さつまいも 効能。 さつまいもの栄養と効能は?保存方法や期間は冷蔵庫と常温どっちがいい?

さつまいもの美容効果がすごい!栄養と効能について

さつまいも 効能

栄養素 推奨量 さつまいも エネルギー (kcal) 700 264 たんぱく質 (g) 25 2. 4 脂質 (g) 19 0. 4 炭水化物 (g) 107 63 食物繊維 (g) 7 4. 7 8 ビタミンE (mg) 3 3. 2 ビタミンB1 (mg) 0. 33 0. 22 ビタミンB2 (mg) 0. 37 0. 06 ビタミンB6 (mg) 0. 33 0. 8 1. 92 ビタミンC (mg) 27 58 さつまいもを1本食べると、1食あたりの推奨量を超える栄養素をたくさん摂取することができます。 それらの栄養素は、美容や健康に効果があるんです。 エネルギー代謝のビタミンとも呼ばれており、ダイエット効果が期待できます。 体内の塩分濃度が高いと、濃度を薄めるために体内に水分を溜め込んでしまいます。 これが、むくみの原因になります。 カリウムが体内の塩分を調節することで、体内に余分に水分を溜め込むことが少なくなり、むくみの改善が期待できます。 炎症を抑える効能もあるため、ニキビの予防や傷跡の回復などにも効果があります。 ビタミンEには、 老化の原因と考えられる活性酸素の生成を抑える効能があります。 若返りのビタミンとも呼ばれており、血液の循環を促進して皮膚の新陳代謝を高めてくれます。 しわやたるみ、しみ、そばかすを防ぐことが期待できます。 疲労回復のビタミンとも呼ばれており、糖質をエネルギーに変えることで力がみなぎるようになり、疲労を回復する効果が期待できます。 食物繊維が多いと言われるじゃがいも、にんじん、キャベツよりも、さつまいもの方が食物繊維を含んでいます。 また、さつまいもを切ったときに出てくる ヤラピンという白い乳液状の成分が、腸のぜん動運動を促して便を柔らかくしてくれます。 いも類では、さつまいもにしか含まれていない貴重な栄養素です。 食物繊維とヤラピンの相乗効果で、便秘の解消が期待できます。 更年期障害の予防・改善 ビタミンEには、 ホルモンのバランスを調整する効能があります。 女性ホルモンの減少が大きな原因とされる更年期障害の予防・改善の効果が期待できます。 生活習慣病の予防 ビタミンEには、 血行を良くする効能があります。 血行が悪くなることが原因で起こる心筋梗塞や脳卒中など、生活習慣病の発症を予防する効果が期待できます。 冷え性の予防 ビタミンEには、 血管を拡張する効能があります。 血管を拡張して血行が良くなることで、手足の冷えなどを改善する効果が期待されます。 1 66. 4 58. 1 たんぱく質 (g) 1. 2 1. 2 1. 4 脂質 (g) 0. 2 0. 2 0. 2 炭水化物 (g) 31. 5 31. 2 39 焼くと水分が抜けるため、100g当たりのカロリーと炭水化物は高くなります。 味が濃縮するといったイメージですね。 蒸かし芋はホクホクとした食感、焼き芋はねっとりとした食感を楽しめます。 また、ビタミンCやB1は熱に弱く、高温度で長い時間加熱すると壊れてしまいます。 効率よく摂取するためには、調理時間が短い電子レンジを使うと良いでしょう。

次の

食物繊維だけじゃないさつまいもの栄養。美肌作りに嬉しい効果も! | 女性の美学

さつまいも 効能

さつまいもの栄養成分 食物繊維 食品成分表を元にすると、さつまいも100gあたりの内食物繊維は2. 3g含まれています。 さつまいもはいも類の中で 食物繊維の含有量が一番高く、水溶性と不溶性の両方の食物繊維が含まれているのです。 さつまいもの水溶性食物繊維はコレステロールが体内に吸収されるのを防いでくれ、ナトリウムを吸着して血圧を下げる効果もあります。 不溶性食物繊維は腸壁を刺激し、大腸の蠕動運動を促して排便を促してくれるので 便秘改善の効果があります。 でんぷん さつまいもにはでんぷんなどの糖質が多く含まれています。 米や小麦と一緒でエネルギー源になります。 さつまいもの糖質は 血糖値が上がりにくいので、ダイエット向きの食品とも言えます。 たんぱく質 さつまいもに含まれているたんぱく質は植物性で、含有量は1. 4gと あまり多くは含まれていません。 栄養が豊富ですが、食べる際は他のたんぱく質を補いながら食べると良いでしょう。 スポンサードリンク ビタミンC さつまいもの含まれる ビタミンC含有量は芋類の中でトップです。 ビタミンCは水溶性で熱に弱く加熱すると溶け出してしまうという性質がありますが、さつまいもに含まれるビタミンCはでんぷんに包まれているため 比較的熱に強いのです。 焼きいもやふかしいもにしてもビタミンCが残っているのは嬉しいですよね。 ヤラピン さつまいもを切ったときに出る白い乳液状のようなものが ヤラピンです。 緩下作用があり、豊富な食物繊維とともに便通をスムーズにし、腸内活動を活発にして大腸の健康を保ってくれます。 グルテン さつまいもにはグルテンが含まれていないため、 グルテンフリーのメニューにも使用することができます。 グルテンフリーのケーキやパンに入れるとボリュームアップしますよ。 小麦類に代わる食材として注目を集めています。 皮にも栄養ってあるの? さつまいもの皮には栄養がたっぷり含まれています。 じつは実よりも皮に食物繊維が豊富に含まれているのです。 便秘がちな人や腸内環境を整えたい方は 皮ごと食べた方がおすすめです。 また、皮には ポリフェノールであるアントシアニンとクロロゲン酸が含まれており、抗酸化作用があるため アンチエイジング効果が期待できます。 クロロゲン酸には脂肪燃焼効果や糖分の吸収を遅らせる働きがあり血糖値の急上昇を防いでくれます。 特にアントシアニンは皮にしか含まれておらず、血管拡張や毛細血管を保護する働きがあり血行を促進し、 動脈硬化を防いでくれますよ。 カルシウムやビタミンCも実よりも多く含まれているので、皮を捨ててしまうのは勿体ないですよね。 皮ごと調理をして栄養をたっぷり摂りましょう! スポンサードリンク さつまいもの効果・効能6つ 高血圧・むくみ防止 さつまいもには カリウムも多く含まれており、カリウムは余分なナトリウムを排泄して塩分のバランスを保つ働きがあるため、高血圧の予防やむくみ防止に効果があります。 血圧の高い人におすすめの食材です。 ガン予防 人間の脳や体に存在する糖脂質の一種であるガンクリオシドという成分が含まれており、がん細胞の増殖を抑える働きがあり がん予防の効果が期待されています。 免疫力強化 免疫六をアップさせるビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEが豊富に含まれています。 特にビタミンCは免疫に重要な白血球の働きを強化してくれます。 スポンサードリンク 美肌効果 美肌を保つために必要なコラーゲンの合成の家庭に必要なビタミンCが豊富に含まれており、抗酸化作用のあるビタミンEも含まれているため美肌効果が期待できます。 ビタミンCとビタミンEのダブルの効果で肌にうるおいや張りを与えてくれます。 ダイエット効果 食物繊維が豊富なため水分を含むと胃や腸で膨張するので食欲を抑制してくれます。 食物繊維とヤラピンの効果が便秘解消にもなるため老廃物を排出することができ、 ダイエットに繋がります。 血糖値が上がりにくい 血糖値が上がりやすい食品は脂肪に変わりやすいと言われています、血糖値が上昇する度合いを数値化したものを「GI値」といい、GI値が低いほど血糖値が上がりにくいのです。 他の炭水化物と比べるとご飯約84、うどん約80、食パン約88、パスタ約55などに比べてさつまいもの GI値は55で血糖値が上がりにくい食材と言えます。 さつまいもにはデンプンが多く含まれていますが、レジスタントスターチが含まれるためGI値が低く、血糖値の上昇が緩やかで腸内環境を整える効果が期待できます。 まとめ さつまいもは食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養が豊富に含まれています。 ダイエットや美肌、免疫力アップなど様々な効果もありますので、さつまいもを丸ごと調理して栄養をたっぷり摂りましょう。 是非食事やおやつにさつまいもを取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

さつまいもに秘められた効能と栄養について | 食べ物の栄養・効能を中心に紹介

さつまいも 効能

朝さつまいもダイエットの特徴 「無理なく、楽しく、美しくやせられる方法」こそ、朝さつまいもダイエットなのです。 ダイエットに最適な準完全食品であるさつまいも ダイエット食としてさつまいもを思い浮かべる人は少ないでしょう。 さつまいもは、糖質()が多いので食べたら太るでしょうと普通は考え、ダイエットではタブー視されてきた食べ物ですよね。 実は、さつまいもはダイエットに適した食べ物で、しかもリバウンドしない秘密が隠されています。 さつまいもには、ぽってりおなかを解消するをはじめ、便通を促進するさつまいも特有の「ヤラピン」という成分などダイエット効果が期待できる栄養素が含まれています。 また、太りにくいと言われる低GI値食品であるさつまいもは、ダイエットや美肌効果に良い成分が含まれている女性には嬉しい食べ物なんです。 さつまいもは年中出回っている食材で、独特の甘みと食べ応えが魅力的です。 さつまいも美ダイエットなら、お金の面でも無理なく、頑張らなくても続けられます。 体重8kg減から16年リバウンドなし! 美容のプロとして活躍している鈴木 絢子さんが、さつまいもを食べて体重8kg減、リバウンドすることなくベスト体重を16年にわたりキープし続けています。 なぜ、朝さつまいもダイエットがオススメなのか? 朝に食べるメリット 自由がきく時間帯 昼食や夕食は、友人と一緒に食べる機会も多い時間帯なので、さつまいもだけ食べるのは難しい人も多いと思います。 これに対し、朝の時間は自由がききやすい時間帯。 継続してさつまいもを食べる時間に適しているためです。 腸の活性化 が豊富なさつまいもはお腹に溜まりやすいので、毎朝食べることで腸のリズムを作り、お通じ習慣が身につくためです。 ビタミンの吸収率 朝はビタミンを吸収しやすい時間帯です。 「朝の果物は金」と言いますが、ビタミン・が多いさつまいもも、朝にぴったりの食べ物です。 朝さつまいもダイエットスムージーがおすすめ 朝さつまいもダイエットは、美容家の鈴木さんが推奨するとっても簡単にできる置き換えダイエットです。 でも、朝からさつまいもを調理するのが面倒とか、朝に食べる時間が無いという人がいると思います。 このような人におすすめなのが、朝さつまいもダイエットスムージーです。 朝さつまいもダイエットスムージーは、鈴木絢子さんが会長を務めるさつまいも親善協会認定のダイエットスムージーです。 朝さつまいもダイエットスムージーなら、粉末を水か牛乳に溶かすだけなので、時間のない朝にも手軽に、さつまいもの栄養をしっかり取ることができます。 1杯18kcalの低カロリーなのに、たっぷり含まれているので、満腹感が得られます。 極端な食事制限や激しい運動をするダイエットを行っている人は、便秘の症状が出る場合が多いようです。 せっかくダイエットで体重が減ったのに、便秘でお腹がぽっこりしていては意味がありません。 ダイエット中の便秘はなんとしても避けたいものですよね。 そこでぜひ試してみてほしいのが、朝さつまいもダイエットスムージーなんです。 お腹をすっきりさせるのに効果的なをたっぷり含んだこの朝さつまいもダイエットスムージーなら、きっとあなたのダイエットの強い味方になってくれるでしょう! 朝さつまいもスムージーは、公式通販サイトから購入することができます。 定期コースで申し込むと商品代金が10%オフになるだけでなく、送料も無料で1回から解約できて便利です! 健康に良い免疫力を高める食べ物 さつまいも さつまいもはヒルガオ科の多年草で、中央アメリカ原産です。 原住民が栽培し始めたという説が有力です。 ヨーロッパでは気候になじまず、ジャガイモほど普及しませんでした。 日本には、17世紀の初頭に、ポルトガル人によって薩摩の国(現在の鹿児島県)にもたらされたのが、さつまいもの名前の由来です。 別名「カライモ」「カンショ」「リュウキュウイモ」などとも呼ばれています。 日本では江戸時代に青木昆陽によって全国に普及されました。 本来の旬は9~11月ですが、最近は貯蔵技術が完備しているため、年間を通して出回っています。 冬場すぎに出回るものは貯蔵ものですが、鮮度がやや落ちますが、水分が抜けて糖度が増す分、かえって甘くおいしくなります。 さつまいもを選ぶときのポイントは、皮の光沢と太り具合をみると良いでしょう。 皮がなめらかでつやがあり、さわってみてやわらかくないもの、皮の一部が黒く変色していないものを選んでください。 細いものより太いもののほうが味がいいのですが、その分値段も高くなります。 さつまいもの栄養効能効果• 薬効:風邪の予防 便秘 シミ ソバカス さつまいもの注目栄養成分• 、、、ヤラピン さつまいもの主な栄養成分(可食部100gあたり) さつまいもの栄養と効能 栄養面で見ると、ビタミンCと・などが多く含まれているのが特徴です。 ビタミンCは100g中25~30mgと、夏みかんと同等と豊富に含まれています。 さつまいものは、加熱調理した際、糊化したの作用で壊れにくくなり効果的に吸収されます。 また、は100g中32~40mgと、野菜の中では多く含まれているほうです。 黄色で甘くホクホクした味わいの金時(さつまいもの品種)には、カロチン豊富に含有されています。 また、さつまいもはセルロース()の多いことも特徴のひとつです。 さつまいもは、便秘に効果を発揮します。 セルロースが腸を刺激して働きを活性化にさせるとともに、ヤラピンという緩下成分が、便の排泄を促進させるからです。 は、の吸収を抑えるなど、生活習慣病の予防も期待できます。 黄色種のさつまいもに含まれるカロチンは、体内でビタミンAに変わり、夜盲症の予防や視力の低下を防ぐのに効果があります。 ビタミンCも多く含んでいるので、常食すれば美容効果にも期待できます。 は、メラニン色素の沈着を抑え、シミやソバカスを防ぎ、肌をなめらかにしてくれます。 かぜの予防にもさつまいもは有効です。 ビタミンCは白血球の免疫力を高め、かぜにかかりにくくする働きがあります。 また、血液中のを減少させる効果もあるので、動脈硬化が心配な中高年の人にもお勧めできる食材です。 さつまいもにはも多く含まれています。 は、体内でできる過酸化脂質の生成を抑え、活性酸素の害から体を守る働きをする栄養素です。 心臓疾患や脳卒中、がんを予防し、血行改善、更年期障害の症状を改善する効果があります。 また、老化を防ぐとも言われています。 が特に多い食品には、種実類や油脂類があります。 アーモンドやゴマ油、バターといった代表的な食品と比べると、は決して多くはありませんが、一度にたくさん食べることができるのが、さつまいものメリットとなります。 また、種実類や油脂類は高エネルギーなので、一度にたくさんとるのは考えものです。 たとえばアーモンドは100gに31. 2mgのを含みますが、そのエネルギーは598Kcalもあります。 さつまいもののメリットにはもう一つあります。 は活性酸素に自らが酸化されることで体を守っています。 しかし、いったん酸化されたは、次に細胞を傷つけてしまいます。 実は、この酸化したをフレッシュな状態に戻す働きをするのがです。 から酸素をもらったは、リフレッシュされ、また抗酸化作用を発揮することができます。 つまり、はと一緒にとるのが理想的なのです。 その点、とが含まれるさつまいもは優れた抗酸化食品と言えるでしょう。 さつまいもに含まれる栄養素としてはにも注目です。 は体内のの排泄を促し、血圧を下げる働きや筋肉内でエネルギーを作り出す働きがあります。 塩分を多く取り過ぎる人には欠かせない栄養素です。 血圧が高い人のの1日の摂取目標値は3. 5g以上です。 蒸したさつまいもは手軽な源と言えるでしょう。 なお、さつまいもを食べすぎると胸やけがすることがありますが、これはでんぷんが多く含まれているからで、その場合は、マーガリンを塗って食べるとか、あとで大根おろしを別に食べるとよいでしょう。 さつまいもの特徴のある栄養素と機能性 ヤラピン さつまいもはが豊富に含まれていますが、同様の効果を持つヤラピンも含んでいます。 生のさつまいもを輪切りにした時に白い液が出てきますが、これがヤラピンでさつまいも特有の成分です。 ヤラピンは胃の粘膜を守り、腸の働きをよくし、便をやわらかくする作用があり、ダイエット効果が期待できます。 ヤラピンは加熱しても損なわれないので、焼き芋や蒸したり煮たりしても効果を発揮します。 さつまいもには夏のほうれん草と同じぐらいのが含まれています。 は通常加熱すると失われやすいのですが、さつまいもの場合に守られて、壊れずに吸収されます。 さつまいも1本で一日に必要な量を取ることができます。 抗酸化作用で細胞の老化を防ぎ、若さを保つために必要な代表的栄養素のが豊富に含まれ、玄米ご飯の2倍の含有量です。 さつまいもに多く含まれるも、脳卒中や高血圧、骨粗しょう症予防効果があると言われています。 さつまいもの栄養素を効果的に引き出す調理法 オーブンで焼くのがベスト!皮ごと調理師、とを摂取 が豊富なさつまいもは、便秘改善による美肌効果など女性に嬉しい食材です。 また、さつまいものは、熱に強いという特性があります。 冬の風物詩である焼きいもは、まさに栄養に恵まれた食べ物です。 また、さつまいもの皮にはが含まれています。 オーブンで皮ごと焼き、そのまま食べると良いでしょう。 おやつ感覚で食べられるさつまいもは、やの補給にピッタリな食材です。 また、むくみの解消や予防に効果的とされています。 おすすめレシピ:さつまいもとバナナのディップ おすすめコンテンツ さつまいもの栄養関連ページ.

次の