トシ 洗脳。 TOSHIの地獄のような洗脳事件の真相!嫁の企てから解けた瞬間!

TOSHIの地獄のような洗脳事件の真相!嫁の企てから解けた瞬間!

トシ 洗脳

同時にアイドル活動を始動! 1987年5月27日のデビュー曲『予告編』で『ザ・ベストテン』にランクインします。 この曲は、キリンレモンさんの提供でCMに使われていたらしいのですが・・・、歌、全然上手くないし、魅力も感じないのになぜ?ベストテン入りしたのか不思議でなりません。 因みにウィキペディアには、南山大学中退後に芸能活動を始めたとされていますが、1986年の彼女の年齢は17歳。 『南山大学中退』ではなく『南山高等女子部中退』の記載間違いと思われます。 高い人格 広い教養 強い責任感 キリストが教える愛に導かれ、 愛へと向かう人格教育、 それが南山の教育です。 その教育にそぐわなかったから中退の道を選んだのでしょうかね? 1987~1989年の3年間、アイドルとしてシングルCDを毎年2~3枚を発売しました。 (1988年4月21日リリース『お嫁さんになってあげないゾ』) アルバムも87年に1枚、89年にオムニバスアルバムを4枚出していますが、どれもパッとせず売れなかったようです。 その後はアイドル活動を自粛したのか断念したのかCDリリースをパタリと止め、テレビドラマに露出するようになっていきます。 が、主役を張った作品はありません。 チェック 安田成美さん、中森明菜さん、東幹久さん主演の『素顔のままで』にも出演した形跡をみつけましたが、役名まではわかりませんでした。 ドラマも1993年を最後にパタリと出演が途絶えます。 1993年です。 1993年はTOSHIと出会う『ハムレット』の舞台に立った年ですね。 こうして時系列を見ていても分かる通り、守谷香は芸能人としては成功しなかったと言えるでしょう。 ことごとく仕事で失敗が続けば、自暴自棄に陥っても不思議ではありません。 守谷香の気持ちの中に不安が渦巻いている時に、きっと、例の自己啓発セミナー『ホームオブハート(当時レムリア)』と運命の出会いを果たしたのです。 ロックオペラ『ハムレット』のハムレット王子(TOSHI)の相手役は一般公募され、3,000人を書類審査でふるいにかけ30人に絞りました。 「こんなに頑張っている私は仕事がこないのに、なんで、この顎シャクレ男は巨万の富を掴むことができたの?」 「彼にあって、私に足りないものは何?」 守谷香は恨み節に、そんな風に考えながらこのオーディションに臨んでいたのかもしれませんね。 最終選考はTOSHI立会のもと1993年5月に行われ、偶然か必然か、選ばれたのが守純かほり(守谷香)、その人でした。 公演期間は1993年11月12日~21日です。 この期間中、すでにTOSHIは守谷香の術中にハマっていたと考えられます。 スポンサーリンク 4年間の交際(洗脳準備)は、TOSHIをコントロールするには十分な時間でした。 まんまと結婚という形をとり、巨額のお金を生み出す『金の成る木』を手にした守谷香はMASAYAとともに、報道などの通りTOSHIを洗脳することに成功すると、優雅な生活を手に入れたのでした。 守谷香が信仰するホームオブハートとは? ホームオブハートは、1993年6月28日にレムリアアイランドレコードとして設立しました。 代表はもちろんMASAYAです。 この、設立時期でもわかりますね。 守谷香は既にMASAYAと繋がっていたと考えられます。 MASAYAは守谷香にご執心ということですので、想像ですが、信仰してきた守谷香を違った意味で洗脳し共謀することにしたのではないでしょうか。 そういう意味では、 守谷香もまたMASAYAの被害者とも言えるのです。 洗脳する常套手段である、参加者の人生や人格の否定した上で罵倒し暴力をふるい、心身が疲労し正常な判断ができなくなったところを、ジワジワと洗脳していくのです。 MASAYAに絶対服従のホームオブハートの教えを刷り込み、信仰者のお金への執着心を取り払うために全財産をホームオブハートに納めさせ、しかも返済が出来ないほどの借金までさせ、そのお金も全てホームオブハートに納めさせていました。 借金まみれにさせられ、馬車馬のように働かされると、本当に何も考えられない状態なっちゃうんですね。 TOSHIも良くこんな言葉を口にしていましたね。 『MASAYAを助けたい』 そんな清らかな人間たちを飼い慣らす非道な集団が『ホームオブハート』なのです。 守谷香の現在は?一体何をしているの? 婚姻関係にあるTOSHIを洗脳し、10億とも15億とも言われる巨額のお金を搾取した守谷香とMASAYA。 X-JAPAN再結成の契約金や、他の信仰者から搾取したお金も含めると、20億くらいはだまくらかしていると思われます。 どんなに派手に使ったとしても、20億円はそう簡単にはなくならないでしょう。 現在はMASAYAが手がけている『コンフォート社』の代表を務めているそうですが、これまで色々とやらかしているので大っぴらには動けず、二人して姿をくらましているとも言われています。 今、TOSHIはかつての殆どを取り戻し、音楽活動やバラエティーで大活躍しています。 そんな彼の姿を、守谷香はどんな気持ちで見ているのでしょうか。

次の

X JAPAN Toshiの『洗脳』を読んだけど、タメ息レベルでヤバイよ><

トシ 洗脳

今年に入って、テレビ番組とか音楽プロデュースとかいろんなことをやっていて。 実はいまも小説を書いたり、絵を描き始めたりしてるんです。 いままでの自分のカテゴリー以外のところに、どんどんチャレンジしていこうと。 「Toshl」っていう名前でもいいんですけど、苗字があった方が単純にいいかなって。 (出典:) 小説を書いたり、絵を描き始めたり、・・マルチな活動が盛んになっているトシさん 『ToshI』という名前でも良いのでしょうが、『ToshI』にはミュージシャンのイメージが付随して付いて回りますから・・ まっさらな気持ちで新しいことにチャレンジするために、別の名前でやりたい!という気持ちは少なからずあったと思います。 すごくかっこよかったです(笑)。 自分で自分のことをかっこいいと言うのもおかしいのですが、昔の僕ということで許してください。 僕も、あの時代に戻りたいなって思ってしまいました(笑)。 ありがたかったですし、だから僕としてもなりきりやすかったですね。 鑑定士に名前を見てもらったところ、「すごくいい名前!」と太鼓判を押してもらい、改名の決心がついたのだとか。 心機一転、強そうな名前がいいなと。 「四神」が二つ入ってるので、縁起がいいですよね。 (出典:) 名前は画数や音の響きなども重要だと言われますからね! トシさんの洗脳時代はある意味では自分に対するコンプレックスとの戦いでした。 強そうな名前を求めた背景には、 弱い自分を乗り越えて、強い自分に生まれ変わりたい という思いもあるのかなと思います。 さらに当時、トシさんは 自分の名前を利用して金儲けや散財を繰り返す家族を見て、だんだん人間不信に陥っていったそう。 極めつけはX JAPANの海外進出の失敗。 TOSHIの英語の発音がネックとなりデビューができなかったとも言われ 当時の TOSHIとYOSHIKIはだいぶ揉めたそうです。 TOSHIはYOSHIKIが作る高音域の曲に耐えるために 喉に注射を打っていたというエピソードもあります。 精一杯YOSHIKIの期待に応えようとしていたんですね・・ トシさんは、自分のコンプレックスに苦しみ、人間不信がつのっていきました。 トシのX JAPAN脱退・宗教団体へ そんななか、トシさんは守谷香(宗教団体に入るきっかけとなる女性)に出会います。 『トシはありのままでいい』 『髪も金髪じゃなくていい』 などと励ましてくれたそう。 人間不信だったトシさんは守谷香に惹かれていき結婚しました。 『みんなトシを都合よく利用している』 『X JAPANは脱退したほうがいい』 人間不信だったトシは、守谷香に言われるままにX JAPANを脱退し、守谷香のすすめで宗教団体『ホームオブハート』へ入ってしまいました。 トシさんは宗教団体トップのMASAYAという人物から洗礼(という生々しい洗脳ワーク)を受け、徐々に洗脳されていきました。 守谷香は実は結婚前からMASAYAと愛人関係だったそうで、MASAYAとグルになってトシを監視していたそうです。 『ホームオブハート』はトシを広告塔に信者を増やしていきました。 当時のトシさんをみると雰囲気がガラリと変わっています。 トシさんはこの時代に宗教団体で15億円ものお金を貢がされ、X JAPAN時代に稼いだお金は全て失くしてしまいました。 そんななか、トシのもとにX JAPAN再結成の話が舞い込んできます。 トシの宗教脱退のきっかけはX JAPANの再結成 トシを洗脳したMASAYAは、洗脳した当時、 『X JAPANは悪魔の化身だ』などと言っていました。 しかし、再結成の話が舞い込んだとたん、 契約金が3億円と聞いてMASAYAの態度が変わり、再結成をスゴイ勢いで勧めてきたそう。 そのMASAYAの変貌ぶりを見て、おかしい、と違和感を感じたそうです。 さらに、そのころ宗教団体を相手取り、被害者から裁判訴訟も起きていました。 法的な場に立たされてシドロモドロになるMASAYA。 これまでの自分が知るMASAYAとは全く違う姿に違和感を感じたそうです。 2010年には宗教団体から脱退を表明。 今では、当時を振り返って洗脳されていたと語れるまでになりました。 人のコンプレックスの闇につけ入り洗脳していく宗教団体の生々しい様子が告白本でも綴られています。 X Japan ToshIの改名に宗教や洗脳の影響はある? トシさんが『龍玄とし』に改名した理由は最初に述べたとおりで、宗教や洗脳が直接の理由ではないと思います。 告白本を出したということは、過去の自分をある程度は受け入れられるようになっている印だと思いますし もう昔の自分に戻りたくないという気持ちは誰よりも強いんじゃないでしょうか。 ただ、当時の経験が、改名に少なからず影響しているのはあると思います。 トシさんは『龍玄とし』に改名するとき『強そうな名前がいい』と言っていましたね。 『龍玄とし』に改名するときに強さを求めた理由は、 もう過去の自分から決別し、まわりの意見にも流されず、本当の自分が望むように、やりたいように生きていきたいからだと思います。 現在のトシさんは、X JAPAN全盛期のトシさんとも違いますし、宗教で洗脳されていたときのトシさんとも違います。 いろいろな経験を経て本当の自分と向き合うことができるようになったトシさんは、遊び心と同時に色んな願いを新しい名前に込めたのでしょう。 出山利光(本名):プライベートや公的な手続きに使用 ToshI:X JAPANの活動やソロの音楽活動のときに使用 龍玄とし:プロデューサー業や執筆・絵画などアーティスト業で使用 完全に『龍玄とし』になったわけではなく、『龍玄とし』と『ToshI』を使い分けているようですね! トシさんにとって『ToshI』という名前も大事な宝物。 捨てるはずがありません! X JAPANを再結成するとき、トシさんは昔の『TOSHI』から『ToshI』に改名しています。 このときの改名にもトシさんなりの思いがあったはずです。 改名後の『ToshI』という名前の大文字と小文字の並び・・不思議に思いませんか? なんでこの文字並びにしたんだろう・・と考えてみたんですが ToshIを拡大してみると ToshI 文字並びが右肩上がりになっているんですよね〜 大きい文字をいったん小さくして再び大きくなっていく・・(右肩上り) これは、大きなものを抱えすぎた『TOSHI』から抜け出して 小さなところから再び上昇していこう・・ という再生の願いが込められているんじゃないかという気がします。 『ToshI』も『龍玄とし』も、それぞれが新しいトシさんを表現していくための、ひとつの形なのかなと思います。

次の

X JAPAN・ToshIは借金と宗教に洗脳!妻・守谷香と離婚も

トシ 洗脳

元々X JAPANのファンではないのですが、バラエティでよく見るようになり、スイーツ好きのTOSHIさんという人物に興味を持ちました。 「この人は何故10年以上も表舞台に出ず、宗教にどっぷり浸かってしまったんだろう」という疑問から読み進めていくと、狂気としか思えない新興宗教団体の洗脳術は本当に残酷な内容で、読んでいて苦しくなります。 12年も耐えに耐え、この恐怖から脱出出来て本当に良かったと思います。 罵声、脅し、暴力の恐怖と、書かれている内容は生き恥をさらすようなものなので、告白することは本当に勇気が必要だったはず。 それでもTOSHIさんがこの本を書いた訳。 それは、自分と同じような被害者を出さない為だと思います。 今、悩みを抱え、抜け出せずにいる人にぜひ読んでほしい1冊です。 どんな状況にあっても光は見える。 そう感じさせてくれます。 購入済み 胸が張り裂けそうになり… あゆ02 2020年05月06日 ファンじゃなくとも許せない気持ちでいっぱいになる内容じゃないでしょうか。 X JAPANのファンの方々は熱心な方が多いと思いますが、もっと色んな観点から許せない気持ちでいっぱいかと思います。 要となるヴォーカルが抜けて、その大きな理由がカルト教団からの勧誘、結婚、恐喝、虐待、罵倒、裁判含めを12年以上 も1人の男性に背負わせた罪は大きいです。 この背景には、X JAPANのメンバーやToshIさんの家族やファン、元教団の被害者…沢山の人も大きな犠牲となっています。 ネタバレになるのであまり書けませんが、ここまで至った経緯は、家族やメンバーにも少なからず責任があるのでは?とも思います。 ToshIさんの長い人生の中での試練…元妻や指導者に、奪われても奪われても暴行を受け無茶苦茶にされても…歌手としての宿命なのかな?トップシンガーとして戻って来れた事はやはり実力がある本物ではないと無理だと思いました! そしてX JAPANという仲間にも恵まれてるんだと思い、本を読み終わって改めてライヴ映像を観ると、涙が止まりませんでした。 人生劇場を観てるかのような…ToshIさんの精神力には圧倒されましたし、よく乗り越えたね!って思いますね。 恩師である「お父様」という方はToshIさんの心の拠り所だったんだと思う。 それを新しい洗脳と言う人も居るみたいだけど、この本をきちんと読めばわかること。 ToshIさんはソロでコンスタントに活動してるみたいなので、今度ライヴへ行きたくなりましたね。 ネタバレ Posted by ブクログ 2016年03月15日 Toshlはどうして洗脳されちゃったんだろうと思いつつも、なんか読みたくなかったこの本。 でも、Toshlの言葉でつづられているんだからと読んでみた。 想像以上の内容。 Toshlがこんなひどい扱い、仕打ち、暴力をふるわれていたなんて全然知らなかった。 Toshlがあっち側に行ってしまって、それでもあっ ちで幸せならといちファンとしてはそれがToshlが望むならという気持ちもないわけではなかったけど、こんな仕打ちを受けて、つらい思いをしていたなんて本当に悔しい。 でも、あのときも色々な動きがあったと記憶しているけど、あのときはToshlにはその思いが届かなかったんだよね。 でも、大事なことは時間はかかってしまったけど、Toshlが自分で気づいて、自分の足で逃げ出して、自らの意志で決別したということ。 最近、Xの曲を聞いていて、やっぱりYOSHIKIの曲はToshlしか歌えないって思った。 つまり、どんなにYOSHIKIが美しい曲を作っても、Toshlが歌わないと成り立たないってこと。 やっぱり、2人で1人というか、離れられないんだよ、二人は。 YOSHIKIは完璧主義だから、Toshlはつらいことも多いかと思う。 でも、あんまり自分を追い詰めないで、ある意味適当にやってほしいと思う。 おかえりなさい、Toshl。 ネタバレ Posted by ブクログ 2016年08月19日 ダウンタウンなうで少し洗脳のことについて 触れていて、気になったので購入。 思っていたよりもされていたことが残酷で 読んでいるだけで、怖かったし気分が悪くなった。 この宗教にハマるきっかけは そもそもが家族間のお金にまつわるトラブルで そこでも裏切りを受けていたのに そこから救われるどころか もっとひどい集団にも TOSHIさんは利用されてズタボロにされた。 結婚から仕組まれていた可能性が高いなんて、相当なショックだったと思う。 才能があってお金を稼げる人に寄って来るのは 危険な人ばかりなんだと思った。 本当に信用できる人と 付き合っていかなくてはいけないと思った。

次の