スマホ ウェブ カメラ 代用。 【Web会議のカメラ問題】おすすめアプリは「iVCam」スマホ(iPhone)をウェブカメラ化する方法はコレだ!

AndroidスマホをWebカメラにしてテレワーク

スマホ ウェブ カメラ 代用

オススメ 1「DroidCam」 あんまりオススメじゃない 2「alfred. camera」 1のDroidCamは結構使えます。 2のalfred. cameraは以前テストしていたのですが、画質が悪く動きには適しません。 クロームで使う必要がありますし、Googleのログインが必要です。 どうしてもの方はこちら DroidCam 必要なもの PC(Windows10で解説) 古いスマホ(富士通F-02G Android5. 端末により異なりますが、設定の中の端末情報からビルド番号を7回タップとかが多いです。 「開発者向けオプション」が表示されればOKです。 2 ADBドライバをPCにインストール こちらより Version 1. 3をインストールします。 XDA Mirror added by Mod をクリックします。 ファイルがない場合やバージョンが変わっている場合は他のものを入れてみて下さい。 因みにこの場合、青い画面が何度か出ますので「Y」を押してエンターで進んで下さい。 メーカーが配布している場合も「ADBドライバー」で検索してみて下さい。 3 DroidCam Windows用ソフトをインストール こちらからインストールします。 Windowsの旗のマークをクリックするとダウンロードされインストール出来ます。 168. 168. 2」と入力する 下のポート「4747」は自動的に入力されてあります。 Video のみにチェックが入っているがAudioもチェックを入れると音も拾います。 お好みでどうぞ! 左がWi-Fi 右がUSB 4 Startをクリックする スマホのカメラ画像がPCにうつります。 5 Stopをクリックすると終了 終了します。 6 画面を大きくする 下のボタンをクリックすると別画面で大きくも出来る DroidCam 使い方 USBの場合 1 2 は同様 3でUSBのボタンをクリックします。 左がWi-Fi 右がUSB その他は同じです。 DroidCam オススメの使い方 1 出来ればタイムラグ等も考えてUSBの方がベスト 2 アウトカメラを使うと案外綺麗 3 WEBカメラ代わりにZoomのオンライン講座等で使う場合は、音はオフにしてマイクは別のものを指定した方が良いかも 4 Wi-Fiだと動きがある場合若干止まるときがある、また接続が切れる場合がある Zoomの使用例 DroidCam (Wi-Fi)接続での画像 ロジクールWEBカメラ C270での画像 画質と価格、音質で私が使っているカメラはこちら 夜に同様の撮影をした時にはC270は白っぽく感じました。 肌色等はスマホの方が良いかもしれません。 しかしスマホなら100円ショップで売っているような三脚にも固定出来るので手元をうつす方は固定するのも良いかと思います。 Zoom内でカメラの切り替えができ、どうしても複数台必要になってくる時もあるかと思いますので良ければ参考にしてみて下さい。 またスマホを使う場合、Wi-Fiならバッテリーとロック解除をお忘れなく。 Zoom受講される方向け配布資料 まずは受講される方にこちらから資料をどうぞ! 使える資料 無料配布中です! ごえんや21ドットコムでは、小規模オーナー様を支援しております。 はじめてのホームページ作成から集客ノウハウまでご質問はお気軽にどうぞ! ご相談はこちらが人気です。 宜しければどうぞ! スナップカメラはこちら ここまでお読みいただき有難う御座いました。 同じように頑張っているのに、なぜ同業他社にはアクセスが殺到したり、人気があったりするのか気になりませんか? そこには表に出ない秘密があります! 煩わしい作業をシステムで効率化し、 コツを掴んで 毎月30人以上集客できる! 不定期配信の無料メルマガ ブログなどでは言えない部分をコッソリ配信しています。 セラピスト、カウンセラー、コーチ、教室など、メンタルや教育系ビジネスに特化 「コツを掴んで毎月30人以上集客できる!魔法の集客プログラム」 オンラインセミナー用 お客様にそのまま使える! ラインアットはこちら ラインアットだけしか発信しない内容も!? 567kdkls 絶対的にあなたに役立つ情報しか配信していません。 そのため回数少なめです。 全ての受け取りは以下のフォームからどうぞ! 空メール自動登録用メールアドレス.

次の

Webカメラとしてandroid スマホを使用する手順 IP Webcam │ 便利なソフトウェアの使い方

スマホ ウェブ カメラ 代用

ネットワークカメラの機能• 双方向通話ができる。 高画質200万画素や400万画素• アプリで簡単にカメラを設置した場所の映像を見ることができる。 ただし、あくまで設置した場所でしか会話できないので リモートワークなどにはあまり向いていません。 そこで次はアプリを使ったやり方をおすすめします。 ウェブカメラの代用品-Androidアプリ「DroidCam」 DroidCamとは スマートフォンをウェブカメラとして使えるようにするアプリです。 つまりお手持ちのandroidスマートフォンをwebカメラにできるのです。 無料で使用でき、パソコンとスマートフォンをつなぐには同一のwifiで接続をするかUSBケーブルで 接続する必要があります。 使用するにはスマートフォンとパソコン両方にアプリを入れます。 スマートフォン用アプリ DroidCam 開発者:Dev47Apps アプリは パソコン用アプリ WindowsとLinax限定です。 PCアプリは インストールや詳しい設定方法はこちらのブログ記事が詳しく書いてありますので ご紹介させていただきます。

次の

スマホをパソコンのWEBカメラにするため4つのアプリ

スマホ ウェブ カメラ 代用

品薄状態のWebカメラはスマホで代用可能 新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、職場から急遽テレワークを指示された人も多いだろうが、家にパソコンがあるからといって安心するのは禁物。 テレワークには、オンラインで繋がるWeb会議がほぼ必須。 自宅のパソコンに肝心のWebカメラがパソコンに備わっておらず、足元をすくわれることも十分あり得る。 また、最近のパソコンにはWebカメラが標準搭載されている場合が多いが、少し前の機種には備わっていないことも少なくない。 さらに、デスクトップパソコンの場合は、最新機種でもWebカメラは非搭載というケースもよくある。 もちろん、平時ならWebカメラを別途購入すれば済む話だが、2020年4月現在は事情が少々異なる。 というのも、新型コロナ禍により多くの企業で在宅勤務が導入されたことで、テレワークを目的したWebカメラの需要が急増。 オンラインショップや家電量販店では軒並みWebカメラが品切れとなっており、しばらくは入手困難が予想されるほどだ。 大手通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」でもWebカメラはほぼ品切れ。 数ヵ月前は予想だにしなかった事態だ。 スマホをWebカメラ化する方法 もっとも、メジャーなWeb会議システムやビデオ通話サービスの多くはスマホアプリも別途提供しているため、パソコンを使わなくてもテレワークをこなすことは可能ではある。 しかし、雑談レベルならともかく、膨大な資料が飛び交う会議や打ち合わせ、さらには取引先を招いたプレゼンなどをスマホの小さな画面だけで乗り切るのはさすがに心もとない。 そんな急場を凌ぐ奥の手としてオススメしたいのが、「スマホのWebカメラ化」だ。 実は、iPhoneやAndroidスマホなら「Webカメラアプリ」を導入するだけで、パソコン用のWebカメラとして利用可能だ。 Webカメラ化アプリは「iVCam」がオススメ! Webカメラアプリは色々あるが、なかでもユーザーからの評判がいいのが海外製アプリの「iVCam」だ。 海外アプリながら日本語表示にもしっかり対応しているうえ、iOSとAndroid端末どちらでも利用可能。 映像にロゴが入るなどの制限はあるが、無料でも利用できる。 有料課金をすれば制限はなくなるが、気にならなければそのまま使い続けても構わない。 無料版では映像の左上にアプリのロゴが入る。 パソコンとの接続はUSBケーブルのほか、ワイヤレス(Wi-Fi)にも対応。 例えば、ワイヤレス接続ならパソコンから離れて、スマホを持ち歩きながら部屋の周囲を撮影するという使い方も可能。 もっとも、そのぶんスマホのバッテリーを大量消費するので、普段使いはパソコンから給電できるUSBケーブル接続のほうがオススメではある。 また、スマホ側のカメラ性能次第だが、フルHD解像度の撮影もこなせる点も見逃せないポイント。 スマホのカメラの性能が良ければ、WEBカメラ専用機以上の高画質でビデオ通話を実現できるので、ビジネスシーンでも十分通用する。 その他にも、美肌補正や露出調節、映像の左右上下反転など、便利な機能を数多く搭載。 Webカメラ専用機と比べても、機能面については遜色を感じることはないはずだ。 ただし、ソフトウェアレンダリング利用時は解像度を上げるほど、パソコンへの負荷は増大するので注意すること。 Web会議システム「Zoom」で「iVCam」を使う方法 iVCamを導入したスマホはWebカメラとして動作するので、基本的にどのWeb会議システムでも利用できる。 例えば、人気のWeb会議システム「Zoom」でもほぼ問題なく利用可能だ。 ただし、利用時にいくつか抑えておきたいポイントがあるので、順を追って解説していこう。 パソコンとスマホの接続はあらかじめ行っておこう Zoomでビデオ通話をスムーズに利用するためには、あらかじめパソコンとスマホを接続し、iVCamのメイン画面を起動しておいたほうがいい。 実際には、ZoomとiVCamを同時に起動しても問題はないが、初心者の場合、両者の操作を並行して処理するのはやや荷が重い。 まずメイン画面でiVCamの映像をしっかり確認して万全を期してから、Zoomにアクセスしたほうが無難だ。 なお、同設定の「カメラ」の「16:9(ワイドスクリーン)」適用時は、無料版iVCamのロゴ表示が見切れて表示されなくなる。 ロゴが目障りに感じるときは、ワイドスクリーン表示がオススメだ。 まとめ 新型コロナウイルス禍を機にビデオ通話環境が必要になったという人も多いだろうが、肝心のWebカメラがなくて困り果てている人は多いはずだろう。 そんなときは今回紹介した「iVCam」を使って、スマホをWebカメラ化してしまえば万事解決。 やがてWebカメラの品薄が解消されたら、専用機をあらためて購入してもいいし、iVCamが気に入ったのならそのまま使い続けても構わない。 どちらにせよ、今後はWeb会議やグループ通話が急激に普及することは間違いないので、いつでもビデオ通話に対応できるパソコン環境だけはしっかり整えておきたいものだ。

次の