船戸優里 裁判。 船戸雄大には極刑を望む!船戸優里には情状酌量を!

「死にたい」と泣き崩れた船戸優里被告、最後の被告人質問【目黒5歳児虐待死裁判・母親への質問⑤】

船戸優里 裁判

東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が両親の虐待の末に死亡した事件の裁判員裁判で、東京地裁は15日、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34)に懲役13年(求刑・懲役18年)の判決を言い渡した。 守下実裁判長は虐待について「しつけという観点からかけ離れ、感情に任せて行われた理不尽なものだった」と述べた。 雄大被告は母親の優里(ゆり)被告(27)とともに昨年1月下旬から結愛ちゃんの食事を制限し、2月下旬には嘔吐(おうと)を繰り返すほど衰弱したのに病院に連れて行かず、3月2日に敗血症で死なせたとして起訴された。 2月下旬に結愛ちゃんの顔面を複数回殴る傷害、自宅で乾燥大麻2・4グラムを持っていたとする大麻取締法違反の罪にも問われていた。 公判で検察側は、結愛ちゃんの死亡時の体重は12・2キロと同年代の平均より約6キロ軽く、食事制限は1カ月余りで4キロ以上減らす激しいものだったと指摘。 連日の説教で優里被告も共犯に引き込んで結愛ちゃんの逃げ場を奪って「いじめ抜いた」とし、殺人罪にも匹敵する量刑を求めた。 一方で弁護側は、雄大被告の虐待は許されないとしつつ、2016年に優里被告と結婚して結愛ちゃんと養子縁組してから「父親になろう」と苦心したのは事実だと指摘。 連れ子が邪魔になったという短絡的な動機ではなかったと反論した。 また保護責任者遺棄致死罪を問う上で重要なのは、命の危険に気づいてから死亡までの放置の状況で、虐待を重く見すぎてはいけないと主張。 危険を認識したのは死亡の前日で、自ら119番通報もしているとし、死に至るまで放置する「最も重い部類」に属するものではなく懲役9年が相当と述べていた。 優里被告の公判は先行して開かれ、東京地裁は先月17日、虐待の背景に雄大被告の心理的DV(家庭内暴力)の影響があったと認めつつ、「夫の暴行を結果的に容認した」として懲役8年の判決を言い渡した。 優里被告は控訴している。

次の

結愛ちゃん虐待死事件「私は鬼母…」弁護士明かす実母の懺悔

船戸優里 裁判

船戸優里被告の初公判が2019年9月3日行われました。 初公判の様子、船戸結愛ちゃんの泣ける手紙などを調査しました。 さらに、なぜ、この虐待事件がなくならないのを専門家の意見を参考にまとめてみました。 スポンサーリンク 初公判の概要 東京・目黒区で5歳の船戸結愛ちゃんが「パパ、ママごめんなさい」などと書いたメモを残した事件の母親の優里被告の初公判が開かれました。 優里被告は、「間違いありません」と起訴内容を認めました。 優里被告は、去年1月から、結愛ちゃん(5)が父親の雄大被告(34)に殴られたことを知りながら放置したうえ、十分な食事を与えずに死亡させた罪に問われています。 「おおむね認めるんですけど、殴ったのは知らなかったです。 雄大被告の報復が怖くて、警察に通報できなかったです」(優里被告) 出典; 続いて行われた冒頭陳述では、検察側の言い分は、 「結愛ちゃんは東京に転居してからはほぼ自宅からは外出せず、食事は一日1、2杯の汁物のみになった」と指摘。 一方で弁護側は、優里被告が雄大被告に『心理的に支配されていく過程』を明らかにしました。 優里被告は雄大被告と再婚し、男の子を妊娠しますが、その頃から、「子育てができていない」などと、結愛ちゃんの育て方を巡り、雄大被告から長時間、説教を繰り返されるようになったといいます。 出典; 転居後、雄大被告による結愛ちゃんへの暴行はエスカレート。 優里被告は泣きながら暴行をやめるよう懇願したりしましたが、結愛ちゃんを救うことができず、悲しい結果になってしまいました。 当時の部屋の様子など、この初公判で様々な情報が公開されました。 それをもとに当時の様子を振りかえってみましょう。 〇追記:9月30日22:20 判決を不服として控訴 香川県善通寺市から東京に転居した船戸結愛ちゃん(当時5)が両親から虐待を受け死亡した事件です。 9月、東京地裁で懲役8年の判決を言い渡された母親が判決を不服として控訴しました。 出典;KBS 犯行現場と部屋の様子 結愛ちゃんがなくなったのは東京都目黒区東が丘1丁目サンハイム好です。 このアパートの2Fです。 間取りは2DKで、結愛ちゃんが一人で過ごしていたのは6畳の部屋でした。 出典; 部屋には、 ・シミのついた布団 ・紙おむつ ・空の茶碗など。 ・「日課」が書かれた紙 モノが散乱している状況の写真が示されました。 本当にかわいそうな状況であったことがわかります。 食事も一日1、2杯の汁物のみ こうした中でも、結愛ちゃんは必死に生きようと手紙を書いていました。 その手紙の内容が泣けてきます。 スポンサーリンク 結愛ちゃんの手紙「もうおねがい ゆるして」 両親は日常的に虐待を加えていたようですが、その様子を示す、結愛ちゃんの悲痛な叫び声ともいえる手紙がみつかりました。 自宅からは結愛ちゃんが平仮名で「 きょうよりも あしたは もっとできるようにするから、おねがいゆるして、ゆるしてください」などと書かれたノートも見つかったという。 引用; 全文も紹介します。 出典; こんな手紙を5歳の女の子が訴えるのって、悲しすぎますね。 超かわいい、結愛ちゃんの画像 引用; この事件のあとも、ニュースで報道された虐待事件は多くあり、なかでも、次の4つは記憶に鮮明に残っているのではないでしょうか? 虐待事件が跡を絶たないのはなぜ? 出典; 千葉県野田市の栗原心愛ちゃんぼ事件はこちら。 そして、最近逮捕された鹿児島県出水市の大塚璃愛來ちゃんの事件はこちらです。 虐待が減らない訳を心理学者の山脇由貴子さんの意見を参考にまとめてみました。 〇夫(彼)が怖い、夫(彼)に依存している。 子どもと夫(彼)のどちらを取るかという選択に子どもを取らない場合が非常に多いようです。 もちろん、子どもなのですから母親が味方になってくれなければ、このような悲惨な事件はなくなるはずはないですよね。 〇心理的におかしくなり、善悪の基準がくるってきた。 知らぬ間に、自分も虐待に加わるようになったり、平気で見過ごすようになるようです。 〇虐待の中毒性 虐待する側は子どもがいなくなると、困ってしまうようです。 子どもを預けられたりすると、虐待できず困ってしまう。 ギャンブルやアルコールの依存症と同じで、それゆえ、なくならない。 〇日本では虐待に関して処分が甘い しつけとと言うと捕まらない。 〇保護すべきときに保護できない判断ミス 出水市の 大塚璃愛來ちゃんの事例では、夜間に子どもが1人で徘徊しているのは完全に保護の対象なのに、児相が判断を誤ってしまっている。 スポンサーリンク このように虐待事件が跡を絶たないので、政府も法改正に動きだしました。 出典; ・しつけ名目の体罰禁止 ・守秘義務(学校、児相、教育委員会) ・児童相談所職員(介入と支援)の担当分け ・速やかな情報共有 児相の担当者分けは効果がありそうですが、しつけ名目の体罰禁止は意味があるのですが、対象が親権者などに限られていて、内縁の夫、交際相手は対象外など。 まだまだ問題はあるようです。 ネットの反応 結愛ちゃんの ゆるしてください と 船戸の 許してください。 同じ 許してください でも 同じ言葉とすら思えない 全然違う かたや、天使の助けを乞う声 かたや、悪魔の悪あがきの声 — かふくつ wasuremai4444 前略、船戸優里さんへ。 あなたが苦労して産んだ、 血の繋がった我が子である結愛ちゃんは、度重なる暴力の果てに亡くなりました。 子供を保護する責任が有りながら。 裁判で嘘をつくことだけは止めて下さい。 罪を償うことは避けられませんが、 私が見たいのは、「母親だった」 という証です。 9月頃に母親船戸優里被告の裁判が始まる様です。 この裁判で裁きを受け、自らの事を悔い改め、しっかりと罰を受け欲しい。 また、虐待事件犯罪者の厳罰化をぜひとも求めます。 — kooki kooki84522914 この母親も色々な状況下だったと思うし、最も悪いのは船戸雄大。 だけど、結果的に5歳の子供を守れず、救えなかった船戸優里に同情は出来ない。 船戸結愛ちゃん虐待死で母親の船戸優里被告の初公判 起訴内容を大筋認める — 明太子BOY BOY23570342 部屋に貼られた貼り紙 「…いきがくるしくなるまでうんどうをする…」 結愛さんは必死で「理不尽な約束」を守ろうとしたんだろ? 過呼吸だから、何だよ。 甘えるんじゃねぇよ。 【目黒女児虐待死、母親初公判詳報】(2)過呼吸に陥る優里被告 — たけちぃ。 TakechiWest 子供は天使👼のような顔してたのに、親は悪魔👿のような顔してるな。 目黒区の5歳女児船戸結愛ちゃん虐待死事件 消防隊員「凄惨な事案だった」と証言 — 本を読む人は皆賢い。 bookpeopleare 当然、厳しい意見ばかりですね。 幼い命が失われた事実はなくなりません。 無念な思いで短い人生を終えなければならなかった船戸結愛ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。 そして、このような事件がなくなるように法改正をはじめ、大人がしっかりしたいですね。 スポンサーリンク.

次の

船戸優里裁判まとめ【まさかの控訴】 船戸雄大から「キックがいっぱいある」

船戸優里 裁判

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 東京都目黒区で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)を虐待死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の優里(ゆり)被告(27)の裁判員裁判で、東京地裁は17日、懲役8年(求刑・懲役11年)の実刑判決を言い渡した。 守下実裁判長は「夫の暴行を認識しながら結果的に容認し、犯情は重い」と指摘する一方、「夫からの心理的DV(家庭内暴力)を受けていたことは否定できない」と述べた。 判決は、昨年1月下旬に母子が香川県から上京後、一足先に上京していた夫・雄大被告(34)=同罪などで起訴=の意見で結愛ちゃんへの食事制限が始まり、2月上旬から厳しくなったと認定。 わずか1カ月余りで体重の約4分の1が失われており、「明らかに不相当で苛烈(かれつ)なものだった」と批判した。 さらに、児童相談所の訪問を拒絶するなどしていたことから、結愛ちゃんの命は「被告らに委ねられていた」とも言及。 食事を受け付けなくなり、異常にやせてけがをしていたのを目にしながら、夫の暴力や自らの不適切な対応が発覚するのを恐れて病院に連れて行かなかったことを「強い非難に値する」と述べた。 「大好きだった母親」からも救いの手が差し伸べられなかった結愛ちゃんの気持ちについても、「苦しみや絶望感は察するにあまりある」と指摘した。 一方、夫から長時間の説教や言葉の暴力を受けていたことなどから、弁護側が主張した夫の心理的DVの影響も「否定できない」とした。 ただ、自ら離婚を切り出したり、夫の目を盗んで食事を与えたりしていたと指摘。 「最終的には自らの意思で夫の指示を受け入れており、心理的に強固に支配されていたとは言えない」として、責任を大幅に減らす理由にはならないと結論づけた。 判決理由の説明を終えた後、守下裁判長は「結愛ちゃんは戻ってこないが、裁判が終わってもしっかり考えてほしい。 あなたの人生は続くから、やり直してください」と述べた。 判決によると、優里被告は昨年1月下旬から結愛ちゃんに十分な食事を与えず、夫の暴力を結果的に容認して衰弱させたのに病院に連れて行かず、3月2日、敗血症で死なせた。 優里被告はすでに雄大被告と離婚している。 雄大被告の裁判は10月1日から始まる。 (阿部峻介).

次の