施している。 なお、チャドは()の承認国だったが(1962年 - 1972年、1997年 - 2006年)、2006年8月に、アフリカにおいて積極的な外交を進めると復交した。 そのため、中華民国とは現在断交している。 北部の国民が中心であることもあり、1972年にとは断交していた。 しかし対策などからイスラエルに再接近し、2018年11月にデビがチャド指導者として初めてイスラエルを訪問した。 2019年1月にはイスラエル首相がンジャメナを訪れて国交回復で合意するとともに、軍事・安全保障協定を締結した。 日本との関係 [ ]• 在留日本人数 - 9人(2016年10月時点 )• 在日チャド人数 - 2人(2016年時点 ) 脚注 [ ] []• (東京都立図書館のサイト)• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 371、朝倉書店• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 372、朝倉書店• 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」 2005年、415ページ• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 372、朝倉書店• 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」 2005年、415ページ• 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」 2005年、504-505ページ• 「チャド基礎データ」日本国外務省 令和元年12月10日 2019年12月30日閲覧• 「<ダルフール和平交渉>チャド軍とスーダン軍が衝突、各国特使らが相次いで大統領と会談 - スーダン」AFPBB 2007年4月13日 2019年12月30日閲覧• 「チャドとスーダン、和解協定に署名 - サウジアラビア」AFPBB 2007年5月4日 2019年12月30日閲覧• 「チャド反政府勢力が首都ヌジャメナ制圧」AFPBB 2008年2月2日 2019年12月23日閲覧• 「チャド、首都での戦闘続く、外国人ら国外退避」AFPBB 2008年2月4日 2019年12月23日閲覧• 「チャド、国内全土に非常事態宣言を発令」AFPBB 2008年2月15日 2019年12月23日閲覧• 「スーダンがチャドと断交、ダルフール反政府勢力を支援と非難」AFPBB 2008年5月12日 2019年12月30日閲覧• 「チャド、反政府勢力が東部の町を奪取か 米国は大使館職員退去を開始」AFPBB 2008年6月17日 2019年12月23日閲覧• 「スーダン反政府勢力、停戦で暫定合意 ダルフール紛争」AFPBB 2010年2月22日 2019年12月30日閲覧• 「ボコ・ハラム、初めてチャド国内を攻撃 チャド軍が撃退」AFPBB 2015年2月14日 2019年12月30日閲覧• 「チャド首都で連続自爆攻撃、死傷者120人超 ボコ・ハラムか」AFPBB 2015年6月16日 2019年12月30日閲覧• 「チャド基礎データ」日本国外務省 令和元年12月10日 2019年12月31日閲覧• 「世界で最も腐敗している国 ワースト29」Will Martin Business Insider Japan 2018年10月18日 2019年12月31日閲覧• 「チャド基礎データ」日本国外務省 令和元年12月10日 2019年12月31日閲覧• 「チャド基礎データ」日本国外務省 令和元年12月10日 2019年12月31日閲覧• 『データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計』p. 291 二宮書店 2016年1月10日発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p216 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷• 「ニジェール 独立50年の全体像」p92-93 小倉信雄・久保環著 東京図書出版 2013年5月23日初版発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p291 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「Fragile States Index 2019」平和基金会 2019年4月10日 2019年12月31日閲覧• 「地図で見るアフリカハンドブック」p53 ジェロー・マグラン、アラン・デュブレッソン、オリヴィエ・ニノ著 鳥取絹子訳 原書房 2019年4月5日第1刷• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成28年1月10日発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成28年1月10日発行• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 374、朝倉書店• 『データブック オブ・ザ・ワールド 2012年版 世界各国要覧と最新統計』p. 292 二宮書店 2012年1月10日発行• 『データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計』p. 292 二宮書店 2016年1月10日発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「枯渇迫る石油」ナショナルジオグラフィック2004年6月号 2019年12月31日閲覧• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 370、朝倉書店• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 370、朝倉書店• 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p212 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p212 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行• 291 二宮書店 2012年1月10日発行• 2019年8月10日閲覧。 「チャド首都で連続自爆攻撃、死傷者120人超 ボコ・ハラムか」AFPBB 2015年6月16日 2019年12月30日閲覧• 「ボコ・ハラムの攻撃か、チャド兵11人死亡 チャド湖周辺」AFPBB 2019年6月24日 2019年12月30日閲覧• 「難民全体の6割近く、ヨルダンなど10か国で受け入れ アムネスティ」AFPBB 2016年10月4日 2019年12月30日閲覧• 「戦火に苦しむ中央アフリカ」p120 ナショナルジオグラフィック日本版2017年5月号• 「第40回ユネスコ世界遺産委員会について(概要)」p4 文化庁記念物課世界文化遺産室 2019年12月31日閲覧• 「スーダン反政府勢力、停戦で暫定合意 ダルフール紛争」AFPBB 2010年2月22日 2019年12月30日閲覧• 「論考:中央アフリカにおける国家の崩壊」武内進一 アフリカレポートNO. 52 2014年 2019年12月30日閲覧• 「ボコ・ハラムの攻撃か、チャド兵11人死亡 チャド湖周辺」AFPBB 2019年6月24日 2019年12月30日閲覧• 「チャド基礎データ」日本国外務省 令和元年12月10日 2019年12月31日閲覧• 『』朝刊2019年2月1日(国際面)2019年2月10日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 チャドに関連する および があります。 (日本語)• (英語)• に関連する地理データ -•

次の

Char

こ ちゃ に

この項目では、国家について説明しています。 その他の用法については「」をご覧ください。 国土は、、、、、に囲まれている。 通称 Tchad (チャド)。 公式の表記は Republic of Chad(リパブリック・オヴ・チャド)。 通称 Chad (チャド)。 の表記はチャド共和国、通称チャド。 国名の由来は、アフリカ大陸中央部の湖のにちなんでいる。 チャドは現地語で「大きな水域」という意味がある。 歴史 [ ] 独立前 [ ] 詳細は「」を参照 チャド地方に最初に成立した広域帝国は、9世紀頃にチャド湖北東部のカネム地方に建国されたである。 カネム王国はを基盤とする国家で、南方から入手したやなどを主に輸出していた。 11世紀にはを受け入れたが、14世紀に本拠地を奪われ、チャド湖南西岸のボルヌ地方に遷都した()。 しかし16世紀後半に王が現れてカネム地方を回復し、19世紀に至るまでチャド盆地の主導勢力であり続けた。 この2王国は連続性があるため、総称してと呼ばれる。 チャド湖沿岸地域を本拠としたカネム・ボルヌ帝国に対し、その西には17世紀以降ワダイ王国が、シャリ川中流域にはバギルミ王国が存在し、その他に幾つかの小王国が存在していた。 にはがこの地を占領し、の一部とした。 植民地時代にはフランス人によって落花生や綿花といった商品作物や、湿地帯で栽培するコメなどの作物が新たに持ち込まれた。 には自治政府が設立され、にの元で独立を達成した。 独立後 [ ] 1960年に独立後、トンバルバイは与党チャド進歩党によるを取り、他の政党を禁止して独裁体制を敷いた。 しかしトンバルバイは政権基盤のある南部のを重視したため、北部のイスラム教徒が反発し、1965年末には内戦が勃発した。 この反乱は北部のの領土問題を抱えるリビア政府が支援していた。 1975年にはがを起こしてトンバルバイ政権を打倒したものの、政府が人口の多い南部を重視する姿勢に変わりはなく、北部の反政府軍との対立は続いた。 ただ、反政府軍内でも派と派の対立が激化しており、1978年にはマルーム大統領はハブレ派との和解を行い政府内に取り込んだものの、1979年にはこの同盟は瓦解し、結局はハブレ派が首都を制圧して、マルームは亡命した。 首都を制圧したハブレはグクーニ派との北部連合政権を樹立した。 グクーニが大統領に就任したものの、翌1980年には対立が激化して戦闘が始まり、年末にはリビアの支援を得たグクーニ派が首都を制圧した。 しかしリビア軍はグクーニとの対立から1981年11月に撤退し、主戦力を失ったグクーニ政権は1982年6月に崩壊してハブレが首都を制圧した。 しかしグクーニ派は再度リビアの支援をとりつけ、1983年に北部に侵攻、以北の砂漠地帯を制圧した。 この対立は1986年末に起きた、いわゆる「」によってチャド側が大きく優位に立ち 、1988年には停戦が成立した。 デビ政権 [ ] 詳細は「 ()」を参照 ハブレ政権は内戦を終結させたものの、1990年にやはり北部出身ののクーデターによって崩壊した。 デビは政権を安定させると民政移管と複数政党制導入の意向を示し、2度の延期の後1996年に大統領選が行われてデビが当選した。 デビ政権は複数政党制を導入はしたものの、その政権運営は独裁的で、2004年5月には大統領の再選回数制限を撤廃する などさらに独裁的傾向を強めていった。 そうした中、2005年には東部で反政府軍が蜂起し、チャドは再び内戦に突入した。 2006年4月13日、反政府勢力(FUC)がから進発し、首都ンジャメナに侵攻()。 チャド・スーダン両政府間の関係は極度に悪化し、反政府勢力の首都侵攻にスーダン政府の支援があったと非難するチャド側に対し、スーダン側はへのチャド側の介入を非難した。 5月3日には和解協定が締結されたものの 、2008年1月28日、FUCを含む反政府勢力(UFDD)がスーダン国内の基地を進発し、2月2日には首都ンジャメナに侵攻した()。 一時は反政府軍が首都の大部分を制圧し、外国人の国外退避が行われたが 、3日には政府軍の反撃で首都の支配権を回復した。 5月11日にはスーダンとチャドが断交し 、6月にもチャド東部において反政府軍との激しい戦闘が起きた。 2010年2月にはチャド・スーダン間で和解が成立した。 内戦は鎮静化したものの、イスラム過激派組織のが近隣諸国で活動を活発化させるようになり、2015年2月にはチャド国内に初めて襲撃をかけ 、6月には首都ンジャメナで連続自爆テロが起き120人以上が死亡する など、治安が大きく悪化した。 政治 [ ] 詳細は「」および「」を参照 チャドはを取る立憲国家である。 現行の ()は、に発布されたものである。 チャドは(統治能力)の低さと政府の腐敗のひどさで知られており、2018年度のによる(CPI)は20. 0であり、140カ国中でワースト4位 136位)となっている。 元首 [ ] であるは、国民の直接選挙により選出される。 1996年憲法では任期は5年だったが、2018年憲法によって6年に延長された。 また、1996年憲法では2期までの再選制限が存在したが、2004年に撤廃された。 しかし2018年の新憲法によって再び再選制限が導入され、再選1回(連続2期)までと定められた。 行政 [ ] 1996年憲法ではは大統領により任命されることとなっていたが、2018年憲法によって廃止された。 立法 [ ] チャドの議会はで、188議席のが置かれている。 国民議会議員は国民の直接選挙で選出され、任期は4年である。 チャドは制度上はの民主主義国家である。 には現大統領率いるがあり、1990年以来の長期政権を維持している。 ただし、デビ政権では国際選挙監視団から不正選挙を何度も指摘されている。 このこともあって野党勢力は脆弱だが、比較的有力なものに、共和国連邦運動がある。 司法 [ ] 最高司法機関は ()である。 地方行政区分 [ ] 詳細は「」および「」を参照 チャドの国土面積128万4千 km 2は世界で21番目である。 よりやや小さく、より大きい。 国土の大部分をが占めており、特に中部は平坦な地形をしている。 ただし、北部にはがあり、ここの楯状火山の(標高3445 m)が最高標高地点である。 また、東部のスーダン国境付近にもやワダイ山地などの山地が広がる。 南部にはへ注ぐやその支流が流れる。 チャド湖は西端部に位置し、7千年前に33万 km 2 もあった巨大な湖の名残だが、1980年代から1990年代にかけてはによって極端に縮小し、湖の存続すら危ぶまれた。 その後1998年ごろから水位は回復に向かい、2003年以降はさらに回復傾向が強まった。 気候区分はほぼ緯度と対応しており、一般に北へ行くほど乾燥が酷くなる。 国土の北半分は年間降水量が200mmに達しない(BW であり、わずかなを除き植生はほとんど存在せず、広大なが広がっている。 中部は年間降水量が200mmから600mm程度 の(BS であり、乾燥した草原が広がる地帯となっている。 首都ンジャメナもこの地域に位置し、年間降水量は528mmとなっている。 南部は降水量が600mmから1500mm 程度の(Aw であり、湿潤草原と灌木からなるが広がる。 経済 [ ] 詳細は「」および「」を参照 チャドはの1つに数えられている。 2000年代まで長期に渡って続いた、政府の統治能力の低さや腐敗のひどさ、交通網の未整備などが主な原因であり、の発表するランキングでは2019年度は171位(ワースト7位)となった。 農業 [ ] チャド北部は乾燥地域であり、農業は中部および南部に限られている。 主に降水量の差によって、栽培作物は各地で異なっている。 農耕可能限界に近いサヘル地帯においては、乾燥に強いが主に栽培され、農耕よりも牧畜が中心となっている。 また、チャド湖の周辺においては氾濫原を利用した集約的な栽培が盛んである。 1980年代にチャド湖が急速に縮小すると、干上がった湖底に住民が定住するようになり、この地域では農業を中心に牧畜や漁業を組み合わせた開発が急速に進んで食料生産が増大した。 一方、南部のサバンナ地帯においてはが主に栽培される。 穀倉地帯となっているのは肥沃な土壌の広がるシャリ川およびロゴンヌ川の中流域であり、ここではソルガムを中心に、トウジンビエ、、さらに主に湿地帯を利用するなどが栽培されている。 南東部においてはとソルガムの栽培が主であり、それに落花生やトウジンビエが加わる。 2011年の輸出に占める割合は1. 一方北部では砂漠地帯では、ステップやサバンナではのが行われており 、2011年にはの輸出が6. それらから取れる食肉や皮革も輸出されている。 ただし、これらが沙漠化の進行に拍車をかけている側面もある。 また、シャリ・ロゴンヌ川流域の湿地帯農業を例外として、チャドの農耕の多くは天水農業であり、降水量の変化によってしばしば旱魃が引き起こされる。 石油・エネルギー産業 [ ] に南部のにあるから、大西洋に面したのまでの全長1070 km に達するパイプラインが完成した。 これによって、日量10万のの輸出が始まった。 参考までに2008年現在においてチャドの電力は、ほぼのみに頼っている。 また2011年には、チャドの輸出の86. このため原油価格が経済に直撃する構造となっており、2016年には経済成長率は-1. なお、ドバ油田から上がる収益は監視委員会によって管理されている。 この他、に鉱脈が発見されたものの、これを巡ってリビアと紛争が発生するなどしたこともあり、開発は遅れている。 交通 [ ] 国内には敷設されておらず、はほとんど未舗装であり、場所によっては雨季に使用できなくなる。 は、チャド湖とンジャメナの間は通年航行が可能であり、また雨季にはシャリ川でンジャメナからサール、ロゴーヌ川でムンドゥまでは航行が可能となる。 空港は首都にあるをはじめとして国内各地に存在する。 国民 [ ] 民族 [ ] 詳細は「 ()」を参照 住民はスーダン系のが大半を占めており、200近い民族に分かれている。 チャドの民族は、宗教によって北部・中部の(イスラム教徒)系の民族と、南部のや中心の民族に大きく分けられる。 チャドは南北の民族対立の激しい国家であるが、いわゆる「南部の民族」の居住する地域は地理的な南部よりもはるかに狭く、シャリ川以南の国土南西部に限られ、それ以外の地域は「北部の民族」の居住地域とされる。 最大民族は南部の農耕民である ()であり、人口の27. 南部の民族には他に ()などが属し、全人口の半分弱を占めている。 北部系の民族で最も大きなものは主に中部に住む牧畜民である ()などのアラブ系民族であり、人口の12. このほか北部の民族としては、サハラ砂漠に住む遊牧民の ()(ダザ人やテダ人が属する)や、東部に主に居住する、そのほかや、 ()、 ()などが存在する。 言語 [ ] とをとしている。 その他の言語として南部の ()に属するや、別系統の、北部の ()(Toubou)に属する ()や、チャド湖周辺のや中部の、、など120以上の言葉が使われている。 国土の大部分がの多数派地域であり、キリスト教徒は南西部に集住するが、この地域は雨量が多いため人口密度が高く、人口比としてはそれほどの差はない。 教育 [ ] 2009年時点での識字率は33. 治安 [ ] 2010年代後半、隣国のリビアや中央アフリカ、スーダンの紛争地帯からチャドへ銃が流入するようになり、治安が悪化している。 などの地方部では、しばしば死者を出す規模の武力衝突が起きている。 また2015年頃からはボコ・ハラムの襲撃がチャドでも起きるようになり、同年6月には首都ンジャメナで連続自爆テロが起き120人以上が死亡する などテロが散発的に発生するようになった。 その後もこうしたテロは継続しており、2019年6月にはボコ・ハラムの攻撃でチャド兵11人が死亡した。 一方で、内戦の続くリビア・スーダン 地方)・中央アフリカと比較するとチャドの情勢はまだしも安定しているため、これらの国々から多くのが押し寄せ、国境付近ので生活している。 2016年には、世界10位となる36万9500人の国外難民がチャド国内で生活していた。 2016年末には、中央アフリカからの70000人の難民がチャドに逃れてきていた。 文化 [ ] 伝統的な装束を纏った人々 祝祭日 日付 日本語表記 現地語表記 備考 国民デー 共和国の日 世界遺産 [ ] チャド国内にはのリストに登録されたが1件、複合遺産が1件存在する。 自然遺産であるはサハラ砂漠の中央部、北部のティベスティ山地西部からエネディ地方東部にかけて存在する湖沼群であり、2012年に登録された。 も同じくサハラ砂漠の中に存在し、2016年に世界遺産に登録されている。 国際関係 [ ] 外交 [ ] 北隣のリビアとは、国土北端のを巡って長く対立しており、1980年代にはリビアは当時のハブレ政権と対立するグクーニ派への支援を行い、派兵されたとチャド軍の間で軍事衝突が起こっていた。 1988年に停戦が成立した後、1994年にはの判決によってアオゾウ地帯はチャド領となり、が派遣されてリビア軍の撤退監視を行った。 東隣のスーダンとは、2003年頃からが激化した影響により、スーダンからチャドへの難民が流入しただけでなく、チャドの反政府勢力も活発化した。 これに関して、チャドはスーダンがチャドの反政府勢力を支援しているとの見解に達し、スーダンはチャドがスーダンの反政府勢力を支援しているとの見解に達したため、両国の関係が悪化した。 4月には、反政府軍から首都ンジャメナが攻撃を受ける事態となった。 イドリス・デビ大統領は攻撃を撃退し、翌5月の総選挙で勝利し再び国内の体制固めを行ったものの、1月には ()、が反政府勢力の影響下となり、翌2月には再び首都のンジャメナが攻撃に晒された。 その後、2010年2月に両国で和解が成立し関係は修復された。 南隣の中央アフリカには、デビ政権は介入を繰り返している。 2003年にはのクーデターを支援し、ボジゼ大統領との関係が悪化すると同国北部のイスラム教徒反政府勢力であるセレカと友好的な関係を築いた。 2013年にセレカが政権を奪取すると暫定大統領の軍事政権を支援したが、統治能力がないジョトディアが同国の治安を極度に悪化させると支援を打ち切り、2014年1月にジョトディアは辞任を余儀なくされることとなった。 しかしジョトディア政権が崩壊すると、その後ろ盾となっていたチャドへの不満が爆発し、中央アフリカから多くのチャド人が脱出し、のであるに参加していたチャド軍も撤退することとなった。 西隣のニジェール・ナイジェリア・カメルーンに対しては友好関係を築いており、2015年以降激化するボコ・ハラムのテロ活動に対してはこれら諸国での共同作戦をしばしば実施している。 なお、チャドは()の承認国だったが(1962年 - 1972年、1997年 - 2006年)、2006年8月に、アフリカにおいて積極的な外交を進めると復交した。 そのため、中華民国とは現在断交している。 北部の国民が中心であることもあり、1972年にとは断交していた。 しかし対策などからイスラエルに再接近し、2018年11月にデビがチャド指導者として初めてイスラエルを訪問した。 2019年1月にはイスラエル首相がンジャメナを訪れて国交回復で合意するとともに、軍事・安全保障協定を締結した。 日本との関係 [ ]• 在留日本人数 - 9人(2016年10月時点 )• 在日チャド人数 - 2人(2016年時点 ) 脚注 [ ] []• (東京都立図書館のサイト)• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 371、朝倉書店• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 372、朝倉書店• 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」 2005年、415ページ• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 372、朝倉書店• 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」 2005年、415ページ• 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」 2005年、504-505ページ• 「チャド基礎データ」日本国外務省 令和元年12月10日 2019年12月30日閲覧• 「<ダルフール和平交渉>チャド軍とスーダン軍が衝突、各国特使らが相次いで大統領と会談 - スーダン」AFPBB 2007年4月13日 2019年12月30日閲覧• 「チャドとスーダン、和解協定に署名 - サウジアラビア」AFPBB 2007年5月4日 2019年12月30日閲覧• 「チャド反政府勢力が首都ヌジャメナ制圧」AFPBB 2008年2月2日 2019年12月23日閲覧• 「チャド、首都での戦闘続く、外国人ら国外退避」AFPBB 2008年2月4日 2019年12月23日閲覧• 「チャド、国内全土に非常事態宣言を発令」AFPBB 2008年2月15日 2019年12月23日閲覧• 「スーダンがチャドと断交、ダルフール反政府勢力を支援と非難」AFPBB 2008年5月12日 2019年12月30日閲覧• 「チャド、反政府勢力が東部の町を奪取か 米国は大使館職員退去を開始」AFPBB 2008年6月17日 2019年12月23日閲覧• 「スーダン反政府勢力、停戦で暫定合意 ダルフール紛争」AFPBB 2010年2月22日 2019年12月30日閲覧• 「ボコ・ハラム、初めてチャド国内を攻撃 チャド軍が撃退」AFPBB 2015年2月14日 2019年12月30日閲覧• 「チャド首都で連続自爆攻撃、死傷者120人超 ボコ・ハラムか」AFPBB 2015年6月16日 2019年12月30日閲覧• 「チャド基礎データ」日本国外務省 令和元年12月10日 2019年12月31日閲覧• 「世界で最も腐敗している国 ワースト29」Will Martin Business Insider Japan 2018年10月18日 2019年12月31日閲覧• 「チャド基礎データ」日本国外務省 令和元年12月10日 2019年12月31日閲覧• 「チャド基礎データ」日本国外務省 令和元年12月10日 2019年12月31日閲覧• 『データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計』p. 291 二宮書店 2016年1月10日発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p216 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷• 「ニジェール 独立50年の全体像」p92-93 小倉信雄・久保環著 東京図書出版 2013年5月23日初版発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p291 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「Fragile States Index 2019」平和基金会 2019年4月10日 2019年12月31日閲覧• 「地図で見るアフリカハンドブック」p53 ジェロー・マグラン、アラン・デュブレッソン、オリヴィエ・ニノ著 鳥取絹子訳 原書房 2019年4月5日第1刷• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成28年1月10日発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p293 二宮書店 平成28年1月10日発行• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 374、朝倉書店• 『データブック オブ・ザ・ワールド 2012年版 世界各国要覧と最新統計』p. 292 二宮書店 2012年1月10日発行• 『データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計』p. 292 二宮書店 2016年1月10日発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「枯渇迫る石油」ナショナルジオグラフィック2004年6月号 2019年12月31日閲覧• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 370、朝倉書店• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 370、朝倉書店• 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p212 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p212 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p292 二宮書店 平成30年1月10日発行• 291 二宮書店 2012年1月10日発行• 2019年8月10日閲覧。 「チャド首都で連続自爆攻撃、死傷者120人超 ボコ・ハラムか」AFPBB 2015年6月16日 2019年12月30日閲覧• 「ボコ・ハラムの攻撃か、チャド兵11人死亡 チャド湖周辺」AFPBB 2019年6月24日 2019年12月30日閲覧• 「難民全体の6割近く、ヨルダンなど10か国で受け入れ アムネスティ」AFPBB 2016年10月4日 2019年12月30日閲覧• 「戦火に苦しむ中央アフリカ」p120 ナショナルジオグラフィック日本版2017年5月号• 「第40回ユネスコ世界遺産委員会について(概要)」p4 文化庁記念物課世界文化遺産室 2019年12月31日閲覧• 「スーダン反政府勢力、停戦で暫定合意 ダルフール紛争」AFPBB 2010年2月22日 2019年12月30日閲覧• 「論考:中央アフリカにおける国家の崩壊」武内進一 アフリカレポートNO. 52 2014年 2019年12月30日閲覧• 「ボコ・ハラムの攻撃か、チャド兵11人死亡 チャド湖周辺」AFPBB 2019年6月24日 2019年12月30日閲覧• 「チャド基礎データ」日本国外務省 令和元年12月10日 2019年12月31日閲覧• 『』朝刊2019年2月1日(国際面)2019年2月10日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 チャドに関連する および があります。 (日本語)• (英語)• に関連する地理データ -•

次の

ぜったいに おしちゃダメ?

こ ちゃ に

来歴 [ ] ・の開業医を母に持つ。 7歳()でを習い始め、兄の影響から8歳()でを手にする。 ピアノは、本人曰く18歳まで継続し、将来、に行きたかったとのこと。 や、、、などから影響を受ける。 日々、ピアノよりもギターに没頭するのを心配した父親が、Charの部屋に入って「お前は将来何になりたいんだ」と問い詰めたところ、Charは「これ」と、壁に貼ってあるのを指差した。 アマチュア時代 [ ] 11歳 ~ 13歳( - )に同級生のらと『FOX』結成。 、、等をレパートリーとしていた。 14歳 ~(1969年)『JAH(ヤッハ)』結成。 3人のバンドで、メンバーの名前の頭文字から命名。 ヤードバーズ、クリーム等をレパートリーとしバンド・コンテスト等にも出場。 この時、早くもプロ・デビューの話を持ちかけられるが、『生ギターでフォークみたいのやらない?』という条件に断る。 16歳()『GAS MASK』結成。 ヤマハ・ライトミュージックコンテストに出場しオリジナル曲を演奏。 地区ブロックで2位を受賞する。 オリジナル曲以外は、等をレパートリーとしていた。 1971年(中学3年生 ~ 高校1年生)に、としての初仕事をこなす。 レコーディング内容は、ギター奏法教材「ロック完全マスター」という譜面集と併売されるカセットテープのデモ演奏として、などの曲を収めるためだった。 当時のスタジオミュージシャンはジャズ系スタイルの人が多く、ロック系ギタリストは少数だったため、練習していたスタジオで知り合ったスタジオ・ミュージシャンからの依頼だったそうである。 その時のエピソードとして、その当時の録音エンジニア達は~ロック・エレキギターの『』『』を認識しておらず、戸惑ったと自身が回想している。 17歳()『Shock』結成。 別バンド『Bad Scene』のデビュー曲のレコーディングにも依頼され、並行して同バンドにも参加。 『Shock』でもプロ・デビューの話が出たが、レコーディング中にメンバーの音楽的指向性の食い違いから途中で解散してしまう。 、を結成。 『Shock』『Bad Scene』にてでライブをしていた頃、も別のバンドで同じステージに立っていた。 ある日、街中で出会い連絡先を交換。 『Bad Scene』も解散してしまい、『Bad Scene』のベーシスト、『Shock』の・と共に新たなバンドの構想中、から『バックコーラスでもいいから参加したい』との電話を受けて迎え入れた。 同年8月にはで合宿をし本格的な活動準備に入る。 同時期、エレックレコードの若手レコーディングエンジニアから『どうしてもバンドの音を残したい』と依頼され、夜中にスタジオに入り、朝方にデモ・テープは完成。 後日、そのテープを金子、鳴瀬の2人が各音楽関係会社に持ち込む。 当時、以外は高校生だったが、その圧倒的な演奏力やステージングがプロミュージシャンや音楽メディアの間でも話題となり、の耳にも入る。 当時、Char本人がチケットを購入して見に行く予定だった、とも言われていた内田裕也プロデュース・イベント第2回「フラッシュ・コンサート」(於:)においてが出演予定だった、だが、同バンドは海外公演決定のためキャンセル。 その空いた時間にスモーキー・メディスンは抜擢された。 1974年5月号のニュー・ミュージック・マガジン誌では、アマチュア・バンドにも関わらず「期待の新グループ、スモーキー・メディスン」として数ページに渡り写真と内田裕也のコメントを掲載。 共にその演奏力、新鮮さを好評価されていた。 以降は様々なロックイベントに出演した。 当時日本最大のロックフェスティバルと呼ばれたにも出演が決まっていたが、その直前に解散してしまった。 解散理由は音楽的指向性の他にも諸説いわれている。 プロデビュー後 [ ] 『NAVY BLUE』でソロ・デビュー、にアルバム『Char』を発表(代表曲『Smoky』収録)。 6月にリリースされた『』は、外部の作詞()、作曲()で自身のROCK指向とは異なる『歌謡ROCK』路線となりアイドル系ギタリスト&ボーカリストとして人気を博す。 には『逆光線』『闘牛士』とヒットを飛ばし、同時期に登場した、の3人(グループ)と共に『ロック御三家』と呼ばれる。 他の二組が自作曲で世に出たのとは違い、自身のシングル曲が職業作家からの提供曲だったことについては「俺がやったのは歌謡曲とロックの中間だよね。 俺はロックの音楽家だけど、シングル盤は歌謡曲でいいと思ったわけよ。 ロックやっててメジャーの世界に出るにはそれしかなかったじゃん」と当時のインタビューで述べている。 アイドル性を狙うもバンドのメンバーにルックスの悪いハーフがいたために若い女性ファンは取り込めなかったという。 この曲のヒットでテレビの歌番組に出演することが増え、そこで当時一世を風靡したの想像を絶する忙しさと、やといった演歌歌手と共演することで、歌謡界の本物のプロの凄さを目の当たりにし、自分の道を極めなければいけないと思ったと述懐している。 7月に発表された自身3枚目のアルバム『Thrill』にてと共に楽曲の半分にて共演。 リリース後に行われたGodiegoとの共演LIVEで、男性のみが入場可能だった『男だけのコンサート』を行う。 同年9月、音楽活動以外に俳優にも挑戦。 の時代劇特番『(渋沢栄一伝)』にて主人公の()の嫁、千代()の兄、長七朗役を演じる。 同時期、本人の本来の指向とは異なるアイドル然とした歌謡界での活動に見切りを付け、新たに本格的なROCKバンド結成を構想。 同年秋発売の『BLUE CHRISTMAS』は東宝映画『ブルークリスマス』劇中歌だが、第6シングルとしての日本語歌詞バージョンとは別にchar自身が歌う英語歌詞バージョン(こちらはBGM数曲を併せたシングルサントラ盤として構成)も同時発売されるという異色の体制となった。 作曲は同映画の音楽監督である佐藤勝。 映画の中では英国人バンドが歌う曲として扱われている。 その後のステージ・デビュー(芸術祭イベント の模様はTV収録されたが、その放映前、自身に 「ある事件(覚醒剤取締法違反)」の謂れのない嫌疑がかけられたため、活動休止を余儀なくされ、オンエアーされることなく御蔵入りとなってしまう。 の支援を受け、彼女のツアーメンバーとして復帰。 7月14日に開催された『Free Spirit』と題されたフリー(無料)コンサートには雨天にも関わらず全国からファンが殺到しの動員記録を樹立する。 (当日の模様は同年11月、3万枚限定盤LPとして『Free Spirit』のタイトルでリリースされた) 5月『Trycycle』、『OiRA』を発表。 所属レコード会社の移籍に伴いバンド名を「」 PINK CLOUD と改名。 レコード会社との契約に『バンドとしてのアルバム4枚、各メンバーのソロ・アルバムを出す』と言う条件があり、この時期は精力的な活動期間でもあった。 この間には東京・銀座に『Smoky Studio』を設立。 ジョニー吉長のソロアルバム『LOVE CHILD』がこけら落としとなりCharのプロデュースによる他アーティストのアルバムも数多生まれた。 、「」は2度目のレコード会社を移籍。 7月、日比谷野外音楽堂で、観客を入れずに収録されたミニ・アルバムを発表。 この頃、単身渡英し半年を過ごす。 そのため、PINK CLOUDとしてのバンド活動は年間でも数回となる。 F』を発表。 一度目のレーベル立ち上げ [ ] - 電話通販専門の「江戸屋Record」を運営。 6月 ソロ・アルバム『PSYCHE』を発表。 にはイベントがきっかけで組まれたとのアコースティック・デュオ「」(馬呆)名義で『TREMENDOUS』を発表。 以降も不定期ではあるが、活動を続けた。 4月 - 「」を発表。 これは『PSYCHE』1988年にソロLIVEを行う際に、、、、と組まれた『Char & THE PSYCHEDELIX』が元となったバンドである。 フル・アルバムとしては3枚を発表。 、PSYCHEDELIXの3枚目フル・アルバム『Stand』の製作途中に、ベースのジャズ・ロッホリーが方向性の違い等から脱退。 PSYCHEDELIXはCharとジムのユニットとなり、ベースパートの収録は途中からcharが演奏している。 、PSYCHEDELIXとしてミニ・アルバム『Smoky』を発表。 、Char自身もレコード会社を移籍。 2007年まで在籍しアルバム9作品(内、ベスト盤2枚、REMIX盤1枚も含む)をリリースした。 二度目のレーベル立ち上げ [ ] 、ネット販売専門の新レーベルを立ち上げ、自身のルーツをアレンジし収録したTRADROCKシリーズとして『Eric』『Jeff』『The B』『The V』『Jimmy』『Jimi』『Char By Char』を発表した。 それまで行ったりライブをした事の無い地方都市会場を主に不定期ではあるが『TRADROCK By Char』ツアーで各所を廻っている。 のでは斉藤和義も加わり、『4人の侍』として登場した。 人物 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2009年11月)• 「Char」の名前の由来は諸説あるが、本人談では「名前に「ひさ~」が付く人に多いみたい」と語られることが多い。 ファッション・モデルだった妻のKanna S. McFaddinは、としてChar関連作品に数多くの歌詞を提供。 Char曰く『公私ともに共同作業者』と語ることも多い。 ロックバンド、、のは長男。 デビュー初期にはのギター、を使用。 Charのデビュー当時は『Charの使用ギター』として注目を集めたがアメリカで人気は低く、 - に生産されたムスタングの多くは日本に輸入された。 ムスタングは、ストラトキャスターより弦長の短いショートスケールのため、他のフェンダーギターより弾きやすく、代表曲「SMOKY」のDm9のヴォイシングなどは、ムスタングでなければ思いつかなかったかもしれないと語っている(Charは、前述の名前の由来やムスタングの話題のように、何度も答えて飽きている質問であったり、雑誌のインタビュアーがに説法をするような人物で気に入らない場合は、冗談や遊びの答えではぐらかすことがままある)。 しかしながら、に入ってからはストラトキャスターの使用も以前と比較すると格段に多くなっており、時期によってはムスタングよりも多く使用している。 『』(系)ではギターに夢中な少年少女の憧れの的として出演、アドバイスやセッションをしている。 そのうちの二人が、だった。 高校時代の音楽仲間には、がいた。 最近はジム・コウプリー(ドラムス、元)と一緒に活動することが多いが、レコーディングで渡英した時にジムと親交のあるの家を訪問してセッションを行った。 とも親交が深く、の活動初期の頃は事務所の一部を貸していたり、米米のデビュー前のライブに急遽として参加したこともあった。 曲にクレジットはないが、米米CLUBのヒット曲「」をアレンジしている。 本人も石井竜也と共演した際に度々「 まだギャラ貰ってないぞ」と発言している。 には2人で覆面ユニット『P-SMOKE』としてminiアルバムを発表。 (サントリーウイスキー『SMOKY』のCM曲として収録曲『ホワット・アー・ユー・アップ・トゥ・ネクスト』が使われた)には石井竜也が監督を務めた映画『ACRI』に合わせた同名ユニットACRIも結成しフル・アルバム『ACRI』を発表。 米米CLUB再結成のきっかけになったのが自身の誕生日パーティーだったこともあり、現在も石井竜也のコンサートなどにも客演するなどしている。 とのユニット、のライブは、他のアーティストをおちょくったり、世相を笑い飛ばすなど、終始笑いが絶えない。 演奏でも、「かえるの歌」をマジメに歌ったり、の代表曲「」がいつの間にか「」に変わっているなど、ほとんどジョークのような演奏を繰り広げている。 2人が1、3、5弦と2、4、6弦の三本ずつだけ張ったギターを持ち、の楽曲を演奏するという芸をしたことがある。 『』(系)に初めてゲスト出演。 なお、司会のとはそれ以前に『』(TBS系)でも共演経験がある(放送にて「」でスポットライトに出演した)。 『徹子の部屋』でのトークにて、親交のあるがの出演を希望しているとのことを語った。 J 5th MOON CHILD 江戸屋レコード 6th Psyche 7th PSYCHE II 8th I'm gonna take this CHANCE 9th BAMBOO JOINTS 10th Sacred Hills 〜聖なる丘〜 11th MR. 1〜vol. 20 2nd ZICCA PICKER 2014 vol. 1〜vol. 28 3rd ZICCA PICKER 2016 vol. 1〜vol. 24 4th ZICCA PICKER 2018 "TOHOKU" vol. 1〜vol. 6 5th ZICCA PICKER 2017 "Acoustic" vol. 1〜Vol. 8 6th ZICCA PICKER 2018 映像作品 [ ]• 20th Anniversary〜Electric guitar Concert〜(1999年12月23日)• THE CLIPS(2000年9月20日)• LIVE IN NIPPON BUDOKAN 2001〜BAMBOO JOINTS〜(2002年2月21日)• No Generation Gap(2004年7月7日)• 彩気 Psyche(2005年10月26日)• ROCK FREE CONCERT(2015年12月7日) タイアップ曲 [ ] 楽曲 タイアップ Touch my love again ・系『』エンディングテーマ Share the wonder 企業CMソング R-1 Route One 『』CMソング HOPE イメージソング Long Distance Call イメージソング Round Trip 機内放送『White Room』テーマソング Water Business 『』イメージソング A FAIR WIND 系『』オープニングテーマ OSAMPO 『』 Stereocaster 『LOCK ON ROCK』キャンペーンソング 参加作品 [ ]• 『免許証』(1973年11月10日)『ニコラシカ』(1974年11月10日)『スタートへの出発』(1976年10月5日)• 『山猫の唄』(EP・1973年10月25日)• 『恭子』(1975年)• 『NSP・2』(1974年3月)『NSP LIVE ぼくらはごきげん』(1975年12月21日)• 『飛・び・ま・す』(1975年10月1日)• 『STEP TO MY WAY』(1976年)• 『春秋の章』(1976年)• 『PANTA'X WORLD』(1976年4月)• 『JOHNNY』(1977年)『スカイ・ジュース』(1979年)『LOVE CHILD』(1983年)• 『』(1981年12月)(提供曲「あの時・・・」収録)• 『スティル』(1983年)• 『一番』(ミニLP)(1983年)• 『ジャーニー・トゥ・ユートピア LIVE 』(1983年)• 『ディストラクション 〜破壊凱旋録〜』(1983年)• 『インスパイア』(1984年)• 『MUSIC』(1984年)• 『』(1985年4月)• 『ZEN-ZEN』(1986年)• 『STIMULUS』(1986年)• 『MAJI-MAGIC』(1987年)(バック・バンドMAJI-MAGICとしてTOURにも参加)• (コンピュータゲーム20周記念コンピレーションアルバム)スペースインベーダー〜再来(作曲・編曲・演奏)(1998年5月21日)• 『Lana』(2004年6月16日)• 『FEAT A. I』(2004年12月1日)• (2005年1月22日)• 『』(2006年8月23日)• 『』(2006年12月6日• 『カミヒコウキ meets. Char』(2008年5月14日)• 『』(2008年10月1日) 出演 [ ] テレビ [ ] 音楽番組 [ ]• (1978年、TBS) - 役 ラジオ [ ]• Mam,Dad,Jam! Vodafone LOCK ON ROCK FM Festival( - )• TRAD ROCK CM [ ]• デビュー前に男性用香水のCFに出演(本人談)• (CM曲も担当) 同社• のCFイメージソングを担当(『Water Business』とMustangによる演奏のアルバム未収録インスト曲)• のパソコンFMVシリーズ( ()、()の3人でのジャムセッションを披露)• 「STING」(CF曲『AMANO-JACK』)• サンパクト(ナレーション)• type C• (出演のCM曲 No Generation Gap, Char feat. AI を担当)• 「サッポロ生ビール 黒ラベル」• 「PLAYING FOR CHANGE シリーズ」(Sittin' On The Dock Of The Bayをリレー形式で弾き語り)• 2013 秋 CM「そうだ 京都、行こう。 」(「My Favorite Things」を編曲、演奏)• 日本ヒューレット・パッカード株式会社 Love PC, Love HP. キャンペーン(書下ろしCF曲提供)• PRGR(プロギア)クラブシリーズ「iD nabla RS」イメージキャラクター:書下ろしCM曲提供 change CFにも出演 脚注 [ ] [] 注釈 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年4月)• 「Char チャー 竹中尚人」『リットーミュージック・ムック』第59号(1996年12月27日発行)• 「ROCK DAD(ロックダッド)」2007 Vol. 1(2007年1月8日発行)• 「tom Sauyer WORLD」[トム・ソーヤー・ワールド] 2007. 1(2007年1月10日発行)• THE DIG JAPAN Edition「ROCKS OFF」Vol. 05(2008年6月17日発行) 外部リンク [ ]• (日本語)• (日本語) - (Char・model発売元guitar・maker)• (研究員メンバーとして参加。 MOTTAINAIブログ).

次の